2013年5月

5月26日の学長ブログ [2013年05月26日(日)]

 5月20日(月)は世田谷区産業振興公社の高山さん来訪。らぷらすや現代ビジネス研究所、昭和女子大学がどう協力できるか話す。地域連携はこれからの大学にとってグローバル化と同様不可欠となるだろう。午後は北日本新聞の若い女性記者、プラン・ジャパンのインタビューなど。久しぶりに山口さんが来訪。フォトリーデングはブームになっているらしい。18時からの下村文科大臣の勉強会が20時より延びたので、その後、本多桂子さんのMIGA長官就任壮行夕食会に大幅に遅刻したが、みなさんデザートの後も待っていただいた。
 21日(火)は授業でアジア女性基金、慰安婦の問題を解説、打ち合わせの後、「暮らしの手帖」大橋鎮子さんのお別れ会に帝国ホテルに行き、それから朝日生命。3時過ぎに終わって、その後工業倶楽部へ行くとJICAの田中理事長が講演しておられるので拝聴。アフリカの多くの国が政治的混迷から抜け出し発展を始めている様子が数字からもうかがわれて勉強になった。その後、川越の山屋さんで埼玉県時代の人と夕食。1年に1回でも続くのは楽しい。
 22日(水)は咳が1週間ほど治らないのでクリニックへ。それから資生堂社会福祉事業財団の評議員会。昼食会に出ず大学に戻り、現代ビジネス研究所運営委員会。その後、管理栄養学科と懇談会。15時30分から教育会議。学寮は教員も大変だが、普通はどんないいプログラムを組んでも参加しない学生がいるが、全員に教えたいことを実行できる得難い機会として活用して欲しいとお願い。夕方、リーダーズアカデミーのオリエンテーションに少し顔出し。
 23日(木)は9時からグローバル人材育成プロジェクト委員会。テレビ遠隔会議システムでボストンから植松さん、アビューザさんも。13時間の時差を克服するのはなかなか大変。学長室打ち合わせ。久しぶりに正副理事長とお昼。理事会に上山さんが初めて出席される。16時30分評議員会。終了後、総合子ども園の打ち合わせ。少し方向がおかしい。株が暴落。
 24日(金)朝、保育園・子ども園をどうするか話し合い。千葉の家庭科研究会の方々が講演依頼のご挨拶。2年前の中学校長会での講演録を読んでの依頼。北村さん、森井さん来訪。お昼は日本語日本文学科と懇談会。みんな熱心で真面目。新カリキュラムの方向はいいが、受験生にアピールできるか?14時、世田谷産業振興公社理事長の尾崎護さんを表敬訪問。あらまほしき高齢期のお手本。大学に帰って16時取材、写真撮影。
 25日(土)は昼、アルカディア市ヶ谷の東京生地会でスピーチ。山手線の中で隣の人が熱心に拙著を読んでくださっていてありがたい。それから大学にいって国際学科父母の方たちへご挨拶。その後、国技館へ行って14日目の取り組みを枡席で観戦。力士の3分の1ぐらいが外国人。中央大学や日本大学の校章入りの化粧回しも。白鵬が稀勢の里を破る。スポーツというより伝統文化産業。
 26日(日)第80回ダービーを来賓席で観戦。武豊騎手のキズナが勝つ。緑の芝に若駒の疾走が美しい。

5月19日の学長ブログ [2013年05月20日(月)]


 5月13日(月)は内閣府男女共同参画局で功労者の選考会議。現役の担当者はどんどん異動するが、選考委員は有馬さん、山田さん、原さんと顔見知りの方ばかり。
 14日(火)朝は授業、学長室打ち合わせ、昼は英語コミュニケーション学科とミーティング。学生数が多く、苦労しながらも昭和女子大学を支える学科である。ボストン留学は英語面だけでなく人間的成長の上でも教育効果が大きいので、それを見えるようにしていきたい。午後は来客が多数。帰り際、昨年のリーダーズアカデミーに参加していた学生から声をかけられた。新聞社に就職が内定したそうだが、面接でもリーダーズアカデミーのことが話題になったそうである。是非、報告したかったと言われて、こちらもうれしく気持ちが明るくなる。
 15日(水)は、朝、学生と面談。Table For Twoの活動をしたいという。いろいろな形で助けを必要としている人に役に立つ活動を工夫するようにと励ます。白河さん、森先生と女性活用企業の調査について打ち合わせ。お昼は金尾先生と久しぶりにブレインストーミング。13時半昭和信金の理事長と担当者。地域の企業との共同プロジェクトはいろいろ可能性がありそう。15時前、女性教養講座の講師にお願いした小宮山洋子さんにご挨拶。政界を引退することに決意されたが、NHK時代から存じ上げており、いくつか因縁もあるだけに感慨深い。

16時30分、今年のリーダーズアカデミーの第1回会合。今年は42名とかなり増えたが、学科による差は大きい。今日は熊平美香さんに話していただく。いろいろ含意のある素晴らしいお話だったが、みんなに伝わったかハラハラ。夜は久しぶりで付き合う会に出席。
 16日(木)は、朝、部局長会、打ち合わせ。常勤役員会。その後、教育雑誌デュケレの取材。EQについてはなす。

18時からビジネス研究所のサロンと称してキャリアカレッジについてのブレインストーミング。予定より人数が多かったが、いろいろな意見が出て面白かった。
 17日(金)は、朝、(世田谷区立男女共同参画センター)『らぷらす』について桜井さん。お昼はビジネス学科とミーティング。学生はまだ1年生だけだが、これから教員の補充も含め、いろいろ新しい試みができそう。13時半から『暮らしの手帳』の取材。それから海原純子さん。理事長とボストンの件で再協議。夜、文化研究講座のオペラ『カルメン』。2幕に縮めてもらったがわかりやすく学生も喜んでいた。生まれて初めてオペラにセルビア市長役で出演。もちろん歌もセリフもなし。カーテンコールにも出させていただき、万雷の拍手を浴びる。
 18日(土)はお昼前から大学に行き、日本家政学会の関係者とお昼。それから女性教養講座の池上彰さんにご挨拶。ご無理にお願いしたが、土曜日だが聴衆は2階席までいっぱい。それから同窓会の支部長会議でご挨拶。中座して池上さんを見送ったあと日本家政学会で基調講演。パネルディスカッション。今、日本の社会も生活も変わる中で、家政学の地平は大きく広がっている。そのあと比護先生とウラク青山の懇親会の会場に。
 19日(日)は、午前中同窓会の総会。ロサンゼルスの大湾さんも参加。

5月12日の学長ブログ [2013年05月12日(日)]

 天候に恵まれた連休も終わった。高尾山にちょこっとハイキングに行ったり、真鶴へ行ったり、のんびり過ごす。随筆程度で原稿もあまり抱えていないので、ややさびしいがこうした空白に耐えることも必要。連休中の夜、藤崎前アメリカ大使の歓迎の夕食会。若い時と変わらず自然体でほかの出席者も楽しく話が弾む。
 連休の谷間の30日(火)は1時間目から授業。私は学生の前で教員を叱ることはしないよう努めているが、私が5階まで階段で上っているのに同じ階に40代の男性准教授が学生ともどもエレベーターで昇っているのについ「駄目じゃないの」と言ってしまう。打ち合わせも比較的早く終わる。昼食時に「アシャの日記」のDVD。とても感動的にまとめてあり、2008年1月のインド旅行を思い出す。バレーボール専門誌の取材など。
 1日(水)は創立記念式典。成績優秀者の学生に表彰状。ぜひこの小さな成功を積み上げていって欲しい。妬まれないようにいいことは隠しておくという考えでなく、みんなで努力した人を褒めるようにしたい。昼、理事の皆さんと「アシャの日記」のDVD鑑賞。午後は夏季勤勉手当の査定。いつもながら学科による差が大きいこと、中程度に集中しがちなことが気になる。もっとメリハリをつけるにはどうすればよいか。
 2日(木)はアサヒビールの取締役会。夕食は埼玉の人たちと。4、5、6日と家族でミカンの花が香る真鶴へ。
 7日(火)は査定の続き。午後はいろいろな打ち合わせや説明など。J-Winの小泉さんも来訪。
 8日(水)は午後、埼玉県立騎西高校に避難している福島県双葉町の方たちへの慰問。その前に三越の池坊の展覧会。大学を出るのが遅れ、時間が十分取れなかったが、次期家元の由紀さんが案内してくださる。夕食は総理府の先輩の桑原さんご夫妻と。病気を意志の力で克服しておられる。思い出話。
 9日(木)はボストンの件について電話会議。その後打ち合わせ。お昼、国際学科と懇談会。スタートして5年目だが教員の方たちの熱意によって、よい学科になりつつあるが、鳥インフル、反日などが災いしてアジア志向はなかなか定着しない。午後はいろいろ打ち合わせや説明。なごみの会という在外日本女性の会の丸山さんのエネルギーに感心。夜は盛山さんを囲む会。灘校はやはりすごい。
10日(金)午前中は大学。同友会の昼食会の後朝日生命の取締役会に出てから大学へ。