2013年10月

10月28日の学長ブログ [2013年10月28日(月)]


 先週は外部講演ウィークで、24日、26日、27日、28日と続いた。台風が来て交通機関が乱れると中止になる講演もあるかなと恐れていたのだが、千葉で小雨がちらついた程度だった。
 24日(木)は千葉市で全日本中学校技術・家庭科研究大会、26日(土)は神奈川県大井町で男女共同参画文化講演会、27日(日)は下北沢の世田谷区立男女共同参画センター らぷらす交流会、28日(月)は福井県の女性校長・教頭会の年次総会。相手が異なり、テーマも異なるので、それぞれ別の新しい話題を提供するよう工夫したが、皆さんが熱心に聞いていただいたので、とても充実感がある。もちろん講演だけでなく大学の仕事、新聞のコラム、本の校正などもした。


 21日(月)はアメリカ大使館の紹介でイヴォンヌ・デイビスさんの授業。パワフルで魅力的な授業なのに感動する。学生たちが終わった後も講師を囲んで質問していたのでうれしい。13時30分からキャリア支援関係の打ち合わせ、15時30分取材。
 22日(火)は授業。宿題を出したせいかとても欠席が多い。その後、学長室の打ち合わせ。17時から加藤館長から声をかけていただいたので久しぶりで公文書館へ。氏家さんの案内で大奥関係の文書を見る。乳母のなり手の確保が大変だったとか、将軍の子供たちの死亡率の高さとかやはり面白い。そのあと加藤館長と山崎さん、福下さん、斎藤さんと食事。加藤さんのお人柄に改めて感銘。
 23日(水)は朝、雨でタクシーもつかまらないのでいろはをおんぶしてナースリーへ。おんぶは楽だけどあまりかっこよくはない。10時予算の件で女性生活教会の斎藤さん、11時NPOの桜井さん、比嘉さんと27,28日のフェアのうちあわせ、お昼は現代ビジネス研究所運営委員会、13時30分佐古さん追加取材、15時女性教養講座の講師でいらした細川さんにご挨拶して15時30分から教育会議。16時30分から藤沢久美さんのリーダーズアカデミー。
 24日(木)は大学部局長会。議題が少ないので早く終わった。大学院の在り方など議論。10時40分打ち合わせ、そのあと千葉へ。今までこの大会での特別講演は技術関係の講師が多く私が初めての女性講師だそうである。関係する方々の熱意で実現したらしい。
 25日(金)朝は歯医者。午後、雑誌対談の打ち合わせ、キャリアカレッジのブレインストーミングなど。
 26日(土)朝は台風の影響で激しい雨だったが、大井町に着くころは曇り。東明学林といい、インターンシップといい、いろいろお世話になっている町なのでお礼の気持ちを込めて講演。
 27日(日)は台風一過素晴らしい秋晴れ。らぷらすもなかなかの賑わい。下北沢の町はハロウィーン・キッズがいっぱい。羽田から小松空港へ。中井さんが迎えに来てくれて山中温泉へ。とてもこじんまりとしたいい旅館。中井さんは、高校1年のときの同級生なので半世紀の付き合い。翌日、福井市まで送ってもらう。女性校長の方なので教育への期待と、女性リーダーの在り方について話す。京都経由で帰京。

タイ タマサート大学との協定 [2013年10月23日(水)]

 タマサート大学との交流協定にサインをするため2泊3日でバンコクへ行ってきた。
 40年前学生運動でタノム首相が退陣した時期に青年の船の管理部の一員として初めて訪れたのだがその頃は屋台があふれ、子供たちは裸足で土産物を売っていた。しかし近年タイは大変な勢いで経済発展しており、新しい空港も立派に完成し、バンコクの町は高層ビルが続々増えているが、40周年ということでデモを警戒して警官が目立つ。
 タイでは大学進学率が上がり大学が続々設立される中で、1934年設立のタマサート大学は名門校で、日本でいえば早稲田、慶応に相当する。こうした名門校と交流協定を結べることはとてもありがたい。これも平尾理事長のアメリカ留学時代以来の友人のご縁のおかげである。
 14日(月)は大学の歴史を説明していただいた後、RECTOR(総長)とMOUに調印。総長の予定がタイトだが国際交流事務局がしっかりしている。そのあと日本語学科の担当者と打ち合わせ。教員も事務局も英語がうまい。そのまま大学の車で空港へ。夜10時過ぎに羽田空港に着くが、台風26号の影響で強い雨。カナダから帰国中の大芦さんも何とかうちに来てくれて再会。
 翌日、雨風は朝8時過ぎがピークだったが、交通機関が乱れて午前中は休校。避難訓練も中止。12時半から入試委員会でAO入試の審議。女性教養講座は大竹美喜さん。経験に基づく深い話をしてくださる。それからリーダーズアカデミーの秋山さんの講義。夜はラバート大芦さんと大学時代の軟式テニス部の友人5人と渋谷で会食。気兼ねなくおしゃべりができる。
 17日(木)は朝9時からグローバル人材育成委員会。学長室打ち合わせ。13時から理事会。今日も議題が盛りだくさん。16時30分から女性文化研究所でキャリア科目履修学生の意識調査についての打ち合わせ。18時から仲道郁代さん、横山幸雄さんのリサイタルの後会食
 18日(金)午前中、細川佳代子さん来訪。障がい者のファッションショーについて打ち合わせ。お役に立ててうれしい。昼、女性文化研究所で叢書の打ち合わせ。13時半から江口先生、14時からビジネスの英語の補習について、それから統計局で国勢調査についての会議。タクシー、JR等を乗り継いで大学に戻り、企業ランキングについて打ち合わせ。
 19日(土)は朝、ラバート大芦さんが帰国。私は新幹線で名古屋に。金城学院の保護者や同窓会の方々に講演。そのあと上山理事はじめ愛知県支部の方々とお目にかかる。その後、羽田から鶴岡に。唯璃ちゃんも一緒。佐藤さんに迎えに来ていただく。
 20日(日)は残念ながら雨だったが、毛呂農場の収穫祭。神事の後講演。その後、手作りの数々のお料理をたくさん堪能。これだけたくさんの方が集まり協力されるというのはそれだけ多くを与えておられるから。本当の豊かさを実感。そのあと大島ご夫妻の素晴らしいお宅へ行き、おしゃべりした後羽田に。

10月15日の学長ブログ [2013年10月15日(火)]

 今はバンコクの夜明け前。今日はこれからタマサート大学との交流協定の調停式を行い、
そのまま帰国する予定。ボストンと異なり時差は日本より2時間遅いだけなので本当にありがたい。
 7日(月)は打ち合わせなどの合間を縫って国立博物館の洛中洛外図、障壁画展をみる。この時代は20世紀後半と同じく日本人の外向きのエネルギーが爆発した時期と痛感。様式の中で描かれる庶民は鳥獣戯画の流れか。


 8日(火)は授業、打ち合わせ。お昼は海原純子先生が行ってくださる特別講義に参加。自分の心の問題に関心の高い学生が多いのと、海原さんの優しさを痛感。忙しい時間からボランテイアとして関わってくださるのに何と言ってよいかわからない。そのあと富士通の方。アドミッション部長。編入の結果だけではなく、今後の大学の在り方についても話す。夜、大岡財団の勉強会。


 9日(水)は「おでかけひろば『SHIP』」登録者1万人突破のセレモニー。保坂世田谷区長も来て下さる。挨拶、記念品、みんなの合唱と松崎さんが心をこめたセレモニーを用意してくれる。7年間支えてくれた彼女にこそありがとうと言わねばならない。お昼入試委員会、教授会に出席した後、秋山さんのリーダーズアカデミー。夜、福田元総理と会食。
 10日(木)は大学部局長会。打ち合わせ。午後は大宮ソニックシティで日本看護協会の教育集会で記念講演。私が埼玉県副知事時代の知り合いの方が何人もご挨拶に見える。関東図書会長の岩淵さんもわざわざ来て下さり、久しぶりにお目にかかることができてうれしい。新しい本のゲラも受け取る。ちょうどタイへ行く飛行機の中の仕事ができた。
 11日(金)の昼はMOTの委員会で新日鉄相談役の三村明夫さんと懇談。日本型経営の典型の新日鉄でも女性の活躍が始めておられるという以上にリーダーとしての心得がとても印象的。そのあと東京外語大の経営協議会。それから大学へ帰って大学院委員会。道が混んで遅刻。やっぱりタクシーより地下鉄の方がよい。
 12日(土)朝は長女の子供の運動会。午後は次女の子供が軽い風邪。
 13日(日)成田からバンコクへ。目を見張る発展ぶり。
 14日(月)お昼はタマサート大学の経済学部の方々とトンプソンの旧宅を移築した素晴らしいレストランでランチオン。
 

10月6日の学長ブログ [2013年10月06日(日)]

 9月30日(月)は朝9時からテレビ会議システムを利用してボストン理事会。慣れてきたせいか、うまくいった。時差さえなければもっと頻繁に利用したい。来年のボストン学費もスムースに合意。10時から教育会議。私たちのミッションは自分の人生を切り開いていける女性、社会で通用する人材を養成することにあるのだと持論を述べるがどこまで理解し、共感していただけたか。大学はよい研究をする、丁寧な教育をすることだけが目的でなく、その結果、よい卒業生を育てることで還元できなければ自己満足でしかない。その一環としてアクティブラーニングを取り入れるようお願い。また学科長が教員の授業を見てくださることをアナウンス。教員も学科長もどちらもうれしくなさそう。だが、学生の態度を見ていただければいろいろなことがわかるだろう。連絡事項がたくさん。歯の検診に行く。少し間を開けたので治療を要する歯があるそうだ。16時30分から『世界を変えるアイディア』の学内予選。英コミグループの英語はとてもうまいが、具体的なアイディアが乏しい。もう一組はその反対で選ぶのはむつかしい。18時半から芝のメルパルクの高岡エミール会で講演。会長の炭谷さんは週4日夜大学で教えているそうだ。室谷さん、佐藤市長など知った方が多いところで講演するのはむつかしいが、持論を話す。
 1日(火)は授業開始。1学期より学生数は半減。10時40分から打ち合わせ。3時間目も授業。こちらは選択必修なので学生は多い。16時40分から女性文化研究所で叢書の編集会議。ナースリーの迎えに行かないでいいと連絡が入ったので、18時半ごろまでいろいろ話をする。そのあと短大記念誌への原稿を書き上げたはずなのにPCに残っておらず、がっかりして帰る。
 2日(水)は実践倫理。教室の都合か、記念講堂で全員に話す。二回同じことを話さなくていいのはありがたい。冒頭に黙とうを捧げる。DREAM手帳の使い方を中心に話す。その後、森教授、小森助教と女性文化研究所の研究プロジェクトについてうちあわせ。16時30分から女性教養講座専門委員会とリーダーズアカデミーを掛け持ち。
 3日(木)は9時半からCIEの運営について打ち合わせ。課題はたくさん。11時30分過ぎから同友会の方が来訪され、理事長と食事。午後、常勤役員会が中止になったので、3号館の授業を見る。本学もfacebookを始める。速報性、伝播力、などインパクトがある。広報にも学生のかかわりを増やすうえでも有効。ちょうどボストンのメウチさんがNAFSAの議長に選出されたとのニュース。『いいね!』をたくさんの人が押してくれるといいのだが。


 4日(金)は先哲の慰霊祭。福場先生はじめ6人の逝去された方への慰霊は昭和学園の美しい伝統。夕方、ビジネスデザイン学科の英語力の底上げについて話し合い。
 5日(土)は雨でれいなちゃんの運動会は延期。久しぶりにどこへも行かず、自宅で書類整理や礼状を書く。午後、久しぶりにジム。夕食は長女一家と。
 6日(日)はナースリーの運動会。0歳から6歳まで成長ぶりがよくわかる。5歳児の体操はりっぱ。アンナはパパに抱かれてぐっすり。いろはもちょろちょろ動き回ってお遊戯もせず。保育士さんの苦労がわかる。

9月30日の学長ブログ [2013年10月01日(火)]

 後期の開始は10月1日(火)だが、9月24日から教職員の後期は始まった感じ。私は現役公務員だった頃のような一週間だった。
 9月24日(火)の午前中は職員採用の最終面接の続き。好青年ばかり。13時から大学部局長会。教員人事、教務、学生、キャリア支援に加え、夏休み中の入試、学生の病死の経緯についても報告。15時からは女性教養講座専門委員会。どうも学生推薦は今テレビに出ている有名人が多く寂しい。16時から学科長会議。第1のお願いは勤務評定にメリハリをつけていただき、3次評定前に学科長と面談すること。2つ目はアクティブラーニングをどう定着させるか工夫をして欲しい、頭ごなしはだめだがもっと学生に注意し、鍛えなければならない。そのほかグッドプラクティスの交換、サマーセッション充実の話など。昭和女子大学は学科が基礎単位として運営されているので、学科長さんの役割は大きい。18時近くまで。

18時過ぎから学長主催教育懇談会。非常勤の方たちとの懇談会だが、心理学科アイスブレーキングの試行。8時過ぎまで皆さん話が弾む。
 25日(水)は現代ビジネス研究所に委託したキャリアカレッジの調査報告会。とてもinformative.しかし一番大切なのはどのような層を顧客と考えるのか。すべてはそれにつきる。13時現代ビジネス研究所運営委員会、15時 森、磯野両氏とキャリア支援について。16時30分、児童文学選考委員会、今年は応募者こそ多くないがレベルは高かった。

19時からメンターの方たちとの懇親会であいさつ。ご協力ありがたいと心からの感謝の気持ちを述べる。
そのあとホテルニューオータニ。高木理事長主催で久常さんのナイチンゲール賞受賞お祝い。金沢一郎さん、北島さん、谷さんなど。
 26日(木)は9時グローバル人材育成企画委員会。そのあとアサヒグループホールディングス。初めてi-Padで取締役会。新橋演舞場に少し顔を出し郵便局でふるさと納税などをしてから、ピンクリボンアドバイザー制度の記者発表。40人近くも記者の方が来てくださる。そのあと東京都栄養士会の公益社団法人移行記念祝賀会が新宿で行われたのに出席してあいさつ。そのあと麻布の仁風林で下村大臣ご夫妻を囲んだディナー。50人近くそうそうたるメンバー。安藤国際交流基金理事長、黒川清さん、コシノジュンコさんなど。絹谷さんに送っていただく。
 27日(金)午前中は銀行の方、その後に西田前国連大使来訪。13時から16時30分斎藤孝さんと対談。さすが才気にあふれたパワーのある方だなと感心。面白くてためになる話がたくさん。オランダ大使館のレセプションは欠席して、いろはをナースリーから連れて帰る。そのあと、円さんの会へ。落選している人こそ応援と思っていったが知っている人もほとんど来ていない。
 28日(土)は朝7時半に家を出て松坂市へ。遠藤さんにメークアップをしてもらう。13時から講演。14時からパネルディスカッション。本居宣長記念館の吉田さん、岡さんと。松阪商人の町はなかなか人材豊富で面白い。終了後、松坂の町、本居宣長記念館など見学。改めて本居宣長について多くを知る。72歳まで医者と国文学研究をつづけた精密機械のような文字で膨大なメモ。食事をして23時過ぎに帰宅。
 29日(日)少し時期は遅くなったが恒例のブドウ狩り。家族全員参加。夕方、学士会館の小さな集まりで講演。