2014年3月

3月24日の学長ブログ [2014年03月25日(火)]

 17日(月)は資生堂社会福祉財団の評議員会。高橋久雄教授が、昨年研修旅行のリーダーでとても評判がよくうれしい。養護施設の子供のホームスティ・ホームビジットなど何とか協力できるといいのだが。1時半風月堂で明治書院の方と会う予定だったのだが銀座に風月堂が2つあるとは知らず社長さんをお待たせしてしまった。国勢調査の有識者会議。久しぶりで新大久保経由で行ったら、噂には聞いていたが、韓国料理や韓国製品を売る店が増えているのに驚く。
 18日(火)沼さん、新田さんから予算案の説明。その後、学長室の打ち合わせ。また12時45分ごろまでかかる。英語レッスン、信濃毎日の方、来客など。18時から下北沢のタウンホールで昭和信金の講演会。たくさん申込者があったといっていただき面目がたつ。熱心な聴衆で気持ちよく話せた。終了後、理事長など関係の方とオペラシティで食事。近いので22時半には帰宅できた。
 翌朝は8時20分に家を出てTBSのゆうゆうワイドの生放送。さすが長寿番組のホストの大沢さんは応対が自然で気持ちよく話せた。昨晩の聴衆からのファックスが紹介されてびっくり。10時20分に放送局を出てそのまま世田谷区役所に行き、保坂区長はじめ区の方たちと懇談。13時ホテルオークラでサハ共和国の外務大臣、儀典長と会う。昨年歓待されたお礼を申し上げるとともにサマープログラム、新1セメスタープログラムを紹介する。15時に戻って上野千鶴子さんと対談。今の女性を取り巻く情勢は厳しいという現状認識は一致する。しかし私は批判するだけでなく、今自分が与えられた条件の中でいかにベストを尽くすかが大事という立場なので違いは明確。そのあと富山から来た姪が訪ねてきたので三軒茶屋で長女及び子供たちと食事。次女は子供たちが眠ったりむずかったりということで参加せず。
 20日(木)は11時評議員会、理事会、理事懇談会、夕食会と続く。平尾理事長が坐骨神経痛で車いすなのにびっくり。
 21日(金)は新任者の研修会で昭和女子大学の現状と目指していることを話す。こうした若い人が昭和女子大学を盛り立てていってくださるよう期待。そのあとIBMの天城の大学改革セミナーへ。いくつか昭和女子大学でもできそうなヒントを得る。天城ホームステッドは富士山が美しく、サービスも行き届き久しぶりにくつろぐ。
 22日(土)はお昼を食べてからチエックアウト後帰京。乗継の間30分ほど海辺でのんびり。次女が夕食に来る。
 23日(日)午前中に「時は移り、時は実る」の校正の続きと「結びに」を書く。午後は次女の2人の子供のベビーシッター。夕方からIBサミットのレセプション。下村大臣夫妻、藤崎大使ほかいろいろな方にお目にかかり楽しかった。夜校正した原稿をメール便で送り、雑誌に自著紹介の原稿を書いたところでダウン。

卒業式 [2014年03月19日(水)]


 好天に恵まれた3月16日卒業式が終わり学期、学年が終わったような感じ。
 10日(月)は午前中税理士さんのところにより、最終チエック。いくつか追加書類。
 13時から英語コミュニケーション学科の幹部と来年度の指導目標、進め方について協議。ビジネスデザイン学科の英語が素晴らしい進歩を見せたのに英コミはもっと勉強させるべきだと思っていたのだが、実はかなり高く伸びていることがわかる。問題はそれが私も知らないくらいだからまして、外に全く知られていないことである。15時30分からオーストラリア大使公邸で女性の日のサロン講演会。知人が多数。夜、乃木坂神谷で下村さん、長谷川さんと会食。
 11日(火)は9時半アドミッション部の説明。そのあと、今は空いていると聞いたので診療所へ。それでもやはり待たされて、入試委員会は金子さんに。そのあと国立劇場で震災3年の追悼式。両陛下、総理も来られるので警戒厳重。そのあと国立公文書館へ。秋にはジョン・F・ケネディ大統領の展示会を開くそうだ。そのあとアサヒビールの方たちとスカイツリー見学と食事。ちょうど天気がよく、太陽が丹沢の山に入る瞬間までよく見えた。東京の町がジオラマのようであまり現実感がないが、そこで喜怒哀楽が繰り広げられているのだ。

 12日(水)10時フィランソロフィー協会の高橋陽子さん来訪。そのあと緑声舎の閉寮式。比護学寮長の思いを込めた式になった。卒寮生が多数来てくださったのもよかった。14時過ぎに帰って学長室の打ち合わせ。
 13日(木)9時45分に幼稚園の卒園式。3年保育26人、2年保育4人だが男児が2人。11時、法テラスの総務課長が説明に。13時から常勤役員会。16時中日新聞のインタビュー。17時熊平さん。だんだん雨がひどくなって、キャリアカレッジの説明会が心配だがパレスホテルのヘルシー・ソサエティの授賞式へ。1,000人近い着席ディナーで豪華そのもの。知っている方にも多数会える。埼玉県時代の看護協会副会長、厚生省の人、古川貞二郎さん、岩男さん、JETROの石毛さん、伊藤東大教授など。
 14日(金)れいなちゃんの卒園式だが欠席。10時グローバルビジネス学部の久原、飛田両教授。10時半NORD ANGLIAの担当者。教育産業のグローバル展開に括目。13時信濃毎日新聞の打ち合わせと写真撮影。13時30分日文の将来構想について話し合い。抵抗は強そう。16時から法テラスの顧問会議。そのあと懇親会。津島雄二さんがとても闊達にいろんなご意見をおっしゃる。
15日(土)はナースリーの卒園式。9人のほとんどが6年保育。赤ちゃんの時から育てくれたと両親は涙、涙。職員も晴れ姿。子供たちが「お父さん毎日ごはんを作ってくれてありがとう」「お父さんいつも洗濯してくれてありがとう」と感謝の気落ちを述べていたのが印象的。しばらく次女の家。そのあと卒業式の予行練習。16時からボストン理事会。プロボスト学長もこれが最後。そのあと懇親会。
 16日(日)は卒業式。一人一人に卒業証書を渡す。みんなきちんとしてとてもいい式だったと思う。17時から『短期大学部感謝の集い』。たくさん関係者が来てくださって良い会になった。

 夜は夫と次女の誕生会、家族全員で会食。

3月9日の学長ブログ [2014年03月10日(月)]

 3日(月)は学外勤務日。4日(火)から出勤。もうお雛様はお片づけ。気温は低いが日脚は確実に伸びてきている。学長室の打ち合わせは12時半過ぎまでかかる。13時から女性文化研究所で女性文化研究賞の選考委員会。14時から生活機構研究科教授会。15時からは日経BPの大塚さんのアレンジしたインタビュー。17時に歯医者。経過はいいようで早く終わったので渋谷でバッグを買って帰る。
 5日(水)は江口図書館長はじめ機関リポジトリーの運用について。どんどんデジタル化が進む。11時大久保さん。自分で事業を起こしてこられた方だが、今は公益資本主義やカンボジアで教師養成の活動をしておられる。お昼は女性文化研究所の運営委員会。14時から大学院委員会。卒業や満期退学などの院生の動態を見ていると、改めて大学院教育を何とか改革しなければと思う。16時30分吉香の吉川社長。企業経営者としていろんな困難を乗り越えてこられたお話を伺い改めて敬意。
 6日(木)は朝8時過ぎからJ-WAVEの電話インタビューでキャリアカレッジについて話をさせていただく。それから浅草公会堂で農山漁村女性の日の開会式に出席。浅草は内外の観光客で大賑わい。昼、外人記者クラブで永山さんと食事。中国は今、内陸部が発展を始めているそうだ。それから人事院の倫理委員会の懇談会。41年ぶりに三菱重工業会長の大宮さんと会う。駒場のころに親しかったのだが別の世界で生きてきて、お互いいろんな経験を経て変化しているはずだがただ懐かしい。大学に戻り、学科の再編などについて話し合う。そのあとコロンビア大使館の国際女性デーのレセプション。外務大臣、野田聖子さん、森雅子大臣も来て盛会。在京の大使で女性は16人も。津田塾の国枝学長はじめたくさんの人と話。
 7日(金)は統合医療について渡辺さん、亀谷さんと健康デザイン科の人たちと打合せ。13時大学部局長会。学科により、学年により成績不振者の割合はかなり異なる。短大は無事に全員、卒業できそうで関係者に感謝。15時30分から教育会議。退職される教員の方たちのあいさつ。この方々によって昭和女子大学は支えられてきたのだ。そのあといろいろな締め切りの文書の校正などしてから遅れてJ-WINアワードのパーティ。会員大企業で働く女性たちで大盛況。
 8日(土)は朝早く3月入試で登校。A,B日程試験に比べだいぶ受験者は少ないが無事終わる。その後二子玉川でサロネーゼの会で今田美奈子さんとトークセッション。おしゃれで、エネルギーのある女性ばかり。夕食は長女、次女の家族が来る。

キャリアカレッジ開校記念特別公開講座開催 [2014年03月02日(日)]

 2月24日(月)朝、自宅を出る直前に大分からフグのセットが届く。一緒に行けなかった娘は大喜び。
 11時にMOTの橋田さんと植田さん。MITに留学していた植田さんはアメリカの男性と結婚してボストンに住むそうだ。2年間はあっという間。13時NHKからホワイト企業ランキングの取材。まだ基礎情報収集の段階らしい。14時30分ポプラ社の方。16時畑原さんと保坂さん。来年度の広報や地域連携の話。16時30分芦川先生の英文表示。
 25日(火)は学長室打ち合わせ。案件が多く、13時ごろまでかかったが、残りは木曜日に。15時からキャリアカレッジ構想委員会。5月からスタートの形が固まりつつある。
 26日(水)は9時半藤島アドミッション部長。受験者が1万人を超えたが歩留まり率は低い。かねがね言っているように第2、第3志望で入学してきた学生が意外と昭和はいいぞと思わせる教育が大事。11時治部さんがオーストラリア、アメリカでデジタル教育をビジネスにしている方を紹介。既存のデジタル教材と異なり続けやすい工夫をしているそうだ。アメリカの方は共通の知人が多く、話が盛り上がる。治部さんの中国電力の差別裁判の記事は素晴らしい。山口シカゴ大教授も立派。12時20分入試委員会、15時キャリアデザイン委員会。16時30分海竜社の方と打ち合わせ。事務処理をしているうちに6時過ぎ。食事もできず、島桜子さんから頼まれていた日本政策学校の講演に市ヶ谷へ。地方議員やこれから政治家になろうという若い方が約6~70人。こちらも政策論を久しぶりに出来たのはうれしかったのだが、聴衆の中に官僚や政府に偏見を持っている地方議員もいた。
 27日(木)9時からグローバル人材育成委員会。アビューザさんとヤスコさんがボストンから来校。もっと世田谷キャンパスの教員の方々にもボストンに行ってほしいものだが仕事というか、名目がないと行きにくいのだろうから工夫が必要。10時40分から学長室打ち合わせ。14時から岡崎奨学金財団の評議員会。割と早く終わる。その分石原さんのところで長く話し込む。そのあと資生堂カフェで本の打ち合わせをしてから7時から福下さんなどと会食。
 28日(金)は11時に海原さん。そのあとつい今月中に処理すべき原稿や決裁や小さい打ち合わせをしていて同友会の教育改革フォーラムや世界総長会議を欠席してしまう。


 3月1日(土)はいろいろな学内会合。10時からオーロラホールで内永さんのキャリアカレッジオープン開校記念講演会。13時から大学院人間教育学専攻のフォーラムでごあいさつ、13時半からは現代ビジネス研究所のプロジェクト研究発表会。そのほか心理学科も卒業生懇談会と学生進路相談会。氷雨の中でいろいろなイベントが行われていて心強い。