2016年1月

1月24日の学長ブログ [2016年01月24日(日)]

 21日は大寒、今日は今冬最強の寒気が来るとの予想で、土曜日から雪が心配されたが24日は典型的な冬型の快晴でA日程試験は地方も含め無事終わった。
 18日(月)は未明からの雪が数センチ積もり、田園都市線は大混乱で三軒茶屋駅は地上まで長い列があふれていた。私は幸運にも流しのタクシーがつかまって登校はスムース。しかし公共政策調査会の授賞式に行こうとタクシーを呼んでもつながらず植松学長室長の自家用車で送ってもらいぎりぎりセーフ。審査委員を代表してあいさつ。池井慶應義塾大学名誉教授は遅れておいでになるが、「頭の体操のため自分の知らない分野のテーマを調べて応募した」ということで感心。あらまほしき高齢期の過ごし方。帰りは地下鉄で大学に戻り、優良企業ランキングの発表に参加。そのあと桑原さん。夕方岩永さんと映画を見る会の集まりに。与野党の政治家が多数参加。
 19日(火)9時30分理事会前打ち合わせ。10時40分学長室ミーティング。12時15分から留学生のサヨナラ交流会。学士取得、インテンシブコースなど様々なプログラムに参加している学生たちで増えてきているが急には増えない。学生団体であるグローバルネットワークが少しずつ動くようになってきた。
15258e00f0712af5
 13時30分清流出版取材。15時キャリアカレッジ運営委員会。カタリストなどのように企業と連携していくにはどうすればよいか。夕方美術展の内覧会を欠席して帰宅するが、わかなは何もなし。
 20日(水)へーベルハウスに自宅の点検をしてもらってから出勤。もう25年経つのだ。5人家族が2人になっている。10時30分登校。法テラスの方。教員面談など。12時20分からボストンへ留学する学生の出発式。そのあと現代ビジネス研究所の運営委員会。16時吉野さん、17時先日コメントを求められた「94歳のニューヨーカー」の女性に刺激され少しおしゃれをしなければとショッピングをしてから上川陽子さんの励ます会。政治家の励ます会は出ないことにしているのだが、多数の方が出席されていた。
 21日(木)大学部局長会。10時40分学長室ミーティング、お昼用に資生堂プロジェクトの学生から長命草のかき揚げ入りのおそば差し入れ。13時から理事会。その後学内打ち合わせ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 22日(金)午前中福田康夫事務所へ。いつも話すと心が明るくなる。大学に帰って進藤先生、五十嵐さんなど。北陸電力事前打ち合わせ。英毅さんも臨戦態勢で早めに帰宅するがまだ生まれず。下北沢で夕食。
 23日(土)は名古屋へ。低気圧で雪が降るかもしれなないということだったが、無事往復。尾木ママさんとの対談だったが話がお上手。ちゃんと付け人も。私はいつも一人で自転車や地下鉄で動いている。
 24日(日)は本学の一般入試(A日程試験)。三軒茶屋駅から受験生がぎっしり歩道を埋めているのを見るとありがたくて感動する。8時20分の集合にほとんどの試験監督者は10分前に集まり、それもうれしい。地方会場も含め無事に試験は終わる。その後、副学長さんたちと話したり、事務的な打ち合わせ、原稿校正などもはかどる。

1月17日の学長ブログ [2016年01月18日(月)]

 土日は大学入試センター試験で大学に朝早く登校。七十二候の「雉始めてなく」より、センター試験とか、阪神淡路大震災の日という方が現代の感覚にしっくりくる。
 12日(火)今日からキャンパスに学生も教員も増えてきた。卒論の締め切りで忙しい学科もある。企業は大学生の学力が低下したと批判しつつ、4年生の成績も卒論成績も見ないで内定を出している。教員は卒論を書くと学生はぐっと力がつくといっているのだが卒論を書かせない大学も多い中でがんばっている。
 午前中は打ち合わせ、面談が続く。12時BPO評議員会。藤原作弥さんや堀田力さんと久しぶりにお目にかかる。15時30分私立大学連盟の新年交歓会、17時30分から経済界の祝賀パーティー。帰宅してから北國新聞のコラムは北陸科学技術大学院大学との協定について書く。
 13日(水)は9時45分、10時と業者の方のごあいさつ。ぜひ学生のインターン受け入れやプロジェクトをしてくださるようにお願い。10時30分インターナショナルスクールの坪谷さん。PYP(Primary Years Programme)などについて話す。お昼ハーバード大学のスーザンとの約束だったが、足を痛めてこれず。14時30分藤平さん、15時30分Fビルを見る。16時30分リーダーズアカデミーの発表会と修了式。中間発表の時より長足の進歩。みんながんばったが、Dチームの「古着は世界を変える」が選ばれる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 14日(木)朝から学長室ミーティング。12時30分を過ぎる。給食の試食をばたばたと食べて13時から常勤役員会。15時から内部監査の報告。いろいろ考えさせられる。16時五十嵐さんと広田先生。18時から「つき合う会」。牛尾さんも。
 15日(金)朝からハーバード大学のシンポジウム。コーディネーターはハーバードの方達。日本人パネリストも私以外は英語の達人ばかり。ランチはケネディ米国大使と同じテーブル。6月のシンポジウムのご挨拶をお願い。夕方、米国大使公邸でレセプション。北岡JICA 理事長やグレン&咲江・フクシマやテンプル大学ジャパンのストロナク学長など知人が多数。19時過ぎに出てUS-JAPANの同窓会。こちらも横川さんや曽根さんなど古い知り合い多数。
 16日(土)は8時20分集合で大学入試センター試験の対応。1680人ほど受験。リスニングも含め無事に終わり、19時には帰宅。
 17日(日)は理科、数学なので受験者はぐっと減る。それでも関係者は全員で対応。無事終了。

1月11日の学長ブログ [2016年01月12日(火)]

DSC_1617
 あけましておめでとうございます。季節外れの温かいお正月だったが大学は12月24日から学生や教員もキャンパスから消え、12月26日から1月5日までは閉校である。七十二候でいえば雪下出麦(ゆきわたりて麦いず)、芹乃栄(せりすなわちさかう)、水泉動(しみず温かさを含む)の3候を自宅で過ごしたことになる。
 公務員時代は28日の御用納めまで働き、年賀状を12月29日、30日に必死に書いていたが、今はみんなに助けてもらってずいぶん時間にゆとりのある生活になったと感謝。
 それでも1月1日はたくさんの年賀状をいただき、その返事にお正月休みはかなり時間を割く。小野佐千夫さん、田中宏樹さん等未熟だった私を温かく見守ってくださった先輩が亡くなられたのを欠礼のご挨拶で知る。8日には宮崎勇さんの訃報も届く。半年前にお目にかかった時はお元気だったのに。
 家族や姉妹と過ごすという正月休みの目的は達したが、きれいに掃除しようという希望は実現せず。それでもお正月は2年続けてボストンに行ったが今年は行かないこともあってゆっくり過ごす。その間に五十嵐さんは新しい企画について大車輪で動いてくれる。私も人事や組織などゆっくり考える。12月26日に昭和女子大学から北陸科学技術大学院大学に推薦入学で受け入れていただく協定を結ぶ。新年早々カタリストジャパンへの加入も実現しそう。

 1月1日(金)読売社会面にかなり目立つ広告を出したのだが全く反応はなく、Qさまを観たという人がずっと多い。信濃毎日新聞のコラムにはシェアリングエコノミー、北国新聞には北陸科学技術大学院大学との協定について書く。
 7日(木)学長室打ち合わせと大学部局長会。
 8日(金)は新春職員の集い。みんな元気で仕事ができるのは本当にありがたいこと。

 1月9日は広中さんのところで、11日は四ツ谷でハーバードの同窓会。もう10年になり、当時は若手だった人がそれぞれの組織で中堅の働き盛りになっている。