2016年10月

2016年10月31日の理事長ブログ [2016年10月30日(日)]

寒露という通り急に気温が低くなってきた。新しい風物詩のハロウィーンで下北沢でも仮装衣装の子供たちが街にあふれている。

 24日(月)は午前10時から三田会議所で私立学校の振興に関する研究会、井の頭線はラッシュアワーですごく混む。地方の私立大学の取り組みが紹介された。その努力は多とするが、その地で生まれた青年を引き留めるだけで地方創生に役立つのか。急いで帰って女性文化研究所の紀要の編集会議に出席。13時30分らぷらすの桜井さん、14時30分西武信用金庫の落合理事長。いろいろ新しいことにチャレンジされている。15時から包括協定を締結。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そのあとは大学の種々の打ち合わせ。17時過ぎに出て国際医療福祉大学のパーティのためホテルニューオータニへ。いろいろ知った人に会う。もう少し居たかったが、日本工業倶楽部のJAFEの会合。ゴーンさんがおいでになるまで少し前座で話する。
 25日(火)は晴れて徒歩通勤が快適。9時30分に文部科学省医学教育課長が翌日の会議の事前説明に。10時40分大学ミーティング。12時に出て香港理科大との昼食会に遅刻して参加。改めて香港人のエネルギーに感心。15時30分21世紀大学経営協会の水盛さん。14時来客。18時過ぎまで打ち合わせなど。太子堂へ。
 26日(水)10時文科省で中央教育審議会大学分科会。大学へ帰って13時30分IDの船越社長、14時30分毎日新聞出版中村社長ほか。お願いしていたドレスが届く。18時ごろ出て久しぶりのテレビ収録。予想していた出題は少ない。21時過ぎと早めに終わる。
 27日(木)いったん大学へ寄ってから東京外国語大学の経営協議会で神保町の学士会館。学長選考会議をおえて後楽園の東京ドームホテルへ。相変わらず華やかなミスインターナショナルの審査会。着物でなくドレスだととても気楽。19時30分ごろにパーティを失礼する。
 28日(金)アサヒグループホールディングスの消費者担当の方たち。11時櫻間さん。12時30分に出てお茶の水のeラーニングフォーラムで講演。16時読売新聞通称使用の裁判について取材。ついいろいろ話してしまう。18時30分からGSWのコアメンバー会議。課題はいろいろあるが進行している。そのあと中村さんのマンションでおしゃべり。
 29日(土)校正などをして過ごす。子供たちは三軒茶屋でハロウィーンの白雪姫の衣装で仮装。
 30日(日)も校正、あとがきなど。伊勢海老とサザエを頂戴したので子供たちをよんで生きているのを見せてから皆でいただく。

2016年10月24日の理事長ブログ [2016年10月23日(日)]

いつまでも夏と秋が行ったり来たりしている不順な気候だと思っているうちにもう寒露が過ぎて霜降。北の国では積雪のたより。

 17日(月)は午前10時からビジネスデザイン学科の就職状況。初めての卒業生の就職は重要なので特別に説明してもらったが、高い内定率で一安心。ほかの学科もそうだが名の知られた企業の一般職か、面白そうだが知名度はない中堅・ベンチャーか悩むがビジネスデザイン学科の学生は元気がよいのでチャレンジ型が目立つ。10時30分国際交流基金の招きで来日しているテキサス大学のガルシアさん。とてもわかりやすい明瞭な英語で日本の大学教育について話し合う。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
午後13時30分から. ロッシェル・カップさんの講演。本はよく読んでいるので趣旨には共感するが、どう実行するかはむつかしい。時間がちょうど間に合っていろはを迎えに行く。そのあと事務処理。
 18日(火)9時30分職員のボストンSD研修の報告。何度も行っていると見えなくなっていることを初めて行った人から指摘をうける。10時40分大学ミーティング。人事案件も多く12時30分近くに終了。13時から理事会打ち合わせ。14時雑誌取材。15時藤島先生。16時過ぎにアメリカンクラブでフィッシュ財団のJWLI10周年のシンポジウム。参加者、スポンサーの集め方は立派なもの。もっと私たちも学ばなければ。知り合いもたくさん出席していた。18時ホテルオークラで国際文化交流賞の受賞式。スーザンも晴れがましそう。昭和のシンポジウムの写真がたくさん紹介される。そのあと日本プレスセンターでJ-CASTの10周年記念パーテイ。改めて蜷川さんはCHANGE MAKERなのだと痛感。
 19日(水)は川奈ホテルで講演。さわやかに晴れてよい気分。皆さんにもよくしていただいた。東京駅まで来て初校ゲラを編集者にわたして帰宅。珍しく早い時間のジムのプログラムにでる。
 20日(木)は朝9時大学部局長会、早く終わって9時50分から大学ミーティング。13時から理事会。理事会の議案は約1時間で終わり2時前から中期方針のディスカッション。途中ミスインターナショナルの方たちの歓迎のスピーチ。年齢から言うと学生たちとミスたちはほとんど変わらないのだが、とても大人に見える。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
また理事ディスカッションに戻って17時30分過ぎまで議論。六本木ヒルズのACCJのパーテイへ。ローラやサラとも会う。20時過ぎに失礼して太子堂へ。マー君が熱。
 21日(金)は午前10時事務打ち合わせ。12時から姫野さん、広中さんも見えてスーザンを囲んでの昼食会。13時10分スーザンの特別講演。素晴らしい内容でもっと多くの学生が聞いてくれればよいのにと残念。15時過ぎに終わる。ほっとする。
スーザン
渋谷の文化村で野村萬斎さんの三番艘。終わって太子堂へ。
 22日(土)は9時過ぎから11時まで太子堂で上二人の面倒を見たり、買い物をしたり。
13時ダイバーシティのイベントで挨拶、オープンキャンパスはそこそこの来場者。いったん家に帰ってから乃木坂へ。やはり派手のものは買えないで着回しできるようなものを買ってしまう。大芦さんたちが早めにわが家に着いたという電話が入り急いで帰る。かぐみ達、わかな達も来てにぎやかな夕食。田部井さんの訃報。9月の喜寿のパーテイでは元気そうだったのに早すぎる。敬愛する先輩だったので寂しい。
 23日(日)は朝パレスホテルでベンジャミン・フリードマンさんとのディスカッションに出席してから茨城県の生涯教育センターで講演。17時30分ごろに渋谷につく。18時30分から大芦、野村、田代さんと夕食。沙智も参加。

2016年10月17日の理事長ブログ [2016年10月16日(日)]

急に秋らしくなり、後の名月が美しかった。

 10月7日(金)は11時から北校舎の見学。ほとんど完成してこれから設備や内装というステージ。「政治家は箱モノを立てたがる」と批判してきた私だが、新しい校舎が建築できるということは、資金だけでなく、学生が増えているなどの良いトレンドが続いているからで、ありがたいことだ。よい環境でぜひいい活動をしてほしい。午後は新学科関係者の面談、出版編集者、銀行関係者と来客が続く。18時に加藤さん、小林さん、牧野さんが来訪。いろいろおしゃべり。
 8日(土)の午前中はかなりひどい雨。ジムに行った後、日本赤十字看護大学30周年記念式典で講演。タクシーの運転手の人が道を間違えて唖然とするが、何とか予定の時間につく。大塚副社長が大学の理事長を兼ねておられる。夕食に英毅さんとわかな達。
 9日(日)はいろんな締め切りに追われて原稿を書いたり、校正をしたり、推薦の本を読んだり、家にこもって過ごす。集中して取り組むと効率がよい。
 10日(月)は午前中に校正をして、午後かぐみの子供たちの小学校の運動会。ついこの間入学したのにもう6年生。夕食はわかな達。お昼の結婚式にみんなで出席したのであまりたべず。今日からピロリ菌の除菌の薬を飲むので1週間風邪薬と会合はストップ。
 11日(火)は10時過ぎにフランスのノルマンディーの大学の方たちが訪問。10時40分大学ミーティング。12時15分に少し遅れて留学生交流会。日本語と、英語であいさつ。13時30分常勤役員会打ち合わせ。15時旭化成前社長の浅野さん。大阪ガスの方など来客が続く。
 12日(水)お昼に避難訓練。避難した後帰宅困難となった学生や教員をどのように大学でサポートするか、考えておかなくてはならない。14時からJICAで招聘している方たちに日本の女性の現状についてはなす。
jica2

jica1
そのあと学生がキャンパス案内。16時30分学内の面談。いろいろ参考になる。
 13日(木)は朝から麹町でIBMの勉強会。北朝鮮情勢。10時過ぎに大学につき、10時30分に来客、10時40分大学ミーティング。情報システムについて聞くが、できるだけ教職員に聞いて欲しい。となるとFDかSDか。13時常勤役員会。1時間余りで終わったので河村監事とお話。とても共感し、教えられるところ多し。16時20分から附属校の教員の方たちに新プロジェクトのご説明。直接話したほうが、気持ちが通じると信じたい。
 14日(金)10時藤岡さん、11時資金運用委員会。こんなに利率が低いと別の基準で資金活用を考えるべき。12時30分にキャロットタワーでマイナンバーカードの交付を受ける。30分ほどかかり混んでいると思ったが、まだ短いそうだ。15時来客、16時国際ジェンダー学会の池田さんと柘植さん。17時からダイバーシティ研究会で30分ほど話す。ダイバーシティについて池田さんの話を聞いてから帰る。
 15日(土)午前中は大芦さんが泊まるのにそなえ掃除。それからジム、女性教養講座の養老先生にごあいさつ。夜は校正。
Jokyou
 16日(日)朝、大芦さん親子が来る。さちも大人びた。お昼は六本木ヒルズクラブでグレン福島さんやナンシーさん、みどりさんとランチ。話が弾むが1時30分に失礼して、東京文化会館へ。大芦さんとオペラ、エフゲニー・オネーギン。小説はそれほど好きでなかったがオペラは素敵。幕間のテラスでのドリンクが気持ちよい。帰宅して大芦さんとおしゃべり。

2016年10月6日の理事長ブログ [2016年10月06日(木)]

9月26日から実質的に後期がスタートした。
公務員時代は大学の先生は夏休みがあって、冬休みがあって、春休みがあって、なんて恵まれた職業だろうと思っていた。長くいるうちに大学も他の職場同様仕事ができる人は仕事が集まってきて忙しく、そうでない人との差が大きいことがわかってきた。それでも学期が始まるといろんな会議があり、打ち合わせがあり、休み中より忙しい。

 9月26日(月)は8時に美容院によってから9時から大学ミーティング。約3週間ぶりなので議案が多い。13時から約2か月ぶりの大学部局長会。文科省の会議は重なり欠席。15時30分から外出。
18時からは非常勤の先生たちをお招きしての教育懇談会。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

旅行中からの咳が悪化し、7時過ぎに失礼して稲垣さんと打ち合わせ。海外から帰った後はしばらく早寝早起き。
 27日(火)は朝医師によって薬を処方してもらって出勤。10時から江口さん、大泉校長、11時からビジネスの新学科についての打ち合わせ。13時から長唄の家元の吉住さんと対談。18時から男性管理職のワークショップで挨拶。19時からメンターの集い。改めていい方たちに来ていただいていることに感謝でいっぱい。いろはが行きたがるので連れてきたが、ご迷惑をかけてしまった。
 28日(水)は午前中アサヒの取締役会。パレスホテルのフォーブスの表彰式に行きたかったのだが時間的にきつく羽田に直行。徳島に3時前につき、ホテルにチエックインしてから会場に。全国商工会議所女性会の総会で2400人余り。咳が出ないか心配だったが無事講演を行う。三村商工会議所会頭、飯泉知事も聞いてくださる。続いての懇親会では全国からの参加者や昔からの知り合いや友人や同窓生が声をかけてくださる。そのあと近藤会頭のお知り合いの料亭で懇親。
 29日(木)は雨が激しいこともあり、藍染め館を見学しただけで早々と空港へ送っていただく。13時前には羽田につき大学へ。15時から来客と懇談。そのあと15時30分から高岡さんのアメリカのテンプル大学での研修報告。とても情報が豊富で参考になる。16時過ぎから大正大学の上杉さんのSD講演。まったく同感することばかり。男女共同参画局で一緒に働いた同志なので懐かしいが今ではSDの権威者。彼も東大でmake the change,いい仕事をしたのだと敬服。
 30日(金)は朝9時から教育会議。大学連携の話をする。11時から東京堂さん。13時30分からアメリカからの来訪者にご挨拶。14時から15時30分まで理事長室で勉強会。19時からカサノバさんたちと会食。とても話がはずむ。
 10月1日(土)は雨でこども園の運動会は延期。9時CIEの危機管理演習とても有意義。10時らぷらすの移転オープニング。区長も出席。来場者多数。落合恵子さんと講演前におしゃべり。昼は久しぶりにジムへ。18時30分アメリカからの来訪者と会食楽しく盛り上がる。
 2日(日)は毎年の家族行事だったブドウ狩りをあきらめる。こども園の運動会を見てナースリー時代との違いに、危機感を持つ。咳は治らないがジムへ。夕食はかぐみの誕生日の会食で初めてのお店に行ったら人手不足で、時間がかかり注文をあきらめ早めに帰る。
 3日(月)は9時辞令交付。11時塩谷さん来訪。13時30分雑誌の対談。
その後いろはの迎えを手つだってもらい自民党本部に。大学に帰ってから事務処理をして太子堂へ。
 4日(火)は9時大学ミーティング。10時40分から式服に着替えて「先哲の慰霊祭」でごあいさつ。13時30分打林さん。14時清流取材。15時教員。そのあと事務処理してゆっくり帰る。
 5日(水)9時から記念講堂で1年生全員に「キャリアデザイン」の第1回講義。11時30分文科省。そのあと帝国ホテルの東京ロータリークラブに出席。14時過ぎに中村紀子さんがビジネスデザイン学科の特殊研究講座で来訪。いろいろなおしゃべり。講演も迫力があり素晴らしい。16時20分過ぎ英語コミュニケーション学科の特殊研究講座の杉田敏先生にごあいさつ。そのあとリーダーズアカデミーの中間発表。力のある学生が増えている。最期まで居られず、18時からエグゼクティブ共創コースで30分ほど講義。そのあとわかなが会合に行くので太子堂でベビーシッター。22時30分近くまでかかる。
 6日(水)は9時に大学部局長会。早めに終わったので10時から大学ミーティング。13時30分。「潮」のインタビュー。その後、阿部さん、小森さん、植松さん、柏木さんと学内の面談が続く。17時30分過ぎに出て新宿で晶子姉の総務大臣表彰のお祝いの会食。子ども達が騒ぎひやひや。

2016年10月3日の理事長ブログ [2016年10月02日(日)]

9月はアメリカとヨーロッパと2回海外へ行ったのと本の執筆、校正を抱えていてブログを書かないうちに10月になってしまった。天候不順でも金木犀は時をあやまたず香っている。

 9月8日(金)は朝7時30分過ぎに家を出て成田からダラス経由でフィラデルフィアへ。ダラスの入国審査、乗り継ぎは割とスムースで3時前にフィラデルフィアへ。ホテルにチエックインしたあとブルースさんが迎えに来てくれて、イタリアレストランで食事。次の日は午前中テンプル大学で面談と見学。午後ボストンへ。アビューザさんが迎えに来てくれる。
 10日(土)は筒井さんご夫妻の茶事。第一グループの始まる時間にまだ用意ができておらず、ハラハラしたり、正座だから立ち上がろうとして転んでけがをした人がいたりして大変だったが、13時からの第2グループは、みな知人で日本のことにも造詣のある人たちなので会話も弾み、楽しんでもらえた。しかし懐石料理とはいかに時間と手間がかかるものか改めて実感。夜は慰労も兼ねて皆さんとリーガルシーフードで食事。
 11日(日)は朝近くの丘の上で朝日を見てからジャマイカポンドの周りを一周。ボストンは今年の夏は雨量がとても少なかったということで、池も水位が低く小さくなっていた。コーキーとボストン美術館に行ってランチ。自分だけで行くのとちがうところを見るのが楽しい。夕方軽くお昼寝をしてから郁子さんのところで早い夕食。いつもの親しい友人たちに加えて新任の総領事ご一家も。
 12日(月)は朝シーラ・マルセロ。とても魅力的で精力的。10時藻谷さんとシモンズカレッジでビジネススクールのパトリシアなどと面談。早めに出てフランクとハーバードのファカルティクラブ。ベスター教授が主催できちんとした正式の昼食会。 ハーバードランチョンセッション
スーザンも国際交流基金賞の授賞を喜んでくれてよかった。14時半すぎて昭和ボストンに戻る。16時からボストン理事会。18時前に終わり、それからみんなで会食。
 13日(火)朝9時に昭和ボストンの教職員に昭和東京の取り組について30分ほど話す。好意的なコメントが出て、やはり直接話することが大事と痛感。10時過ぎに空港へ出発。日本航空の事務所に学生がお世話になっているお礼のごあいさつに顔を出す。日本航空のサービスは行き届いており飛行機は快適で成田に14日(水)の16時前、自宅に18時前に着く。
 15日(木)は午前中評議員会、午後理事会。主要案件が異議なく通りほっとする。女性教養講座の委員会の後、銀座の田部井さんの77歳のお祝い会に少し顔を出してからわかなのところへ。
 16日(金)は明治記念館の会合が長引き、いろはの保育参観に遅れたらいろはが泣いているという連絡が入り、急いで帰る。子供たちの小さいころも仕事が終わらず、よく約束を破って悲しませたことを思い出す。明日からまた旅行に出るので、午後は事務処理。夕方公文書館の展示の内覧会。女性特集でとても充実している。
 17日(土)はまた成田からパリ経由でベネチアへ。パリの乗り換えはサポートしてもらいスムースだったが、ベネチア空港は不案内なのでルペルテ先生が迎えに来てくださっていてほっとする。ホテルで桜間右陣、恵子ご夫妻に会う。
 18日(日)はベニスの劇場で能の「経正」の講演。事前に講演の原稿をルペルテ先生にお見せし通訳していただく。イタリアと日本の外交150年を記念してローマ、フィレンツエ、ベネチア、ビゼンツァ4都市で能を公演するプロジェクト。終わってホテルに帰り着いたのは12時ごろ。外国で能を公演するとは大変なことなのだと改めて感心。2年前にベネチア大学で講演させていただいたご縁で協定が結ばれ、8人の学生さんが昭和女子大に来てくださっている。
 19日(月)は休みなのでパドバの街をダニエラ・モロさんと散歩。ボローニアに次いで古い大学もあり、豊かで落ち着いた街。ダニエラといろいろ話が弾む。彼女はなんと円地文子を研究しているそうだ。私も昔は愛読していたのだがうろ覚えでしっかり議論ができなくて恥ずかしい。夕方ビゼンツァの町へ行きそこのホテルに泊まる。
 20日(火)はビゼンツァの街を散歩。
image1
小川ご夫妻の友人がロンドンからみえてお昼をご一緒する。ビゼンツァの街は16世紀天正少年使節が歓迎を受け、その模様が劇場のフレスコ画に描かれて残っている。若桑みどりさんの小説でも描かれている彼らの栄光と悲惨を新作能で桜間右陣さんが上演。何よりの供養だろう。24時近くに終わりバスで1時間ほどの空港近くのホテルに朝2時前につき、5時に起きロンドン経由でレイキャビックへ。ヒースロー空港も巨大で世界中の旅行客がひしめいている。レイキャビックには午後16時前につくが、気温は8度、すでに夕暮れの弱い光。ひっそりとしたきれいな街。夕食は志野大使の公邸でレセプション。料理人の女性の工夫を凝らした料理。志野大使は昔人権難民課長をしていらしたときに面識があった。とてもお元気で初代大使としていいお仕事をなさっている。
 22日(木)は朝から氷雨だったが桜間夫妻とドライブでヨーロッパプレートと北アメリカプレートのぶつかっているところを見学。火山の溶岩台地に地衣類がしがみついている荒涼とした風景。午後アイスランド大学の学長と日本語科の学科長と面談。協定に前向き。学生たちはみなきれいな英語で話している。夕方ブルーラグーンというリゾートへ行く。広い温水プールなのだが自然のままでケイ素が溶けて緑灰色のお湯で不思議な体験をした。時にはオーロラを見ることもできるそうだ。
 23日(金)は午前中散歩していたら見事な虹が見えた。
IMG_0283
お昼は大使の公邸でSisters Lunch。アイスランドの大臣や政府高官や大使が約20人。日本の女性について話す。世界経済フォーラムのジェンダーギャップ指数では世界第1位のこの国は、女性が活躍しなければ経済も社会も回らないという。埼玉県に来てくださったフィンボガドッテル元大統領も来てくださる。86歳になっておられるそうだがお元気でうれしい。15時から大学で能のワークショップで少しお話する。夕方大使館の車で空港の近くのホテルまで送っていただく。夕日が長い間沈まず弱い光が残っている。
 24日(土)は朝5時前に起きてレイキャビックからフランクフルトへ。説明の人もいない中で自動チエックインをし、荷物を預け、搭乗。ホテルといい、空港といい、人手がないからだろうが余り親切とは言えない。フランクフルトも乗り継ぎの時間が長く、ラウンジもそれほど快適でなかったが何とか、無事日本に帰ってくる。