2017年5月15日の理事長ブログ [2017年05月15日(月)]

ボストンでの連休のあと大学に行くとバラが花盛り、緑もだいぶ濃くなった。今週はGlobal Summit of Womenが開催されたので、いろいろ新しい経験をした。
5月9日緑豊かなボストンから直行便で東京へ。時差で1日失う。ボストンのラウンジで卒業生の日中旅行に同行するゴードン教授夫妻と一緒になる。ハーバードはこのようにexclusiveな卒業生の愛校心を涵養しているのだと感心。
16時ごろに成田に着き、17時半ごろに東京駅で富山の方たちと別れる。それからGSWの最終打ち合わせに直行。アイリーンは相変わらず。
5月9日、久しぶりで大学へ。ミーティングや決済など。お昼学友会の新年度の役員。ストナク学長が来訪。いよいよ出発進行。太子堂へ。帰国時の時差克服は順調。
5月10日、朝7時半ごろ家を出て東京証券取引所へ。アイリーン、中村さんなどとともに初めて鐘を鳴らす。「一生経験することはない珍しい体験をさせていただきました」と言ったら清田社長に将来卒業生が起業した企業が上場するときにおいでくださいと言われる。大学に戻り、11時半月田先生と面談、15時過ぎ女性教養講座の森本あんりICU副学長にごあいさつ、17時40分リーダーズアカデミーで開講あいさつ。年々意欲的な学生が増えている感じ。
DSC01189
太子堂へ。
11日木曜日、いよいよGSWが始まる。私は14時前に新高輪グランドプリンスに行き、ユーススカラシップの学生たちと話す。世耕大臣はなかなか雄弁。榊原会長とグレン・福島氏。そのあと小池都知事。
開会式は安倍総理が自信満々で登場。カザフスタンの参加者が制止も無視して取り囲んで写真撮影。40分ほど遅れて終わりバスで迎賓館へ。花鳥の間で夕食をとってから前庭へ。満月のもとで、きれいにライトアップされ、太鼓のタオも素晴らしい。鏡割りなどで飲み物はたっぷり。たくさんの方たちと会う。フェースブックでアップされた写真を見てNYの寺尾さんからメール。
5月12日は1日中、新高輪プリンスで。昨日の歓迎レセプションが大成功だったので実行委員の皆も機嫌が良い。たくさんの知人と会う。16時半からのユースセッションはなかなか充実しており、昭和女子大からの参加学生もいい刺激を受けたに違いない。
ガラディナーは、着物や民族衣装の女性が多く華やか。日経の岡田社長、東横インの黒田社長などと同じテーブル、黒田さんは幼稚部から高校まで昭和の附属だったそうだ。
5月13日はキャリアカレッジ開講式に出席したため、遅れてGSWの閉会式へ。日本的ではなくいろいろ混乱はしていたが、まあこれがグローバルスタンダードだろう。
5月14日は母の日で娘たち家族が夕食に来てくれる。