2014年2月

Semester at Sea~新しいタイプの認定留学~ [2014年02月10日(月)]

本学には、「自由型認定留学」という、大学定める基準を満たす留学先を自分で選定し、大学に認定してもらう留学の方法があります。
「留学したい」と思っていても、どんな大学で何を学びたいのか、留学先やその目的を明確にできていない人も少なくないはずです。
そんな方に、今回は新しいタイプの留学をご紹介!

それが、Semester at Sea です。
詳しくはこちら⇒http://www.semesteratsea.org/alumni/semester-at-seas-50th-anniversary/
一言でいえば、船で世界を周遊しながら異文化を学び、体感できるプログラムです。

航路は毎年異なり、海上を移動している日は授業日、各国の港に停泊している数日が休日です。
多彩な一般教養科目に加え、航路に合わせてその地域の社会問題や歴史について学ぶことができ、その知識を各国で行われるフィールドワークで実践することで企画力や問題解決力を身に付けられるそうです。
以下サイトでは、今現在船上でどんなことが行われているか等、リアルタイムの情報が得られます!
News from the Helmhttp://www.semesteratsea.org/news-from-the-helm/

今年は先月末横浜港に2,3日停泊していたので、学生たちがどんなところで日々生活し学んでいるのか、船内を見学してきました!
外見は、まさに豪華クルーズ船そのもの。

内装はホテルのように綺麗で、日々授業が行われる教室もまるでラウンジのよう。

長い廊下に並ぶ二人部屋の客室はコンパクトながらもトイレとシャワーが完備され、快適そうでした。
エレベーターホールには船内外で行われるイベント情報が豊富。興味に合わせて様々な体験ができそうです。

全て英語で行われるこのプログラム。
応募するにはTOEFL79またはIELTS6.0が必要です。
費用も最低200万程度とかなり高額ではありますが、3,4か月で複数の国と地域を周遊し、貴重な体験ができること間違いなし。

一味違う留学をしてみたいという方は、応募を検討してみてはいかがでしょうか?

交換留学生・卒業生の送別会 [2014年02月04日(火)]

1/24(金)留学生交流会を行いました。

今回は、2013年度後期で母国に帰国する交換留学生と、今年度で卒業予定の留学生の送別会も兼ねて行われました。主役である卒業生と在学生、日本人学生も合わせて30名ほどの学生が参加してくれました。西川国際交流センター長から開会のお言葉を頂き、交流会がスタート。

最初に卒業生一人ずつからご挨拶をいただきました。

本年度の卒業生は、大学院3名、学部生6名、ソウル女子大学交換留学生2名、UCC大学交換留学生1名、クイーンズランド大学交換留学生1名です。
留学生活の思い出や、日本で学ばれたことなど、日本での思い出を皆さんお話してくれました。

また、坂東学長のご厚意により、卒業生の皆さんに坂東先生のご著書を一人ずつ手渡しして下さいました。


この後は会食時間となりました。

豪華なお料理をいただきながら、楽しい時間を過ごしました。

最後に金子副学長にお話をして頂き、無事交流会は閉会しました。

ご卒業される皆さんが、本学で学ばれたことや経験を生かし、ご活躍されることを心より願っています。