2014年7月

トビタテ留学JAPAN-第1期派遣生壮行会 [2014年07月28日(月)]

2014年7月27日(日)

文部科学省で「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の第1期派遣留学生壮行会が行われました!
下村大臣からは、この官民協働の新しい留学支援制度の意義と重要性の説明と、1期生への熱いエールが送られ、その後協賛企業を代表して三菱商事の常務とソフトバンクの孫社長からの激励メッセージが続きました。

一方、官民からの期待に応えるように、4コースの代表学生4名がそれぞれ決意表明を行いました。
個性豊かな4人の学生は、留学にかける想いと帰国後にどうやって留学成果を日本に還元するかのプランを堂々とアピールしていました。
最後には派遣学生でお揃いの「トビタテ留学JAPAN Tシャツ」の授与と記念撮影があり、第一部の式典は終了しました。

第二部の懇親会には、派遣学生だけでなく、学生の出身大学担当者や資金援助をしている企業の採用担当者が多数出席し、とても賑やかでした。本学から「多様性人材コース」で採用された、歴文の大倉さんは着物姿で出席し、注目の的でした。

この「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」は、奨学金をもらって夢だった留学プランを実現できるだけでなく、
同じような志を持った学生との横の繋がりや、そういった意欲的な学生を採用したいという企業担当者とのネットワークも広がるとても魅力的なプログラムです!
留学計画の立案、受け入れ先機関の手配、留学中の生活場所の確保など、主体的に準備を進めるのはとても大変でですが、平成27年度の募集には、より多くの学生応募があることを期待しています!

この奨学金の情報は全て以下専用サイトに公開されます。
応募を検討している方は、今のうちに「ニュースレター配信」登録を済ませておきましょう☆

■官民協働海外留学支援制度
トビタテ!留学JAPAN 公式ホームページ
https://tobitate.jasso.go.jp/

SSIP2014-DAY20 [2014年07月15日(火)]

SSIP20日目(最終日)、多文化協働プロジェクトの最終プレゼンテーションと閉会式・送別会を行いました。多文化協働プロジェクトの最終プレゼンテーションでは、3週間でよくまとめたなと感じるくらいとてもいいプレゼンテーションでした。閉会式では、坂東学長より留学生と多文化協働プロジェクトを履修していた日本人学生に修了証が手渡されました。みんな3週間やりきったというような達成感に満ちた笑顔で受け取っていました。
送別会では、もうすぐそれぞれの国へ帰るということもあり別れを惜しんでいました。中には目に涙をためた留学生がちらほら。お互い連絡の取りやすい連絡先を交換したりSNSでつながりを作ったり、このプログラムが終わっても交流が続いていくんだなと思うとCIEとしても嬉しく感じました。彼女たちのこれからの活躍と素敵な人生を送られることを心から祈っています(*^-^*)


Cross-Cultural Collaborative Project (Final Presentations)
The first event of the day was the presentations of the final Cross-Cultural Collaborative projects of this year’s SSIP participants! One professor who came to see the presentations said that she could really tell how much effort and hard work the groups put into making the projects. Several of the groups improved tremendously from the practice presentations, and one group even changed from a PowerPoint to presenting an original animation and conducting a panel discussion. It really seemed like all of the Cross-Cultural students were able to learn a lt about gender and its societal role (incorporating relevant themes such as family, marriage, romance, career advancement, etc). From their interviews of each other, they were able to analyze and synthesize a great amount of data into interesting and thought-provoking presentations? the exact purpose of this anthropological assignment!

SSIP Closing Ceremony and Farewell Party
As part of the closing ceremony, Bando-sensei presented each international participant and Cross-Cultural Workshop student a certificate confirming their completion of the program.
At the farewell party, delicious food was provided, memorable pictures were taken, and many tears were shed. Chanpisey Lim, one of our international students from Cambodia, stated that this was not goodbye, but a hello to new adventures and reunions in the future. Each students spoke a little bit about their experience here in Japan and several students said they were “able to learn so much” in just a short three weeks! They couldn’t believe how fast time went by! As the party came to a close, the students began to part ways, but we said goodbye hoping that our paths will cross again in the future.

SSIP2014-DAY19 [2014年07月14日(月)]

SSIP19日目は、世田谷美術館と企業訪問で資生堂を訪れました。世田谷美術館ではボストン美術館の作品が現在展示されているので、ボストン周辺校の学生にとっては馴染みのある作品があったかもしれないですが、美しい作品にみんな見入っていました。
資生堂では、歴史と企業理念を深く理解することができ、また企業として大事にされている『おもてなし』を実際体感させていただけたので、留学生もとても感動していました。個人的には、日本で初めてアイスクリームソーダを販売したのが資生堂パーラーというお話しにとても驚きました(◎o◎)!皆さん知ってましたか?


Japan Studies: Activity⑧ Setagaya Art Museum
On our second to last day of SSIP, we took our last field trip to the Setagaya Art Museum. The students enjoyed the current exhibition, “Looking East, Western Artists and the Allure of Japan,” which contained five different themes of art: Taste for Japan, Women, City Life, Nature, and Landscape. The students also got to see the original painting La Japonaise by Camille Monet, the museum’s current prized possession. Originally this painting is from the Museum of Fine Arts in Boston, recently restored to make the colors more vibrant.

Japan Studies: Activity⑨ Company Visit to Shiseido
In the afternoon, we left for Ginza to tour one of Japan’s biggest cosmetic companies, Shiseido. We were brought to their headquarters and listened to senior advisor, Hisayuki Suekawa, explain the company’s unique marketing strategy to compete as a global company. “Omotenashi” meaning “hospitality;” Suekawa claims is the reason why Shiseido is able to survive and compete on a global market as they are able to anticipate the customers’ needs. We also visited the Tokyo Ginza Shiseido Building where we had a lecture about the history of the Ginza Parlour and were given original ice cream sodas and camellia-themed sweets! We also went to tour Shiseido the Ginza, where we were able to try the mirai “future” mirror. (Instead of physically trying on the make-up, a specialized camera shows what we would look like with the specified shade or color.) At the very end, Shiseido sent everyone home with an omiyage containing three maple puddings from their parlour shop and a packet of oil blotting paper. What a great treat for everyone!

SSIP2014-DAY18 [2014年07月14日(月)]

SSIP18日目は、初等部へ行って児童と交流し午後から日本の経営について学びました。初等部では、いくつか授業を見学し一緒にランチを取りました。留学生は、工作の授業で初等部の児童がイスを作っていることにとても驚いていました!また、留学生の中でアートを専攻している学生が黒板にディズニーのキャラクターを描いたら初等部の児童の皆さんがとても喜んでくれたので、描いた留学生も嬉しそうでした(*^_^*)言葉があまり通じなくても、絵や音楽などでも交流出来るって素敵ですね♪


Visit to Showa Elementary School
Today, SSIP was able to tour Showa elementary school, which was one of the last Showa schools to be founded. We visited several grades and classes, including math, social studies, geography, english, music, art, and woodshop.The participants were very surprised by how talented the elementary students were, especially in woodshop, where they were making chairs. One international student said, “I don’t think I could even make that!” In music class, we also got to see the big sibling program in action; sixth graders were helping kindergarteners play songs on their melodica. After looking at the classes, international students joined the elementary school students for lunch. Even though they were not fluent in English, the kids were still able to communicate and have fun with the SSIP participants! In one classroom, they gifted us a rendition of “Let It Go” completely in English!

Japan Studies: Lecture⑪ Lecture on Japanese Business and Management
In the afternoon, we attended a lecture on Japanese business and management. Some Japanese students gave presentations to us about the readings Professor Kuhara had given, which were organized into the themes of Japan in the past, present, and future. The international students were able to learned a lot about the Japanese economy– both its strengths (such as its ability of “translative adaptation” and great geographic location) and current issues (such as its rigid corporate structure and latecomer status to globalization). Between the PowerPoint presentations, there was lengthy discussion about some of the questions the international students had. We actually ran over time with the lecture, but the students all went away pondering about Japanese business and management and what they can do as future employees and leaders to help end its stagnation.

SSIP2014-DAY17 [2014年07月10日(木)]

SSIP17日目は、午前中にジブリ美術館へ行って、午後は多文化協働プロジェクトと合気道部の練習にも少し参加させていただきました。ジブリ美術館では、電車の遅れなどで観賞する時間が少し短くなってしまったのですが、美術館でしか見れないショートフィルムや展示物を観たり、グッズを真剣に選んでいる留学生もいて、それぞれ楽しんでいる様子でした(*’▽’)
多文化協働プロジェクトの後に合気道部の練習に少し参加し、簡単な護身術をレクチャーしていただきました。留学生はみんな体を動かすのが好きなようで、習った護身術をノリノリでペアを組んだ子に試していました^^多文化協働プロジェクトの時間に最終日のプレゼンテーションの練習をしていて少し緊張感のある雰囲気だったのですが、体を動かして気分を切り替えられたのではないかなと思います♪


Japan Studies: Activity⑦ Ghibli Museum
Today was the long awaited visit to the Ghibli Museum! We were welcomed at the museum by none other than Totoro, who was waiting for us at the entrance of the museum! Inside, we could walk through several rooms that took us through the journey of how Miyazaki created his animated films. We even got the special treat of being able to see a short animated feature that could only be seen at the museum. The students were even able to go to the rooftop where a 5 meter tall Laputan robot (from “Castle in the Sky”)towered over as the guardian of the museum! Other popular attractions included physical recreations from “Howl’s Moving Castle,” and props from “Kiki’s Delivery Service.”

Cross-Cultural Workshop ⑧
In the afternoon, the groups for the Cross-Cultural Collaborative Workshop practiced their presentation that they prepared at Tomei Gakurin. Many of the presentations involved themes about marriage, love, career, education, and other related issues to gender roles in different societies. The students were able to summarize the data they gathered from their peer interviews into concise powerpoints. Many of them were funny and full of great information! The audience was also able to give feedback to the groups, so they will be able to make great presentations on Saturday, before the closing ceremony!

Aikido Practice and Demonstration
After the presentations, the participants got a chance to see the Aikido club in action.The club advisor walked us through some of the basic moves of Aikido (both sitting and standing), and the students in the club demonstrated for us. Afterward, we were able to witness a faux match between two of the Aikido club members. The member with the red belt won with much cheering from the audience! The international students were also able to try out some simple Aikido moves with some help from the club members. Even though we were not able to flip each other over (like the Aikido club members), we still learned a lot about this Japanese martial art!

SSIP2014-DAY15・16 [2014年07月09日(水)]

SSIP15日目は、FreeDayでした。池袋や新宿でショッピングをしたり、中には早起きして築地市場へ行ったり東京ディズニーランドへ行った留学生もいたようです。金曜日から日曜日までみっちりプログラムがあったので、久々に一日丸々の自由時間でリフレッシュ出来たのではないでしょうか( *´艸`)
SSIP16日目は、午前中に歌舞伎について学び、午後は皇居周辺をバスツアーしてから歌舞伎鑑賞教室へ行きました。皇居周辺へバスで行く際に秋葉原を通ったのですが、日本のポップカルチャーの代表的な場所ということで留学生も席を立って写真を撮ったりしていて興味津々な様子でした!


Free Day
SSIP students had another free day on Monday, and many of them went out to explore! Some woke up early to see the Tsukiji Fish Market and try the fresh fish there. Others went out to entertainment districts, such as Odaiba and Tokyo Disneyland. Those who wanted to shop travelled to Ikebukuro and Shinjuku. Seems like everyone is getting more familiar with the city!

Japan Studies: Lecture⑩ Lecture on Kabuki
On Tuesday, we started off the morning with a lecture by Professor Oyatsu from the Department of History and Culture. She explained to the participants about the history of kabuki and the mechanics behind the kabuki stage (such as the spinning center and the hanamichi platform). To prepare us for watching a short kabuki act later, Professor Oyatsu described how the art is performed only by adult males and the significance behind different facial makeup styles. Some old clips of a kabuki play were also shown. Professor Oyatsu even brought in her own kabuki puppet (a family heirloom), which has to be controlled by three people!

Bus Tour to Imperial Palace/Ginza
Soon after, we left SWU’s campus to take a bus tour of Tokyo’s most iconic and famous buildings. We drove by many treasured landmarks, including the Imperial Palace, the National Diet Building, the Prime Minister’s House, Zojoi Temple with Tokyo Tower in the background, the shopping streets of Ginza, Tokyo Station, and pop-culture center, Akihabara.

Kabuki Performance at the National Theater
After the bus tour, we went to the National Theater where the students were able to see a Kabuki performance titled Keisei Hangon Kō written by acclaimed playwright, Chikamatsu Monzaemon. The first half an hour was spent introducing the audience to how a kabuki is performed with sound effects and stage movements. Afterward, we were able to see the last scene of Keisei Hangon Kō. It was truly a great cultural experience!

SSIP2014-DAY14 [2014年07月08日(火)]

SSIP14日目は、箱根を観光しました。芦ノ湖を横目で見ながら最初に大涌谷に行き、噴煙地で実際に火山活動を見たり、名物の黒たまごを食べたりしました。黒たまごは見た目が黒いので留学生は食べないかなと思いましたが、”寿命が延びるらしい”という説明をしたら日本人学生と一緒に楽しんで食べてました(*^▽^*)その後、箱根関所でランチを食べフリータイムを過ごしました。フリータイムでは、パンダの乗り物に乗ったりお土産屋さんで日本らしいお土産を買ったりしたようです。
箱根の観光を楽しんだ後は東京へ戻り、世田谷美術館で行っている企画展と環境デザイン学科・服飾デザインマネジメントコースとのコラボ企画のファッションショーを見学しました。ファッションショーには坂東学長もいらしていて、留学生も坂東学長と一緒に楽しみました。


One-day Trip to Hakone
After spending two nights at Tomei Gakurin, the students packed up their bags and were on the move once again! In the morning the students went to Owakudani, “Great Boiling Valley,”a volcanic valley with active sulphur vents and hot springs. Legend has it that if you eat Kuro-tamago, a local speciality, you will live an extra seven years! This special egg is boiled in the hot springs and it turns black and smells slightly sulphuric. Some of our students were adventurous enough to try it!

After, we stopped for lunch at a restaurant right on the shore of Lake Ashi. Students ate their lunches and then were given free time to explore the local shops and surroundings.

For the afternoon, our international students were kind enough to attend a fashion show put on by our very own Showa Women’s University college students. It was great opportunity for our international students to see the talent of other girls around their own age from a different country.

After the fashion show, we then made our way to our second accommodation of the program,Weekly Dormy Inn!

AEP『東京観光文化体験』 体験談 [2014年07月08日(火)]

Academic Exploration Program (AEP)in Tokyo 2014の『東京観光文化体験』にGlobalNetwork生がボランティアとして参加しました。

AEPって何?って方のためにAEPの説明を少しだけ・・・・
◆◆◆◆◆◆◆◆
Academic Exploration Program (AEP)とは、東洋/神田外語/亜細亜/桜美林/本学の5大学とベネッセコーポレーションで共同企画運営の外国人留学生向けサマープログラムです。5大学がそれぞれ持ち回りでホスト校となり、プログラムを進めます。
◆◆◆◆◆◆◆◆
6月27日と30日を本学がホスト校となり、GlobalNetwork生と一緒にプログラムを進行しました。
28日(土)と29日(日)の2日間の『東京観光文化体験』を企画し留学生を引率したGlobalNetwork生の体験談を紹介します!


GlobalNetwork生体験談
6月28日 (1日目)
1日目は、築地と表参道、渋谷へ行きました。まず、築地で台湾からの留学生の方3人と合流し、築地市場を散策しました。通りかかるすべてのお店に興味を持ってくれて、一つひとつ時間をかけて見ていました。運良く、まぐろの解体ショーを近くで見ることができ、留学生の方たちもとても喜んでくれていました。お昼は海鮮丼を食べに行きました。台湾にも海鮮丼があるそうで、台湾の海鮮丼の写真も見せてくれました。台湾のものも、日本のものもどちらも美味しいといってくれたのでよかったです。ただ、佃煮は口に合わなかったようです。。。
その後、表参道へと向かいました。3人とも買い物が大好きなようで、表参道の駅を降りてブランドのお店が見えると、すぐに飛び込んでいきました。1人、探していた財布が売っていると言って大喜びし、1時間ほど迷ってお財布2つとiPhoneケースを購入していました。みんなとてもじっくり考えているのが印象的でした。雨の中のショッピングでしたが、表参道や渋谷での買い物をとても楽しんでくれました。

6月29日 (2日目)
2日目は、鎌倉と横浜を満喫してきました。その日の天気予報が大雨だったので、とても心配していたのですが、びっくりするほど晴れていて、とても気持ちの良い1日となりました。鎌倉に到着し、まず鶴岡八幡宮へと向かいました。ちょうど鶴岡八幡宮で神前結婚式が行われていて、初めて見る白無垢と紋服に感動していました。おみくじを引いて、1人が末吉、2人が凶だったので、日本語で「なんで~!!!」ととても悔しそうにしていました。その後、小町通りを散策しました。
本当は他のお寺や大仏を見に行く予定だったのですが、予想以上に小町通りを気に入ってくれ、あまりにじっくりお店を回っていったので、他のところへ行くことができませんでした。けれども、3人ともとても楽しそうのお店を見ていたので、嬉しかったです。休憩に、甘味処へ行きました。くずきりや抹茶を注文して、気に入ってもらえるか心配でしたが、「おいしい!!」と喜んでくれました。
そして、横浜へと移動しました。電車の中では、たくさんの中国語を教えてくれて、とても楽しかったです。横浜では、3人とも日本のアニメキャラクターが好きだということで、ジブリ、ポケモンなどのお店に行きました。日本のアニメは台湾でも人気なようで、いろいろな商品を見て喜んでくれました。夜、ライトアップされた観覧車をみて、とても感動してくれていました。たくさん笑って、とても充実した2日間を過ごすことができました。

★★ 全体を通しての感想
今回のAEP東京観光を通して、初めて台湾の方と出会うことができました。お互い片言な英語であったため、初めのうちはなかなかうまく伝え合うことができませんでした。けれども、そこが異文化を持つ人々と触れ合う、楽しいところのひとつだと感じることができました。美味しそうなときや嬉しそうなとき、とても幸せそうな顔をしていて、それがとても嬉しかったです。また、生まれて初めて中国語を教えてもらい、私も台湾の文化や言葉にとても興味を持つことができました。言葉が通じ合えば、もっとスムーズになったこともあったかもしれませんが、分からないこそ、お互いの表情からいろいろなことを感じとったり、お互いの文化により興味を持つことができたと思います。コミュニケーションをとるというには、単に言葉だけではないのだと、今回のボランティアを通して強く感じることができました。「いつか台湾にきたら、その時は私が案内してあげる!」といってくれたので、いつかまた再会できることを楽しみにしています。また、今回のボランティアを通して、他大学の方とも交流できたことが嬉しかったです。大学の話や留学体験などを聞き、様々なことを知ることができました。これからも、他の大学の方たちと協力して、留学生に方たちをサポートしていけたら良いなと思います。

学生企画! 留学生とランチタイム交流会 [2014年07月08日(火)]

国際貢献クラブが企画した『留学生とランチタイム交流会』について
ちょっとだけインタビューをしましたのでご紹介します!

◆『留学生とランチタイム交流会』を企画したきっかけは何ですか?
留学生と交流して視野を広げたいと思ったのが、企画したきっかけです。
昨年、国際交流センターが開催していた留学生交流会で知り合った中国人留学生と凄く仲良くなり、春休みの短期留学(中国)で色んな所へ案内してくれたことがとても嬉しく、中国へ行った際にサポートしてもらったように、私たちも日本で留学生をサポートしたり色んな所へ案内してあげられたらなと考えています。
◆交流会ってどんな感じですか?
先日開催した時は初めて会った留学生だったので自己紹介だけで時間が無くなってしまったのですが、今後はクラスの友達と話すようなことも話せるようになれたらいいなと思っています。話したいことが出来るだけ伝わるように、日本語だけでなく留学生の母国の言語も使って話しています。
◆国際貢献クラブは今何人くらいいますか?
国際学科が多いのですが他学科の学生もいますし、全体で30名くらい所属しています。
常にメンバーは募集しているので、気になる方は是非参加してください。
◆今後、交流会をどうしていきたいですか?
今後も続けていきたいです!ただ、後期から留学してしまう子も多くいるので、後輩たちにもこの活動を続けていってほしいです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
国際貢献クラブの皆さん、インタビューへのご協力ありがとうございました!
これから色んな留学生と交流してお互いの視野がどんどん広がると素敵ですね。
留学から戻られた際も、留学生との交流を続けていってもらえたら国際交流センターとしても嬉しく思います。
国際交流センターでは、学生さん発の企画もお待ちしています♪
留学生とこんなことをしたいなど、企画・アイデアがございましたら
いつでも国際交流センターへご相談ください(*^^)v

SSIP2014-DAY13 [2014年07月07日(月)]

SSIP13日目は、丸1日東明学林で過ごし、多文化協働プロジェクトのワークショップを行いました。東明学林には先に幼稚部の子たちが滞在していたので、お昼の時間帯にゲームをしたり幼稚部の子たちが作ってくれたカレーを一緒に食べて交流しました。また、幼稚部の子たちは『Let It Go』も歌ってくれたので、留学生たちもとても喜んでいました(*´▽`*)幼稚部の子にも素敵な思い出になっていると良いな~♪


Cross-Cultural Workshop⑤
In the morning, students paired up in their groups to interview each other for their final presentations. The purpose of the assignment is to analyze the data they gather from their life stories, and see if gender roles were important in forming those incidents. One of the participants said that they thought the interviews were very fun and that they were able to “find many differences between [their] cultures.” Another student described the experience as being “more like a conversation than an interview.”

Kindergarten Showa
After the first workshop session, kindergarteners from Showa (who were also on a trip to Tomei Gakurin) met with the Cross-Cultural students in groups. They played games together, and the kindergarteners also performed “Let It Go” for their guests! When they left, each student a got hug from the kids they met. One students said, “Even though the kids were shy, they were really cute!” For lunch, the SSIP participants ate curry made for them by the same kindergarteners! One student really liked the curry even though she normally doesn’t like the curry that much. Looks like the kids did a good job!

Cross-Cultural Workshop⑥・⑦
In the afternoon, the Cross-Cultural students finished up their interviews and prepared their presentations. They worked really hard for many hours, but, in between their project, they enjoyed a small cake break and a delicious dinner made by the Tomei Gakurin staff. Some groups worked late into the night to perfect their projects.Hopefully, they will be great!