2015年3月

KAKEHASHI Project-派遣学生からの報告4 [2015年03月19日(木)]

KAKEHASHI Projectの参加した訪問団は3月14日(土)に無事帰国。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今回はプログラム最後の2日間の様子をチームCが報告してくれました。
———————————————–
March 11th, 2015

こんにちは。Kakehashi Project、Cチームです!

ワシントン、ボストンと移動し、ついに私達がこのプロジェクトを通して回る最後の地、ロサンゼルスに今日到着しました!昭和女子大学にはボストン校があるということもあり、留学を通してボストンと馴染みがある学生は多いのですが、真反対の西側に来ることは初めての学生が多く、全員とてもうきうきしているように見えます!
IMG_5975

ボストンではマサチューセッツ大学ボストン校の生徒達と二日間交流し、優しくてあたたかいみなさんと別れるのは少し寂しかったですが、ロサンゼルスでも短い滞在の中でNational Japanese-American Museum訪問等を通し、更に見識を広げていきたいと思います。
本プロジェクトは早くももう終盤になってしまいましたが、最後まで日本の代表であるという意識を忘れずに、目一杯楽しみながらも様々な文化のインプット、アウトプットをしていきたいと思います!
cheesecake

—————————————————————-
March 12th, 2015

こんにちはCグループです。
今日はロサンゼルスで1日を過ごしました。
午前中はJapanese American National Museumでツアー見学をしました。
日系人の歴史や強制収容所での生活など今まで知らなかったことを多く学ぶことができました。
私達のKAKEHASHIプロジェクトに大きく貢献して下さった、故ダニエル・イノウエ氏も日系アメリカ人であったため、つながりを見ることができました。 また私達が高校の時には学んでこなかったアメリカから見た第二次世界大戦の様子が写真でたくさん展示されており、1つの物事を多面的に見る大切さを感じました。
IMG_1047
その後は、日系人2世のヤエ・アイカワさんと日東タイヤ社長の水谷様からお話を伺いました。
印象に残った話はヤエ・アイカワさんが学生だったころ連れていかれた強制収容所でのご飯の話でした。 日東タイヤ社長の水谷様はご自身の経験をもとに、これから社会で活躍していく私達へのアドバイスをたくさんしていただきました。

このあとはガイドをして下さった方とヤエ・アイカワさんをまじえて食事をしました。
午後はSanta Monicaに行き、サンフランシスコを満喫し、一足先に夏を感じることができました。
IMG_1068
明日いよいよ日本に帰ります。最後まで気をゆるめずに行きたいと思います!

KAKEHASHI Project-派遣学生からの報告3 [2015年03月13日(金)]

KAKEHASHI Projectもいよいよ終盤。今回は、チームBからの報告です。
今回のプログラムで昭和女子大学のホスト校となっているマサチューセッツ大学ボストン校に訪問し、準備していたプレゼン発表と学生交流で充実した時間を過ごしたようです。
特に、昭和ボストンへの留学経験がある学生達は、懐かしい街並みを満喫したり、昭和ボストンのスタッフとの再会に歓喜したようです。
——————————————-
March 9th, 2015

昨晩、第二都市であるボストンに到着しました。
プロジェクトメンバーの半数以上が昭和ボストンでの滞在経験があるため、慣れ親しんだ都市に懐かしさを覚える様子が伺えました。
20150309 (1)
本日は一日を通じてUniversity of Massachusetts Bostonの学生たちと交流してきました。
午前中には歓迎レセプションを開いていただき、U Mass学生によるキャンパスツアーやカフェテリアでのランチタイムを楽しむことができました。
20150309 (3)

午後にはワシントンでは天候の影響で中止となってしまったプレゼンテーションをついに決行することができました。本プロジェクト最初のプレゼンテーションとあって緊張する面もありましたが、想像以上に良い評価を得ることができ自信につながりました。
20150309 (4)

その後U Massの学生と共に夕食を済ませ、ボストン市内へ出かけました。昭和ボストン経験者には馴染みのあるニューベリーストリートで買い物をしたり、景色を楽しんだりと短くも充実した時間でした。
20150309 (5)

明日には大きい会場での発表を予定しているので、今日以上のプレゼンテーションできるよう努めたいと思います。
———————————————-
March 10th, 2015

<AM>
本日私達は、University of Massachusetts Bostonで2度目のプレゼンテーションをしました。
今回の会場は昭和女子大学のコスモスホールの様な大講義室だったので、大勢の学生や関係者の方々が集まってくれ、緊張しましたが、事前練習のおかげもあり、どのチームもこれまでの発表の中で1番、活き活きと発表出来たと思います。
Bostonチームは「日本の交通」、Aチームは「居酒屋」、Cチームは「プリクラ」、そして、私達Bチームは「自動販売機」について発表しました。
発表を聞いて、ボストンはオリンピックの候補都市に選ばれているため、”日本の交通機関を参考にしたい”という意見や、”写真付きの英語メニューも豊富にある居酒屋に行ってみたい”、”日本に訪れた際、プリクラは必ず撮って帰る”、”自動販売機で何でも買えるのか!”と、様々な意見や感想が飛び出し、日本の文化について驚きが隠せない様子が見受けられました。
日本の文化に更に関心を抱いてくれ、「日本に行きたい☆」と思ってくれたことが、私達にとって何よりも嬉しいことでした!!
S__2965514

<PM>
プレゼンテーションを終えた後は、お昼ご飯を食べながら、UMASS BOSTONのたくさんの学生と話しながらランチをしました。SHOWA BOSTONのErinも会いにきてくれました!
本当にたくさんの学生が来てくれ、アメリカの文化や大学生活、将来のプランや日本のイメージ等たくさんのことを話すことができました。話していると自分の英語がまだまだ未熟だと感じ、これからもより一層頑張っていきたいと気合いが入りました。
100550

その後は、待ちに待った散策の時間です!
フリーダムトレイルをバスで辿り、ハーバードスクエアに行きました。
そこでの自由時間では、ウィンドウショッピングをしたり、スーパーに行ったり、文房具屋さんに行ったり、フローズンヨーグルトを食べたりしました。どの場所でもアメリカンな体験をすることが出来ます。
売られているモノの大きさや色、書いてあることなどが日本とは異なります。ただのウィンドウショッピングでも文化の違いを感じることが出来るので、とても楽しめます!
もちろんハーバード大学にも行きましたよ!ハーバード名物、ジョン・ハーバードの左足の靴もみんなで触ってきました。幸運が訪れること、そして頭が良くなることを祈って…
100556

明日はBostonからLAに向かいます!このProjectで周る最後の都市です。
残りが少なくなりましたが、「生きたアメリカ」を十分に学んでから日本に帰りたいと思います!

トビタテ留学JAPAN-第2期生事前研修 [2015年03月11日(水)]

トビタテ!第2期生として採用された川野辺澪奈さん(健康デザイン学科)が
事前研修に参加した報告を寄せてくれました!

手厚い奨学金とともに「トビタテ!」の特徴に挙げられている充実した事前研修について伺いました。

+++++++++++++

第2期生として採用された256名が3日程に分かれ1泊2日の合宿形式で研修を受けます。

トビタテ!のプロジェクトリーダーである船橋力さんや出資企業のひとつであるパナソニックの方、すでにグローバルリーダーとして活躍されている方から直にお話を聞くことができました。
(別日程では宇宙飛行士の方がお見えになったそうです!)
11016831_435462819947756_3835298817472308904_n

 

 

トビタテ!の趣旨説明や留学計画のシェア・ブラッシュアップはもちろん、
自分にとって大切な「軸」を見つめなおしたり、日本の魅力や特徴を留学先で話せるよう、グループで話し合ったりしました。

11024605_435462883281083_77612930079864586_n

研修でお話しいただいた方も、集まったトビタテ!の学生たちも、それぞれ何らかの分野のスペシャリストだったので、幅広い話を聞くことができました。
一気に視野が広がり、とても面白かったです。

 

現在健康デザイン学科で栄養について学んでいますが、トビタテの同期にも栄養士を目指す学生がいました。

難民支援などを予定している学生でしたが、同じ栄養関連でも昭和とは違う学び方をしていて、大いに刺激を受けました。

10391412_435462896614415_6489897543237497412_n

 

 

+++++++++++++

現在公募中の3期生についても、

「とにかく最初の書類選考が大変なので、
早めにとりかかったほうがいいです!
書類がきちんと書ければ面接審査でもきちんと話せます」

と話してくれました。

 

20150308_165143

 

◆トビタテ!第3期生応募手順説明ページ
http://cie.swu.ac.jp/information/tobitate2015fallapply/

 

◆トビタテ!説明動画

 

KAKEHASHI Project-派遣学生からの報告2 [2015年03月09日(月)]

KAKEHASHI Projectの現地の様子がまた届きました!
今回は3月7日と8日を担当しているチームAからの報告です!
——————————
March 7th, 2015

今日はまず、アメリカ合衆国議会議事堂に訪れました。
歴史的な展示物や内部の解説ツアーが充実していて、大変興味深いものでした。
20150307 (3)20150307 (1)

次に訪れたのは国立アメリカ歴史博物館です。
アメリカの国旗の成り立ちや政治、アメリカ発祥のポップカルチャー、そして食文化まで、多岐に渡って学ぶことが出来ました。

その後ホワイトハウスへ行き、周辺で警察が警備しているにも関わらず、大きな声と看板で自分の意見を述べている、小さなデモのようなものを行っている人々を何組か見ました。
個人の意見を主張できる点で、発言の権利が確保されていることを実感しました。
20150307 (2)20150307 (4)

最後に向かったのは、アーリントン国立墓地です。
南北戦争・第一次世界大戦・第二次世界大戦・朝鮮戦争・ベトナム戦争の戦没者が埋葬されています。無名戦没兵士に敬意を示す護衛の儀式も行われており、見学に来たアメリカ人と護衛の兵士が共に作り上げる荘厳な雰囲気から、国のために戦った兵士たちを讃えるアメリカ人の気持ちの強さを感じました。
—————————————–
March 8th, 2015

本日はWashington D.C.滞在の最終日。
昭和女子大学のガイド、Tracyが気を利かせてくださり、朝の11時まで自由行動を取れる時間をくれました!
人やグループによって、その自由時間の過ごし方はバラバラ。
私たちAチームはメンバー全員で、ホテル周辺のGeorge Townを散策しました。
日曜だったので、ホテルからまっすぐ歩いていけるワシントン大聖堂に向かい、礼拝を覗いてみました!

IMG_1932[1]

荘厳な雰囲気に圧倒されつつも、地下のギフトショップでショッピングを満喫しました。

その後、昭和女子大学全体で、スミソニアン博物館の一部であるUDVAR-HAZY CENTERに行き、エノラ・ゲイやスペースシャトル、アメリカの航空の歴史を学び、見識を深めました。

IMG_1934[1]IMG_1935[1]

そしていよいよ、これからボストンへ出発!
一時間ほど飛行機に乗り、懐かしいボストンへ(特に英語コミュニケーション学科)

IMG_1936[1]IMG_1937[1]

ディナーはお昼と同じく中華でしたが、気さくな店員、おいしい料理、素敵な雰囲気のお店で、明日のUMASSボストン校の学生の前でのプレゼンテーションに向けて、十分にエネルギーをチャージする事ができました。

KAKEHASHI Project-派遣学生からの報告1 [2015年03月09日(月)]

本学代表学生23名が参加している「KAKEHASHI Project」の現地での様子が、学生から届きましたのでご紹介します。
今回はプログラム3日目、4日目を担当しているボストンチームから、の3月5日と6日の様子です。
雪で急な予定変更に見舞われているようですが、ワシントンD.C.ならではの文化施設訪問を中心に、充実した日を送っているようです!
——————————–
March 5th,2015

こんにちは、KAKEHASHIプロジェクトのボストンチームです。
12時間のフライトを経てワシントンD.C.に到着後、まずはアメリカでのオリエンテーションを行い、日本国際交流基金の方やローラシアン協会の方、日本大使館で働いている方から、この10日間のプログラムを充実したものとするために大切なお話をたくさんお聴きしました。
その後、お昼まではチームごとにプレゼンテーションの練習を行いました。

当初の予定では、午後からジョージワシントン大学でプレゼン発表を行う予定でしたが、悪天候により学校が休校となったため、私たちの予定も急遽変更となりました。
代わりにSmithsonian National Air and Space MuseumとLincoln Memorialに行きました。
20150305 (3)20150305 (2)
Museumでは、民間機や戦闘機、またスペースシャトルなど幅広い航空関連の展示を見ることができました。中には、第二次世界大戦中に日本が使用していたゼロ戦の模型なども置かれており、日本人としては何とも言えない気持ちになりました。
20150305 (1)
Memorialでは、雪で視界が遮られてしまい、有名な塔を見ることはできませんでしたが、大きくそびえ立つLincolnの像に圧倒されました。

——————————–
March 6th,2015

こんにちは!チーム ボストンです!!

3月6日(金)、午前中は現地の高校でプレゼンテーションをする予定でしたが、雪に学校が休校になってしまいました。
そこで、私たちはワシントンD.C.で有名な記念碑を回りました。はじめは、ベトナム戦争戦没者慰霊碑に行き、そのあと第二次世界大戦記念碑に行きました。
20150306(1)20150306(2)

最後に、全米日系米国人記念碑を訪れました。アメリカの首都であるD.C. にはたくさんの記念碑があり、私たちを含め、最近の若者はアメリカと日本が戦争関係にあったことを忘れていると聞いたので、これを忘れてはいけないと思わせるよい機会となりました。

お昼はUNION STATION に行ってあの有名な ”SHACK SHANK” でハンバーガーを食べました。
午後は、USIP (United States Institute of Peace)  に行ってイノウエ議員の息子さんや、そのほかの機関の方々から彼の功績についての話を聞きました。講演の後には交流の機会があり、私たちから自由に質問することができました。
20150306(3)20150306(4)

そしてその夜はついに日本大使館でのレセプション!

ここで、他大学の人や大使館で働いている方々、TOMODACHI PROJECTに 関わっている人たちとたくさん話すことができ、私たちにとってとてもいい機会でした。また、私たちは2年生でこれから自分たちの夢に向かっていくいい一歩 となりました。
reception

今日は、一日中スーツで歩きまわったので、疲れた部分もありましたが、私たちにとって大変貴重な体験をした一日でした。
残り一週間がんばります!!
—————————————
ちなみに、派遣学生はそれぞれ所属学科のブログでもプログラムの体験報告を掲載しているようです!
■英語コミュニケーション学科ブログ
http://content.swu.ac.jp/engcom-blog/2015/03/07/kakehashi-2/
http://content.swu.ac.jp/engcom-blog/2015/03/08/kakehashi-3/

■福祉社会学科ブログ
http://content.swu.ac.jp/fukushi-blog/2015/03/09/

KAKEHASHI Project トモダチ・イノウエ・スカラーズプログラム出発! [2015年03月05日(木)]

3月4日(水)、KAKEHASHI Project トモダチ・イノウエ・スカラーズプログラムに選ばれた本学代表学生23名が、1つ目の都市ワシントンD.C.に向けて出発しました!
12月頃に選出されて以来、学生達は試験時間の合間をぬってグループミーティングを重ねてプレゼンテーションの準備を行い、先日の壮行会以降も、より良い形で現地で日本の魅力を伝えるべく、プレゼンの改善と練習を重ねてきました。
成田出発

3月3日(火)は、本学学生が参加するプログラム以外にも日米交流を目的とした外務省の各種プログラム参加者合同でオリエンテーションがあり、特に第二次世界大戦後頃から現代までの日米両国の関係史についての講義や、今後の両国の関係維持を担う若手リーダーに向けての講演を聞いて、プログラムへの参加意欲を高めたようです。
オリエンテーション後、全員が成田のホテルへ移動して現地でのプレゼンの準備などを行いました。
オリエン@東京OLYMPUS DIGITAL CAMERA

無事ワシントンD.C.に着いた一行は、今後ワシントンD.C.、ボストン、ロサンゼルスを周遊し、国会議事堂や大使館などの政府関連施設はもちろん、日米関係の歴史に関する文化施設や博物館への訪問を通じてアメリカの文化と日系人の功績を学ぶとともに、現地の高校や大学で日本の魅力を発信するプレゼンテーションを行う予定です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

今後は、参加学生からの現地報告としてKAKEHASHI Projectの進捗を随時ご報告します!

トビタテ留学JAPAN-第2期生壮行会 [2015年03月02日(月)]

先日、トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム
第2期生の壮行会が霞ヶ関の文部科学省で行われました。
トビタテ!第2期生に採用された256名が全国から一同に会し、
文部科学大臣、支援企業・団体関係、大学関係者が激励しました。

式典では下村文部科学省大臣が、
これまでと違うこれからの社会を見据えて必要な3つの能力:

①主体的に解決していこうという能力
②クリエイティブかつ企画的な能力(=企業家精神)
③コンピュータやロボットにはない人間的な感性や慈しみ

について説明し、これらが留学によってつかめるとお話になりました。

つづいて、三菱商事の小島会長が、いまは予測不能な変化の時代となり、
これからさらに加速するグローバルな世の中で活躍する人材に求められる5”C”
Curiosity, Challenge, Communication, Courtesy, Characteristicsについてお話されました。

1622121_432001056960599_947868827668988123_n

昭和女子大学から選抜になった健康デザイン学科の川野辺さんは、
同じようにイギリスでの活動を予定している学生と交流・情報交換を始めている様子でした。

手厚い奨学金だけでなく、事前事後の合宿研修参加者専用SNSなど、
このプログラムに参加した学生同士が「つながり」を持てるような試みが
盛り込まれているのも「トビタテ!」の特色のひとつです。

海外留学中はもちろん、留学から戻りその経験を社会で活かしていく際にも、
所属大学を超え、在学中からグローバルな視点をもった者同士の「つながり」
貴重な財産となるに違いありません。

11034436_432164740277564_3994748907394404331_o

現在第3期生を募集中です。
詳細は →こちら!