4-3.長期留学

2017年度秋期15週間ボストンプログラム説明会 [2016年12月12日(月)]

11/29(火)、12/8(木)のお昼休みに「2017年度秋期15週間ボストンプログラム」の説明会がグローバルラウンジにて開催されました。
今回の留学説明会は、ボストンへの留学がカリキュラムに組み込まれていない学科を対象としています!


まずは、昭和ボストンの設立経緯や理念、さらに昭和ボストンキャンパスや設備について大まかに紹介します。
SHOWABoston
昭和ボストン公式ホームページ←詳細はこちらをクリック

​次に、ボストンプログラムの授業内容やその他課外活動として体験できる各種活動を紹介します。
_1090816

最後に、応募方法やその際の注意点、実際に留学が決まってからの渡航準備の概要についての説明が行われました。
申し込み方法など←詳細はこちらをクリック
longtermpgm2017 longternpgm2017(2)


以前は前期出発の留学のみでしたが、後期から出発できる「秋期15週間ボストンプログラム」ができたので、
これまで留学ができなかった学科の学生も参加できるようになりました!!中には、入学前からボストン留学を決めて説明会に参加してくれていた学生さんも!!!

このような留学に関する説明会を、年間を通して留学プログラムごとに行っています♪
留学に興味のある方は、是非ご参加ください!

経済的負担を極力おさえて長期留学をする方法 [2014年11月26日(水)]

「交換留学」って…よく聞くけど、どういうことなのか実はよくわからない方、
結構いるんじゃないでしょうか?

一般に言われる「交換留学」は大学同士で協定を結び、お互いに学生を送り合う際には
学費を免除しましょう、といったものです。
大学に認められての留学の場合は昭和女子大学では「協定校認定留学」と呼びます。

学生の皆さんにとってのメリットは…

1.留学先の大学の学費が免除になる。(場所によっては寮費も免除)
昭和女子大学への休学料と留学先の大学の学費負担が必要なくなるわけですので、
大学から学生への強い応援の気持ちが伝わりますよね?

2.昭和女子大学の在籍期間に換算できる。
同級生と同じタイミングで卒業が可能です。(ちょっと他の友達よりがんばる必要があるかもしれませんが)

3.海外の名門大学で学べる。
実は昭和女子大学が協定を結んでいる大学は、
日本でいうと「東大」「京大」「上智」クラスの大学も結構多いのです。
(詳細はCIEスタッフまで)
そんなハイレベルな環境に入学試験なしで飛び込めるのは「協定校認定留学」ならでは!

もちろんオリエンテーションや留学生用の授業も用意されているので、
実力に合った授業を選ぶことができます。
留学した先輩方は毎日勉強が大変のようですが(語学ももちろんですが日本より宿題がたくさん出るようです)、
それよりも現地や各国から集まる熱意あふれる学生に大いに刺激を受けているようですよ!

このようにメリットの多い「協定校認定留学」。
現在募集中の協定校認定留学は2015年度後期出発のプログラムです。
12/1には「認定留学とは?」「協定校はどんな大学があるの?」というところから
手続き関連までをわかりやすく説明する「協定校認定留学説明会」を開催します。

スライド1

長期留学には想像以上に時間と手続が必要になります。
まだ具体的に考え始めていない方も説明を聞いておくと
自分がいまやるべきことがはっきりするかもしれませんよ!

説明会に参加できない方もCIEのサイトに手順協定校の情報を掲載しています。

海外での長期滞在となると不安も大きいもの…
寮の様子なども掲載されていますので海外でのキャンパスライフを少し想像してみてはいかがですか?

10155316_10152374898719314_275750639_n[1]
10014554_445255705606245_7063713455958512080_n[1]

「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」説明会開催 [2014年10月03日(金)]

先日お知らせした「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」
奨学金の学内説明会を実施しました。



大盛況!!!

学科を問わずたくさんの方に参加いただきました。

皆さん、留学の支援プログラムに興味をお持ちなんですね。
熱気とやる気を感じました。


留学=高い

留学=うちはむり(経済的に)

と思っていたひとが結構いるのかもしれませんね。



説明会に参加しなかった方にも、
ぜひ一度立ち止まって考えてほしいです。

お金の心配がいらなかったら、
海外に出てみたいかどうか。



学生の皆さんが気にかけずにはいられない
「経済的理由」という枠を外して、

「海外留学」というものを考えてみる
機会になっていたらうれしく思います。



※CIEスタッフは、
「学生のころこんな制度があったらよかったのに!」
とうらやましがりながら皆さんのサポートをしています(笑)。



説明会は10/6(月)のお昼休みにもありますよ。
※台風のため10/7(火)に延期になりました。

お金の心配はいらない留学へトビタテ! [2014年09月19日(金)]

夏休みも残りわずかですね。
国際交流センターはいま、入れ替わりの季節です。
後期に留学予定の皆さんから無事現地についたという報告を受け、胸をなでおろしたり
前期に留学していた皆さんが一回りも二回りも成長した姿を見せに来てくれたりしています。
留学は時にその人の人生を変えるほどの影響があるのですね。
グローバルラウンジでは現在、文部科学省による留学応援プロジェクトポスターを全面展開中です。

「トビタテ!留学JAPAN~日本代表プログラム~」
これはかなりオススメの官民協働海外留学支援制度です。
ポイントは、学費渡航費現地活動費(月々の奨学金)など留学に関わる費用が給付(=返還不要)されること。
また、この奨学金に採用されて留学する場合は、特別に本学の休学料も免除されることが決まっています!
二つ目に、応募資格が「だれでも」!すべての意欲ある学生が対象(出願留学プランには条件あり)であること。
これを読んでいるあなたも、留学で実現したい具体的な夢と目標、さらに今後留学計画を立てていくという意欲さえあれば応募が可能です。
最後に、就活にもダイレクトに役立つこと。
この奨学金制度は文部科学省だけでなく民間企業が多数携わっています。
「今後、我が社に留学経験のある人材が必要だ」と考えている企業です。
1期生として採用された本学在学中の大倉未沙都さん(歴史文化学科)の写真とコメントも掲載されました!
2期生(2015年度前期)は採用人数も大幅に増える予定。
「自分だったら海外で何を学びたいだろう?」
ぜひ、リーフレットを手にとって、考えてみてください!
公式募集要項は10月初旬の公開予定(下記特設サイトにて)で、
学内応募締め切りは
10月20日頃です!
もう少し詳しく知りたくなった人は下記のサイトを参照のうえ、トビタつ準備を始めましょう!
国際交流センターサイトのお知らせ: 【告知】「トビタテ!留活フェア2014」開催と第二期生募集
や、UPSHOWAの掲示も随時確認しましょう!

官民協働留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN~日本代表プログラム~」:https://tobitate.jasso.go.jp/
トビタテ!留学JAPAN キャンペーンサイト:http://www.tobitate.mext.go.jp/

2014年度後期出発 認定留学出発式 [2014年08月07日(木)]

2014年度後期 認定留学出発式

前期の授業最終日でもある7月31日(木)、後期から協定大学やSAF加盟大学に認定留学する学生を送り出す「認定留学出発式」を実施しました!
これまで行先も期間も目的も異なる認定留学者は、個別に送り出しのサポートをしてきましたが、留学先候補も応募者も増えてきており、個別の留学だからこその心構えや危機管理の説明、さらに横の繋がりを作ってもらおうと企画しました。

今年は西江大学(韓国)やタマサート大学(タイ)への初めての派遣を含め、5名の協定校認定留学者9名の自由型認定留学者が出発します!

昭和ボストンなどの必修留学からそのまま認定留学へのぞむ学生は残念ながら参加できませんでしたが、参加した学生達は、一人ずつ自己紹介を行い「積極的に行動して、しっかり語学を身に付けてきたい」「様々な国の人と交流して色々な体験をしてきたい」など、各自の留学への熱い思いと決意を発表してくれました(^^♪

西川国際交流センター長や参列してくださった先生方からは、「学校の代表としてしっかり勉強してきてほしい。」「安全に気を付けて、色々な経験をしてきてほしい。」と激励の言葉がおくられました(^^)/


その後は、日本リスクマネージメントの酒井氏から、海外でのトラブルに巻き込まれないためのポイントや国別の特色や対処法など、危機管理の注意点を説明していただきました。

認定留学は、昭和ボストンへの留学や集合型海外研修と異なり、自ら行動しないと何も始まりません。
健康と安全に気を付けながらも、充実して有意義な留学生活を送ってくれることを祈っています!
皆さん、行ってらっしゃい(^O^)/☆

1年後のあなたは何してる? [2014年05月22日(木)]

こんにちは。国際交流センターです。今日はいきなりの雷でびっくりしましたね… 8-O
前回から引き続き、Global Loungeの中のご紹介をしていきます。

この「サイネージ」
実は大学内にケ所あります。
Global Lounge以外にどこにあるかわかりますか?
答えは次回♪

サイネージ下のラック、長期海外留学のプログラムを中心に、パンフレットを配置しています。

現在も募集中の長期プログラム、いつの時期の募集をしていると思いますか?
・・・・

2015年前期のプログラムです。

なんと、ほぼ1年後です Σ(; ・`д・´)

思っている以上に、
長期の留学には事前に十分な準備手続きが必要なのですね。

学生のうちにきちんと

国際感覚を身に付けたい!

語学を武器にしたい!

と考えている皆さんは、早め早めの準備を心がけましょう♪

英語圏大使館合同留学フェア2012 [2012年06月18日(月)]

本学には「昭和ボストン」という海外キャンパスがあるため、
多くの学生が学科の留学プログラムや”ボストン・サマーセッション”などの短期留学で
海外経験を積むチャンスがあります。

しかし、同時に
「イギリスに留学したい」「ボストン以外でアメリカの大学に長期留学したい」
という声を耳にします。

現在英語圏の協定校は、オーストラリアの「クイーンズランド大学(UQ)」のみとなっているため、
今回はそんな方々にとって、協定校以外への留学をするための情報収集の場となる
留学フェアのご案内です。
———————————————————————————
英語圏大使館合同留学フェア2012
世界各国の大使館・公的機関・専門団体が集まり、海外留学についてさまざまな情報を提供。
ブースでの個別相談、ゲストスピーカーの講演、資料閲覧コーナー、IELTS模擬面接などあり。

◆開催日:7月14日(土)
◆時間:11:00~17:00(入退場自由)
◆会場:明治大学 アカデミーコモン2階(A4~A6)
◆対象者:海外留学希望の中高生、大学生、社会人
http://www.kbunsha.com/embassy/
————————————————————————————

【参加申込】
↓下記URLより参加申込をしてください↓

各国大使館ごとのブースで相談ができるだけでなく、留学に欠かせない語学試験のIELTSや、
海外留学奨学金に関する情報も得られるようなので、足を運んでみてはいかがでしょう?

大学の定める基準を満たしていれば、協定校以外の大学への長期留学(1セメスター以上)も
『自由型認定留学』として認められる可能性がありますので、
留学したい大学が見つかりましたら、CIEまでお気軽にご相談ください。

協定校認定留学の募集と申し込みについて [2012年06月08日(金)]

2回連続で海外インターンシップのご紹介をしてきましたが、今回は「語学力向上」や「授業履修」を目的とし、もっと長期間海外で学ぶことのできる『認定留学』についてご案内します。   

そもそも認定留学とは、「留学期間を休学せず、在学期間に算入する留学」です。
本学には全学科対象に2つの認定留学制度があります。
1つは大学が協定契約を結んでいる大学へ留学する、協定校認定留学
もう一つは、本学の基準を満たすそれ以外の大学(一部大学付属語学学校含む)、あるいはSAF(Study Abroad Foundation)加盟大学へ留学する、自由型認定留学です。   

いずれの場合も、昭和で授業履修可能な期間が短くなるわけですから、予め自分の所属学科の必修科目や卒業単位を把握した上で、計画的に準備をする必要があります。   

今回は、来年2013年2月~ 半年または1年間協定校留学を希望する方向けですが、今後認定留学を考えている方も、どんな準備が必要か早めに確認しておきましょう。
実際に申し込むにあたっては、学科の先生方ともご相談いただく必要がありますが、質問・疑問がある方はお気軽にCIEまでお越しください。   

◆留学先大学および派遣人数:
             

上海交通大学(中国)  正規課程3名/語学研修5名
        ソウル女子大学(韓国)3名
        西江大学(韓国)2名
        クイーンズランド大学(オーストラリア)2名
◆留学時期:2013年2月から半年または1年
        ※本学では2013年前期または後期が認定留学の期間とされる
 
◆応募資格:各校の募集要項参照(※大学HP「協定校認定留学」参照
http://swu.ac.jp/international/inter_culture/inter_program/

◆留学費用:<学費>
        留学先大学の学費は免除・本学学費は通常通り納付する
        <寮費>
        上海交通大学、ソウル女子大学は寮費免除 ※それ以外は有料
        <その他>
        食費、往復渡航費、海外旅行保険、出入国に必要な費用、
        書籍代などは自己負担   

◆申込期限:6月29日(金 )   

◆申込方法:同じく大学HP「協定校認定留学」の記述と共に添付されている以下3つの書類を
        国際交流センターに提出してください。
        *****************************
         ①協定校認定留学申込書
         ②履歴書
         ③成績証明書
        *****************************

 

◆ 選  考 :7月中に選考(書類審査、面接、必要に応じて筆記試験による)   

◆奨 学 金 :協定校認定留学生の中から1名に日本学生支援機構奨学金支給
※月額8万円(対象者は選考の上決定される)   

上記の通り、協定校認定留学の最大のメリットは、留学先の大学の学費が免除されることと、 
日本学生支援機構の「留学生交流支援制度奨学金」の選考対象になりえるという点です。   

実際に現地で寮生活をしながら、海外の大学で語学力に磨きをかけたいという方、
ぜひこの機会に、勉強のフィールドを海外に拡げる『認定留学』という選択肢を
検討してみてはいかがでしょう。   

※自由型認定留学については、現在留学先の認定基準や、奨学金制度の見直しを行っておりますので、詳細が決まり次第別途ご案内します。  
 

協定校:上海交通大学

協定校:クイーンズランド大学