ハローキティとショッププレリュード [2016年12月09日(金)]

 前期の終わりに、昭和女子大附属高校の昭和40年度卒の同窓会がありました。さすがに卒業後40年以上経つと、誰もが風貌には少し変化?がありましたが、お互いにちょっと話をした途端に、昔々の高校生時代に戻ってしまうもの。思い出話に始まり、将来の夢にいたるまで、楽しい話に花が咲きました。ところで、その折、昭和女子大学限定のハローキティのファイルを皆さんに差し上げたところ、大人気。驚きました。子どもたちや若い女性にファンの多いハローキティ。お孫さんのお土産だそうです。やはり皆、年を取りましたかね。
 
(ショッププレリュードで販売しているハローキティのファイル)
DSC_1394
 
 ところで、キティちゃんの姓名はキティ・ホワイト(Kitty White)。キティの名は、ルイス・キャロル(Lewis Carroll)の『不思議の国のアリス(Alice’s Adventure in Wonderland)』(1865)に登場するアリスの飼い猫、ダイナ(Dinah)の子どものキティ(白猫でなく、黒猫です)に由来するといわれます。黒猫キティ(Kitty)と白猫スノードロップ(Snow Drop)は『鏡の国のアリス(Through the Looking-Glass, and What Alice Found There)』(1971)に登場し、特に悪戯好きなKittyはアリスの鏡の国の冒険に重要な役割をしています。不思議の国への案内は白ウサギが務め、目覚めたアリスの横にはお姉さんがいましたが、鏡の国の案内役は猫達。アリスは子猫たちに話かけて遊んでいるうちに、「鏡の国ってどんなだろう!」と空想していて本当に鏡の裏に入り込んでしまします。そして、最後に夢から目覚めた時、アリスはキティに、「あの赤の女王、あれ、あなただったんでしょ!」と、言っています。
 
 今ではハローキティは、日本ばかりでなく国外にも多くのファンがいて、女優のキャメロン・ディアス、歌手のマライヤ・キャリー、レディー・ガガなど数え上げれば尽きない程だとか。日本のポップカルチャーの代表の一つとしても世界中で認められていて、日本語から世界中で使われるようになった、「かわいい(kawaii)」ものの象徴でもあります。
 
 ハローキティのファイルは、人見記念講堂の地下にあるショッププレリュードで販売されています。これまで第4弾のデザインまで揃っているそうです。プレリュードには、記念講堂右手と左手の両方から出入りができますが、右手から店に入ると、左側にファイルなどの文房具があり、ほとんどが20%引きで購入できます。本学限定の文房具はファイル以外にも消しゴム、PITのり、メモ、クリップ、ボールペン、ノートなどいろいろあって、初等部の児童や中高部の生徒、ご父母も購入されるようです。また、書籍は、本学の学生、教職員は10%引きで購入ができ、e-honのサイトで注文し10%引きで購入、さらにプレリュードで受け取りができるので、とても便利です。
 
 カフェテリア・ソフィア(学食)が閉店した14:00 以降でも、18:30 (土曜日は16:00)までプレリュードは開いていますから、お昼を食べ損ねた時等は便利ですよ。同窓生は、本学限定のクッキーや、リーフパイ等のお土産品、環境デザイン学科の学生がShowaをデザインしたハンカチ、ネクタイ等もご購入いただけると思います。学外の方も含めて、プレリュードにどんなものがあるのか、是非、足をお運びください。お茶を飲みながら友達と話をしたり、ちょっと休憩をしたりできる場所もあります。

ショッププレリュード