2014年8月

朝日小学生新聞サマースクールに参加 [2014年08月20日(水)]

夏休みも残り10日近くになりました。本日、明日と昭和女子大学では朝日小学生新聞のサマースクールが行われます。中高部は「女子校の授業を受けてみよう」というテーマのもと、【数学の多面体作り教室】と【ダンス部のチアダンス教室】を開催します。初日の今日は、それぞれが1回50分の授業を2回ずつ開催しました。いずれの回も定員(30名)を上回る申し込みがあり、キャンセル待ちの方が出てしまうほどの賑わいでした。

【数学の多面体作り】は、何枚もの紙を貼り合わせて、きれいな多面体を作り上げていきます。小学生は先生の説明を聞き、高校生に手伝ってもらいながら、慎重に作業していました。細かい作業を集中して行う姿や完成した多面体を大事そうに袋に入れて持ち帰る姿が印象的でした。夏休みの自由研究のひとつになったでしょうか。

【ダンス部のチアダンス教室】は、中高部の先生と高校生のダンス部生徒と一緒に、ミッキーの歌にのせて、チアダンスを踊ります。途中4つのグループに分かれ、ミニ発表会も行いました。参加している小学生は常に笑顔で、元気いっぱい踊っていました。教えている高校生の顔にも自然と笑顔があふれ、温かく微笑ましい雰囲気の中、50分があっという間に過ぎていきました。授業終了後、小学生からは「楽しかった」「お姉さんたちが優しかった」「もう少し踊りたい」などの声があがっていました。

明日もサマースクールは開催されます。多面体がPM0時とPM2時から、ダンスがPM1時とPM3時からです。受け付けは先着順になります。皆様のお越しをお待ちしています。