2014年11月

エソダ・バスネットさん講演会 [2014年11月28日(金)]

放課後、大教室にて厚生部主催の講演会が行われました。

日本ユニセフリーダー講座の講師を務めていらっしゃるエソダ・バスネットさんをお招きし、

「ネパールの紹介と発展途上国における女性の地位」という内容で講演をしていただきました。

ネパールの現状について、子どもの教育事情についてなど、講演内容は多岐に渡りました。

参加した生徒たちは、日本との違いに驚き、その根底にある女性差別という問題点について

真剣に考えていました。

1    2

エソダさんは、経済、社会、政治という3つの点において、ネパールの女性地位が低いと

感じていらっしゃいます。

また、【教育の大切さを実感できていない】 【経済的な自立が難しい】

【家事や農業の手伝いをしなくてはならない】という、女性が抱えているさまざまな問題を解決しなければ、

教育を受ける機会は今後更に減ってしまうと訴えていらっしゃいました。

エソダさんは現在、大学院で「女性のエンパワーメント(女性に力を付ける)」

というテーマの研究に取り組んでいます。

将来はネパールの社会環境を改善して女性に対する考え方を変えていきたいと、力強く話してくださいました。

3     4

 

 

SGH活動報告【LABO1/11月】 [2014年11月20日(木)]

11日(火)富士ゼロックス株式会社竹松事業所を見学させていただきました。

総務部の女性社員の方から、

Xerox Production Wayにより、徹底的に生産性を追求して無駄を排除していること、

ゼロエミッションを1997年に達成していること、

持続可能な社会の一員として地域活動を大切にし、清掃活動にも積極的に取り組んでいることを教えていただきました。

企業は価値を創造しており、商品などの見える価値、税金やCSR、地域貢献活動などの

見えない価値を創造しているということを体感してきました。

15日(土)には、富士ゼロックス株式会社人事部の女性社員の方をお招きし、

「国際社会での経験を活かす女性社会人の視点を学ぶ」というテーマでディスカッションを行いました。

アメリカで生活されたご経験をもとに、他人との違いは自分の価値であるとお話し下さり、

自分の「売り」を養うことが大切であると学びました。

 

「女性が男性社会に同化しないために、男性も女性も仕事をしやすい環境を整えることが大切である。

しかし、日本の雇用環境はまだ恵まれている。

世界では、出産後2、3か月で社会復帰するケースもよくある。

早く復帰しないと、自分のポストが無くなってしまう。」とお話がありました。

これから女性が国際社会でより活躍するために必要な工夫を研究し、

発信できるようにしていこうと決意を新たにしました。

総合的な学習の時間 [2014年11月18日(火)]

日ごとに秋も深まり、学園内のいちょうも金色に輝き始めました。

今年度の昭和祭(学園祭)も成功のうちに終わり、今日からの総合的な学習の時間は、3種類の活動に分かれて

行いました。

1・3・4・5年生は私の研究(個人研究)、 2年生はThe  Boston Missionの事前授業、4・5年生の一部の生徒はSGHの活動を

行いました。

私の研究では、これまで4月に決めたテーマの下、夏休み中にはフィールドワークをおこない、レポートにまとめるなどしてきました。

今日は、現在まで調べた内容の中間発表を行い、お互いの研究の進捗状況を確認することができました。

  

2年生のThe  Boston Mission事前授業では、HISTORY ・ART・SCHOOLの研究グループに分かれて、

自分の研究テーマについて英語でのプレゼンテーションを行いました。

 

SGHの活動では、全体会とLABO研究に分かれての活動を行いました。

全体会においては、昭和祭でのプレゼンテーションの反省会を行いました。

発表を行ったことで良かった点と課題が見えてきました。

LABOの活動においては、全体会の反省をどのように活かして、今後の活動につなげていくのかを

話し合いました。

  

各研究ごとにそれぞれのゴールを見据えて、中間発表や話し合いができました。

1月に提出の論文の完成に向けて、これからは最後のまとめをしていきます。

キャプテンこんにちは vol.3 [2014年11月15日(土)]

たくさんのクラブが招待試合や活動発表を行った昭和祭から1週間。今日は早くも次の発表へ向けて練習をスタートしている吹奏楽部の紹介をします。
吹奏楽部は6年生まで含めると90名を超えるメンバーが所属するクラブで、グリーンホールで活動しています。
クリスマスコンサート、1月のクラブ発表会、3月の記念講堂での演奏会とまだまだ続く吹奏楽部の発表、とても活発に活動しています。

【配られた新しい楽譜を先輩と共に(トランペット、トロンボーン)】

ホールの中だけでなく、ロビーや倉庫まで施設全体を活用して、それぞれが練習に励みます。

12月から1月にかけて開催されるアンサンブルコンテストに出場するメンバーは、特に集中して練習していました。

【フルートパート】 【パーカッションパート】
【楽譜を見ながら打ち合わせ中のクラリネットパート】 【大人数編成の金管楽器パート】

キャプテンのSさんは
「基礎を大切に練習を進め、しっかりと安定した演奏を目指したい。」
「昭和祭での反省点も生かしつつ、力を合わせ、心を1つにしてよい演奏会を作り上げたい。」
と次の演奏会への意気込みを語ってくれました。
機会がありましたら、ぜひ、演奏を聴きにいらしてください。

昭和祭 2日目 [2014年11月09日(日)]

昭和祭2日目を迎えました。

お客様をお迎えする前に、生徒たちが様々な準備をしている様子が見られました。

<模擬店>  <模擬店>  <清掃>

クラス展示の他に、昭和祭では授業の作品展示、クラブの展示・発表・招待試合など、日頃の成果を発表する場が多くあります。

【クラブ展示】 研究発表や、クラブの時間や夏休みの強化練習で作成した作品の展示をしました。

<理科部>   <手芸部>   <工芸部>

<美術部>     <コンピュータ部>  <書道部>

<華道フラワーデザイン部>

【作品展】 美術・家庭科・情報科の授業や夏休みの課題で制作した作品を展示しました。

【クラブの発表】 練習を積み重ねてきた成果を披露しました。

<ダンス部>  <演劇部>  <軽音楽部>

<吹奏楽部>  <コーラス部>  <茶道部>

【招待試合】 グラウンドや新体育館で、白熱した試合が繰り広げられました。

<ソフトボール部>  <卓球部>

【有志】 オーディションで選ばれたをグループが、得意なダンスを披露しました。観客の生徒たちからは、盛んに声援がとんでいました。

お天気が心配されましたが、幸いなことに10時の開場に合わせたように雨がやみ、昼頃には日差しも感じられる、穏やかな日となりました。多くの方々にご来校いただきましたこと、心より感謝申し上げます。

来年の昭和祭にも、ぜひ足をお運びいただき、生徒たちの研究発表やクラブ活動の成果をご覧いただければ幸いです。

昭和祭 1日目 [2014年11月08日(土)]

本日無事に昭和祭初日を迎えることができました。

昨日は下校時ぎりぎりまでクラス発表の準備や各係の作業を続けておりましたが、

本日の開会前には、全クラス・全係が準備万端で開会を迎えることができました。

【朝の様子】

開会のセレモニーの後、吹奏楽部のファンファーレとともに、テープカットをしていよいよ開会しました。

各展示教室では、来校された方が熱心に研究を見てくださいました。実験に参加していただいたり、

原稿の模造紙をじっくりと見ていただいたり、模型を手に取って見ていただいたり…。

「一生懸命に調べて、発表した甲斐がありました」「一生懸命に見てくださっているのを見て、私自身が達成感を感じることができました」と

初めて昭和祭を経験する1年生が言っていました。

時折、各クラスの案内係に質問をしてくださる方もいて、案内係の生徒はドキドキしながらも、必死に答えている姿が印象的でした。

【クラス展示の様子】

そして今年度昭和祭の目玉のひとつが、スーパーグローバルハイスクールとしての課題研究に関する

生徒の発表です。テーマで分かれた4つのLABO毎に、前期の活動の発表を行いました。各LABOの発表では、

生徒の発表後に、質問やご意見をいただき、生徒自身が研究をさらに深めていくきっかけになりました。

【スーパーグローバルハイスクールとしての課題研究に関する発表の様子】

グラウンドでは今にも雨が降りそうな空の下、テニス部の中学生が招待試合を行っていました。

午後になっても気温があまり上がらず寒い中での試合になりましたが、いずれのコートでも熱戦が繰り広げられていました。

グラウンド脇の藤棚の下では、今年も縁日が大盛況。美味しそうな匂いに誘われて、フランクフルト、綿あめなど行列ができるほどの人気でした。

昭和祭は明日も開催します。10時に開会します。是非お越しください。生徒・教員一同、ご来校をお待ちしています。

では、最後におまけの問題です。

今年度の共通テーマ【We share the same planet.―守ろう!地球の未来―】をイメージした下の絵(写真)。校内のどこで見つけることができるでしょうか?

是非ご来校いただき、発見してください。

昭和祭の準備 [2014年11月07日(金)]

今年度の昭和祭がいよいよ明日に迫りました。
各クラスでは「We share the same planet. ~守ろう!地球の未来~」をテーマに、
4月から研究してきました。そして、その成果をどのようにまとめ、発表するかを考え
準備を整えました。

6日、7日の準備の様子

本日の準備の打ち合わせ                              パソコンルームは大賑わい

床一面の模造紙                                       正門に置く大看板

文房具が必要な場合は資材係のところへ行き、注文します。
すると、在庫の中から必要なものがすぐに出てきます。

大量のアヒルが誕生中                     火山制作中

木ができるようです                         1年生が大きな地球を抱えていました

準備も大詰め、原稿を壁につるしたり、最後の飾り付けを行います。

模擬店の準備                茶道部、明日のお茶席の打ち合わせ

書道部、華道フラワーデザイン部の展示準備

各学年、各クラスの個性あふれる研究発表を是非ご覧下さい。

また、クラブの発表会や他校のクラブをお招きしての招待試合などでは、
クラブ活動の成果を発表致します。こちらも是非ご覧下さい。

8日(土)、9日(日)ともに10時の開会となります。よろしくお願いいたします。

スクールカラーデー [2014年11月04日(火)]

昭和学園には5月と11月、2度のスクールカラーデーがあります。

5月のスクールカラーデーは創立を記念した1日ですが、

11月のスクールカラーデーは、震災や戦災、近隣から燃え移った火災から

復興してきたことを記念した1日です。5年生が校舎を綺麗に飾り付けしてくれました。

クラスごとにお揃いのシンボルマークを身につけ、グラウンドに集合した全校生徒に

中央委員長からスクールカラーデーの意義が説明されました。

『受験は団体戦』を合言葉に、学年全員がスカイブルーのハチマキを巻いて登場した6年生も

校長先生の講話に真剣に耳を傾けていました。

生徒ひとり一人が、力強く一歩前へ踏み出す決意を再認識することができた1日となりました。

【趣向を凝らした各クラスのシンボルマーク】     【スクールカラーデーにふさわしい青空】