2015年2月

The Boston Missionに向けて 2日目 [2015年02月27日(金)]

昨日に引き続き、2年生はThe Boston Missionの事前学習に取り組みました。

本日は、校長先生のお話から1日が始まりました。

1 2

【良い波紋を広げるアイウエオ】        【創立者 人見圓吉先生の「女性文化」を気持ちを合わせて朗読】

校長先生から、先輩たちも現在実行している「挨拶・意欲・有心・笑顔・御礼」を教えていただき、

2年生全員で実践して、良い波紋を広げ、良い循環を身に付ける決意をしました。

3 DSC09825

【家庭科から健康管理について】   【航空会社の方からボストンまでの道のりの注意事項】

Boston出発前の事前授業も明日で最後になります。いよいよ第1班の出発も近づき、自然と緊張感も高まります。

「十分な準備をして、最高の収穫をあげよう」と、明日も学年で気持ちを合わせて準備に臨みます。

THE BOSTON MISSION に向けて ~2年生総合的な学習の時間~ [2015年02月26日(木)]

来週からいよいよABC組のTHE BOSTON MISSION がスタートする2年生。

本日から事前学習ならびに本格的な直前準備が始まりました。

午前中は全クラスが大教室に集合して、学年主任の先生からBOSTONの生活について、

お話を伺いました。その後、安全部長の先生の講義を受講しました。

午後は、各担当グループごとに集合して『Japan Cultural Day』に向けての準備を行いました。

BOSTON昭和に近隣の学校の生徒たちを招待して、日本文化を伝える Japan Cultural Day は

THE BOSTON MISSION の重要なプログラムの1つです。

短い時間ではありましたが、どのグループも熱心に活動していました。

IMGP7272  IMGP7274  IMGP7276

【左:ツアーガイドグループ  中:アニメグループ  右:浴衣の着付けグループ】

IMGP7278  IMGP7279  IMGP7281

【左:筝グループ   中:習字・判子グループ   右:折り紙グループ】

IMGP7283  IMGP7291  【左:茶道グループ 右:盆踊りグループ】

ABC組の出発は3月5日(木)、DEF組の出発は3月16日(月)です。

中高部生活を振り返って~6年生登校開始~ [2015年02月24日(火)]

卒業準備と卒業式の練習のため、今日から6年生が登校しています。

5修生(大学授業参加学生)も、約10か月ぶりに制服を着て登校し、学年全員が揃うのは昨年度の終業式以来です。

午前は卒業生の方の講演を聞き、「校訓三則」が示す人間像について考えを深める時間を持ちました。

また、学校長講話では、校長先生が2年次の「ボストンミッション」、5年次の修学旅行「安芸・古都の旅」、そして6年次の「浅間紀行」の写真をスライドショーにして見せてくださり、皆で過ごした研修旅行の思い出に浸ることができました。

懐かしさのあまり、所々で歓声があがる場面も見られました。

さらに、校長先生が卒業生へのメッセージを卒業文集『樟風』に載せてくださると聞き、6年生にとって卒業の喜びと楽しみがもう1つ増えました。

放課後は、久しぶりの登校ということもあり、教室内は明るい笑い声に包まれていました。

3月3日の卒業式まであと1週間。

6年生は中高部での生活に思いを馳せ、これからの一日一日を大切に過ごしていきます。

DSC09808  DSC09797

 

 

私の研究全校発表 [2015年02月21日(土)]

先日ご紹介した私の研究クラス発表()で、各学年から選ばれた代表者が本日、記念講堂で、全校発表を行いました。

kanban

先日のクラス内発表の内容を更に深め、プレゼンテーションソフトを駆使しての発表です。

スライドや研究の工夫は勿論、身振り手振りを存分に使ったり、研究内容に関連して着物姿でプレゼンテーションをしたりと各々さまざまに趣向を凝らしています。

posture kimono
【身振りを交えて】 【着物姿で発表】

audience

【発表を聴く生徒たちの様子】

 

また、今年はSGHとしての研究グループ LABOや夏に行われた日本の次世代リーダー養成塾参加生徒からの報告もありました。

私の研究は個人1テーマで研究を進めますが、LABOは少人数のゼミナール形式です。

leadersschool labo
 【リーダー養成塾参加報告】  【LABOの研究発表】

 

発表者が堂々と発表する裏では、裏方の生徒たちが表方を支えるべく奮闘しています。

5backstage4kyouyou2

 

どの研究も全校代表を名乗るにふさわしい、非常に興味深い、ユニークなものでした。
刺激を受け、早くも来年の自身の研究テーマについて想いを馳せている生徒もいるようでした。

 

下の写真は本日のプログラムの表紙です。

program

キャプテンこんにちは vol.4 [2015年02月19日(木)]

今日は冬の寒さにも負けず、屋外でトレーニングに励む陸上競技部を紹介します。

ウォーミングアップから走り込みなどを、音楽のリズムに合わせて行っており、

部員たちが1つひとつの練習に熱心に取り組む姿が印象的です。

「陸上競技部では、”誇り”という言葉を大切にしています。競技者としてだけではなく、

普段の生活の中でも陸上競技部としての誇りを持つという意味が込められています。

私自身は、周りの仲間がいてくれたから、自分と向き合えるようになった。

仲間が一番の誇りですね。」

とキャプテンが笑顔で話してくれました。

リレーマラソンや大会など、多くの試合に出場している陸上競技部。これからの活躍も楽しみです。

 

1   2  4

3   5

2年生学年末考査 [2015年02月13日(金)]

3月に10泊12日のボストン研修をひかえた2年生は、他の学年より一足先に学年末考査が始まりました。

1年間の成果を発揮しようとみんな真剣に取り組んでいました。

1 2

時程が異なる2年生のために、他の学年は教室を移動する際にも細心の注意を払って、

2年生の試験が無事に行われるようにサポートしていました。

そんな2年生の頑張りと、他の学年の落ち着いた学校生活を見守るように

中高部の2号館玄関には7段飾りのお雛様が飾られていました。

3

春の訪れを感じるこのお雛様は、本学園理事長 坂東眞理子先生から中高部にいただいたものです。

今年も中央委員の高校生が丁寧に飾りつけをしました。

中高部の生徒たちが笑顔で学校生活を送れるように、華やかなお雛様が見守ってくれています。

 

私の研究 クラス発表 [2015年02月07日(土)]

2月5,6,7日の3日間にわたり、『私の研究』のクラス発表が行われました。
総合的な学習の時間を使って行われる「私の研究」では、5月に生徒自らがESD教育に
沿ったテーマと指導の先生を決めます。
生徒は研究の一環としてフィールドワークに行ったり、実験観察を行った上で、論文を
作成し、その集大成としてクラス全員の前で発表を行います。
発表時間は質疑応答も含め、1人15分です。発表を聴く側は、ノートを一冊用意して、
メモを取りながらじっくりと耳を傾けていました。また、質疑応答の時間では、
多くの質問とそれに答える熱心な姿が見られ、生徒たちの研究に対する熱意が
伝わってきました。
1temoti  1koukouup 1kyoudou
個人の研究がほとんどですが共同研究もありました。

1jisakuhuku 1situmon
研究で作った作品の紹介や、内容に沿った質問に答えてもらう場面もありました。

1harikae 1hikaeru
発表が終わると担当の生徒が手伝い、素早く模造紙を貼り替えます。

1mozousi2 1mozousi
発表に使う模造紙は図や色を使い、研究内容を分かりやすく示しています。

1genkou2 1genkou3
研究レポート内も写真や図を使っています。

発表終了後に全校発表代表者が選出され、2月21日に人見記念講堂で行われる
『私の研究全校発表』の舞台に立ちます。

二つの貴重な講演会 [2015年02月06日(金)]

本日の午後、全校生徒に向けて宇宙飛行士の山崎直子先生にご講演をいただきました。

講演テーマは「宇宙・人・夢をつなぐ」 山崎先生が宇宙飛行士となるに至ったきっかけや努力されてきたこと、

宇宙飛行士になるために必要なことなどをスライドを用いながらわかりやすくお話してくださいました。

山崎先生からは、「Wonder (未知)ful」と言う言葉の通り、わからないことだらけだから宇宙はすばらしい。

人生も同じで、道がわからないからこそ楽しい。自分がどのように動くかによって人とつながり、

新しい可能性が開かれていくので今の中高生活を大切に過ごしてほしい」とのメッセージをいただきました。

講演会の後、生徒たちからは次のような声が聞こえてきました。

「私たちが『次世代を担っていく』という自覚をもって、今の勉強に励んでいきたいです。」

「私も山崎先生のように自分が振り返ったときに良かったと思える仕事に就きたいです。」

「宇宙はとても遠い存在だったのですが、お話を伺って身近なものに感じられました。」

「山﨑先生がおっしゃっていた「自分自身の軸を持つ」と言う言葉に勇気づけられました。」

 

IMGP7204 IMGP7219

IMGP7179 IMGP7246

とても貴重なお話を伺い、充実した時間を過ごすことができました。

 

夕方には、SGHの生徒を中心に本学園の理事長である坂東眞理子先生にご講演いただきました。

「国際的素養とキャリアデザイン力の育成」という視点からお話をいただきました。

「グローバル人材とはどんな人物を指すのか」「世界で役に立つ人、21世紀に必要とされる人とは」

「グローバルキャリアの築き方」など、先生のご経験をもとにわかりやすい例をあげながら

講義を進めてくださいました。グローバルリーダーを目指す生徒たちも大いに刺激を受けたようで、

一言一句聞き逃すまいと真剣な表情で先生のお話に耳を傾けていました。

最後に先生から「自分や自分の国についてよく知り、一般的な知識と専門的な知識をしっかり身につけて

今という時間を大切に生きていってほしい。

(そのために)一番大切なことは、頑丈な体を作るということです。頑張って下さい。」

とのメッセージをいただきました。

参加した生徒たちは、「(今日の講義が)自分たちの進路について 改めて考えるきっかけとなった、

今後のSGHの活動にもつなげていきたい」と力強く話してくれました。

DSC09709 DSC09712 DSC09715

お二人の先生方にご来校いただき、未来を担っていく生徒たちの道標を示していただきました。

とても有意義な時間を過ごすことができた素晴らしい1日となりました。

 

 

 

 

 

中学校入学考査初日(A日程) [2015年02月01日(日)]

本日は、中学校入学考査初日(A日程)でした。

朝から晴天に恵まれ、時折日差しのぬくもりを感じることもできました。

学園内は、入学試験ならではの緊張感あふれる空気に包まれていました。

『‘12歳の冬の勝負’に絶対に負けない!』という

受験生の強い眼差しがあちらこちらに見られました。

そして『できる限りの温かさで受験生を迎えよう』という

入試お手伝いの上級生の、いつも以上の優しい眼差しも溢れていました。

今日は161名の受験生が、来校してくれました。

sss-1 sss-2

sss-3 sss-4

合格発表は、本日午後6時から。本校での掲示とH.P.上で行います。