2013年1月

私の故郷 [2013年01月28日(月)]

今回は特別編として、東明学林職員 藤田さんの故郷をご紹介します。

私の故郷
みかんの収穫時期になると、「メジロ」が完熟したみかんの木に群がり、人が側によってもおいしそうに食べている姿を見ていると、日頃都会では目にすることのできない「ホウジロ」「シジュウカラ」「モズ」等、小鳥の他「ミミズク」や「アオサギ」を見かけることがある。また、動物ではU字溝を獣道としている「タヌキ」「イタチ」や「ノウサギ」の親子等、山里「東明学林」の自然界に生きる動物と共存している環境で勤務していると、故郷を思い出します。

 

私の故郷火の国阿蘇は、南北24K、東西18K、周囲は128Kで、規模、形とも世界最大級のカルデラと言われ、火口原の中には数万人の人が生活しており、世界の火山の中でも例がないと言われています。

中央火口岳群は、最高峰の高岳(1592メートル、通称「肥後国」)のほか根子岳、鳥帽子岳、中岳(現在も噴煙を上げており火口は南北1100メートル、東西400メートル、深さ100メートル)、杵島岳の「阿蘇5岳」がそびえ、これを囲むように屏風のような延長128Kに及ぶ外輪山があります。
これら5岳を北方から見た姿は釈迦の寝姿に似ており、中岳がちょうど腹部のおへそのあたりで、地元では噴煙を見上げて「おへそが茶を沸かす」と言っており、特に外輪山の「大観望」「兜岩展望台」「城山展望台」からの眺めが素晴らしい。
カルデラの四季の変化は、春の草原野焼きとミヤマキリシマの群生、夏は緑の中でキャンプとハイキング、放牧の赤牛や馬とたわむれ、秋は言わずと知れた紅葉、冬は白銀でのスキーと言った1年を通じて日本の四季を感じさせる所でもあります。
ビュー・ポイントは、中央火口岳一帯ではロープウエーが通じている中岳火口はもちろん、草千里、米塚、仙酔峡、火山博物館、その他、約2200年前に孝霊帝の勅命で創建と伝えられている阿蘇神社(千鳥破風の社殿、桜門やケヤキの老樹と調和した雰囲気)の春火祭りでの火振り神事や温泉でも有名な「黒川温泉]があり、のどかな風景が広がる阿蘇を堪能して観てください。

 

by藤田

初出荷・今年もチャレンジ! [2013年01月21日(月)]

平成25年 明けましておめでとうございます。
東明学林を代表して、新年のあいさつをさせていただきます。
今回より今年の東明学林ブログをスタート、さまざまな出来事や様子、発見などの情報を発信しますので宜しくお願いします。

今年も穏やかで静かな年明けを、東明学林職員一同、足柄の山々と雄大にそびえ立つ富士山の姿に迎えられ、清々しい気持ちで一年をスタートする事ができました。

新年、東明学林より望む足柄の山々と富士山

東明学林での仕事始めは、ここを訪れる全ての人、そして職員の安全祈願の為、みかん畑より山に入り、散歩道、あららぎの道途中にある「山の神様」の祠への参拝からです。塩、米、水、そしてお神酒をお供えし、今年一年の安全を全員で祈願します。年初め、東明学林の一年はここからスタートします。

 

初出荷
昨年の晩夏、東明学林南側の芋畑を開墾し、種から育てた野菜たち。秋には学食「ソフィア」に出荷、目に触れ、口にした方もいると思います。あれから年を越した野菜たち、青首だいこんと大カブ、いよいよ先週17日に今年初めての出荷「初荷」を「ソフィア」に送りました。早ければ今日の昼食辺りからメニューの食材として皆さんとお目に(お口に)かかるかと思います。

 
 

だいこん、カブ畑を不休で畑を見守る、かかし「やすおさん」

 

 

 
 

 初荷出荷の為、職員が端正こめて収穫中 
 
  

 
 
 

 
 

 
 
 

畑より収穫、泥を洗いながして初荷出荷待ちの野菜たち

 
初荷収穫野菜は、青首だいこん「おこのみ」24株、大カブ「大政」18株です 

どんなメニューで登場するかは「ソフィア」でお楽しみ下さい!

今年もチャレンジ
雑草で荒れていた芋畑を除草し、土を作り、種を蒔き、施肥や手入れをしてきた野菜畑。正直、収穫まで出来るか、自然が相手なので先が見えぬ不安がありましたが、畑作りに着手した時に掲げた目標「収穫」。職員全員で知恵を出し合い、時間を掛け、汗をかき、収穫にこぎつけました。また、今までに出荷した野菜たち、全て無農薬で作りましたが、葉物野菜に限らず根野菜までも害虫との戦いがありました。
皆さんの口に入る物なので、無農薬にこだわり、かつ、害虫駆除を今後も進めていきます。次の目標は年間計画を立て、季節に沿った野菜の収穫です。当然のことながら、各種野菜たち、それぞれに土質から肥料、手入れのやり方、害虫駆除などが違います。それぞれ性格の違う野菜たちの研究と実践を今後繰り返し、チャレンジ(挑戦)して行きます。

まだまだ始まったばかりの畑作り。失敗した時の反省、成功した時の喜びを繰り返し、皆さんが東明学林を訪れた時、いつでも野菜たちが出迎えられる畑を作り、食堂の窓から見える景色の一つに加えてもらえたら良いなと思います。そして、是非、畑まで足を運んでみて下さい。

春までに土作り、種まきと手入れ、収穫の年間計画を作り、春夏野菜の準備に入ります。

 by 東明学林  農業青年団   川口