2014年7月

かくれんぼ [2014年07月28日(月)]

 

さて、この写真の中に、ある生き物が隠れています。

気が付きましたか?
 

 
 
実は、ここに隠れていたのです。
分かりましたか?

木の右目の下あたりにいます。
うまく隠れていますよね!すごい!!

 

 
 
 
雨の日
雨の日、ふと窓を見ると、外で雨宿りをしている生き物を発見しました。

かくれんぼをしているところをこっそり後ろから見つけた気持ちになりました。

み~つけた!
 

 
 
 
お花が咲きました!
 初等部4・5年生がまいてくれたマリーゴールドが花を咲かせてくれました!

小さいながらもきれいに元気に咲いてくれています。
その他の種も芽を出してすくすく育っていますよ。
 

 
 
 

 
つばめ
先日まで、親つばめが何度も餌をとってきては、ひなに食べさせている姿を見ていました。
そう思っていたら、いつの間にかひなが巣立っていました。
「だいぶ大きくなったな」とは思っていたのですが、その数日後には巣が空っぽになっていました。
最近は、飛ぶ練習をしているのか、たくさんのつばめが巣周辺を飛び回っています。
無事に元気に巣立ってくれて、よかったです。
また来年も巣が作られることを願います。

by兼子

東明学林ではセミが元気になくようになりました。
今日から夏合宿も始まり、元気な声が響いています。
暑い季節です。皆様、お身体どうぞお気を付けください。

8月・9月のブログはお休みさせていただきます。
また10月から再開しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

東明学林の作業物シリーズ 第9弾 [2014年07月22日(火)]

東明学林がある神奈川県足柄上郡大井町を簡単に紹介します。〈大井町HPから〉

大井町は神奈川県の南西部にあり東京都心から70㎞圏に位置しています。約6,500世帯、17,000人が暮らし、総面積は約14㎢です。町の6割が丘陵地で温暖な気候のため畑作・ミカンなどの農業が盛んに行われています。残る4割の平坦地は酒匂川沿いにある水田地帯で、稲作を中心に梨・イチジクなどの栽培が行われています。また、製薬・自動車関連など企業も操業しています。

昭和45年、JR東海 御殿場線の上大井駅の構内に駅員が西日除けにひょうたんを植え、当時の交通公社時刻表の表紙を飾ったことで上大井駅がひょうたん駅と呼ばれるようになり、大井町がひょうたんの町として親しまれるようになりました。上大井駅のひょうたんは無人駅化された現在も町民有志の手で吊るされています。東明学林でもひょうたんを栽培したいと考えています。

写真右手の大きいビルは、コーヒーやお茶の通販事業を展開している㈱ブルックス大井町事業所です。以前は第一生命のビルでしたが、業務再編で移転したため2012年からブルックスが直販所等を営業しています。無料試飲コーナーもあり、近隣の方々の憩いの場所にもなっています。 このビルは写真の通り立派な建物で本社ビルのようですが、私の住んでいる田園都市線たまプラーザ駅から車で5分ほどのところに本社があります。

マスク

寮室のベットメイクや清掃、乾燥している場所での草刈、枯れ枝の焼却等、埃が多い場所での作業が多くありますので、数種類のマスクを使い分けています。 ただし、何れのマスクも装着すると息苦しいので、私はマスクをつけることがほとんどありません。

事務長の井上でした。

東明学林のあれこれ [2014年07月17日(木)]

やまユリ

エキナセア

ぎぼうし

カンナ

かんぞう

ネジばな  

少し写真がボケていますが左巻きにねじれているのがわかりますか

くちなし

夾竹桃

松葉ぎく

池のコイと松葉ぎく

なでしこ

セイジー

手前より 蓮・セイジー・

東明学林の主 仲の良いカラスの夫婦

ツバメのひな

この二日後に巣立ちをしました

                     

                             by及川

東明学林の水源について [2014年07月07日(月)]

                      東明学林の水源について

日本の国土は全般的に山岳に富むため、扇状地や火山の山麓など伏流水の存在しやすい環境が

多く水質も概ね良い。

特に扇状地の扇端部では、自噴する湧水池が見られるほか、伏流水が発達した河川沿いでは浅井

戸でも大量の地下水を取水されている。

そもそも伏流水とは、河川敷や旧河道の下層にある砂磯層あるいは化石谷内の砂磯層中を流れる

地下水(土壌水)で、地表の河川との水理的な関係が強いといわれている。

東明学林は富士山の東方に位置し、雪解け水や樹海に降った雨水が地下に浸透し70年から80年

経過した伏流水を水源として、地下約52mから2層式のタンク約140トン貯水できる高架水槽に揚

水し、生活水及び防火用水として使用している。使用量は1日平均約20トンで、学寮中は学生数で

異なるが、約70トンの地下水を使用している。

この富士山からの名水(伏流水)を今後も継続して使用できるよう節水に心掛けて行きたい。

                                                名水便り

幼稚部 野外でカレー作り [2014年07月05日(土)]

今日はお外でカレー作りを体験しました。

にんじん、じゃがいも、たまねぎを包丁やピーラーを使って、みんなで切ります。

 

 

 

 

 

 切った後は、広場へ移動し、ぐつぐつ煮込みます。
「おいしくな~れ!!」
みんなで魔法の呪文をとなえます。

煮込んでいる間は、みんな走り回って遊びます!


雨が降ってきてしまったので、4階玄関付近でいただきます。

みんなで一生懸命作ったカレー、とってもおいしくできましたね!

幼稚部 奉仕 [2014年07月04日(金)]

探検後、幼稚部の皆さんが奉仕をしてくれました。

花壇のお花が元気に咲くよう、草取りをしてもらいました。

土で手を真っ黒にしながら、
「たくさんとれたよ~!!」
と一生懸命奉仕活動をしてくれました。


みなさんが頑張ってくれたおかげで、花壇はこんなにきれいになりました!
次に幼稚部のみなさんが来てくれた時には、きれいなお花がたくさん咲いていますように!

幼稚部 探検 [2014年07月04日(金)]

今日から1泊で幼稚部の年長さんが来てくれています。
お泊りで東明学林に来てくれるのは、久しぶりなので、とてもうれしいです。

今日は午後から探検をしました。
小人さんからもらったお手紙に従って、東明学林に隠されたプレゼントを探します。
みんな指令に従って、一生懸命プレゼントを探していました。

沢山の封筒の中に、1枚だけ指令の書かれた紙が入っています。
その紙を一生懸命探します。


このハーブを探してみよう!

手で触って、香りをかいで、
先生の持っている葉っぱと同じ葉っぱを探します。

香りをかぎすぎて、だんだんわからなくなってしまいました。


水車の池にいるザリガニを一人1回触りましょう!

ぬるぬるしてる!

はさみがこわい~!
でも、がんばって触りました。


虫を捕まえましょう!

採った!採った!!
あちこちでそんな声が飛び交います。

最後の指令は、プレゼントの入った箱の鍵を見つけること!
箱に合う鍵は、1本だけ。5本ははずれ。鍵はテラスのどこかに隠されています。
なかなか見つかりません。

ようやく鍵を見つけて、箱を開けると、がんばったご褒美に小人さんからのお手紙とお菓子のプレゼントがありました。
よかったですね!

今日は雨の予報だったので、外での探検はできないかな…と思っていましたが、
雨もやみ、無事に探検を行なうことができました。

これも、いつも見守ってくれている てるてるぼうずさんのおかげです。効き目はばつぐんです。
今回、小さい てるてるぼうずさんも新たに加わりました!
二人になって、なんだかてるてるぼうずさんもうれしそうです。
これからも、学寮中のお天気を見守ってくれそうです。
てるてるぼうずさんを作ってくださったお母様、どうもありがとうございます。