2015年7月

前期の終了 [2015年07月31日(金)]

tubamenakayosi
前期の学寮が無事に終了しました。
東明学林は中高部の夏合宿を迎え、毎日元気いっぱいの声が響き渡っています。

7月27日の事務長のブログにて、前期のブログは最後です。
また、10月から再開しますので、どうぞよろしくお願い致します。

毎日暑い日が続いております。
どうぞ、皆様お身体をお大事に、お元気でお過ごしください。

後期の東明学林も、どうぞよろしくお願い致します。

建物探訪シリーズ Vol.3 [2015年07月27日(月)]

【3階編】 その1  大浴室、脱衣所、シャワー室、小浴室

私は学生の頃、東京都文京区本駒込(最寄り駅は都営三田線の千石駅)というところで一人暮らしをしていました。単身者用の5階建ての団地で3畳一間バス・トイレ無し(各階に共同トイレと共同洗濯機がありました)。部屋に流しはついていたのですが何故かお椀型で、ゴミを捨てる三角コーナーが置けませんでした。

今から30年以上前で家賃が月2万円。駅から徒歩3分でしたので、当然、溜まり場と化していました。

大きな共同風呂が1階にありましたが、時間制限があったので帰りが遅くなると入れなくなり、また、怪しげな人が多数暮らしていたため団地の風呂は利用せず近所の銭湯に通っていました。料金は260円。まさに“神田川”の世界です。ご存知ですか?

CIMG2940

 

最近、銭湯も見かけなくなりましたので、ここの大浴室を見ると、昔の切ない記憶が昨日のことのように思い出されます。

CIMG2936

浴室にはボディーソープ・リンスインシャンプーが備え付けられています。脱衣所に体重計はありません。シャワーを使う学生が多いのは時代のようです。

CIMG2933

湯船に入るときは必ず体を流してから入る、シャワーのしぶきが隣の人にかからないように注意する・・・等、皆で風呂に入るということも社会経験を学ぶ貴重な場でもあるのです。

近年、寮室やトイレの改修工事を実施して、以前と比べると見違えるほど綺麗になりましたので、近い将来、大浴室・シャワー室もリニューアルしていただきたいと考えています。

CIMG2934

教職員の方々が入る小浴室もあり、ここには体重計と洗濯機があります。

小浴室は海側にあるので、窓を開放すると露天風呂の気分が味わえます?

CIMG2778

東明学林から車で5分ほどのところに「いこいの村あしがら」という宿泊施設があります。

客室は32室で、120名の宴会ができる大広間やテニスコートなどが設備されおり、入浴だけでもOKの大浴場が併設されています。料金は700円でサウナ付きです。フロントでバスタオルと小さいタオルを借り、シャンプー・石鹸・ひげ剃りは常備されています。

3月に東明学林に泊まる機会がありましたので、後学のため入浴を利用してみました。久しぶりに大きい湯船につかり心身とも本当にリラックスできました。機会があれば皆さんも是非。

事務長の井上でした。

今年も咲きました「琉球アサガオ」。 [2015年07月22日(水)]

四年ほど前、花びらが大きく色鮮やかな「琉球アサガオ」を見て、株分けしてもらい今年も咲き始めました。
普通のアサガオは、種から育て花お咲かせますが、琉球アサガオは、株分けで育て増やすことができます。
琉球アサガオの特徴は他のアサガオより花をつける期間が7月から12月初旬と長く、葉も大きく、緑のカーテンとして最適ですが、育ちが良すぎて困る事も事実です。また、多年草で苗(幹)が大きく育つ傾向があります。機会があれば是非一度見に来てください。
≪管理人より。≫

【株分けと成長】

43

 

 

 

 

【昨年の開花】

12

 

 

 

 

【今年の咲初め】

56

日々是新 [2015年07月13日(月)]

けはい

kehai_01早朝、ひとりで事務室にいると、トントントンとドアをノックされた気がして、入口を見ると誰もいませんでした。でも、気配はするので行ってみると、クワガタが待っていました、ノコギリクワガタと思われます。久しぶりに見たので、少し観察して記念写真をとって、たくさん仲間を連れてきておくれと逃がしました。

 

 

 

 

 

 

こえをだす

koeo_01ずっと前に種を蒔いて、労作で移植をしてもらったルドベキアが、元気に育っています。花木を育てる時に、その名前を呼びながら世話をすると、元気に育つといわれるので、声かけしてもらったせいか、標準の倍くらい大きな花になっています、気持ちが伝わったんですね。

 

 

 

 

 

 

あふれる

afureru_012年目のキキョウに、たくさん花がつきました。風船のようにふくらんだつぼみは、少しずつ花を開き、大きく咲きます。その様子は、日々の積み重ねがパァーっと広がって、活かされるようなことを想わせるので、見ると嬉しくなります。観察は、想像力を触発します。

 

 

 

 

 

 

 

kanna_01刈られても刈られても、今年もカンナが大きな葉をだしています。あまりに刈られる(切られる)と、ダメになってしまわないか心配です。

 

 

おこらず おこたらず  佐藤直樹

畑野菜・初夏の橋渡し [2015年07月06日(月)]

梅雨に入り、毎日じめじめとした気候の中、畑野菜たちは元気に成長し、橋渡しの一材を担っています。

6月上旬の英語コミュニケーション学科、学寮研修の労作では、かぶと小松菜を収穫、健康デザイン学科での授業に活用頂きました。

7月上旬の日本語日本文学科、学寮研修の労作では、雨の降る中、青首大根とはつか大根を収穫、管理栄養学科の授業に活用頂く予定です。

DSC_1233

 

DSC_1238収穫したはつか大根は、葉を落とし、水洗いをしました .

 

 

 

 

 

たらいに浮かぶはつか大根は、まるで金魚のようで、とても綺麗な色合いでした。
DSC_1237
 

 

 

 

水洗いを終え、水切り中の青首大根とはつか大根です。
DSC_1241

収穫に携わった学生の皆さん、天候の悪い中での収穫、ありがとうございました。

前期の収穫予定としては、青首大根とじゃがいもを7月6日からの国際学科、学寮研修での労作で行い、健康デザイン学科、管理栄養学科での授業に活用頂く予定です。

 

 

5月下旬の健康デザイン学科労作で種蒔きを行った、ほうれん草は7月中旬以降、収穫を行い、昭和ナースリーへ出荷予定です。
DSC_1223

 

 

 

 

 

 

このハイビスカスの様な白い花はなんでしょう?
DSC_1217DSC_1234

 

 

 

 

 

 

答えは、おくらです。

 

4月中旬、初等教育学科の労作にて種蒔きを行いましたが、5月、6月と気温が上がらず、7月に入り、ようやく開花しました。自然相手ですので、こちらの予定通りには行きませんでした。

現在、畑では初夏から夏に向け生育、秋に収穫予定の野菜たちの種蒔き準備中です。ニンジン、いんげん、ごまを予定しています。

次回は後期、秋の畑の様子をお知らせします。よろしくお願いします。

東明学林   川口