2015年12月

今年も大変お世話になりました。 [2015年12月21日(月)]

fuji先週の藤田さんのブログをもちまして、今年のブログは終わりです。
皆さま、今年も東明学林ブログを見てくださり、どうもありがとうございました。

来年は、1月12日から再開致します。
来年も、東明学林をどうぞよろしくお願い致します。

皆さま、良い年末年始をお過ごしください。

東明学林一同

冬の嵐 [2015年12月15日(火)]

東明では日々みかんの収穫に追われる中、先週季節はずれの嵐に見舞われみかんの倒木被害がありました。

みかんの樹木そのものが 老朽化しており、強風に耐えられなかったこともありますが、当日の瞬間最大風速3.5m/sを記録しており、事務室の窓越しから見える景色は、枯葉が横に舞うほどとても強い風でした。

また、週末は秋晴れの天気に恵まれ初等部で実施しているみかん の栽培研究の生徒達有志が、東明学林のみかん園を見学に訪れみかんの種類、病害虫等みかんの育て方について勉強して帰りました。

見学会に参加した生徒の皆さんご苦労様でした 。

《東明学林管理人》

【倒木したみかんの木】                                   【倒木した木の根】

12

 

 

 

 

【弱った木の葉】                                       【元気な木の葉】

45

 

 

 

 

【見学会に参加した生徒達】

桑畑組1

あふれる [2015年12月07日(月)]

探りしらべる

sirabe_01東明学林に来たら、是非外に出て里山のような雰囲気を感じてもらいたいなと思っています。なので、初等部の児童が探検に来てくれることは、とても嬉しいです。今年の探検は少しの間、小雨降りでしたので、大教室で休憩をしていました。玄関いっぱいにひろがった靴は、大勢が遊びに来てくれた感が高まって、嬉しさが増しました。

 

 

 

 

 

 

学林あるき

aruki_01今年度最後の学寮が終わり、寒さも寂しさも増していますが、その学寮では、散策の時間をつくってくれて、雨の中を傘をさしてじっくりとまわってくれました。残念ながら労作も雨降りでしたので、軒下でナノハナの種まきでしたが、散策に出てくれることは本当に嬉しいですし、ナノハナはもう芽が出ています。

 

 

 

 

 

 

里山づくり

zukuri_01探検や散策を、より楽しく安全にするために道の名前を募集したり、中高部や大学の労作でクヌギの苗を植樹してもらっています。道に名前がついて看板や案内図が設置できれば、自由な行動がしやすいですし、土地本来の樹は丈夫な森をつくり、人の命も守れるそうです。すぐに成果がでることではないので、将来像をイメージしながら取り組んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

hikaru_01通勤時の、ほおが切れるような寒さと薄暗い朝のきらりと光る月に、力強さや懐の深さを感じます。

 

 

暗い中でもきらりと光ろう  佐藤直樹

畑の冬支度と忘れ物 [2015年12月01日(火)]

20151120_074641 ここ数日、晴れと雨が周期的にめぐるなか、朝晩の気温が、いよいよ一桁になる日が出てきました。季節は確実に冬へ向かっています。

 

東明学林の畑は、この一年間、無農薬野菜を育成、育った野菜たちは給食実習で活用いただきました。
20151120_074817

現在、年明けに収穫、健康デザイン学科の実習で活用いただく紅大根が、順調に生育しています。

20151127_074501

先日、畑の土起しを行った翌日、畑の真ん中に、忘れ物を発見しました。東明学林近隣に生息する、山の動物たちの足跡を発見しました。彼らも、冬支度のため、畑に食べ物を求めてきたのかもしれません。

畑は、冬支度から、本格的な冬を迎え、しばらくは来年春に向けての準備になります。

また、沢山の実りを活用頂きたいと願いながら。

東明学林  川口