2017年3月

東明学林の野菜たち・春へ [2017年03月30日(木)]

今年は、ちょうど一カ月前に春一番が吹き、春の訪れを知らせてくれました。

いよいよ来週からは、新年度が始まります。
今年度一年間「東明学林の野菜たち」を通じ、畑と野菜たちの様子をお知らせしてきましたが、今回で最終回です。

東明学林の畑斜面には、春の訪れを知らせる「菜の花」が今、ちょうど見ごろを迎えています。

nanohana

長い冬が終わり、春を迎えた畑では、新年度に向けた準備を進めています。
一年間、自然の恵みを生み出してくれた畑に活力と新たな恵みを願いながら、有機質の堆肥を畑の土に散布し、耕耘機で混ぜ込み、土づくりを行いました。
taihikouun

土づくりのあと、一週間ほど寝かし、いよいよ新年度に向けた種付けです。

トップを飾るのは、じゃがいもの王様「男爵」です。

種イモを半分もしくは四分の一に割り、切り面に石灰を塗り、種イモが腐らないように施します。
jyagatane

畑の土は今一度、耕耘機で起こし、畝を立て、雑草防止と土の保温・保湿のため、マルチシートを張ります。
マルチシートに30cm間隔で穴を開け、深さ7cmほどに種イモの芽を上向きに植え込みます。
tanetuke

梅雨に入る前の6月中旬位での収穫を計画しています。

また、昨年10月に現代教養学科の労作にて種蒔きを行っていただいた「玉ねぎ」ですが、順調に生育しています。新年度5月下旬に収穫の予定です。

tamanegi

 

 

 

 

 

 

 

 

新年度も引き続き、畑や野菜たちの様子をお伝え出来ればと考えています。
一年間、お読みいただき、ありがとうございました。
新年度も、よろしくお願いします。

東明学林 畑担当  川口昌一

 

 

 

 

みかん園の整備 [2017年03月22日(水)]

竹下みかん園には、約20年以上経過した「大津」又は「青島」の成木みかんの木があり、枝同士が重なり人も通りにくい状態から、造園業者にお願いし一部移植を行いました。これは木と木の間隔を空けることにより更なる成長を促進するためです。移植したみかんの木は根付くまでに2~3年掛かりますが、バランスの取れたみかん園になります。また、苗から成長し傾いた木への添え木を併せて行い整備を終えました。今後みかん教室脇の上・中・下みかん園に4~5年経過した苗木を移植し整備を実施して行きます。《みかん園便り。》

【移植状況】

41

 

 

 

 

 

 

 

 

57

 

 

 

 

 

 

【添え木状況】

8

食堂の照明 蛍光灯からLEDへ [2017年03月16日(木)]

食堂1

 

 

 

 

 

 

学寮のない時期は、屋外も館内も様々な安全点検、整備と続きますが、

3月上旬にはかねてから計画していた食堂の照明のLED化が行われました。

 

食堂2

 

 

 

 

 

新しくなって明るくなりました。

消費電力も同等の蛍光管のほぼ半分になるそうです。

東明に来て食堂に入ったら、見上げてご覧ください。

そして・・この食堂での給食は、4月から新業者による調理がスタートします。

ご期待下さい!

 

 

あゆみ [2017年03月13日(月)]

ひととき

hitotoki_01今の季節は、ムラサキハナナが咲きます。セイヨウアブラナ(ナノハナ)の仲間で、ナノハナと同じように4枚の花びらが十字形に咲いて、葉は茎を抱えるようにしてついています。東明学林では、少しずつ増えているようで、片側に黄色いナノハナ、反対側に紫色のムラサキハナナを見ながら散策ができます。距離は短いので、ちょっとの間なんですけどね。

 

 

 

 

 

 

感謝

kansya_01地元の養護学校の生徒たちが、授業の一環として、僕らの仕事を手伝いに来てくれていますが、今年度は、散歩道の手入れを手伝ってもらいました。東明学林が、ご厚意で頂いている、木を砕いて細かく加工したウッドチップを敷いてもらったのですが、ふっかふかの道になっています。この道が、どんどん長くなるなんて夢のようですし、加工される木には、世田谷区からでた剪定枝も含まれているそうなので、世田谷キャンパスからも来ているかも知れないと、つながりを感じざるを得ません。

 

 

 

 

 

 

ゆくさき

yukusaki_01ひそかにオリーブが1本あるのですが、丸4年で背丈が僕を越えました。基本的にオリーブは、1本だと実がつかないので、先日新たに植えましたが、花木は名前を呼びながら植えると、元気に育つといわれるので、もちろん今回も声をかけながら植えました、「オリーブ!オリーブ!オリーブ!」。労作でオイル搾りをして、灯の集いの灯として使える日が来るのが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

sakura_01最近暖かい日があるなぁと思っていたら、サクラも咲く準備を着々と進めていました。

 

 

ちょっとずつでも やってみよう  佐藤直樹

東明学林での屋外業務 [2017年03月01日(水)]

今回は、東明学林の日頃の日常業務をご紹介します。

 

東明学林は1月から4月中旬頃までの間、野外での仕事が多くなります。

 

マテバシイの剪定から始まり、梅の木、みかんの木、桧と続き、

剪定が終了したならば、その剪定枝を片付け、運搬し、一ヵ所に集めて燃やしますが、

今年はすでに二回、燃しの作業を実施しています。

 

そのほか強風の後は、決まって立木が倒れたりしますので、

その処置や散歩道の点検・整備、3月はBSTの対応等、色々とやる事が多くなります。

 

①剪定が終わったマテバシイjpg

 

 

 

 

 

剪定が終わったマテバシイ

 

 

剪定が終わっていない梅の木 剪定が終わった梅の木

 

 

 

 

 

梅の木      【剪定前】         →        【剪定後】

剪定が終わっていないみかんの木 剪定が終わったみかんの木

 

 

 

 

 

みかん      【剪定前】         →        【剪定後】

 

剪定が終わった桧剪定後の梅の枝

 

 

 

 

 

 

 

剪定後の桧                   剪定した梅の枝

 

剪定後の梅の枝と桧の枝 手前が桧の枝 奥古竹

 

 

 

 

 

剪定した梅の枝と桧の枝                 奥には古竹もあります。

 

燃し燃し②

 

 

 

 

 

 

 

集めた枝を、焼いているところです。