東明学林の野菜たち・春へ [2017年03月30日(木)]

今年は、ちょうど一カ月前に春一番が吹き、春の訪れを知らせてくれました。

いよいよ来週からは、新年度が始まります。
今年度一年間「東明学林の野菜たち」を通じ、畑と野菜たちの様子をお知らせしてきましたが、今回で最終回です。

東明学林の畑斜面には、春の訪れを知らせる「菜の花」が今、ちょうど見ごろを迎えています。

nanohana

長い冬が終わり、春を迎えた畑では、新年度に向けた準備を進めています。
一年間、自然の恵みを生み出してくれた畑に活力と新たな恵みを願いながら、有機質の堆肥を畑の土に散布し、耕耘機で混ぜ込み、土づくりを行いました。
taihikouun

土づくりのあと、一週間ほど寝かし、いよいよ新年度に向けた種付けです。

トップを飾るのは、じゃがいもの王様「男爵」です。

種イモを半分もしくは四分の一に割り、切り面に石灰を塗り、種イモが腐らないように施します。
jyagatane

畑の土は今一度、耕耘機で起こし、畝を立て、雑草防止と土の保温・保湿のため、マルチシートを張ります。
マルチシートに30cm間隔で穴を開け、深さ7cmほどに種イモの芽を上向きに植え込みます。
tanetuke

梅雨に入る前の6月中旬位での収穫を計画しています。

また、昨年10月に現代教養学科の労作にて種蒔きを行っていただいた「玉ねぎ」ですが、順調に生育しています。新年度5月下旬に収穫の予定です。

tamanegi

 

 

 

 

 

 

 

 

新年度も引き続き、畑や野菜たちの様子をお伝え出来ればと考えています。
一年間、お読みいただき、ありがとうございました。
新年度も、よろしくお願いします。

東明学林 畑担当  川口昌一