甘夏収穫作業と、シイタケ菌打ちの下穴開け。 [2017年04月13日(木)]

3月の下旬にみかん園の草刈りと肥料やりが済み、

4月に入ってからは雨の日が多く、なかなか野外での作業が出来ませんが

甘夏みかんの収穫、シイタケ栽培の準備を行いましたのでその様子をご紹介します。

及川さんブログ1

 

 

 

 

 

 

 

収穫前のみかん木。

 

及川さんブログ2

 

 

 

 

 

 

取りづらいところを木に登り収穫をしているところ。

 

及川さんブログ3

 

 

 

 

 

 

最後の1個を収穫中!

 

及川さんブログ4

 

 

 

 

 

 

 

収穫をしたみかんはすべて水洗いをします。

 

及川さんブログ5

 

 

 

 

 

 

 

水洗い後、水滴を拭き取り、選別をして終了です。

4月12日、学園に出荷致しました。

 

 

及川さんブログ6

 

 

 

 

 

 

シイタケを栽培する場合、東明学林内にあるクヌギを伐採し、

約1mぐらいの長さに切り、その木にドリルで穴を開けて椎茸菌を打ち込みますが、

菌打ち込みは初等教育学科が労作で行う予定です。