立春 [2012年02月05日(日)]


 昨日は立春、先日までの厳しい寒さも暦通り少し緩んで、「光の春」が来ていることを実感する。日あしが伸び日没が遅くなり、夕暮れ時の風情は素晴らしく、心が躍る。
今日はB日程試験、先週のA日程試験の朝に比べるとかなり暖かい。受験生数は半分以下であるが付き添いの保護者の方は多かった。挨拶の時間が午後1時と遅くなったので、午前中は期末試験の採点、理事長と懇談などして過ごす。
 3日(金)午前中は多摩市の非常勤講師をお願いしている有馬さんの経営されている緑ヶ丘幼稚園で講演。夕方少し時間があったので森美術館のLEE BULという韓国の現代アーティストのオープニングに行く。私はサントリー美術館の東洋陶磁器展などのほうが好きなのだが、昨年ソウルに行ったとき「情報化の次はartです」。といわれたのが深く心に残っているので出かけた。私には論評できない現代アートの世界だが、柔らかい初期の作品から、次第に視野を広げ鋭く変化していく。正副理事長の森さんと藤井さん以外はレセプションの出席者も知らない人ばかり。経済人でもなく、学者・研究者でもなく、文学者・言論人でもなく、クリエーターというような人たちである。
 本学のデザインを専攻している学生たちも英語だけでなく中国語や韓国語を使いこなし中国や韓国で仕事をするくらいになって欲しいものである。