5月19日の学長ブログ [2013年05月20日(月)]


 5月13日(月)は内閣府男女共同参画局で功労者の選考会議。現役の担当者はどんどん異動するが、選考委員は有馬さん、山田さん、原さんと顔見知りの方ばかり。
 14日(火)朝は授業、学長室打ち合わせ、昼は英語コミュニケーション学科とミーティング。学生数が多く、苦労しながらも昭和女子大学を支える学科である。ボストン留学は英語面だけでなく人間的成長の上でも教育効果が大きいので、それを見えるようにしていきたい。午後は来客が多数。帰り際、昨年のリーダーズアカデミーに参加していた学生から声をかけられた。新聞社に就職が内定したそうだが、面接でもリーダーズアカデミーのことが話題になったそうである。是非、報告したかったと言われて、こちらもうれしく気持ちが明るくなる。
 15日(水)は、朝、学生と面談。Table For Twoの活動をしたいという。いろいろな形で助けを必要としている人に役に立つ活動を工夫するようにと励ます。白河さん、森先生と女性活用企業の調査について打ち合わせ。お昼は金尾先生と久しぶりにブレインストーミング。13時半昭和信金の理事長と担当者。地域の企業との共同プロジェクトはいろいろ可能性がありそう。15時前、女性教養講座の講師にお願いした小宮山洋子さんにご挨拶。政界を引退することに決意されたが、NHK時代から存じ上げており、いくつか因縁もあるだけに感慨深い。

16時30分、今年のリーダーズアカデミーの第1回会合。今年は42名とかなり増えたが、学科による差は大きい。今日は熊平美香さんに話していただく。いろいろ含意のある素晴らしいお話だったが、みんなに伝わったかハラハラ。夜は久しぶりで付き合う会に出席。
 16日(木)は、朝、部局長会、打ち合わせ。常勤役員会。その後、教育雑誌デュケレの取材。EQについてはなす。

18時からビジネス研究所のサロンと称してキャリアカレッジについてのブレインストーミング。予定より人数が多かったが、いろいろな意見が出て面白かった。
 17日(金)は、朝、(世田谷区立男女共同参画センター)『らぷらす』について桜井さん。お昼はビジネス学科とミーティング。学生はまだ1年生だけだが、これから教員の補充も含め、いろいろ新しい試みができそう。13時半から『暮らしの手帳』の取材。それから海原純子さん。理事長とボストンの件で再協議。夜、文化研究講座のオペラ『カルメン』。2幕に縮めてもらったがわかりやすく学生も喜んでいた。生まれて初めてオペラにセルビア市長役で出演。もちろん歌もセリフもなし。カーテンコールにも出させていただき、万雷の拍手を浴びる。
 18日(土)はお昼前から大学に行き、日本家政学会の関係者とお昼。それから女性教養講座の池上彰さんにご挨拶。ご無理にお願いしたが、土曜日だが聴衆は2階席までいっぱい。それから同窓会の支部長会議でご挨拶。中座して池上さんを見送ったあと日本家政学会で基調講演。パネルディスカッション。今、日本の社会も生活も変わる中で、家政学の地平は大きく広がっている。そのあと比護先生とウラク青山の懇親会の会場に。
 19日(日)は、午前中同窓会の総会。ロサンゼルスの大湾さんも参加。