6月20日の理事長ブログ [2016年06月19日(日)]

梅雨空が晴れると真夏以上に強い日差しが照り付ける。
 6月13日(月)朝、渡辺さんが正門からの景観修景の提案を持ってきてくださる。まだそこまでする余裕がないが、デザイン次第でずいぶんかわる。そのあと人見楷子名誉理事長とお昼を挟んでお話。MOTの女性活躍委員会は欠席。14時過ぎ大学を出て議員会館に。教育関係の勉強会。行きは時間がなくタクシー、帰りは地下鉄。大学に一旦帰ってから下北沢で会食。私は住んでいるがほとんど行ったことはないお店ばかり。広報関係の専門職大学院を作るという話など聞いて感心。
 6月14日(火)9時30分理事会前打ち合わせ。10時40分大学ミーティング。議題が少なく早く終わったのでプレスセンターの勉強会に出席。英国の問題、日本のマイナス金利など先行きはわからないが、興味深い話で、席を立つことができず、次の文科省の会議は遅れて着く。青山学院の田口さんと水戸さんの報告。皆さん力のはいった報告。そのあと傍聴に来ていた五十嵐さんとお茶をしてから旭化成に。建材問題も落ち着いて、新しい中期計画へ。
 6月15日(水)膝の医者に寄り、その後、料金を払い込みなどの細かい仕事を処理して大学へ。10時40分新学科についてブレーンストーミング。準備室は有能なチームなのでどんどん内容が固まっているが、やはりボストンで学ぶことや具体的にどんな仕事をするか、打ち出したほうがよい。
 ロータリークラブに久しぶりで出席。14時40分惣万さん。21年変わらず福祉の素晴らしい仕事を継続。富山市議会ももめているそうだ。15時ハンズオンの方たち。いろんな人の縁がつながって動き出しそう。
リーダーズアカデミーをのぞいて太子堂。英毅さんは残業・研究で遅い日が続き、私もあまり手伝えず。
 6月16日(木)朝時からIBMの勉強会に久しぶりで出席。遠藤さんの中国の話は期待以上に面白かった。大学に戻って、まず人事面接、そのあとミーティング。13時から理事会。16時まで。17時友田さんが日越大学関係の方とごあいさつ。舛添都知事は辞任。
 6月17日(金)11時平田さんと伊藤さん。新しい本の話。13時から日経新聞「リーダーの本棚」インタビュー。本を読むのは時間を盗んで仕事や家事を怠ける行為という罪悪感がまだぬけない。15時広報、15時30分阿部理事、16時30分女文研運営委員会。
そのあと三軒茶屋で会食。話が弾み楽しい。
 6月18日(土)朝早く家を出て熊谷へ。野中さんは88歳で杖をついているがとても元気で喜んでくださりありがたい。妻沼小学校だけでなく中学校の校長さんたちも。娘さんが昭和女子大の学生だそうだ。暑い中たくさんの方が聞きに来てくださる。終了後野中さんたちと昼食。そのあと熊谷から渋谷。新南口ではタクシーが捕まらず、結局タクシー乗り場まで荷物を抱えて歩く。同窓会幹事会でごあいさつ。帰宅した後少し疲れたのでジムをさぼって夕食の準備。18時みんな来てくれる。
 6月19日(日)は朝皆さんに礼状を書いてから10時30分子育てフェスタでごあいさつ。もう11回になるがBSTも参加しずいぶんにぎやかになった。オープンキャンパスに活気を与えている。鶴岡の佐藤さんが来てくださる。志摩先生のおかげで新しいプロジェクトもスタート。12時英語で茶事。柏木教授も着物、茶道講師の筒井さんが英語で茶道について解説、日本語日本文学科の学生5人が着物姿でサポートとして参加。
ocha03
13時児童虐待防止のオレンジリボンフォーラムでごあいさつ。また茶事に戻る。14時30分過ぎ帰宅。16時30分に家を出て新幹線で大阪へ。