2017年2月27日の理事長ブログ [2017年02月26日(日)]

この1週間は春一番に続いて、春2番、春3番が吹き荒れそのあと寒気が流れ込み冬に戻りまた南風が暖気を運んでくる繰り返しだった。黒い冬のコートがふさわしくない季節が近づいている。大学は授業が終了し、学内にいる教員も少ないため会議や打ち合わせが少なく時間に余裕がある。

 2月20日(月)日経新聞の原稿が掲載され外部の方からは共感したとのメールも来るが大学の人はノーコメント。10時からオーストラリアのクイーンズランド大学とテレビ会議。坂東真理子基金から若手研究者を招聘する案について大変喜んでくださっているのでこちらもうれしい。11時30分からラジオ日本で番組収録。10年ぶり。いったん大学に帰って打ち合わせなどをしてから三井住友海上へ。そのあと少し早めに首相官邸に行き日本ベンチャー大賞の授賞式。女性部門の山口さんは立派な和服。ニューオータニで懇親会だが19時30分過ぎに失礼して広尾でGSWのコアメンバー会議。大企業から1000万、500万円と寄付を集めているのに感心。
 21日(火)は10時40分からミーティング。13時30分アドミション部長の説明。定員を超過しないために厳しい綱渡り。今年定員増をしていない大学は新学科、学部も作らず、改編もしないつもりなのだろうか。14時30分富山県朝日町の町長さん。若くて張り切っておられる。
DSC00237
15時産経新聞、18時過ぎに大学を出て駒場東大内のレストランへ。平尾さん、小島さんなどの送別会。終了後太子堂へ行き少し手伝い。
 22日(水)11時、鈴木雄二さん、ヨーロッパから朝帰国したそうだがとてもお元気。少しずつ理解していただければよい。13時写真撮影。14時古田土さんと段谷さん。15時30分から同友会の人材育成委員会。そのあと西麻布で江口さんや毎日出版の方と会食。
 23日(木)、大学へ行ってから日本工業倶楽部で「歴史文化から見た日本の家族」と題して講演。尾崎さんや島田さんなどそうそうたる方が聞いていらっしゃるが専門外のテーマで楽しく話す。父系主義の中国、韓国と異なり双系主義の日本は財産を娘に社会的地位は息子に伝えたことなど継体天皇から江戸の商人まで礼をあげる。お昼は和食堂で本田さん、増岡さん。そのあと岡崎奨学財団、一度大学にもどり18時から東麻布で会食。
 24日(金)朝、白河さん。お昼から渋谷でジャパンライフシステムズの谷口さん。お年を召しても発想が新鮮で刺激的。15時30分カタリストの塚原さん。早めに公文から太子堂へ。
 25日(土)朝8時過ぎに家を出て大阪へ。タクシーで会場の大阪ガスのハグミュージアム。
13時30分から講演。食育について。雑誌のインタビュアーは「手間暇かけて本物の味を」という主義。ハレの食、ケの食とメリハリを利かせなければならないという私の説と少し違う様子。18時30分に東京駅。そのあと野坂さんと夕食。おしゃべりをたくさん。大学時代に戻ったよう。
 26日(日)1日家にいて原稿を書き、ジムでヨガをし、布団を干し、洗濯をし、買い物をして、料理を作る。夕食にわかな一家。

=============================================
■今週の「MARIKO ON MEDIA」■(「SHOWA ON MEDIA」より)
=============================================
2017/3/1
坂東 眞理子 理事長・総長 「楽しいわが家」3月号 全国信用金庫協会 p9-10(2頁)
====
連載「ホーム・ジャーナル」に「高齢者は七十五歳以上」と題して記事が掲載されました。
=============================================
2017/3/1
坂東 眞理子 理事長・総長 「VERNALISTA」3-4号 株式会社ヴァ―ナル p24-25(2頁)
====
「女性らしい知性を磨きましょう」と題して記事が掲載されました。
=============================================