2020年5月26日理事長ブログ [2020年05月26日(火)]

やっと緊急事態宣言が解除になった。宣言は4月7日だったが、大学も附属校も3月2日から休校で、実質3カ月の休校。これから段階的に活動水準を上げていくのだろうが、少しずつこのCOVID-19の特徴をつかみ、対処を冷静に行わなければならない。強制を伴わない自粛でここまで抑え込みを達成できたというのは、いろんな理由が複合的に影響しているのだろうが、国民の協力が最も大きい。個人的には社会的距離を2メートル以上守り、手洗い、うがいを励行すればかなりの効果があると思っているが、Zoomで話す時もマスク、ジョギングの時もマスクの人も多い。長女一家も異常に警戒心が強い。この週は気温が低く、窓を開け放っていると寒いくらいだが、密閉を避けるため開放。

 5月18日(月)は雨。大学もひっそり。いろはちゃんは9歳のお誕生日。ベルギーのお友達がZoomでお祝いしてくれ、パソコンの画面でローソクを吹き消したらしい。今週でみんなベルギーに戻るので1日1日が貴重で、できるだけ好きなものを食べさせてあげる。
 5月19日(火)9時20分から大学将来構想検討委員会。学際的融合的な学科なのでいろんな可能性がありそうなのだが。続いて大学ミーティング。13時藤島アドミッション部長。オープンキャンパスや説明会ができない中で受験生にどうアピールするか。14時MS&ADの事前の打ち合わせをWebで。15時15分、福岡のラジオ番組のインタビューを電話で。
 5月20日(水)9時30分大学へ。10時からオンライン取締役会。15時30分教育会議(Zoom開催)。なかなか皆さんと会えないからか、いつもより雄弁な方が多い。いろはちゃんの大好物の焼き芋を買う。富山から取り寄せた、ますのすし。
 5月21日(木)9時大学部局長会をZoomで。続いて大学ミーティング。13時常勤役員会。決算など報告軸が多く15時15分までかかる。新聞社の取材、学長に就任した2007年にインタビューを受けた記者の方。トウモロコシをいただいてみんな大喜び。
 5月22日(金)10時植松理事、ボストンやKPIの財政状況。11時雑誌の電話取材。前にも取材された方なので、つい「人生は不条理なんだから・・・」などと本音を言ってしまう。帰りに緑道でみんなと会って買い物。ベルギーになじめるかどうか心配していた子どもたちが今は勇んで帰ろうというのは適応した証拠。22時ごろに羽田へ。空港は閑散としている。直行便は運航していないのでフランクフルト経由でわかな一人で3人の子連れ。
 5月23日(土)兵どもが夢の跡というか、野分のまたの日というか。どう片付けてよいかわからない散らかり方。13時過ぎ大学へ。パーソルホールディングスの水田社長も見えて14時から「コロナ非常時の就活」と題してZoomシンポジウム。

予定の2倍の参加者申し込みでも会場変更はなくて済む。内容も充実してよかった。わかなたちは夕方5時過ぎにはルーベンの自宅についたという。そちらも掃除が大変らしい。
 5月24日(日)晴れたので洗濯や布団干し。英毅さんは北海道の病院に行き、夕食にかぐみたち。

=============================================
■今週の「MARIKO ON MEDIA」■(大学ウェブサイト「ニュース」掲載情報より)
=============================================
2020年5月25日
坂東眞理子 理事長・総長
毎日新聞朝刊 11面
コロナ禍で学生に発信したメッセージについて紹介されました。

2020年5月25日
坂東眞理子 理事長・総長
週刊東洋経済 p66-67(2頁)
グローバルレベルに挑む女子大特集に紹介され、インタビューが掲載されました。

2020年5月21日
坂東眞理子 理事長・総長
RKB毎日放送「林田スマのおかあさんにバンザイ拡大版」
通常回の「拡大版」として放送される番組は、 新型コロナウイルスの影響で大変な状況にある多くのリスナーに向けて、各界でご活躍の方にそれぞれのお母さんのエピソードを伺い、そのことが、生きてゆく知恵や勇気や癒しだったり、リスナーの心の一助にとなればと願い企画されました。坂東理事長・総長もお母さまとの思い出についてお話し、インタビューの最後にはお母さまとの思い出の一曲が流れました。
RKB毎日放送ホームページ(外部リンク)
=============================================