2020年6月29日理事長ブログ [2020年06月29日(月)]

もう2020年も半分が過ぎ、日が長いさかりで7時過ぎても明るい。梅雨ではあるが雨が激しく降った後は暑い日差し。学園はアジサイ、クチナシ、タイサンボク、ヤマボウシの花が咲いている。附属校の生徒児童は分散登校から、一斉登校になるが大学生は前期いっぱいオンライン授業。オンライン授業にも長所はあるが、対面授業のメリットは何か、しっかりアピールしなければ大学の存在意義が問われる。課題提出は教員にとって負担だろうが対面になってもぜひ続けてほしい。東京都の感染者は50人前後を続けているが、重症入院者がどの程度か、亡くなった方の年齢分布はどうかというデータは報道されない。それでも少しずつリアルの会議、訪問者も増えてきた。11月開催予定の100周年記念式典をどうするか。
5月12日に藤井威さんが亡くなられたとのお悔やみ記事。男女共同参画室が誕生した時期にお世話になった素晴らしい方だった。
 6月22日(月) 9時40分人事、11時ダイバーシティ機構の打ち合わせ。13時、14時オンラインで外部会議の事前説明や評議員会。15時30分、100周年記念式典について。16時植松理事。18時30分セルリアンでゴードンさん。下北沢当たりの居酒屋は繁盛しているが、ホテルは閑散としている。
 6月23日(火) 10時40分大学ミーティング。13時30分三菱総研の事前説明、夜はジム。いつものメンバーが参加。
 6月24日(水) 国際学科の素晴らしい紹介記事が日本経済新聞に掲載。2009年にスタートした時より受験者は約2倍、偏差値が10程度上がったのは皆さんの尽力の賜物と改めて感謝。午前中、農林中央金庫の総代会。たくさんの経営委員が退任される。久保利さんや愛媛の阿部さんも。伊藤忠の小林さんや、金融庁長官だった佐藤さんなどが新任。久しぶりで昼食。大学で15時から将来構想と人事計画について検討。
 6月25日(木) 昭和女子大学のオンライン授業についての記事が読売新聞に掲載。3週間ほど前に出したニュースリリースを取り上げていただいてありがたい。午前中はMS&ADの株主総会。参加者は50人程度で、別室に控えていたせいか、私へのご指名の質問はなかった。15時30分広報部と打ち合わせ。16時30分中高部のカナダ留学について。夕食かぐみたち。
昨日は連絡が取れなかったが、マー君が風邪の症状のため学校から呼び出しがあり、PCR検査を受けたらしい。陰性だったので最後の日に登校できてよかった。
 6月26日(金) 午前中打ち合わせ2件。午後は各学科の人事計画について検討。ベルギーの学校はこれで学年の終わり。いろはは仲良しの友人がこれで帰国するというので、大泣きだったらしい。