2014年12月

ビジネス研究授業紹介 [2014年12月22日(月)]

2年次から現代ビジネス研究所に所属するビジネス現場で活躍する方と教員が協働して、双方向型のビジネス研究授業を進めています。
 a
今回はビジネス研究A(経営戦略)で、世界の電機産業の戦略とビジネスモデルの山野研究員(大手電機企業所属)の授業風景を紹介します。
グループに分かれ、学生各人がソニーの社長になった想定で、ビジネス改善策を討論し発表している風景です。
DSCF1049 DSCF1052

Merry Christmas!ボストン中継☆ [2014年12月19日(金)]

本日、朝8時から30分間、テレビ会議システムを使用し、一足早く、ボストン​とのクリスマス挨拶会を実施しました。

参加者は、ボストンで留学延長プログラムに参加している2年生とボストンの先生方,日本にいる1年生,2年生です。

にぎやかで、楽しい有意​義な時を過ごしました♪

写真 (8)

 

English Lounge レポート3☆ [2014年12月17日(水)]

ビジネスデザイン学科1年の小澤です。
English Loungeでは、普段の英語の授業で学んだことを活かし、
留学生と会話することが出来る場所となっています。
前回までのEnglish Loungeでは、
留学生が日本のどのようなところに関心を抱いているのか、
冬休みは日本でどのように過ごすのかなど、
毎回違う話題で楽しく会話をしています。
また、ビジネスデザイン学科1年生は来年留学することが決まっているので、
英語を話すことに慣れる、貴重な機会になっています。
IMG_20141217 (1)

プログレスレポート発行 [2014年12月16日(火)]

グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科のプログレスレポートを発行しました.

これまでの学部の活動をまとめましたので,ぜひご覧下さい!

プログレスレポートVol.1 2014年11月(PDF)

学生OECD閣僚理事会に参加! [2014年12月09日(火)]

ビジネスデザイン学科2年生のリンです。
11月15日・16日に開催された,学生OECD閣僚理事会に参加したことは私にとって、貴重な経験でした。
理事会に参加したことで、坂東学長がおっしゃっていた『国際環境においては、英語ができるかどうかより、英語で相手の言うことを理解し、自分の意見を述べ、ディベートできるかどうかが大切』ということを実感できました。
今回の理事会はすべて英語で行われました。しかし、英語はあくまでもツールです。会議において、一番活発に発表していた人たちは,一番英語ができる人たちではなく、知識や提案の豊富な人たちでした。
私も今回の参加で得たことを生かして、もっと自分の知識を磨き、もっと日本語や英語でいろいろなことについて自分の意見を述べられるようになりたいと考えています。
IMG_4379
IMG_6506
IMG_6571

English Lounge レポート2☆ [2014年12月08日(月)]

ビジネスデザイン学科1年の藤野真理です。前回のEnglish Loungeでは「What’s up?」ということをテーマにフリートークをしました!

留学生の子たちが先日関西に旅行に行ったということで、大阪にあるユニバーサルスタジオや本場のたこ焼きを食べたお話。

またある日本人の生徒はUNIQLOで働いていて、こないだの感謝祭が大変だった事。

そして、ある留学生の疑問であった温泉と銭湯の違いなど、最近あった出来事を通して、お互いの文化について知ることが出来ました!

photo 2

photo 1

 

English Lounge レポート☆ [2014年12月01日(月)]

ビジネスデザイン学科1年生の杉本水空です。

私達は11月5日からEnglish Loungeを始めました。English Lounge とは昭和女子大学に留学しに来ている外国人学生の人に協力してもらい、お昼休みの50分間楽しくおしゃべりをするものです。始めは参加してくれる学部生が少なかったですが、今少しずつ増えてきています。
楽しくおしゃべりできればいい、と始めたものでしたが、英語の得意な人には自分の実力を試す機会に、苦手な人は良い勉強をする機会となっています。文化は違えど楽しかったり、悲しかったことは簡単に共有出来ることを改めて感じました。

English Lounge

2年のグェン・カイ・リンさんが学生OECD閣僚理事会の豪代表として参加 [2014年12月01日(月)]

日本がOECD(経済協力開発機構)に加盟して50周年になります。これを記念してOECD Student Ambassador東京大学チーム主催により、11月15日・16日に:東京大学 本郷キャンパスにおいて学生閣僚理事会が開催されました。http://ymcmutokyo.com/

ビジネスデザイン学科2年のグェン・カイ・リンさんは、OECD加盟国であるオーストラリア代表(の役割)に選ばれてこの会議に参加し、女性の管理職・役員の増加、若年者の就業率の向上について発表しました。リンさんの発表は選ばれて、来年5月にパリで開催される(本当の)OECD閣僚理事会において(音声テープにより)出席閣僚に直接紹介されることになりました。

この会議には、国際機関でキャリアを積むことを目指す国内外の優秀な学生が参加しました。ビジネスデザイン学科は、グローバルに通用する専門性の高い学生を輩出することを目指しており、リンさんのように国際社会で活躍できる学生がこれからも多数出てきてくれることを期待しています(学科長 飛田記)

学生OECD閣僚理事会[写真左がリンさん]