2015年1月

ゲストスピーカー:ユナイテッドアローズ執行役員の山崎万里子さん [2015年01月27日(火)]

先日、「ビジネスと会計」の授業で、ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)執行役員の山崎万里子さんをゲストスピーカーに招き、講義をしていただきました!普段は転職経験者の方のお話を聞く機会が多いのですが、山崎さんは同社一筋で20年も勤務されており、講義の内容はとても新鮮で、ためになるものでした。

 10934619_10153197464723149_300161153_n

講義の内容としては、ビジネス現場で会計、財務の知識がどのように活用されているのかという実務的なお話をしていただきました。自分たちが日々学んでいる知識が、企業に入った後、どう活用されるのか、具体的なイメージが沸きました。また、会計以外のお話も織り交ぜてくれました。例えば、なぜ20年もUAにいるのか?辞めようと思ったことはないのか?どうやってモチベーションを維持するのか?どうすれば成功できるのか?などなど… 

私たちが抱く率直な疑問や気になっていたことが中心でした。

会計、財務面では、同社の出店戦略、海外戦略、商品の買い付け、仕入れなど、幅広い分野で日々自分たちが学んでいる知識が生かされることを教えていただきました。また、これら勉学面以外でも興味深い話がたくさんあり、それらのお話の中で私が特に印象に残っていることが2つあります。

1つ目は、「夢に日付を刻む」こと。夢や目標をいつまでに達成する!と日付設定をしてより具体性を持たせるということです。目標を立てることが大事、だとはいろいろな方から聞きますが、日付をつけるというのは新鮮でしたし、とても簡単なのですぐにでも実践しよう!と思いました。

2つ目は、「“ベスト”ではなく“ベター”を目指す」こと。これは意外でした!何かをやるときはベストを求められていると思っていたし、ベストな道を選択しなければ…と無意識のうちにプレッシャーになっていることってあると思います。でも、「前より少しでもできるようになっていればいいか!」、「前より上手にできれば!と考えることでやる気やモチベーション維持につながるのか!!!」と感銘をうけました!

また、山崎さんは講義後の昼休みまでいてくださったので、一緒にランチを食べながら講義中には聞けなかったこと、同社に限らずアパレル業界のことなどお話をお伺いすることができました!とても貴重な時間をともに過ごさせていただきました!

今回の講義では本当にたくさんのことを学ばせていただきました!!

最後になりますが、講義をしてくださった山崎さん、山崎さんを招いてくださった保田先生!ありがとうございました!!

ビジネスデザイン学科1年 ソロンゴ

 

みずほ証券見学 [2015年01月20日(火)]

ビジネスデザイン学科2年の菊地真生、橋本あやかです。

先日、「現代金融ビジネス入門」という授業の一環でみずほ証券の社内を見学できる機会を設けていただきました。とても貴重な体験をさせていただけて、みずほ証券さんに感謝です!

実際に社内に入ってみると、ロビーの天井も高くて、エレベーターも広くて、なんだか高級なホテルに来たような感覚になってしまいました(笑)。

社内を見学したあとは、株式と債券のトレーディングルームで働く方々からお話を聞いて、普通なら聞けないことを質問してみたり…。案内してくださった方々はとても和やかで親切に質問にも答えてくださったので、私たちもリラックスして話すことができました。

金融系に就職したい学生に限らず、会社の中に入り、働いている方と直接お話しすることで自分の将来をより深く考える機会になったと思います。この授業は朝日生命さんの寄付講座で、普通なら会えないような金融業界の方々にお会いして実際にお話を聞き、質問できる時間が多いので毎回とても有意義な勉強をさせてもらえます。今回のみずほ証券さんでの見学も初めての学外授業で、この貴重な経験を無駄にすることのないように日々の生活や勉強の中でも常に疑問を持つことを大事にしていこうと改めて感じました!

コンピューターのディスプレイには、株価のグラフを表示している画面や、Bloomberg(ブルームバーグ)という世界中に流通する様々な価格情報やニュースを取得できる端末の画面があり、全ての情報を考慮しながら、どの会社にいくら投資するのかを決めていくそうです。

そして意外だった点がありました。

今まで証券会社というと、どうしても男性の社員の方の印象が強かったのですが、女性社員の方が多数ご活躍されていたことに驚きました。

近年グローバル化が進む上で海外のお客様との取引を行う際、語学力というものはとても重要なもので、英語をはじめとする外国語での対応がきちんとできる方であれば、女性でもどんどん活躍できる業界だというお話をしていただき、改めて語学力の大切さを実感しました。

証券会社や株式投資に対してのイメージが今までよりわきやすくなりましたし、改めて語学力というスキルはとても大切だと実感でき、とてもいい経験をさせていただくことができました。

最後に…

今回、大人数での社内見学に協力してくださったみずほ証券さま、本当にありがとうございました!

9379

9378

 

 

ビジネス研究 授業紹介3 [2015年01月15日(木)]

ビジネスデザイン学科では,多様な実務経験を持つ現代ビジネス研究所の研究員と教員による合同の講義「ビジネス研究」が3クラス開講されています.

その中から,本日行われた2つの講義の授業紹介です.

・ビジネス研究B: コーディネーター 藥袋准教授

鈴木研究員による「百貨店におけるサービス・マーケティング」をテーマに授業が行われています.特に,「お店づくり」と「顧客づくり」をキーワードに授業が進められ,各グループごとに発表を行いました.

4

2

・ビジネス研究C:コーディネーター 飛田教授

柳川伸二研究員による国際協力,ODAに関する授業が行われました.

授業では,具体的なケースとして「ベトナムの医療ニーズと日本の協力-ベトナムにおけるSARS制圧事例」をテーマに,双方向の活発な授業が進められました.

1 2

 

(株)資生堂との共創プロジェクトスタート [2015年01月13日(火)]

1月13日(株)資生堂との共創プロジェクトスタート(ビジネスデザイン学科、健康デザイン学科)

今後1年かけて進むプロジェクトの第1回打ち合わせが銀座資生堂で行われ、中心となるビジネスデザイン学科と健康デザイン学科の学生各2名と会社側で活発な質疑が交わされました。

今後両学科を中心に15名程度の学生の参加を得て毎月1回程度の企業との打ち合わせが進むことになります。

DSCF1128 DSCF1129 DSCF1134

ビジネス研究授業紹介2 [2015年01月08日(木)]

ビジネス研究B(経営戦略論),コーディネーター久原特任教授の授業紹介です。
ビジネス研究所渡邊研究員による、メディア産業の経営戦略授業が、「フジテレビ」「LINE」などのケーススタディを双方向で議論する形で進められており、実践的な授業として学生の人気を博しています。
DSCF1108