2015年2月

ラッキー商会と本学科によるコラボアクセサリー企画 [2015年02月25日(水)]

先日、ジュエリー企業のラッキー商会と本学科によるコラボアクセサリー企画の一環で、山梨県にあるラッキー商会の本社および工場を訪問させていただく機会がありました。このような機会を作ってくださった方々に感謝しております。

さて、社内に入るとまず、壁一面にかかったデザイン案、いくつものリングの型に目を奪われ、皆「わぁ、すごい!」の一言。きらびやかなロビーに圧倒されました。

はじめに職人さんから製造工程についてのご説明がありました。リングは型のツリーを作ってから石膏で型をとり、そこに金や銀を流し込んで作られるのですが、そのリングツリーの華やかなこと!まるで金色のクリスマスツリーのようで、そのまま持ち帰ってしまいたいなんて声まで挙がるほどした。

私たちも、アクセサリー製作体験の中でリングツリーの製作も体験してみたわけですが、当然うまくいきません。職人さんが同じ作業をするところも見学しましたが、やはり素早くかつ美しい出来でした。アクセサリーは機械でまとめて作られているイメージを持っていた私にとって、職人さんの手でひとつひとつ丁寧に作られていることは驚きであり、感動でもありました。私達がよく知るジュエリーがどのように作られているのかがわかりました。実際に体験することで、私たちの身につけているものは何人もの人が関わり、時間をかけて作られたものだということを、そして「自分達が物を買えるのは職人さんがいるからこそなんだな~」と心の底から感じました。

次に本題である、コラボアクセサリーとパッケージ、ネーミング決定、さらにはピアスのデザインにも挑戦しました。ネーミングは商品のイメージや客へのインパクトを左右します。またパッケージも見た目の印象として強く残るものです。アクセサリーを身に着ける女性の身になって、企画者として、それぞれが意見を出し合いました。学生側は参加者全員満足度溢れる意見交換の時間となりましたが、挙がった意見も参考にしつつラッキー商会側でプロの商品に仕上げていきます。素敵な商品が生まれること、そして、その成功を願うばかりです。

最後に社長の望月さんから、経営者として、人生のプランニングについてお話をしていただきました。心に残ったのは、「人生有限」ということ。限られた人生の中で「いつか○○する」という曖昧な目標では、いつまでも目標は実現せず、先送りになってしまいます。反対に、いつ目標を実現するか明確にすれば、おのずと行動するようになるものです。目標があるならば、いつ実現するのか具体的にすることが大切であり、それを有言実行すべきだと感じました。人生有限であり、人生有言ということではないでしょうか。自分達の将来を考える良い機会となりました。

最後に、今回このような貴重な体験ができたことを関係者の皆様に重ねてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。今回学んだことを生かし、今後も様々な挑戦をしていこうと思います。まずは2015年のうちに、企画商品が成功しますように!

1年 石黒友梨 杉本水空

IMG_0161IMG_0147IMG_0145

久原ゼミ:家業に入った元雑誌編集者、西川有加子さんとのプロジェクト [2015年02月17日(火)]

久原ゼミのプロジェクト紹介です.

久原ゼミでは、家業【昭和西川株式会社*】に入った元雑誌編集者、西川有加子さんとのプロジェクトが始動し、2015年2月16日キックオフ・ミィーティングが開催されました.

•参加学生は4月から西川さんと共同で、自分のキャリアを見つめ、各々あるいはグループでその思考作業の証を創るプロジェクトに取り組みます。
•その準備作業として、春休み中に自分の強みや好みを見つめ直した上で、働く自分や家族の将来プランのイメージを作ることになります。
•西川さんは雑誌編集者のキャリアから転じ、7年前から家業の経営に携わられています。
•学生の多くが家業を持つ親の長女で、西川さんの経験から学ぶものが多いと考えられます。
*【昭和西川株式会社】約450年前創業の近江商人西川甚五郎商店の系譜をひく寝具製造販売会社

今後,プロジェクトの内容について,随時ブログで更新する予定ですので,どうぞご期待下さい!

昭和西川プロジェクト 昭和西川プロジェクト2