2015年12月

【報告】12月12日 オープンキャンパス♪ [2015年12月15日(火)]

こんにちは。2Dの髙橋美咲です。

先週12日にオープンキャンパスが開催されました。12月という時期、また開設3年目の新しいビジネスデザイン学科ということもあり、来てくださる方があまりいらっしゃらないのかなと少し不安もありました。しかし、結果はその逆。多くの方がビジネスデザイン学科を知り、そしてこの学科に入りたいとおっしゃってくださって素直に嬉しかったです。受験生の皆さまの幸運をお祈りし、来年の春またお会いできることを楽しみにしております。

12151

今回は学科ブースのみのコンパクトなオープンキャンパスでしたが、予想よりもたくさんの方にご来場いただきました!来場された方々とは一人ひとり、じっくりとお話させていただきました。

12152

合間に3年生の頼れる先輩方が手伝いにきてくれました!突然の質問にもきちんと答える姿はさすがです!

【保田ゼミ速報】快挙!GATSBY学生CM大賞、一次予選突破!! [2015年12月08日(火)]

♪一般WEB投票受付中♪

男性化粧品ブランド「ギャツビー」のCMコンテスト「GATSBY 学生CM大賞」(主催:株式会社マンダム)。ビジネスデザイン学科保田隆明ゼミの学生がエントリーし、アメリカ・イギリス・カナダ・モンゴルを加えた11の国・地域の学生と大賞を競っています。

保田ゼミが参加するのはノーカット・編集・加工しない「撮りっぱなしCM部門」。一発勝負の勢いを感じる作品に仕上がっています。通過率4%という一次審査を通ったのも納得!

次はいよいよ一般によるWEB投票です!

大賞受賞作品は地上波テレビで放送、カンヌ広告祭に出展されます。
スゴイ!

みんなで作品を応援しよう!

■保田ゼミ『痛いぐらいが気持ちいい』編
視聴・投票サイトはこちら
http://award.gatsby.jp/10thvote/detail/535/
シェアして友だちにもお知らせください♪

【ユニクロ×昭和女子大学】1000万着のHELPプロジェクト [2015年12月07日(月)]

【ユニクロ×昭和女子大学】1000万着のHELPプロジェクト~昭和女子大学の服を難民に届けよう~
1000万着のHELP

あなたは知っていますか?

世界には、食べるものも着るものもなく苦しんでいる難民が
約6000万人もいることを。

難民たちは、着の身着のまま避難をし、避難当時と同じ服、もしくは何も着られずに、難民キャンプで生活することを余儀なくされています。

こうした難民の方々を一人でも多く救うため、私たちビジネスデザイン学科の学生はファーストリテイリングが主催する、「1000万着のHELP」プロジェクトに協力学生団体として参加することを決めました。

寄付の受付は12/7(月)-12/11(金)までの5日間。

附属校を含めた昭和女子大学学内全域で寄付の呼びかけを行います。
昭ルーム(80年館1Fエレベーターホール前)、1号館、3号館の入り口に回収BOXを設置します。
目標数は、1050着です。

もちろん、それ以上の数の服が皆様の寄付によって集まれば、一枚でも多くの服を難民に届けたい、一人でも多くの人を笑顔にしたいと、強く想う私たちにとっても、大変喜ばしいことです!

皆様のご協力を宜しくお願いします。

※ 洗濯済の衣類をお願いいたします。
※ 小物類は寄付できません。
※ 学内で寄付していただくにあたっては、どこのメーカーの服でも大丈夫です。
文責:プロジェクトリーダー 植田(飴善ゼミ)

【ビジネスデザイン学科教員】記事掲載・メディア出演情報 [2015年12月07日(月)]

11月27日号の週刊朝日「ツーの一見」という映画評コーナーに、米国の経済学者ロバート・ライシュが主演する経済ドキュメンタリー「みんなのための資本論」について当学科の今井先生のインタビュー記事が載っています!みんなのための資本論チラシ画像米国で拡大する格差について分析しているライシュ教授がわかりやすく解説するとともに、労働長官としての自分をも振り返る「サンフランシスコ版白熱教室」といった印象の映画です。

掲載号の情報はこちら
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=17546

映画についてはこちら(インタビュアーのブログ)
http://blog.goo.ne.jp/eigaban/d/20151120

また、12月5日(土)渋谷のユーロスペースで、この映画の15:15の上映後に開催されるトークショーに今井先生が登壇しました。対談相手は、漫画家のしりあがり寿氏。

格差の問題は日本でも懸念されており、これから先50年を生き抜いていく今の若い人々にも決して無縁の課題ではありません。ぜひこの映画を見て、働くとはどういうことか、資本主義の在り方とは、などについて考えてみてはどうでしょうか。

詳細は「みんなのための資本論」facebookページをご覧ください。
https://www.facebook.com/minnashihonron/