2016年3月

ボストン留学に出発します! [2016年03月27日(日)]

 昨年4月に入学した1年生(4月からは2年生)が、本日(3月27日)夜の便でボストンへ向けて出発します。
 この日は午後3時半に、成田空港の第2ターミナルに集合しました。京王観光の担当の方から、航空券と税関申告書を受け取って、出発準備は終了です。チェックインカウンターでの手続きも、午後5時前には全員無事に終了しました。
 ボストンまでのフライトは12時間を超える長旅です。時差は13時間ありますから(ボストンはすでにサマータイム期間です)、ボストンに到着するのは、現地時間で出発日と同じ3月27日の午後6時過ぎになります。その後、空港からボストン校まで移動し、部屋に入って荷物を解く頃は深夜になるでしょう。
 海外旅行に慣れていて、かつ機内で上手に過ごしても、13時間の時差がある旅行の場合、時差ぼけは避けにくいし、きついと思います。ぜひ、体調管理に気をつけて、翌日からの勉強、活動を頑張ってください。
 学生たちは約5か月間、ボストンで生活し、8月13日に帰国予定です。充実した留学生活をおくり、何倍にも成長した姿を見せてくれるのを、世田谷の教職員一同、楽しみにしております。

 以下は、出発直前の学生たちの様子です。
 【ウイングリーダーを集めた打ち合わせ】

チェックインに際しては昭和女子大専用のカウンターが用意されていました。

チェックインに際しては昭和女子大専用のカウンターが用意されていました。

元気で留学生活をおくることを祈っています。

元気で留学生活をおくることを祈っています。

前田ゼミ 新年度はfutacolabとご一緒させて頂きます [2016年03月11日(金)]

3月9日にHORO HOROを販売するための2回目の打ち合わせをしました。

3月9日にHORO HOROを販売するための2回目の打ち合わせをしました。

 前田ゼミでは、新年度からfutacolabの皆さんの協力を得て、ソーシャルビジネスを実践します。
 futacolabは区内のデザイナー集団、パティシエ、福祉作業所の皆さんが協同して立ち上げた地域デザインブランドです。詳しくは、futacolabのサイトをご覧ください。
 手始めに、4月2日の大学入学式に合わせて、futacolabが開発した焼き菓子「HORO HORO」を販売します。以下は、「HORO HORO」のレシピを開発したパティシエの石橋鈴香さん、「HORO HORO」を入れるケースやデザインカードの台紙を制作している区立世田谷福祉作業所の訪問記です。

ソネのお店前で。右がパティシエの石橋さんです。

ソネのお店前で。右がパティシエの石橋さんです。

 こんにちは!ビジネスデザイン学科2年の村上さつきです。新年度から前田ゼミに所属し、副ゼミ長になります。
 前田ゼミでは、地域の皆さんが連携して生まれた焼き菓子、「HORO HORO」を学内で販売することが決定いたしました!そしてその販売にあたり、3月8日に私とゼミ長の鵜飼真帆さんでお菓子のレシピを開発された、Patisserie&Cafe Sonner のオーナー、石橋鈴香さんにお話を伺いました。
 HORO HOROが生まれるまでのお話や、実際に販売する際の宣伝方法のアドバイスもしてくださり、私たちからの質問に親身に答えてくださいました。今回伺ったお話を基に、販売活動を進めていきたいです。もし学内での販売を見かけたら、気軽に立ち寄って頂けたら幸いです!

世田谷福祉作業所で制作しているポストカードです。

世田谷福祉作業所で制作しているポストカードです。

 ゼミ長の鵜飼真帆です。Sonnerを訪問した同じ8日に、昭和女子大のすぐ近くにある区立世田谷福祉作業所を訪問しました。
 「クリエイティブでなければならない。」施設を案内していただいた支援主任の中村幹太さんはお話の途中途中でこの言葉を言っていました。世田谷福祉作業所、通称「せたふく」は、一般企業での就職が困難な方に対して就労の機会を提供している施設です。futacolabでは、焼き菓子を入れる箱や施設の方が描いたポストカードを作っています。他の施設と違うことをするのは、最初こそ紆余曲折があったものの、それなりの物は得られたといいます。見学をしたことによって、世田谷区の新たな一面に触れることができました。

ビジネスデザイン学科プログレスレポートvol.3 完成! [2016年03月09日(水)]

ビジネスデザイン学科のプログレスレポートvol.3が完成いたしました!

講座・ゼミ活動・学生の学外での活躍・プロジェクト活動・留学などなど、
当学科の魅力がギュギュっと沢山つまった内容となっております。

当学科に関心がある受験生の皆さんは必見です♪
下をクリックしてどうぞご覧ください♪

★progress report vo.3

入学準備教育のスクーリングが行われました! [2016年03月03日(木)]

こんにちは!ビジネスデザイン学科2年の石田桃子です。去る2月20日、入学準備教育の一環として二十数名の入学予定者に対するスクーリングが行われました。私たち2年生5名が、そのお手伝いに参加させていただきました。希望に満ちた皆さんの素敵な笑顔、元気な声、若さ…、全てがとても眩しかったです。

スクーリングの内容は先生方による事前課題の講評から始まり、参加者の自己紹介、グループに分かれての簡単なビジネスプランの作成、懇談会と、とても充実したものでした。その中でも皆さんが作成したビジネスプランには、終始驚かされっぱなしでした。テーマは東京オリンピックに向けての新たなビジネスを立ちあげるというものでしたが、つい数時間前に初めて顔を合わせたことが嘘のように皆で意見を出し合い協力していて、皆さんの計り知れないパワーと可能性を大いに感じた瞬間でした。肝心のビジネスプランの内容も、細かいところはともかく、ビジネスという型にはまっていない斬新なアイディアばかりで、終始楽しくプレゼンを聞くことができました。

グループに分かれてビジネスプランを練っています

グループに分かれてビジネスプランを練っています

今井先生からプランのまとめについてのアドバイスです

今井先生からプランのまとめについてのアドバイスです

懇談会に関しては皆でテーブルを囲み、在校生が入学予定者に向けてアドバイスをするというものでした。皆さんはやはり期待もある反面不安も多いようで、単位に関するようなまじめな質問から1限に備えての早起きのコツ等、沢山の質問が飛び交っていました。お茶とお菓子をいただきながら行われた、和やかな懇談会はとても楽しく、あっという間に終了時刻になってしまいました。

ビジネスプランをプレゼン中

ビジネスプランをプレゼン中

これから入学してくるパワーあふれる皆さんと在校生とで協力しつつ、まだまだ歴史の浅いこのビジネスデザイン学科をもっともっと活性化していけたらいいなと改めて感じました。皆さんに4月にまた会えることを楽しみにしています。

最後は先生方、2年生を交えての懇談で盛り上がりました

最後は先生方、2年生を交えての懇談で盛り上がりました