昭和ボストンを訪問しました! [2016年06月15日(水)]

学科ブログ初登場の浅田裕子です。

このたび、昭和ボストンを初めて訪れました。6月に入り、緑溢れるキャンパスで学ぶビジネスデザイン学科2年生の元気な姿をお伝えします。

6月8日(水)、昭和ボストンロゴデザインコンテストが行われました。マーケティングの授業の一環として実施されたもので、全部で10チームが参加しました。各チームは、5分という短い時間の中で、ロゴデザインの提案とそのコンセプト、製品プランなどを堂々と英語でプレゼン。どのチームも明確なメッセージと独創性あふれるデザインを提示しており、審査員の先生方を悩ませる激戦でしたが、審査の結果、Team 3が最優秀賞に選ばれました。おめでとうございます!

優勝チームには、Tシャツやマグカップなどの製品にロゴを使用する権利と製品作成のための資金が与えられます。どんな作品になるのかとても楽しみです。

6月9日(木)にはCommunication Skillsのクラスで行われたフィールドトリップの様子です。Wilson Farmという農園を訪れました。大自然の中でとれた新鮮で香り高いフルーツや野菜に囲まれて、笑顔がはじけます。

このようにボストンの研修では教室での授業以外にも盛りだくさんのアクティビティがあります。4日間という短い滞在でしたが、英語でたくましく議論する2年生の姿を見て、ボストン研修のパワーを実感しました。2年生の皆さん、日本では味わえないボストンならではの様々な機会を存分に活用してください。大きく成長して戻っていらっしゃるのを待っています。

1Wilson Farm 3