2016年7月

プログレスレポート vol.4完成♪ [2016年07月26日(火)]

ビジネスデザイン学科のプログレスレポートvol.4が完成しました。
ゼミプロジェクトを中心に、当学科の活動を掲載しています。
魅力的な内容が盛りだくさんですので、ご覧ください!

ビジネスデザイン学科の学生達の活躍も沢山載っています。
受験生の皆さん、是非読んでみてくださいね♪

内容はこちらをクリックしてください。
⇒プログレスレポート vol.4

[藥袋ゼミ]箱根満喫のフィットネス・プログラムを開発! [2016年07月25日(月)]

女子大生目線で箱根に新しい価値を創出する「はこじょ創造プロジェクト」。藥袋ゼミが「はこねのもり女子大学(はこじょ)」と連携して取 り組む産学地域協働のプロジェクトです。現在は神奈川県箱根町が主催する女性のための体験型イベント『はこじょ森林セラピープロジェクト』を企画中。森の 中で五感を通してこころやからだを リフレッシュさせ“未病”を治すことを目的に旅ウォークランや浜ヨガなどを企画・運営しています。
10 月開催『はこじょマルシェ』では、日本女子体育大学・井筒ゼミの学生たちと一緒に女性向けフィットネス・プログラムを開発します。関係者が集まってキック オフミーティングを行ないました。マーケティングを学んでいる昭和女子大生と運動の楽しさを体感する日本女子体育大生。お互いの強みを生かし 補い合いながら準備を進めていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前田ゼミは事業承継問題にも取り組みます [2016年07月24日(日)]

世田谷区より提示された事業承継課題。

世田谷区より提示された事業承継課題。

課題で設定された「精肉店」の見取り図。

課題で設定された「精肉店」の見取り図。

 こんにちは。教員の前田です。

 前田ゼミはやることが多いのですが、今回ご紹介する課題「事業承継問題をソーシャルに解決する」で、今年度の3年生向けは出尽くします。

 事業承継問題とは、大雑把に言うと、主に個人事業主、中小企業の経営者の方々が、「後継者をどうするのか」「事業を引き継いでくれる人がいるのか」「いない場合、店舗等の資産はどうなるのか」等々の問題のことを言います。実は、いわゆる事業不振による倒産で廃業となる数よりも、事業承継がうまく行かずに廃業に追い込まれる数の方が多いと指摘する向きもあり、近年は、日本の経済活力を維持するための大きな課題と認識されるようになりました。

 実際、国の中小企業白書でも一つの章を割いて記述されていますし、事業引継ぎ支援センターが各都道府県に設置されているほどです。東京都事業引継ぎ支援センターはこちらです。

 当ゼミでは、ソーシャルビジネスをテーマにする学生が、この問題に取り組みます。昨年度より、当ゼミの活動にご協力いただいている世田谷区産業政策部様より、冒頭に掲載した課題を出して頂きました。いわゆるケーススタディですが、設定自体は架空です。ただ、区の関連部署のご協力で、過去のいろいろな事例の中からエッセンスを取り出し、「いかにもありそうな」ケースとなっています。

 ケースはバーチャルですが、場所だけはリアルに、ということで、松陰神社近くの「松陰神社通り松栄会商店街」に、課題の店がある、という設定となりました。ここまでの段取りを、区の産業政策部様に付けていただき、大感謝です。

 さて、課題解決のために、学生たちはまず、7月19日の夜に同商店街振興組合の佐藤勝理事長と北川眞一朗事務長に聞き取り調査をしました。お話をお聞きすると、冒頭掲載の「見取り図」の中にも、考慮すべきポイントが隠れていることが分かりました。学生たちは、単に事業承継を考えるだけでなく、「ソーシャルな」解決策を考えなくてはならない(地域の社会課題を発掘しなくてはならない)ので、二重にハードルが高い作業になります。後期冒頭の中間報告、年末の最終報告が楽しみです。

 以下は、聞き取りに参加した学生の感想です。

 こんにちは! ビジネスデザイン学科前田ゼミ3年の金子友紀です。今回私達は松陰神社通り商店街へ行ってきました。松陰神社が吉田松陰のお墓だということは事前に知っていましたが、今回の訪問で歴史やそこに関する深い話をたくさん知ることができました。また、ソーシャルビジネスを考えるヒントをたくさんいただきました。今回聞いた話を参考にプロジェクトを進めていきたいと思います。

 こんにちは。ビジネスデザイン学科前田ゼミ3年の大地麻未です。私も世田谷区にある松陰神社通り商店街の佐藤さんと北川さんにお話を伺いました。商店街では個人事業主の高齢化が問題となっていることをお聞きしました。また、歴史的に有名な松陰神社があるということから、ツアーで観光客や年齢層の低い方たちも徐々に増えていることなど、とても興味深いお話をお聞きすることができました。これらをもとに、商店街が抱える事業承継問題をソーシャルに解決するビジネスプランをしっかりと考えたいと思います。

「ビジネスのための異文化理解」で外部講師の方をお招きしました [2016年07月21日(木)]

こんにちは、3年の石黒友梨です。

本学科専門科目である「ビジネスのための異文化理解」では、7月12日に日本ロレアル株式会社 副社長チーフマーケティングオフィサー 経営戦略・マーケティング開発本部長 の 向山東文子さんをお迎えし、「日本ロレアルにおける異文化体験」というテーマで講義を行っていただきました。

日本ロレアルは、メイベリンをはじめとする、私たちにも身近なブランドで有名な、世界ナンバーワンの化粧品会社です。向山さんからは、このグローバルな会社であるロレアルで経験したお話と、私たちの今後に向けたアドバイスをいただきました。

授業風景 お話の中で印象に残ったのは、価値観の相違はもちろんですが、日本人にとっての当たり前が海外の人にとってはそうでないこと、時にそれは大変重要で美しいものである、ということです。

ビジネスと異文化の交流は、一見全く違う、あるいは直接関係のないもののように思えます。しかしながら、ロレアル社のように様々なバックグラウンドを持つ人々と働く場合、ビジネスそのもの、すなわち、働き方や働く中での人との関わりにおいても文化の交流があると、向山さんのお話を通して感じました。

グローバル化が進む中で、将来私たちが働く場所は、さらに多くの文化が混ざっていることでしょう。なじみのない文化にビジネスを通して触れ、理解していくことは、難しいと思いますが、向山さんの今回の講義を生かしていくことができればと思います。

 

集合写真

【湯川ゼミ】TBWA‎‎∖HAKUHODO社を訪問 [2016年07月20日(水)]

こんにちは!湯川ゼミ3年の内山桃佳です。

私たち(内山桃佳、黒川真梨子、西田真帆、坂本彩、新井恵美子)は7月14日(木)に、経営者インタビューの目的で、株式会社TBWA‎‎∖HAKUHODOを訪問しました。TBWA‎‎∖HAKUHODOは博報堂と、アメリカの広告代理店で、アップルなどを顧客にもつTBWAワールドワイドのジョイントベンチャーとして2006年に設立された総合広告会社です。

私たちは、同社が今年設立した株式会社 QUANTUMのビジネスに関して、代表取締役社長兼CEOの高松充さん(高松さんはTBWA‎‎∖HAKUHODOの常務執行役員も務められています)にお話しをお伺いしました。

QUANTUMは新規ビジネスを創る会社です。特にハードウエアの分野において、大企業とベンチャーの協業を促す他、大企業と自社の共同開発事業も行っています。ハードウエアの製作を行うため、自身のアイディアを実際にすぐ形にできるように、自社のオフィスには3Dプリンターなど最新の工作器具を備えた工房があります。

いくつものプロジェクトを紹介していただきましたが、インターネット上の情報(天気予報)によって、その姿を変化させるIoTサイネージのプロジェクトでは、テクノロジーに囚われすぎず、人やモノの温かさを重視した開発姿勢に感動しました。高度なテクノロジーを使いながらも、技術的な要素をあえて隠しています。製品のアピールポイントをテクノロジーに特化しすぎない社風がとても素敵です。

たくさんのことを教えていただいたのですが、高松社長が、プロダクトの開発に際し「自分ならこのプロダクトを購入するかどうかを一番に考える」とおっしゃられていたのが印象的でした。また、「車を購入する人は、車を買うのではなく車のある生活を買う。」とおっしゃられていましたが、こうした視点をQUANTUMでは、HCOI(Human-Centered Open Innovation)というコンセプトで表現しています。

今回の企業訪問を通し、強みをあえて隠し、違った見方で物事を考えることの重要性や、イノベーションを起こすための方法についての知識を深めることができました。

日本を代表する広告代理店である博報堂の子会社ということもあり、天井の高いオフィス内は、緑や茶の自然色でまとめられ、クリエイティブな発想を刺激する空間でした。受付から刺激的でした。

受付で高松社長と撮影。「DISRUPTION®」はTBWAがグローバル市場で駆使してきたメソッドです。

受付で高松社長と撮影。「DISRUPTION®」はTBWAがグローバル市場で駆使してきたメソッドです。

 

QUANTUMの皆様、ありがとうございました。

【Girls Dream Factory活動報告】海の家プロジェクト♪ [2016年07月12日(火)]

こんにちは、ビジネスデザイン学科3年の佐伯愛理です。
現在私は、学生団体Girls Dream Factoryの活動として『富山県 海の家プロジェクト』を行っています!

今夏、2016年8月5~7日,12~14日(金∼日)の6日間限定で、昭和女子大生が富山県朝日町ヒスイ海岸で海の家を開催いたします。海の家では、「富山×東京×女子大生」というコンセプトのもと、オリジナルメニューや楽しいワークショップを企画しています。

このプロジェクトは、2016年2月にビジネスデザイン学科の3年生5人が、富山県朝日町にフィールドワークを行ったことから始まりました。東京では味わうことのできない自然豊かで穏やかな生活、朝日町の方々の暖かい人柄に触れ富山に魅了されました。もっと多くの人にこの町を知ってほしいという想いから、今では総勢28名の昭和女子大生がプロジェクトを行っています。浜にたった1件残った海の家を、女子大生パワーで盛り上げます!

また、この海の家プロジェクトの一大企画として、『星空ナイトシアター』を開催します。ヒスイ海岸の満天の星空の下で、大切な人と最高の夏の空間を提供します。現在私たちは、ナイトシアターの費用を集めるため、クラウドファンディングに挑戦しています。是非多くの方に、私たちの想いに共感いただき、ご協力をいただけると幸いです!

クラウドファンディングのURLはこちらからどうぞ↓

https://students.dreamraising.jp/projects/night-theater_jadecoast/

S_4590071653832

Image_4a26a8a

Image_e7abc8d

6月に引き続き、㈱ジーエスフード 商品開発プロジェクトによる第2回紅茶セミナーを開催しました! [2016年07月12日(火)]

先月の6月に開催された紅茶セミナーに引き続き、7月6日に第2回紅茶セミナーが開催されました。

今回は茶葉の種類や特徴などのレクチャーを受け、オリジナルブレンドティー作りをしました!

色、香り、味を想像しながら調合した紅茶は、各チームどのような結果だったでしょうか・・・?

 

★S-LABO

Tea Caddy : https://univ.swu.ac.jp/slabo/projects/2016gsfood-t

茶々 : https://univ.swu.ac.jp/slabo/projects/2016gsfood-ty

パーフェクション : https://univ.swu.ac.jp/slabo/projects/2016gsfood-p

プロジェクトT : https://univ.swu.ac.jp/slabo/projects/2016gsfood-pt

 

簡単な中間発表も行われ、どのようなコンセプトで、誰をターゲットにするのかを、各チームが意識し合うこともできました。

コンセプト発表会まで残り2カ月!素敵な紅茶コンセプトを期待しています!

 

☆株式会社ジーエスフード: 飲料からスパイスまで取り扱う食品メーカーです。

会社HPはこちらから⇒http://www.gsfood.co.jp/

たくさんの茶葉から紅茶作りをしました!

たくさんの茶葉から紅茶作りをしました!

オリジナルブレンドティーの味を堪能中

オリジナルブレンドティーの味を堪能中

 

本学卒業生の久世福商店渋谷ヒカリエ店長 盛田遥さんをお迎えしました [2016年07月08日(金)]

 

盛田さん

盛田さんは中央の登壇者の手前の黒いスーツ姿の方です。ご本人のアップを撮り忘れました。すみません(教員:前田)

こんにちは、ビジネスデザイン学科前田ゼミ3年、岡花菜子です。

 6月30日木曜日のゼミで、本学管理栄養学科の2014年度卒業生である、株式会社サンクゼールの盛田遥さんを迎えました。サンクゼールは、いわゆる「6次産業」の典型例として、農林水産省の調査報告書にも取り上げられています。盛田さんをお迎えするということで、健康デザイン学科の小川睦美先生と研究室所属の4年生4人も出席してくださいました。
 盛田さんは、久世福商店渋谷ヒカリエ店の店長を、入社3年目にして任されています。今回は、なぜサンクゼールへの就職を決めたのか、また、入社を決めてから今までの経験などについてレクを通して伺いました。
 自らで決めたカフェを友達同士で出店したり、ボストンへの短期留学に参加したりと、行動力溢れる大学時代のお話を聞き、私と同じ年の頃なのに、「違い」を感じました。
 入社後は、すぐに久世福商店の幕張新都心の店に配属され、グランスタ内の店舗に異動後、新店として出店する渋谷ヒカリエ店長に抜擢されました。新店ですから、商品仕入れの仕方などは一からやらなければなりません。盛田さんは、仕入れをバイヤーさん任せにせず、自らバイヤー向けの物産展などに足を運び、仕入れる商品を決めるなど、従来は行われていなかった手法を取り入れたそうです。また、エリアマネジャーとの連携の仕方など、会社に提案して変更になった点もあったこともお聞きしました。
 盛田さんのお話を聞いて、私も自分の強みを早く見つけ、行動を起こしていきたいと思いました。
 持ってきていただいた、久世福商店のお豆腐ドーナツはとても美味しかったです!
盛田さんのお話の前に、筆者が6次産業についてプレゼンしました。

盛田さんのお話の前に、筆者が6次産業についてプレゼンしました。

【湯川ゼミ】メンバーズ社を訪問 [2016年07月07日(木)]

こんにちは!湯川ゼミ3年の黒川 真梨子です。

私たち(黒川真梨子、新井恵美子、内山桃佳、坂本彩、西田真帆)は6月30日(木)に、経営者インタビューの目的で、メンバーズ株式会社(東証二部:証券コード2130)を訪問しました。

剣持忠社長自ら、事業内容、活動、新規事業、更には会社設立時から現在に至るまで、書面だけでは決して分からないリアルなビジネスについて説明下さいました。また、社員の皆さんに対する熱い思い、手厚い支援にとても驚きました。社内見学では、社員の皆さんが勉強会やコミュニケーションスペースとして使っている、広くてすてきなラウンジも案内していただきました。

晴海アイランド トリトンスクエア 37階のラウンジで剣持社長と撮影

晴海アイランド トリトンスクエア 37階のラウンジで剣持社長と撮影

社員の方々が生き生きと働いていらっしゃるのを拝見し、いつか私もこのような会社をつくれるような人間になりたいと思いました。
今回の経営者インタビューでも、様々な学びを得ることができとても有意義な時間を頂きました。

学寮研修で蒔いた花が世田谷キャンパスに到着♪ [2016年07月07日(木)]

4月の学寮研修のディベート大会の合間に3年生の皆で蒔いた、ヒマワリやキバナコスモス、フウセンカズラが先日世田谷キャンパスに出荷されたとの連絡が東明学林の佐藤様から届きました!

「いい塩梅に大きくなりましたら、世田谷のどこかに植えられると思います」とのことです。
学生の皆さんは期末試験やインターンシップ選考などの就職活動で忙しくなる時期だと思いますが、気分転換に世田谷キャンパス内を散歩して花を探してみてはどうでしょうか。
咲き始めたキバナコスモス♪

咲き始めたキバナコスモス♪