2017年5月

進化した貿易ゲーム! [2017年05月31日(水)]

 みなさん、こんにちは。
 ビジネスデザイン学科1年のCAを担当している教員の前田です。

今回の貿易ゲームのチーム分けと座席配置表

今回の貿易ゲームのチーム分けと座席配置表

 本日(5月31日)の2限の基礎ゼミは、貿易ゲームでした。当学科が設立以来?取り組んでいる、グループワークの目玉です。今年も昨年に引き続き、高木俊雄准教授に企画から実施までをお願いしましたところ、驚くほど進化した中身となりました。
 左の配置表をご覧になってください。国別の広さ(=チームの人数)、位置が何を表しているかお分かりになりますよね。そうです、まさに世界地図をなぞったようになっています。
 さらに、各国に当初、配布される「資源」は、その国の経済の現状を反映するように工夫されています。複雑化した貿易ゲームに、学生たちがどう対応したかは、以下の360度動画をご覧ください。

【その1】(24分頃にサプライズがあります)

【その2】

【終了後の振り返り】

小野日子さんをお招きして特別講演会を開催します [2017年05月24日(水)]

ビジネスデザイン学科では、ほぼ3年後に迫った東京オリンピックについて、組織委員会の女性報道官が来校して講演を行います。
五輪ボランティアを考えている人、近代オリンピックについて知りたい人はもちろんですが、五輪スポンサーなどのとビジネスモデルに興味がある人にはお勧めの講演会です。

現在、本学学生を対象に参加申込受付中ですが、おかげさまで残席はわずかになりました。

大変貴重な講演会ですので、申込希望の方はぜひお早めにお願いいたします!
(UP SHOWA掲示にて、5月31日(水)まで申込受け付けています)

================================================

◆日時 : 平成29年6月7日(水)、14時50分~16時20分

◆会場 : 8号館6階 オーロラホール

◆演題 : オリンピック広報官が語る!2020年東京オリンピック・パラリンピックで海外に何を売り込むか? -文化、ビジネス、広報外交の観点から-

◆講師 : 小野 日子(おの ひかりこ)氏
(公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会 スポークスパーソン) 

ポスターはこちら

【山田隆ゼミ】高校生ワークショップ [2017年05月21日(日)]

こんにちは、山田隆ゼミの篠島です。
先日、一般社団法人アルバ・エデュ様のボランティアとして、私達ゼミ生は都立杉並高校の2年生の授業の講師の補助をさせていただきました。高校生に教える内容としてはプレゼンテーションのコツ、人前で話す時のポイントでした。私達学生はグループワークに参加し、みんなの前でお手本として自己紹介をしたり簡単なアドバイスをしたりしました。
今までこのような機会が無かったのでみんなとても緊張していましたが、いつも大学で座って講義を聴いている私たちからすると、教える側で生徒を見るのはとても新鮮でした。教えることにより、私達自らが学ぶこともたくさんあり、大変貴重な機会でした。4年前まで私も高校2年生として生活していたので、懐かしさも感じました。
大学に入ってからプレゼンテーションや人前で話す機会が増え、プレゼンテーション能力の大切さを身にしみて感じました。これから就活や社会に出て働く時にもこれらのスキルは必要となります。
今回、ボランティアとして高校生に教える側でしたが、私自身学ぶことはたくさんありました。聴衆の引きつけ方や聴衆を飽きさせないパワーポイントの作り方や話し方など、私にはまだまだ出来ていないことを実感しました。今回のワークショップで学んだことをゼミ活動や日々の学びにフィードバックし、実践していこうと思います。山田隆ゼミではこのようにいろいろな貴重な機会が得られます。機会を活かせるよう、私達も頑張ってチャレンジしていきます!

高校生ワークショップ写真

「ビジネスのための異文化理解」で元電通EYE社長、脇田直枝さんをお招きしました [2017年05月20日(土)]

こんにちは、【浅田ゼミ】ゼミ長の山田 素直乙です。
「ビジネスのための異文化理解」の授業では、5月9日にマーケティングコミュニケーションライター・元電通EYE社長、脇田直枝さんをゲストスピーカーとしてお招きしました。脇田さんは、電通から女性だけの広告会社、㈱電通 EYEを立ち上げ、社長・ 会長・相談役を歴任され、広告業界の第一線で長く活躍された方です。

今回は、「広告が社会を変えたか、社会は広告を変えたか ― 広告とフェミニズム」をテーマに、貴重な広告映像を交えながらご講義いただきました。

私たちのゼミでは、昨日開催されたコロラド大学とのジョイントワークショップに参加し、Gender representations in advertisementsをテーマに発表を行いました(このご報告もお楽しみに!)。今回のご講義は、その準備の一環でもあり、戦後から現在に至る広告の歴史をたどりながら、広告における女性の役割の変遷について理解を深めることができました。

皆さんは、福沢諭吉と広告とのつながりについてご存知でしょうか?福沢諭吉は慶応義塾大学の創設者として有名ですが、時事新報を創刊し、新聞に広告が必要であるということを説いたことで、広告業界に大きく貢献しました。

Yukichi Fukuzawa, a proponent of newspaper advertising

Yukichi Fukuzawa, a proponent of newspaper advertising

今回のお話は私たちゼミ生にとって、大変有意義なものでした。これから広告について考えるときの視野を広げられそうです。脇田さま、貴重なお話しをありがとうございました!

What is a good advertisement?

What is a good advertisement?

【山田隆ゼミ】「東京発!極鮮 物産・逸品見本市」今週開催! [2017年05月15日(月)]

こんにちは。山田隆ゼミ広報部です。
5月18日(木)・19日(金)に新宿で開催される、西武信用金庫様主催の【物産・逸品見本市】に今年もゼミで参加させていただくことになりました!去年は2日間で5万人以上もの来場者を取り込む大きなイベントとなり、新宿西口広場イベントコーナーでは最大規模の物産展となっております。

2007年から続く、今年で11回目となる伝統あるイベントで、「まだまだ知られていない東京の逸品」をテーマに、ここに来れば東京の“おいしい”がいっぺんに味わえてしまう素敵なイベントとなっています。
私たちは、数ある企業の中から自分たちの興味あるものを選び、実際にその企業を訪問して、それぞれ当日に販売するものについての食レポを書きました。
8号館3階のゼミの掲示板にてその詳しい様子が掲示されておりますのでぜひご覧ください。

5月18日(木)・19日(金)に新宿駅西口広場イベントコーナーにて、私たちゼミ生が販売のお手伝いをしている様子を見に来てください。お待ちしております!
物産展①
物産展②

5万円を元手に考えるビジネス [2017年05月12日(金)]

 1年次生向けの通称「基礎ゼミ」は、当学科が近年は特に力を入れ、毎年、中身を充実させている科目です。
 ゴールデンウィーク前の4月26日には、「5万円を元手に考えるビジネス」という課題に取り組みました。5人~6人程度のグループに分かれて、集中的なブレーンストーミングでアイディアを練りました。前の週の基礎ゼミで、ブレストの進め方の基本テクニックを修得していた効果もあり、40分程度という短時間での議論にもかかわらず、驚くほど多彩なアイディアが溢れてきました。
 その一部始終を以下の動画(5分程度)に収めましたので、是非、ご覧下さい。