2017年8月

【日中韓プログラム】参加報告⑧~上海:closing ceremony編~ [2017年08月29日(火)]

2017.8.17

8/17は、上海で生活する最後の日でした。

午前中は班ごとにプレゼンテーションの準備をし、午後からプレゼンテーションと、closing ceremonyがありました。

プレゼンテーションのテーマは5回あった授業の内容に沿ったものを選び、私たちは、「we-media とフェミニズム」という内容でプレゼンテーションを行いました。We-mediaとは、個人がSNSなどのメディアを通じて情報の発信源にも受取手にもなれるシステムのことです。We-mediaの時代における代表的なフェミニズムの活動や、we-mediaの長所、短所などを見解も含めた上で発表したところ、1位をいただくことができました!

個人的に韓国の文化にはなれ親しみがあるのですが、中国は初めてで、慣れないことも多く、初めて気付くようなことも多くありました。授業中や、フリータイムで出かけた時など、同じ班の中国人の友達から様々なことを教わることができたと思います。歴史や文化だけではない、今流行りの俳優であったり、歌であったりポップカルチャーであったりを、夜寝る前にルームメイトの中国人の友達と話すことも楽しみの1つでした。 いろいろな初めてに触れることができた1週間だったと思います。

日中韓プログラム-20170817

【日中韓プログラム】参加報告⑦~上海:楽しかったこと編~ [2017年08月29日(火)]

2017.8.13

8/13は上海外国語大学が主催する全体のone day trip の日でした。

まずバスで豫園に行きました。豫園は明代の皇帝が別荘として使っていたものです。とても暑く、また観光客が多くて豫園を和やかに鑑賞する余裕がなかったのが残念ですが、豫園の周辺一帯がタイムスリップしたかのような街並みを作り出していてとても興奮しました。

実は本当に暑くて自由時間はほとんど冷房のきいた室内にいました。

その後は、上海で有名なお茶屋さんでお昼ご飯を食べ、演奏や歌を聴く時間を持ちました。

夜はナイトクルーズで黄浦江を渡り、上海の夜の景色を一望するという贅沢な1日でした。クルーズ中、中国人の友達から話を聞いたのですが、繁栄した経済区域は浦東地区で、1992年からの国家プロジェクトの大改革により国際的な金融・貿易・経済の中心地になったそうです。そして今のCBD(central business district)に至ると聞きました。その反対側には、浦西地区と言い、フランスやドイツの租界地としての建物がそのままあります。クルーズをして夜景を見ながら、上海の歴史と発展の道のりを感じることができ、この景色は今でも忘れられないです。日中韓プログラム-20170813

 

【日中韓プログラム】参加報告⑥~上海:授業編~ [2017年08月29日(火)]

2017.8.12

2017 Asian Women’s Leadership Programに参加中の4年 金です。

今日は上海での授業風景を紹介します。

上海外国語大学ではテーマと先生がそれぞれ違う5つの授業があり、今日は第一回目でした。テーマは「中国の伝統劇と女性像の変化」。中国の昔ながらの伝統劇と比較的現代寄りの劇を合わせて5つほど紹介していただき、昔から現在まで典型的なイメージとしてある女装像はどう変化してきたか、これから活躍する女性のリーダーシップ像は何かということをレクチャーやディスカッションを交えて3時間の講義を聞きました。

いままで中国の伝統劇について知識が何もなかったのですが、中国の伝統劇の独特なストーリーや、その中での女性の役割や印象の変化を学び、日本の女性像との違いや共通点などをみることもできました。

新しい文化を知ることができて3時間経ったことも感じられないほど面白い授業でした。

日中韓プログラム-20170812

【日中韓プログラム】参加報告⑤~上海:opening ceremony 編~ [2017年08月29日(火)]

2017.8.11

こんにちは! 2017 Women’s Asian Leadership Programに参加中の4年 金です。

韓国の次は、一週間中国の上海に位置する、上海外国語大学で生活し、講義を受けます。

8/11の朝早く、韓国を発ち中国、上海に昼頃着きました。着いた途端熱気がすごくて、上海の熱い歓迎を受けた気がしました。

上海外国語大学までのバスでの移動の中、大学側からお昼ご飯としてサンドイッチと500mlパックのフルーツティーをいただいたのですが、ファミリーマートのものでした。同じグループの中国人の友達に聞いたのですが、中国にはファミリーマートやセブンイレブンやその他のコンビニもありますが、ファミリーマートが一番店舗数が多くて有名らしいです。ちなみにファミリーマートは、中国語で「全家」と言って、「家族みんなで」といった意味だということも聞きました。

さて、上海外国語大学に着いたあと、大学内にある宿舎として使われているホテルに荷物をおき、opening ceremonyが開かれました。代表者や先生方、スタッフの方々の挨拶の後、上海外国語大学について、上海の有名な観光地などの説明がありました。

opening ceremonyが終わった後のご飯は円卓テーブルでとり、食事もとてもおいしかったです!

日中韓プログラム-20170811

【八代ゼミ】パソナ本社訪問 [2017年08月28日(月)]

7月6日に、パソナグループ本社にゼミ生10名で行ってきました。

派遣だけでなく紹介や訓練等、色々なビジネスにかかわっているようです。

人事部の女性のシニアマネージャーの方からレクチャーを受けました。

マンゴジュースと系列会社の障害者の方が作ったケーキもごちそうになりました。

社員の女性比率が6割で、社内にゼロ歳児からの保育所もあり、出産後の職場復帰率が100%という、女性を長期的な戦力として活用する姿勢が印象的でした。

福利厚生が充実しており、英会話教室、ジムやネイルサロンまで本社内にあり、米国のIT企業のように晩御飯はタダで食べ放題。独身や共働きに優しい会社のようでした(3年 植木万葉)。

八代ゼミ-20170829

【湯川ゼミ】ビジネスアイデアコンテストで発表 [2017年08月22日(火)]

教員の湯川です。
7月8日に行われたメンバーズ社が主催する「大学生向けCSVビジネスアイデアコンテスト」で4年生の西田真帆さんが発表しました。

CSV(Creating Shared Value)は一般に「企業が社会と共有する価値」を生み出すことと理解されています。
僕たちのゼミでは、2年間をかけて、それぞれが経営者になったつもりで事業計画書を作成しますが、西田さんはゼミで考えてきた新たなサービスを「テクノロジーを活用した教育機会の提供ビジネスに関してー EdTechコンシェルジュの可能性 ー」というテーマで発表しました。

ファイル_000 (1)

主催者からは「共感性が高い」、「テクノロジーに頼った解決策でない点が納得できる」、「プレゼンテーションは堂々としているだけでなくトーン、マナーも優れていている」といったフィードバックを受けました。

IMG_4215

 

 

 

 

 

 

 

受賞は逃したものの、本人は誇りに思ってよいプレゼンテーションだったと思います。

オープンキャンパスへのご来場ありがとうございました! [2017年08月20日(日)]

 受験生の皆さん、こんにちは!
 昨日(8月19日)と本日(20日)は本学のオープンキャンパスでした。
 グローバルビジネス学部では、ビジネスデザイン学科と来年度新設の会計ファイナンス学科の2学科が一体となって、受験生の皆さんをお迎えしました。
 おかげさまで、学科説明会や体験授業、留学説明会だけでなく、ブースを訪問してくださった受験生、保護者の皆さんの数は、昨年度を大きく上回りました。
 当学部は来年度より、グローバルに活躍するためには必須の英語に加え、経済学、経営戦略、マーケティングなどビジネスの基礎、会計、ファイナンスの知識、スキルもカバーするようになります。ビジネスの世界で活躍したいと考える女性には最適の学部だと思います。ぜひ、多くの受験生の皆さんが、当学部の学科を目指してくださることを期待しています。

ビジネスデザイン学科と会計ファイナンス学科は当学部の車の両輪です。

ビジネスデザイン学科と会計ファイナンス学科は当学部の車の両輪です。


ビジネスデザイン学科の就職率は全国の同種の学科の中でも高水準です。

ビジネスデザイン学科の就職率は全国の同種の学科の中でも高水準です。

【日中韓プログラム】参加報告④~closing ceremony編~ [2017年08月18日(金)]

2017.8.10

4年の金です。

2017 Asian Women’s Leadership Programの韓国での日程も終わりを迎えました。

最終日、closing ceremonyの後、BBQを食べて、プレゼンテーションを行いました。私の班は、教育、経済、旅行の観点からみて3カ国が協力するべきだという見解をまとめ、発表しました。

韓国での講義、プレゼンテーションの準備、発表など全てのスケジュールを通じて、言語というツールを使って自分の意見を主張し、相手の考えを理解することの大切さを肌身に実感しました。論理的思考力を養った上で日本語以外の言語を身につけることで、広い世界を感じ、広い見解と知識を得ることができることを、体験した1週間でした。

BBQもおいしく食べ、プレゼンテーションの景品もいただきました!

日中韓プログラム-20170810

【日中韓プログラム】参加報告③~楽しかったこと編~ [2017年08月18日(金)]

2017.8.6

こんにちは! 2017 Asian Women’s Leadership Programに参加中の4年、金です。

One day field tripでDMZに行ってきました。DMZは、De-Militrized Zoneのことで、韓国と北朝鮮の境界の非武装地域のことを言います。

普段、許可なしに民間人が立ち入ることのできない区域に入り、資料館や実際に使われていた洞窟に入る貴重な経験をしました。まだ終戦を迎えていない事実と、100年も経っていない戦争の爪痕を感じました。

特に、実際に北朝鮮が作ったビル21階分の深さがある第3洞窟に入った経験は忘れられないです。 今、第4洞窟まで見つかっていて、まだ洞窟は存在すると言われています。韓国の歴史と現在を感じ、未来について考える時間を持つことができました。

日中韓プログラム-20170806

【日中韓プログラム】参加報告②~授業編~ [2017年08月17日(木)]

2017.8.7

2017 Asian Women’s Leadership Programに参加中の4年の金です。

今日は韓国での授業について紹介したいと思います! 誠信女子大学では、1週間に3時間の授業を5回行いました。

日本、韓国、中国がどのように経済発展をしてきたか講義を聞き、ディスカッションの時間に他国の学生たちとグループで話し合う機会がありました。

私が一番驚いたことは、大学での休学システムと就職の話題です。例えば、韓国では休学をとることが当たり前のようにされていて、休学費を払うシステムもないそうです。学生は休学中に長期インターンシップをしたり、留学に行ったり、各々が計画をしてやりたいことをすると言っていました。

また、就職活動については、新卒一括採用のない中国や韓国は就職が大変で競争率が激しく、学歴や能力を高い比率でみられると言っていました。

隣国であるからこそ、似ている点もあり、その一方で全く異なる点もある事実を、同じ世代の学生から聞くことでより身近に感じることができた気がします。

また、韓服を着て、韓国式のお茶の入れ方を習う特別講義もありました!

全員で一緒に韓服を着て韓国独特の文化を味わうことができた楽しい経験でした。

日中韓プログラム-20170807