最近の話題①:ミスインターナショナルと討論 [2017年12月06日(水)]

学園祭まっさかりの11月11日、本学を訪れたミス・インターナショナルの各国代表との討論会で、ビジネスデザイン学科の学生たちが話題提供のプレゼンテーションを行ったほか、ファシリテーターやディスカッサントとして参加しました。

第1セッションでは、4年生の藤野真理さん、小原詩歩さんの二人が、フィリピンのダバオのカカオ企業やNGOと組んで、小学生の就学率アップのために続けているソーシャルビジネス「Cacao Angels Project」について発表、これを受け「貧困削減のために私たちができることは何か」について、各国のミスたちが話し合いました。

第2セッションでは、トビタテジャパン留学プログラムから帰国した4年生の和田海月さんが、北欧留学での調査をもとに、「女性のワークライフバランス」について発表、続く討論では、ミス・ジャパンが自分の母が苦労しながら育ててくれたこと、WLBに理解のある企業に就職が決まったこと、これからも女性とキャリアの問題にかかわっていきたいことを英語で話してくれました。これをきっかけにほかのミスたちも自国の状況やミス・ジャパンへの賛辞を語るなど、時間が足りなくなるほどの盛り上がりを見せました。

外見だけでなく内面の美しさを大切にする女性たちと真剣に語りあった経験は、本学科の学生にとって華やかながらも心を打つ思い出の一コマとなったことでしょう。