2018年2月

MOS試験合格おめでとう! [2018年02月27日(火)]

 こんんちは。教員の前田です。
 22日から土曜日も含めて5日間行っていた、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)集中講座は本日(27日)が最終日!つまり受験日です。
 学内受験できますので、直前まで模擬試験を受けておいて、すぐに本番試験に臨むことができます。このメリットを生かし、受験した37人中31人がWordとExcelの両方で合格しました。おめでとう!惜しくも不合格科目があった皆さん、来年度からは、MSオフィスのバージョン2016を対象とした集中講座・受験となります。ぜひ、再挑戦してください。

合格おめでとう!


5日間の集中講座、よく頑張りました。おめでとう!

【チェンマイ大学研修報告】第一弾!! [2018年02月25日(日)]

こんにちは、ビジネスデザイン学科3年 高橋玲、石井美帆、荷田真由です。
私たちは今、研修でタイのチェンマイ大学に来ています。研修は2週間ですが第一週研修では、ビジネスプロジェクトとして、チェンマイ大学の学生と合同で、「おかき」「あられ」を開発、製造販売している現地日系企業Thai Nichi Industries社さまへ新製品企画を提案するという活動に取り組みました!!

毎日授業もありますが、タイの学生と出かけるなど楽しく過ごしています。一週間の様子を紹介します。

Day 1: 2018.2.11(SUN)
夜20時にバンコク経由でチェンマイへ到着。夜ご飯用にセブンイレブンでカップラーメンを購入。一つ15バーツ(50円くらい?)でとても安いです!!

チェンマイ空港に到着

セブンイレブンにてカップラーメン購入

Day 2: 2018.2.12(MON)
授業一日目の午前中はAdam先生とice breakの活動としてリクリエーションを行いました。お昼はビュッフェ形式でタイ料理を食べました。ほとんどの食べ物が辛く、デザートの見た目がとても珍しく日本にはないものばかりでした。午後は、チェンマイの最も聖なる場所として知られる宮殿The Royal Palace of the king of the Thailandへ行きました。金箔で覆われたお寺でチェンマイの歴史を学びました。夜もタイの生徒と一緒にwelcome dinnerでタイの伝統的な踊りを見ながら楽しくご飯を食べました。

お寺にて

ブッフェランチの不思議なデザート

Day 3: 2018.2.13(TUE)
授業二日目の午前中はSamantha先生によるpublic speakingのクラスです。プレゼンテーションの方法について学びました。お昼はランチボックスでパッタイでした。午後はビジネスプロジェクトの一環としてThai Nichi 社を訪問し、おかきの製造過程を見学し、最終プレゼンに必要な情報をCEO早川社長様、そしてマーケティング・営業統括の部長様に質問しました。授業後は、私たちと二人のThai studentsでThe Chiangmai complexというナイトマーケットに行き、ご飯を食べました。頼んだものがとても辛くヒーヒー言っていたらお店の人がチリ抜きで作り直してくれました。タイの人はとてもやさしいです。

Thai Nichi 社製品

Thai Nichi工場見学

ナイトマーケットにて

Day 4: 2018.2.14(WED)
授業三日目はタイ人の先生にInnovationについて学びました。お昼はグリーンカレーでした。授業後は、Thai studentsのPing Pong(くん)のミスターCMUのコンテストを見に行きました。タイのミスミスターコンはMs、Mr、LadyBoyの3部門あるらしいです。そのあとは大学の近くの屋台でカオマンガイ(35バーツ)を食べました。

ミスターコンテストの様子

ミスターコンテストの様子

Day 5: 2018.2.15(THU)
授業四日目は、明日の最終プレゼンのためにグループごとにディスカッションを行いました。毎日英語で会話をするため、みんな英語が上達し積極的に発言もしていました!お昼のランチボックスはカオソーイというチェンマイ伝統の麺でした。授業後は一度宿泊先の近くのレストランでご飯をたべました。お店は観光客ばかりで、値段も一皿100バーツと少し高めでした。夜は私たちの部屋に集まり夜遅くまでプレゼン準備をしました。

Day6: 2018.2.16(FRI)
授業五日目の午前中は、午後のプレゼン発表のために何度も練習を行いました。今日のランチボックスはガパオライスでした。午後はいよいよプレゼン発表で、Thai NichiのCEO早川社長はじめ4名の御来賓がいらっしゃいました。どのグループもユニークな提案でした。優勝したのはグループB(石井、熊久保)で、Sticky rice barの提案でした。授業後は、お疲れ会として、タイバディと韓国料理を食べに行きました。甘辛い韓国だれのフライドチキンや韓国のイチゴミルクのかき氷をみんなでシェアしました。その後、カラオケに行き、他のタイの学生を紹介してくれました。そして、オープンバーに行きタイの学生の日常を体感しました。

プレゼンチームA 高橋チーム

プレゼンチームC 荷田チーム

プレゼンチームB 石井チーム 最優秀賞、おめでとうございます!

Day7: 2018.2.17(Sat)
この日はBeenchang Elephant’s Paradise Resortへ行き、象と触れ合いました。餌をあげたり、乗ったり、体をきれいにしてあげたり泥まみれになりながらも楽しみました。夜は近くのMayaというショッピングセンターへ行き、お土産を買いました。今週は外食が続いていたので、今日はテイクアウトでご飯を買い、部屋でゆっくり食べました。

象さんと・・・

水浴び!!

まだタイに来て一週間ですが、タイの学生が様々なところに連れて行ってくれたため、多くの経験ができました。とても楽しい研修です!

MOS検定集中講座が始まりました [2018年02月22日(木)]

学内のコンピューター教室で受講し、同じ環境で受検することができます。

 皆さん、こんにちは。教員の前田です。
 本日から、当学科独自のプログラムの一つである「MOS検定対策集中講座」が始まりました。当学科では、年に2回実施しています。
 MOSの資格は、コンピューター操作の基本スキルを確認するもので、就職活動の際にエントリーシートにも書くことができる大事なものです。本日から土曜を含む5日間、WordとExcelについてみっちり講座を受け、最終日に検定試験を受けます。
 当学科では、非常勤の後藤涼子先生、横山悠亮先生を講師に、情報メディア課のご協力で、学内で研修し、即、学内で受検できるようになっています。つまり、使い慣れ、研修を受けたPCを使って、そのまま受検ができるため、学生にとってとても有利な環境なのです。
 今回の参加者は1年~3年の約40名。皆さん、全員合格を目指してください!
 

2018年度入学予定者のスクーリングを行いました [2018年02月20日(火)]

解決策を練る入学予定者の皆さん

 皆さん、こんにちは。
 教員の前田です。本日は、2月15日に実施したスクーリングのご報告です。
 毎年この時期に、推薦やAO入試で合格した高校3年生向けに行っています。内容は、大学での勉強の準備として行ってもらっている国語と英語の課題の進捗状況の確認や講評、当学科の学びの特色の一つでもある「グループワーク」の体験、そして在学生による大学生活の紹介と懇談です。この日は、50名弱の入学予定者が集まってくれました。
 グループワークでは、昨年度に続いて「2020年に訪日外国人旅行者数を4000万人にする方策を考えなさい」がテーマです。世界的なコンサルティングファームのマッキンゼー・アンド・カンパニーが公表したレポートが指摘している課題を解決するアイディアを、グループ毎に練ってもらい、発表してもらいました。出てきたアイディアのうち、SNSの活用等はマッキンゼーのレポートでも例示されているものです。昨年度に引き続き、「良い感性」を持った学生が多いようで、頼もしいですね。

2年生4名がボストン留学の様子などを紹介しました。

 グループワークの後は、2年次の学生による大学生活や当学科の特色についてのプレゼンと懇談です。懇談タイムは、入学予定者のグループに一人ずつ3年生か2年生が加わり「よろずQ&A」の時間となりました。
 終了後のアンケートには、「先輩と話ができて、楽しかった」「知らない人とグループワークするのはとても楽しかったです」「同じ学科の友達ができてうれしかったです」「在学生から大学生活について詳しく聞くことができて良かったです」「グループワークでたくさん意見を出し合えてよかった」などと、有意義な時間にできたことが伺える記述が多く、主催する側としてもほっとしました。
 入学予定者の皆さん、4月に元気な姿を見せてください。楽しみにしています。

オープンキャンパスのコーディネーターを引き継ぎます [2018年02月12日(月)]

 皆さん、こんにちは。教員の前田です。
 本学の受験を検討する高校生の皆さんのために、オープンキャンパスを年7回ほど開催しています。毎回、各学科は工夫を凝らしたイベントを行っています。

 当学科では、今年度より学生スタッフの配置等の運営を「オープンキャンパストータルコーディネーター」として、学生に任せています。今年度にコーディネーターとして活躍してくれたのは、写真左上部の現3年生4名(左から小柳かおり、伊藤彩音、高橋映里、磯村佳生留)です。

 彼女たちは、毎回のオープンキャンパスを手伝う学生スタッフを決め、当日の配置、来場者の受付や誘導の指示を一手に引き受けてくれました。多い時では、学科紹介のブース、AO受験相談、学科説明会会場と3か所に現場が分かれますが、全体の進行を見てくれていたのはコーディネーターだけです。企業の現場でいうと、お得意様を招いた展示・商談会や業界の見本市への出展の責任者のようなものです。おかげで、今年度のオープンキャンパスの運営はとてもスムーズに進みました。加えて、運営の改善案をまとめてくれましたので、当学科の教授会で報告させてもらいました。1年間、ご苦労様でした。

 新年度のコーディネーターは、写真左下部の現2年生3名です。左からTEE XINYEE、長愛美、石井綾乃です。是非、先輩の見事な仕事ぶりを参考に、より効率的かつ効果的なオープンキャンパスとしてください。頼りにしております。