2018年6月

ユニバーサルマナー検定3級、2級講習会および検定実施 [2018年06月30日(土)]

ビジネスデザイン学科教員の飴?善です。
ビジネスデザイン学科では、今年度も株式会社ミライロにご協力いただき、6月9日学内にてユニバーサルマナー3級2級の講習会と検定試験を実施しました。
ミライロは、「ユニバーサルマナーとは、高齢者、障がい者、ベビーカー利用者、外国人など、多様な方々を街でみかける現代。私たちにとって”自分とは違う誰かの視点に立ち、行動すること"は、特別な知識ではなく『こころづかい』の一つで、多様な方々に向き合うためのマインドとアクション」と言っています。
この考えと行動はグローバルな視点でビジネスを考える、働く、生活する本学科の学生にとって重要であり、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催国の者ととして身に着けておきたいことでもあります。
学科では2015年度からユニバーサルマナー検定を実施しており、今年で4回目となり年々受講者が増加しています3年生を中心に受講し、3級取得者69名、2級取得者26名となりました。






【飴?善ゼミ】ホテルモリノその3 企画進捗 [2018年06月30日(土)]

皆さん、こんにちは。

飴善ゼミ、ホテルモリノチームです。私たちは6月21日にキッチンスタジオをお借りし、デザートコンペのための試作を行いました。何度も練り直し、考案したデザートをイメージ通り作ることができるのか不安もありましたが、前回のブログでも書きましたが、アドバイザーをしていただいている有野さんにアドバイスいただきながら完成させることができました!

料理できる系女子のように見えるホテルモリノチームのみんなですが、、、、
有野さんには普段料理をないことがバレバレの時間になってしまいました。。^^;

それでもできないなりに全員で協力して試作を作り上げました!
また特にこだわった、デザートのジュリエンヌ(切り方)やテクスチャー(食感)などもしっかりと表現することができました!
皆さんは、これらの写真からこのケーキが何ケーキか、そして、ケーキのデザインを想像できますか?

現地に行って地域、会場、お客さま、とマーケティングし上で、自分たちの考案したデザートを作ったことで、デザートコンペを成功させたいという気持ちが強まりました。また、私たち自身としても何もないところからデザートを考え、それを自分たちで形にするという貴重な体験ができたと思います。どのようなケーキが出来上がったのか、7月末のブログで紹介します!!
デザートコンペは8月に開催されます。

 

きっと、皆様の想像を超えるデザートを食べることができると思います!
お時間ありましたら、私たちの考案したデザートを食べにホテルモリノにいらしてください!

ビジネスデザイン学科1年基礎ゼミ:「有効で効率的な情報の収集とは」 [2018年06月28日(木)]

まずは、ダイエットについて「知っていること」「知りたいこと」を出し合い、その上でチームで調べるべきことを絞って行きます。

 皆さん、こんにちは。
 教員の前田です。少し久しぶりの1年基礎ゼミの情報提供です。
 6月20日と27日は「有効で効率的な情報収集とは」がテーマでした。クラス内のチーム分けも一新し、新しいチームで取り組みました。課題は「チームで情報収集し、おすすめのダイエット法を紹介しよう!」です。とても身近なテーマですが、世の中には玉石混交、様々な情報があふれています。どういう情報を集め、どう整理するかがポイントです。
 ここでは、「情報収集は拡散と収束を繰り返す」というアドバイスをしています。「拡散」で雑多の情報をまずは広げ。「収束」で限られた条件の中で調べ尽くすテーマを決める、という作業です。これを繰り返すことで、ポイントを絞った情報収集になり、発表もインパクトのあるものになります。
 学生たちは20日の講義内だけでなく、講義外の時間帯にチームで集まって作業を続けました。27日の講義でチーム毎に発表し、ベストチームを決定しました。
 学生たちはこの講義を通じて、何を学んだのでしょうか?学生たちが記入した「振り返り」の一部を以下に紹介します。
 「今回学んだ情報の拡散、収束はこのようなプロジェクトの時でも重要だし、就職活動などの自己分析や普段の会話などでも大切なことなのかなと思いました」
 「普段インターネットなどを使って情報収集をしている。今回もインターネットを使ったが、発表に向けて情報の信憑性を重視して調べてみるとなかなか良い情報が見つからなかった。発表は、準備も含めて楽しくできた。役割分担がよく、みんなが動くことができて良かった!」
 「(次回以降は)リーダーでなくてもチームに貢献する意識をより持ってチームでいいものを作り上げていきたい」
 「もう少しほかの人に頼っても良いと分かったので、次回はリーダーをやらないけど、次のチームのリーダーがひとりで抱え込んでいたら手助けできるようにしたい」

今回もTA(3年)がみっちり指導しました。

【山田ゼミ】全員でPwCにてインターン [2018年06月26日(火)]

こんにちは!山田隆ゼミです。
私たちは年間を通じてPwCで経営コンサルティングのインターンシップを行います。これは毎年山田隆ゼミで実施されている研修型のインターンで、基本的には学内でいろいろな勉強をして、課題解決を行います。そして、最後に(12月)PwCの本社で社員の方々に向けて「事業再生」に関わるプレゼンテーションを行います。そのために私たちは現在サブゼミで経営課題を解決するための「フレームワーク」を勉強しています。フレームワークは50個あるのですが、教科書を輪読しながら、これからそのフレームワークを1つ1つ個別の企業にあてはめ、ケーススタディを行います。まずは、10月の発表に向けて夏休み期間中も全員でしっかり勉強しようと思います。

前田ゼミ:IoT実証実験でデータを収集・分析し、改善策を検討します! [2018年06月23日(土)]

 こんにちは!前田ゼミの石原歩です!

温湿度センサーが計測しているデータの一部。どこにいても、インターネット経由でデータの推移を確認できます。


 先日、温湿度センサーと人感センサー付きカメラを8号館3階に取り付けました
 この2つのセンサーで、空間にいる人数、室温、湿度、ほこりや二酸化炭素の濃度などを計測します。実はこういうシステムは、商業施設や学校、オフィスに設置されているケースが増えています。皆さんの身近な例ですと、人が通行すると廊下の電気がついたり、エアコンの風が体温の高い人に向くのには、こういうセンサーが使われています。個人の体調管理にプラスして空調などをセンサーで管理することで快適環境を作ることができるわけですね!それらのデータをインターネット経由で収集したりできるのが、IoTと呼ばれる仕組みです。
 前田ゼミでは3階ラウンジをもっと使いやすく、居心地をよくするためにテーブルの使用状況や時間帯による湿度、CO2濃度などを合わせて統計をとり、条件を変えて適切な空間づくりを目指します。
 私の事前の仮説では、スマホを充電出来るコンセントがある席と、一番奥の席の使用が多いと思っていました。しかし、先程(6月22日夜)データを見たら、大人数の利用が多く一人席よりもテーブルの席が人気がありました。
 実際のデータを見ることによって、授業外でやる必要がある講義の課題やイベントの有無によって使われ方が違っているのが分かりつつありますので、そういう実情に合わせたテーブルの置き方などを考えようと思いました!
 8号館をお使いのみなさん!前田ゼミが夏休み明けにもっと使いやすいラウンジにするので楽しみにしていてくださいね!

前田ゼミ:IoT実証実験始めました! [2018年06月21日(木)]

 みなさん、こんにちは。
 教員の前田です。当学科が入る8号館の3階ラウンジに、左の写真のような機器を設置しました。
 壁に設置してある白いお椀のような機器が温湿度センサー。ポールの上にあるのが人感センサー付きカメラです。内田洋行、キヤノンマーケティングジャパン、デルタ電子の皆さんの全面的なご協力を頂き、IoT(Internet of Things=モノのインターネット)実証実験を開始しました。本日は3社合わせて10人近くの方々においでいただき、設置作業を行いました。ご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。
 実証実験の中身の詳細は、後日投稿させていただきます。まずは、以下の動画で設置の様子などをご覧ください。

オープンキャンパスご来場ありがとうございました [2018年06月19日(火)]

学科ブースでは、学生スタッフが高校生の疑問、質問にお答えします。


 みなさん、こんにちは。
 教員の前田です。今年度もオープンキャンパスの運営を担当しています。よろしくお願い致します。
 さて、去る6月17日(日)に、今年度第2回(第1回は3月実施)のオープンキャンパスを行いました。ご来場頂いた皆様、誠にありがとうございました。当学科のブースや学科説明会、体験授業や学生によるボストン留学体験談には、昨年を上回る方々の来場を頂きました。学科ブースには、教員だけでなく当学科の3年と1年の学生が、高校生の皆さんの疑問、質問にお答えしました。
 教職員一同、当学科を目指す高校生の皆さんと、一人でも多くお話し、当学科の魅力をお伝えしたいと思っています。以下に、夏休み中までの今後の日程を記載しますので、是非、ご来場頂きますようお願い申し上げます。

 第3回:7月22日(日) 体験授業「ビジネスのための異文化理解」(浅田裕子准教授)
 第4回:8月18日(土) 同「サービスとホスピタリティ」(飴善晶子教授)
 第5回:8月19日(日) 同「地球温暖化をビジネスチャンスに!」(小西雅子特命教授)
 ※いずれの日も、学科説明会(13時~)、体験授業(13時半~)、ボストン留学体験談(14時10分~)という予定となっております。

【山田ゼミ】行政学を学びました! [2018年06月17日(日)]

実務経験を踏まえた行政学、とてもわかりやすく、興味深くお話を伺いました!

こんにちは!山田隆ゼミです。

今回、私たちは獨協大学から大谷先生をお招きして、「行政学」について学びました。大谷先生は元々、茨木県庁にお勤めになられていて、そういった実務経験も踏まえて、様々な視点からわが国の行政についてお話頂きました。

私たち女子大生はなかなか行政について学ぶ機会はありません。しかし、生活していくうえで、行政についての理解は大変重要です。
私達が享受している公共サービスは税金を用いて様々なものが提供されています。

一見、とっつきにくい内容も、ご当地「ゆるキャラ」を事例に挙げたり、東京23区それぞれのキャッチフレーズを比較したり、地方創生の取り組みを紹介したり等、いろいろな視点から行政の現状を把握できました。
また、「官僚制」や「稟議制」などについてもわかりやすく解説頂き、「なぜ無難な政策に落ち着くのか」その理由も理解できました。

そして、最後に、必ずこれからは「選挙」に行こうと思いました!
山田隆ゼミではファイナンスだけでなく、いろいろな学問の知見を融合し、多角的な視点が持てるよう、ゼミ活動を行っています。

【藥袋ゼミ】ラ コルベイユとのブランドレゾナンスプロジェクト進行中! [2018年06月15日(金)]

こんにちは。藥袋ゼミの牧田奈緒です。私たちは、4月から井関産業株式会社のラ コルベイユ事業部と共同でプロジェクトを実施しています。ラ コルベイユ事業部は、『ケアしながら世界のどこかの女性たちが幸せになれる』というコンセプトをもとに、シャンプーや柔軟剤などを展開しているブランドです。プロジェクトの目的は、「ラブリー365」という女性用下着洗剤の販売促進とブランド展開を検討し提案することです。これまで、私たちは3.4年合同の3つのグループに分かれてマーケティングと販売促進に必要な知識を学び、競合との商品比較を行いました。また、ゼミでは、毎回それぞれのチームが考える販売促進案をプレゼンテーションし、内容をブラッシュアップしています。私たちの提案が採用され、ドラックストアなどの店頭で実施されることを目指して、日々頑張っています!

6月24日のゼミでは、ドラックストアの株式会社マツモトキヨシからもお客様をお迎えして、グループごとに販促提案の中間プレゼンテーションを行いました。いただいたコメントを踏まえ、数値的な根拠作りをより充実させる必要があると強く感じました。7月に予定されている提案報告会に向けて、今後も継続して頑張っていきます。

【山田ゼミ】女性アナウンサーの川井綾子先生がいらっしゃいました! [2018年06月07日(木)]

川井綾子先生から、話し方のノウハウをたくさん教えていただきました!

 

こんにちは!山田隆ゼミです。

私達はビジネスマナー講座を終えて、今回は、女性アナウンサーの川井綾子先生をお招きして、自己PRや発声の練習を行いました。

川井先生はTOKYO MX NEWS等のキャスターを歴任され、アナウンサー養成学校等でも教鞭を執られています。

 

就活を控えた3年生、真剣に耳を傾けます。

まず、130秒での自己PRを行い、次に11分で自分が自慢できることを発表しました。時間の制約がある中で、いかに聞き手にわかりやすく、かつ、インパクトを残せるかを、話し方のみならず内容の構築の仕方についても秘伝(!?)のノウハウを伝授頂きました。大変ありがたかったのは、1人ずつ丁寧に指導をして下さったことです。厳しいご指導もありましたが、自分の欠点を効果的に指摘して下さるので、その後は話し方が見違えるように改善しました。「やはりプロは違う!」と実感しました。また、毎日、新聞やニュースを見ることの大切さも同時に学びました。

みんなの前で発表することは大変緊張しましたが、1回目よりは2回目の方が、全員確実に話し方が上手くなっていました。これから、就活を控え、自信を持って面接を受けられるようになりました。私たちは、今回学んだ様々な知識やノウハウを、これからの発表や面接の場面で積極的に活かしていきたいと思います。

丁寧なご指導を受け、みんなの前で話す自信をつけることができました!

山田隆ゼミでは、このように、その道のプロフェッショナルをお招きして直接指導して頂くという、貴重な機会がたくさんあります。