【山田隆ゼミ】経営コンサルティング会社でインターシップ [2018年12月17日(月)]

こんにちは!山田隆ゼミ3年の大野です。
私達のゼミでは年間を通じて世界的な経営コンサルティング会社であるPwCでインターンシップを行っています。私たちはまず半年かけて経営分析のフレームワークを50個マスターします。そして、自分が気に入ったフレームワークを使って、実際の企業にあてはめて分析し、それをプレゼンする課題をこなします。そして、最後の課題が、チームに分かれて指定された業界の中から企業を選び、その企業の営業利益を3年で2倍にする経営戦略を提示します。先日、その最終課題のプレゼンを大手町のPwC本社で行いました。選択した会社の経営陣としてPwCの社員の方々が私たちに厳しい質問をしてきます。まさに、経営コンサルティングの仕事を、臨場感をもって体験したような形です。本当に勉強になりました。プレゼン終了後は、PwCの女性社員の方々と座談会を行いました。就活や将来のキャリアのことなど、大変有意義な時間を過ごすことができました。ビジネスの最前線で働く女性の話を聞けるといった貴重な経験ができました。皆さんが私たちのゼミにどのような印象を持っているかわかりませんが、山田隆ゼミは結構「骨太なゼミ」です。