ビジネスデザイン学科1年基礎ゼミ:TAによる初回授業を行いました [2019年05月01日(水)]

 皆さん、こんにちは。
 ティーチングアシスタント(TA)の尾花麻帆です。
 4月17日に1年生のグローバルビジネス基礎演習(通称:基礎ゼミ)の初回授業を行いました。1AのTAは、尾花麻帆、荒川真帆、猪又彩加、小原詩歩(いずれも3年)の4人で、この日の講義は尾花と荒川がメインを担当しました。

1年生による発表の様子

1年生による発表の様子

 今回の授業では「議論すること」と「チームビルディング」に慣れてもらうことを目標にグルーブディスカッションを行いました。クラス内で7つのグループを作り、そのグループで2つのワークを行いました。1つ目のワークはグループ内での自己紹介、2つ目のワークは見た目からはわからない自分自身の意外な一面を見せる「ギャップの王様」という相互理解ゲームです。
 発表が終わるごとに拍手をし、ワークのやり方についての説明をわかりやすくするために、面白い例を提示するなど私たちも授業の進め方に工夫をしました。そのおかげか1年生の会話が途切れることなく続いており、授業アンケートにも「普段話さないようなことを話せて楽しかった」という前向きな感想が多かったので良かったです。授業を通して、1年生の発言することに対する抵抗感が少しでもなくなってくれればよいと思っています。
 今後も1年生がより成長できるように私たちTAがサポートしていきたいです。