2019年7月

【湯川ゼミ】CSVビジネスアイデアコンテスト本選で発表 [2019年07月24日(水)]

湯川ゼミの西原晴奈です。私たち(西原晴奈、峯明穂、本間咲子、馬場明理)はゼミ活動の一環として「第3回大学生CSVビジネスアイデアコンテスト」に参加し、応募数45件から選考を勝ち抜き、7月13日に7大学10チームによって行われた本選で自分たちのビジネスアイディアを発表する機会に恵まれました。

CSV(Creating Shared Value)は「共有価値の創造」と訳され、企業が社会課題等に主体的に取り組み、社会に対して価値を創造することで、経済的な価値がともに創造されることを意味しています。今回のコンテストでは、共創パートナーとして参加されている「キリンホールディングス」「ベネッセコーポレーション」「三井住友カード」「良品計画」の4社に向けたCSVビジネスアイディアを提案することがコンテストの課題です。

私たちは、良品計画様に向けて「廃プラスチック問題」を解決するシステムを提案しました。具体的には、全ての人が無印良品の店舗でプラスチックゴミを「感じ良いモノ」に作り変えることができるようにし、それを販売、購入するECサイトを運営するというものです。私たちは、1ヶ月以上前からコンテストに向けて準備をし、土曜日に半日のワークショップに参加する等、ゼミ以外の時間も費やしました。発表当日の1週間前であっても意見がまとまらずぶつかった時もありましたが、最終的には全員が納得いくものになりました。

当日は、これまで全員が全力で取り組み作り上げたアイデアを、緊張しながらも堂々と発表することができました。全力で取り組んだからこそ、堂々とステージに立つことができたのだと思います。惜しくも賞を取ることはできませんでしたが、メンバー4人全員がこのコンテストを通して多くのことを学び、良い経験になったと感じています。企業の方から講評を頂くことで新たな課題の発見や、他大学の独自性のあるアイデアや、綿密な企業分析、プレゼンスキルからも学ぶことが多くありました。

このコンテストに参加すると決めた当初は、他大学に勝ちたいという「競争」という考え方に固執してしまいがちでした。しかし、最終的には他大学と共にアイデアを作り上げていくという「共創」という考え方にシフトすることができたことが今回の一番の成長であったと思います。私たちは、今回のコンテストをゴールとせず、私たちが考案したビジネスアイデアが抱える問題点とその改善策を考え続け、より良いものとして完成させたいと思っています。

ビジネスデザイン学科1年基礎ゼミ〜問題を提起しよう(準備回)〜 [2019年07月24日(水)]

 みなさんこんにちは。1Bのティーチングアシスタント(TA)の室谷奈那です。7月17日第11回グローバルビジネス基礎演習(以下、基礎ゼミ)の授業を行いました。1BのTAは、田中莉乃、林茉奈、秋元結衣、室谷奈那の4人で講義を行いました。

リーダーズミーティングを行っている模様

 今回の基礎ゼミでは、「問題を提起しよう」というテーマでした。大学のブラスバンド「GIFT」が大学最後に大きなコンテストに参加しようとしますが、本格的な練習が始まり、楽しく行っていたブラスバンドに問題が起こるようになりました。8人の登場人物のそれぞれの問題点から問題となる人物(キーマン)・解決策について考えてもらい、次回の授業でディベート方式で発表してもらいます。

 今回は4月から始まったタクナルの授業の最終エピソードであり、一番難しいテーマであったと思いますが、1年生が今までの授業で身につけた力をフルに活用して取り組んでくれていて成長を感じることができました。今回は初めての討論スタイルのディベートで話し合いますが、決められた時間の中でどれだけ伝えたいことを伝えられるかが今回のカギとなると思います。

私たちのクラスではゴール像を掲げて目指す姿を毎回示しています

【今井ゼミ】Google課題解決プロジェクト [2019年07月23日(火)]

 今井ゼミ3年生は、マイナビ主催「課題解決プロジェクト_season3 」に参加、グーグル合同会社から出題された「AIを活用し、あなたが関心のある社会課題の解決策を提案してください」というテーマに取り組みました。

Team NewYorkerの提案(抜粋)


 マイナビの髙谷朱美さんから3回のレクチャーを受け、個人やチーム単位でさまざまなアイデアを提出したところ、このほどチームNewYorker(吉澤悠香さん、小島葵さん)が上位10チームに入選しました。

 食品の無駄(フードロス)を家庭からなくすため冷蔵庫の役割に目をつけ、AIを活用した食材の管理と活用を提案しています。詳しくはこちら

 このプロジェクトでは、これからMFC学生会員のみなさんに入選作品をご覧いただき、人気投票で「学生が選ぶAI課題解決企画」TOP3を決定するとのこと。
 みなさん、ぜひご覧になってみてください。

 今井ゼミでは、日本や世界の20代が感じている社会課題を英語で発信するサイトPlatteを運営しています。社会の問題に目を向け、多くの人々と共有するには、まず自分の身の回りの出来事を社会の問題と結びつける「視点」を養うことが不可欠です。そのため、今井ゼミではこのような学外のビジネスコンテストの機会を利用して、アイディエーション(発想を形にする)や論理性の強化に挑戦しています。

ビジネスデザイン学科1年基礎ゼミ~情報を分析しよう・発表回~ [2019年07月22日(月)]

優勝チームの発表風景


 みなさんこんにちは。1Aのティーチングアシスタント(TA)の荒川真穂です。7月10日第10回グローバルビジネス基礎演習(以下、基礎ゼミ)の授業を行いました。1AのTAは、猪又彩加、尾花麻帆、小原詩歩、荒川真穂です。

 今回の基礎ゼミでは、前回から続く情報を分析しようというテーマで行われているワークの発表会をしました。発表会のテーマ「新入生におすすめの住む街を提案する」をもとに、前回からチーム活動を繰り返し、いよいよ発表会です。今回のねらいである、「得た情報をどのように分析をするのか」というのがカギとなる発表回でした。多くのチームが、得た情報をただ発表するのではなく、得た情報に対する根拠などからも分析していました。

授業風景


 また、最終回に近づくにつれ、議論をいかに活発にさせるかなど、学生一人一人が考えており、1年生の取り組む姿勢が変わっている様子や、良いプレゼンテーションを心掛けようとする姿などが見受けられます。
さて、基礎ゼミの講義も残すところ、最後のエピソードのみとなりました。タクナルで最も重要なエピソードです。今まで学んだことをフル活用できる機会でもあります。今まで学んだことをフル活用しつつ、新しく学ぶことを今後の学生生活に活かしていってもらいたいなと考えています。

ビジネスデザイン学科1年基礎ゼミ〜情報を分析してみよう〜 [2019年07月09日(火)]

 みなさんこんにちは。ティーチングアシスタント(TA)の上野真由です。7月3日に1年生の第9回グローバルビジネス基礎演習の授業を行いました。1ーCのTAは、阿部ひかる、上野真由、島崎茉子、堀川紗瑛です。

 今回のテーマは「効率的な情報分析について考えよう」でした。友達が一人暮らしをするのにオススメの街をひばりヶ丘、赤羽、朝霞台、新大久保の中から希望する条件、節約したい・自炊のためのスーパーが近くに欲しいなどを考慮して一つ選び、次回パワーポイントでプレゼンテーションを行い予定です。C組では、テキストに表記されている条件の他に、オススメする友達が大学生であること・女性であることなどを考慮して、+αの条件を自分たちで考えてもらうことにしました。

 与えられた条件に加え、想像力を働かせて正解のない答えを導き出すというのは難易度の高いことのように思えますが、一人ひとりがオリジナリティ溢れる考えを出し合い、意見が収束していく工程を見ていると、1年生が成長していることを実感しました。タクナルの授業は残りあと3回となりますが一回一回の授業を一層大切に行い、2年前期に待ち受ける留学やこれからのより専門的な授業に少しでも役立ててもらえたらいいなと考えています。

【飛田ゼミ】「大学生がつくる女性起業家年鑑」出版プロジェクトを開始しました! [2019年07月08日(月)]

皆さん、こんにちは。
飛田ゼミ3年の森田です。私たちのゼミでは現在、現代ビジネス研究所と「大学生がつくる女性起業家年鑑」出版プロジェクトを行なっています。社会で活躍されている女性起業家の方に、その成功の秘訣や魅力など、私たちが知りたいことについてインタビューを行い、出版することを目指しています。

プロジェクトの皮切りとして、今回は六本木にあるNewsPicks社のオフィスに、経済ジャーナリストである岡ゆづはさんにインタビューする機会を頂きました。岡さんがインタビューを行う際に意識しているという相手の魅力を引き出す方法、ジャーナリズムに興味を持ったきっかけ、NewsPicks社の強みなど、丁寧に答えていただきとても貴重な時間を過ごすことができました。これから就活を迎える私たちに、やりたいことを諦めない姿勢だけでなく、方向転換をしてみることも大切だというアドバイスもいただきました。

6月27日 六本木NewsPicks社ミーティングルームにて  プロジェクトメンバーの学生たち(前列中央:岡 ゆづはさん)

 

初めてのインタビューはわたしたちにとってとても刺激的な経験になりました。インタビューでわたしたち自身が岡さんのような素敵な働く女性になりたいと強く感じたことも大きな学びになったと思います。これからインタビューを重ねる中で、相手の良さを引き出すようなインタビューをできるように次に繋げられたらいいと感じました。

 

 

 

 

ビジネスデザイン学科1年基礎ゼミ〜個性を生かそう〜 [2019年07月05日(金)]

 皆さんこんにちは、ティーチングアシスタント(TA)の田中莉乃です。

 6月19日に1年生のグローバルビジネス基礎演習(通称基礎ゼミ)の第8回授業を行いました。

 1B担当は秋元結衣、田中莉乃、林茉奈、室谷奈那(いずれも3年)です。今回の授業で、タクナルの範囲の半分を終えることになります。今までに学んだことを振り返り、相手の良いところこれから期待するところについて、チームごとにディスカッションを行いました。自分自身の良いところを客観的に知る機会はなかなか無いので、今後、強みとして学生生活で活かしてほしいと思います。また、相手の良さを見つけることで自分に足りないものも見えてきたことと思います。残り半分の授業で少しでも補えるように意識してほしいです。

 この度、TAとして関わらせていただく中で、伝え方の面でたくさんの学びがありました。学生のリアルな反応がわかる難しさの中で、毎回試行錯誤しながらメンバーと共に問題点を乗り越えていくことが自分自身の成長に繋がっていると回を重ねるごとに感じています。最後まで、悔いのないように全力を尽くしたいです。