オーフス・ビジネス大学(デンマーク)との合同夏季集中講座、始まりました! [2019年08月02日(金)]

前期も終盤となった7月29日より、昭和女子大学とデンマークにあるビジネス系単科大学Business Academy of Aarhus (BAA) が合同で開設するJoint Summer Programが始まりました。

BAAからは17名の学生と2名の教員が来日、昭和女子大学からはビジネスデザイン学科、国際学科に所属する20名が参加しています。

Peter Schneider先生のBusiness Model Canvas演習

双方の学生たちは6つのグループに分かれて、2週間のビジネスケースに取り組むほか、「住宅金融とマクロ経済比較」「労働市場改革」「気候変動とエネルギー選択」「金融危機と(ジェンダー)ダイバーシティ」「デンマークの年金システム」「持続可能性とビジネス(ESG投資)」などの専門科目を英語で学びます。教鞭をとるのは、BAAの2人の教授と、ビジネスデザイン学科およびテンプル大学ジャパンの教員と本学現代ビジネス研究所の研究員。

このほか、デンマークの女性ビジネスリーダーによるオンライン講演会、旭化成株式会社、東京証券取引所、みずほ証券を訪問するほか、お茶や博物館見学などの日本文化セッションもあり、盛りだくさんの内容です。


今日は、BAAのジェンズ・カルボ教授による「デンマークおよび欧州経済について」のレクチャーと、ピーター・シュナイダー教授による「ビジネス・キャンバス・モデル」の演習が行われました。

昨日まで「英語がわからな~い」「中身がわからない」と困惑していた本学学生たちもご覧の通り(↓)、すっかり仲良くなって話し合いが進んでいます。8月9日のビジネスプラン発表が楽しみです。

グループワークも快調