【BAA-SWU Joint Program】デンマーク大使館を訪問 [2019年08月18日(日)]

オーフス・ビジネス大学との夏季集中プログラムを参加学生がレポートするシリーズ、第7弾は国際学科の塩谷南那さん(2年生)が8月5日に行われたデンマーク大使館訪問について報告します。

~~~~~~~~~~~~~~~

デンマーク大使館でライフサイエンスビジネス講義と

補聴器ビジネス案の中間発表を実施

国際学科2年 塩谷南那

プログラムもあと半分と差し迫った8月5日、私たちは朝から代官山にあるデンマーク大使館を訪れました。まず、デンマーク大使館上席商務官の滝沢ピーター様にお出迎えいただき、会議室へとご案内いただきました。

まず始めに、 “Denmark and Japan – Working together in Life Science” というタイトルで滝沢様にご講義いただきました。デンマークとはどんな国でどんな企業があるのか、また、ライフサイエンスの分野で、日本とデンマークがどのように関わっているのかについて説明していただきました。日本人にも馴染みが深いような世界的に有名な企業の歴史や特徴の説明や日本とは全く異なる税金や貿易の仕組みなどについて、大変丁寧にご教授いただきました。講義が終わると学生からの質問が多くあがり、皆がデンマークと日本のビジネスの連携に強い関心を持っていることがよく分かりました。

次に、今回のサマープログラムのメインでもあるGN Hearing 社に対するビジネス提案の中間発表を行いました。このビジネス提案のプロジェクトでは、補聴器メーカーであるGN Hearnig 社から病院・眼鏡店や補聴器専門店に対するB to Bビジネスを考えるグループと、それら病院・眼鏡店や補聴器専門店などからエンドユーザーの顧客に向けてビジネスを考えるB to Cの3グループに分かれて活動しています。今回の中間報告では、それぞれのグループの代表1人ずつがどんな方向で提案を行うかについて簡単に発表していきました。これまでにプレゼンの準備の時間があまりとれなかったものの、全てのグループで話す内容の基盤が固められており、スライドを使って皆の前で堂々と話す姿はとても印象的でした。代表発表者はデンマークの学生だけではなく中には日本の学生がつとめるグループもあり、デンマークの学生に負けない流暢な英語で堂々と説明していました。

各プレゼンテーションの後には、デンマーク大使館滝沢さまからのアドバイスをいただき、また学生同士で互いに質問をし合い、最終日のプレゼンに向けて良い刺激が受けられました。滝沢さまからのアドバイスは、私たち学生とは違った観点からのご助言で、大変場勉強になりました。今回のデンマーク大使館での中間発表は本番のプレゼンに向けて各グループが外部から得た意見を通して、改善点、新たな方向性を見つけることができました。また、日本の学生にとってはデンマーク大使館に入るという貴重な経験をすることができ、充実した時間を送ることが出来ました。滝沢さま、ありがとうございます!

BAAの学生がプレゼン発表

We visited the Royal Danish Embassy on Monday, August 5. At first, Mr. Peter Takizawa, Senior Commercial Officer from the Embassy gave us a short lecture entitled “Denmark and Japan – Working together in Life Science.” The lecture helped us a lot understand the trade relationship between the two countries in depth. After the presentation, many students raised questions on the topic, which shows a very high interest on the bilateral business relationship between Denmark and Japan.

Next, we had a “interim” presentation for the Joint Business Workshop, which will take place on Friday, August 9.  This workshop has been developed in special collaboration with Danish Embassy and GN Hearing Japan. Today, the group representatives of three groups of B to B and three groups of B to C made a short presentation on their main idea on the case assignment. The challenge give to the students is: How to enhance the business of GN Hearing in the Japanese market by creating more added value to the customers. Our goal of the day was to present rough ideas on their proposal before they finalize the direction for the final presentation. We were able to identify problems that we didn’t understand just by talking with the members of the group, but we were able to find out by getting other people’s opinions and questions. Mr. Takizawa carefully listened to our presentations and gave valuable advice and constructive comments to each of the six presentations. Let me take this opportunity to express our gratitude for offering us this great visit. Takizawa sama, Thank you!!

This visit has been very important to improve the quality of our presentation. We all know that visiting an Embassy and talking to an officer is not an everyday experience. Thanks to this joint summer program, I was able to have many special experiences like this.

大使館前で