2019年11月

【今井ゼミ】テンプル大学との合同シンポ「若者民主主義を語ろう」大成功! [2019年11月28日(木)]

2019年11月28日(木)、テンプル大学UPRIZINE編集部と今井ゼミPalette編集部の合同プロデュースによるシンポジウム「若者民主主義を語ろう」が開催されました。

今井ゼミでは、女子大学生の視点からみた身近な社会課題について英語で発信するウェブサイトPalette を運営していますが、このほど、テンプル大学日本校の学生団体で同じく身近な問題を発信しているUPRIZINE 編集部から、ジェド・モーリス=コンドウさんが今井ゼミにインターンで来てくれたことをきっかけに、両編集部合同で、大学生など若い世代の政治参加について、日米の比較をしながら考えるシンポジウムを企画したものです。企画、広報、資料作成、通訳、進行など運営のすべてを日米の学生が担当しました。

ゲストにグローバルビジネス学部長の八代尚宏先生による若者の政治意識と投票率に関する解説に加え、デンマーク留学中から日本の若い世代の政治参加を促すNo Youth No Japanを立ち上げた能條桃子さん(慶応大学4年)、中立の立場で若者の主権者意識の向上活動を行う学生団体ivoteの副代表・別木萌果さん(東京学芸大学4年)をお迎えしてのパネルディスカッション、その後は参加者たちがグループに分かれて自分たちの意見を交換しあいました。

授業が終わってからの自主的イベントとあって、最初はどのくらいの参加があるか心配でしたが、ゼミ生の必死のプロモーションの成果もあって、TUJと本学の学生合わせて約60人が午後9時まで熱心に語り合いました。

 

英語と日本語を織り交ぜながら、どうして選挙に行く気がしないのか、もっと若い世代の声を届けるにはどうしたらよいか、気に入った政治家を見つけてtwitterをフォローし応援する、身近なことをもっと問題提起する、でも出る杭は打たれちゃうからどうすべき?、など様々なコメントが飛び交いました。

終了後のアンケートでは、97%の人が満足と回答し、「言葉が違う人同士で同じテーマで語り合えてよかった」「I cannot wait for the next one!」「こういう機会がもっとあると良い」などのコメントが寄せられました。

この模様は、いつかPaletteでお届けしたいと思います。ご参加くださったみなさん、どうもありがとうございました!

 

 

【湯川ゼミ】TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2019で発表 [2019年11月15日(金)]

湯川ゼミの峯明穂です。私たち(西原晴奈、峯明穂、本間咲子、馬場明理)は、11月7日から2日間開催された 「TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2019」に参加し、ifLinkを使って考案した私たちのビジネスアイディアに関して、来場者に発表してきました。

ifLinkはIF−THENカード(もし〜なら、〜する)を組み合わせて写真に撮るだけで簡単にIoTを実現できるプラットフォームです。発表の前には、東芝デジタルソリューションズ株式会社様にお越しいただいて2回にわたるワークショップを体験しました。ワークショップではユーザー、シーン、テーマを選び、それに対する困りごと、うれしいことを考え、その困りごとを解決するためにIF−THENカードを活用しました。

例えば、カフェのアルバイト店員が効率的に仕事をするためのアイディアならば、IF(飲み物の残量が少なくなったら)、THEN(アラームで知らせる)というカードを組み合わせます。カードを撮影するとアプリですぐにプログラムが作成できるので、スマートフォンがあれば、誰でも簡単にIoTを実現できます。

ワークショップでは、1つアイディアを考えたら隣の人と交換をして自分とは違った視点からのアイディアを検討します。更にテーマやシーン、ユーザーを決めることで今までは思いつかないようなアイディアも生み出すことができました。IoTの可能性だけでなく、アイディアの生み出し方、発展のさせ方、コンセプトを明確にすることの重要性を学びました。

2回のワークショップだけで、イベントで発表できるようなビジネスアイディアを固めるのは難しかったですが、効率的に進めることで少しステップアップできたのではないかと思います。

「TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2019」では、「カフェ」「旅客機」「保育園」「手荷物検査場」という4つのシーンでのアイディアを発表しました。私達ならではのアイディアを企業の方に説明し、議論することができ、「このアイディアは実現できそう」等、様々な意見をいただけました。イベントで発表することでビジネスアイディアを更にブラッシュアップさせることもでき、様々な視点から考えることの重要性を改めて学びました。

ifLinkを使った私たちのアイディアを発展させ、新しいサービスやビジネスが創出できたら良いなと思います。新しい学びの機会をいただいた東芝デジタルソリューションズ株式会社他、東芝グループの皆様に感謝致します。

【八代ゼミ】パソナグループ本社訪問 [2019年11月11日(月)]

皆さん今日は。八代ゼミ3年生の小川実莉です。八代ゼミでは11月7日に、女性活躍支援で有名なパソナグループ本社にゼミ生8名で行ってきました。

ゼミ生一同、パソナグループ本社内にて

パソナグループは、日本の人材派遣のリーディングカンパニーであり、完全子会社である株式会社パソナを中心に国内・海外合わせて約50社で人材ビジネスに関わる事業を展開しています。グループ全体で、「社会の問題を解決する」という企業理念をもち、人を活かすことを念頭に置き、人材派遣以外にも様々な事業を行っています。

その中でパソナグループは、現在、地方創生事業に力を入れていて、高齢化が進んでいる地方での”人材誘致”のために、カフェやレストラン、体験型エンターテイメントアニメパークの運営を行っています。この他にも、就労が困難な障害者が健常者と共に働ける環境作りや、定年後のシニア層を、正式の「社員」として採用するエルダーシャイン制度を導入するなど、様々な人材の就労サポートを行っています。

また、パソナグループは、以下の表のように、女性活躍度が非常に高いことが特徴として挙げられます。

パソナグループの女性活躍度データ

女性社員の出産後の復職率はなんと100%で、男性社員の育休取得率は30%(上場企業平均2%)と非常に高い水準に到達しています。この背景には、パソナグループでは、復職したママさん社員同士の意見交換会や、パパさん社員間の情報交換の機会を設けたりしているそうです。広報の方もおっしゃっていましたが、パソナグループは従業員をとても大切にしている会社だと感じました。

 

最後に、パソナのオフィスを見学させていただきました。パソナのオフィスには、従業員のためのカフェやトレーニングジム、英会話サロンの他、多くの女性社員のためのネイルサロンなどもありました。社内間のコミュニケーションも充実しており、福利厚生がしっかりしていて、社員さんを大切にする、心遣いが行き届いた会社だと感じました。しかしそれだけではなく、最上階には、牛やポニー、鶏等のいるパソナ大手町牧場があり、都心で生きた動物と、直接、触れ合えるような環境があることに驚かされました。

パソナ大手町牧場の見学

社員の方のお話を聞き、パソナは「社会の問題を解決する」ことを第一に事業を行っていることが伝わりました。リーマンショックが起き、とくに若年の未就職者が溢れてしまった時、パソナは2000人の若年者を一時雇用し、一定の訓練をした後、他社に紹介する等、3年間で15000名もの未就職者の就職をサポートしました。未就職者を一時雇用したところで、とくに利益は生まれませんが、「パソナが支援するしかない」ということで社会のために未就職者の支援へ回ったのです。

この他、障害者雇用にも力を入れており、障害を持つ社員の作ったケーキも販売しており、我々も頂きました。短期的な利益よりも社会のために事業を行い、「社会の問題点を解決する」という企業理念を全うしているというパソナグループに、魅力を感じました。

最後に、社内見学の機会を設けてくださったパソナ人事部のみなさまに感謝を申し上げます。

ビジネスデザイン学科:望秀学寮BBQでビジネスコンテストその2完 [2019年11月09日(土)]

 皆さん、こんにちは。
 自称PR担当教員の前田です。
 今回は、前回に引き続き望秀海浜学寮でのBBQ大会(2019年10月31日)の模様をお伝えします。
 せっかくの機会ですので、単にBBQを作った・食べたに終わらせるだけではもったいないため、ビジネスコンテスト形式にしました。1年と2年食事係を中心に最大10名のチームを4チームずつ編成して、チーム対抗としました。コンテストの条件は以下:
 ・食材のコストは上限2万円で、15人~25人分程度のメニューを考案する。
 ・1人前のメニューと定価を決め、そのメニューの特色をポジショニングマップに表現した資料を作成する。
 ・下ごしらえと調理にかかった人数と時間を記録し、人件費を計算する。
 ・チーム以外の学生、教職員が各チームのBBQを試食して、「そのチームが提示した定価を上限に、いくらなら払うかを投票」「味が一番良かったと思うチームに割り箸の1本を投票」「ポジショニングマップ等を掲載した資料が、一番優秀だと思ったチームに割り箸のもう片方を投票」する。
 ・3種類の投票結果を独自の方法で点数化し、もっとも得点が高いチームを優勝とする。


 (1年のチームの下ごしらえや試食の様子)

 投票の結果、1年はチーム「山中えりか」、2年はチーム「ギリギリ」が優勝しました。
 なお、食材コストと人件費を合計し、各チームが提示した1人前の定価と人数から総売上高を算出してFL比率を計算しました。1年のチームは人件費の算出ができていなかったため、2年の4チームのみ算出しました。しかし、最もFL比率が低いチームでも65%を超えてしまい、残念ながら全チームが「事業継続超危険店」と判定せざるを得ませんでした(笑)。

 今回のBBQ大会実施に際しては、望秀海浜学寮の職員の皆様に全面的に協力していただきました。BBQ台の設置や火おこし等々、手間のかかる作業を本当にありがとうございました。

ビジネスデザイン学科:望秀学寮BBQでビジネスコンテストその1 [2019年11月01日(金)]

 みなさん、こんにちは。
 自称PR担当教員の前田です。
 望秀海浜学寮での当学科の学寮研修は、本日(11月1日)で終了しました。

 期間中、今回の新機軸として「BBQでビジネスコンテスト」(写真左)を実施しましたので、ご紹介します。
 学年別に食事係中心に各4チームを編成し、チーム毎に事前にBBQ店のメニューを決定⇒食材の見積もり依頼⇒見積もり結果の提示⇒学寮到着後に不足分の食材の買い出し、を行います。また、当日までに、店のコンセプトやポジショニング、1人前の価格等を記載したポスター(写真下)を制作しておきます。

 チーム以外の残りの学生が、各チームのBBQを試食し、味やポスターの中身、そのメニューにいくら払うかを投票して、各学年の優勝チームを決めます。結果は次回のブログでお伝えします。