【八代ゼミ】パソナグループ本社訪問 [2019年11月11日(月)]

皆さん今日は。八代ゼミ3年生の小川実莉です。八代ゼミでは11月7日に、女性活躍支援で有名なパソナグループ本社にゼミ生8名で行ってきました。

ゼミ生一同、パソナグループ本社内にて

パソナグループは、日本の人材派遣のリーディングカンパニーであり、完全子会社である株式会社パソナを中心に国内・海外合わせて約50社で人材ビジネスに関わる事業を展開しています。グループ全体で、「社会の問題を解決する」という企業理念をもち、人を活かすことを念頭に置き、人材派遣以外にも様々な事業を行っています。

その中でパソナグループは、現在、地方創生事業に力を入れていて、高齢化が進んでいる地方での”人材誘致”のために、カフェやレストラン、体験型エンターテイメントアニメパークの運営を行っています。この他にも、就労が困難な障害者が健常者と共に働ける環境作りや、定年後のシニア層を、正式の「社員」として採用するエルダーシャイン制度を導入するなど、様々な人材の就労サポートを行っています。

また、パソナグループは、以下の表のように、女性活躍度が非常に高いことが特徴として挙げられます。

パソナグループの女性活躍度データ

女性社員の出産後の復職率はなんと100%で、男性社員の育休取得率は30%(上場企業平均2%)と非常に高い水準に到達しています。この背景には、パソナグループでは、復職したママさん社員同士の意見交換会や、パパさん社員間の情報交換の機会を設けたりしているそうです。広報の方もおっしゃっていましたが、パソナグループは従業員をとても大切にしている会社だと感じました。

 

最後に、パソナのオフィスを見学させていただきました。パソナのオフィスには、従業員のためのカフェやトレーニングジム、英会話サロンの他、多くの女性社員のためのネイルサロンなどもありました。社内間のコミュニケーションも充実しており、福利厚生がしっかりしていて、社員さんを大切にする、心遣いが行き届いた会社だと感じました。しかしそれだけではなく、最上階には、牛やポニー、鶏等のいるパソナ大手町牧場があり、都心で生きた動物と、直接、触れ合えるような環境があることに驚かされました。

パソナ大手町牧場の見学

社員の方のお話を聞き、パソナは「社会の問題を解決する」ことを第一に事業を行っていることが伝わりました。リーマンショックが起き、とくに若年の未就職者が溢れてしまった時、パソナは2000人の若年者を一時雇用し、一定の訓練をした後、他社に紹介する等、3年間で15000名もの未就職者の就職をサポートしました。未就職者を一時雇用したところで、とくに利益は生まれませんが、「パソナが支援するしかない」ということで社会のために未就職者の支援へ回ったのです。

この他、障害者雇用にも力を入れており、障害を持つ社員の作ったケーキも販売しており、我々も頂きました。短期的な利益よりも社会のために事業を行い、「社会の問題点を解決する」という企業理念を全うしているというパソナグループに、魅力を感じました。

最後に、社内見学の機会を設けてくださったパソナ人事部のみなさまに感謝を申し上げます。