2020年4月

新入生のみなさんへ(教員メッセージ⑧:長屋真季子) [2020年04月27日(月)]

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
 長屋真季子です。
 1年生の授業では、「5つの知」の一つである「経済学の理論」を担当します。
 どうぞ宜しくお願いします。

経済学とは?
 私は学科のカリキュラムでは、1年次に「経済学の理論」、2年次以降では、「中級ミクロ経済学」「中級マクロ経済学」「環境経済学」「市場メカニズムと企業行動」という科目を担当しています。
 経済学と聞くと皆さんは何をイメージしますか?「お金の儲け方?」「景気は良くなるの?」、そういったことに応えることが経済学のイメージとしてあるかもしれません。
 しかし、経済学の真の目的は、「希少な財をいかに効率よく、公平にみんなに配分するか」というものになります。社会全体に目を向け、より良い経済社会を築いていきたい、という願いが根底にある学問と言えます。 
 その願いをベースに分析された経済学的な知見は、実社会において、国の政策や企業の経営判断基準として有益なものとなります。
 皆さんが本学科で学ぶ「経済学」の知識は、将来、ビジネス社会で活躍する上でも、教養として役立つ知識も多いと思います。皆さんの社会人基礎力の養成という観点からも、経済理論と実社会の橋渡しとなるような知識の提供をしていきたいと思っています。

4年間のwish list
 最近は在宅時間が長く、SNSに接する時間も増えていると思います。周りの子は何をしているかな?と気になることも多いと思いますが、逆に、自分自身を見つめなおす時間を作り、「大学4年間のwish list」を作ってみてはいかがでしょうか?
 4年間の大学生活は長いようで短い時間です。この時間は、自分の意思で自分の為だけに自由に使うことができる貴重な時間です。4年後、自分はどんなステキなお姉さんになりたいかなぁ、ということを想像して、ぜひ、ワクワク、ドキドキするようなwishをたくさん見つけて欲しいと思います。
 そして、私たち教員は、そのwishを叶える応援団として、全力でサポートしていきたいと思っています。これから4年間、どうぞ宜しくお願い致します。

新入生のみなさんへ(教員メッセージ⑦:浅田裕子) [2020年04月25日(土)]

Welcome to the Department of Business Design!
新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

ビジネスデザイン学科でみなさんの英語科目を担当しております浅田裕子(あさだゆうこ)です。今日は、私からみなさまへのご挨拶の言葉を贈ります。

グローバルビジネスに携わる ― はじめの一歩

みなさんはグローバルビジネスシーンで働く女性にどういうイメージをもっていますか?ドラマでよく目にするような、ビジネスクラスで海外出張、部下を引き連れ、大きなテーブルに社員が集まる会議で自分の企画を流れるような英語でプレゼン・・そして幹部からの喝采・・・こんなところでしょうか?

「グローバルビジネスに携わる」ビジネスパーソンはみな、自分が働いている国の中に担当する市場がない、もしくは自分の担当する市場はここにあるが、それを統括する部署や本社は自分の国にはない、というような状況に置かれます。それだけで自分の立ち位置は、3次元の広がりをみせていきます。あなたの上司は海の向こうの幹部であり、と同時に隣の机の直属上司であり、そして、海外のチームも販売店のバイヤーも顧客もすべて、あなたが動かすビジネスに関わってくるのです。そして、あなたはこのようなビジネスの上で利害関係を持つ人たち(stakeholdersといいます)の意向を尊重しなければなりません。それに加え、あなたが直面するチャレンジは自国市場の中だけではありません。同じ会社でありながら、他国の同僚たちと競争関係におかれることもあります。このようにグローバルビジネスでは360度の視野をもって日々立ち向っていくことが要求されます。

ビジネスデザイン学科では・・

この学科には、そんなグローバルな活躍を目指すあなたがはじめの一歩を踏み出すためのさまざまな講義・演習・プロジェクト活動が揃っています。1年次からの英語の授業では日本語禁止、オンライン授業であっても英語で発言する練習を始めます。英語のクラスは習熟度別になっており、みなさんが「英語でビジネス」を勉強する英語力を高めるために、常勤・非常勤教員あわせて総勢14名の英語教員がサポートします。10年後、地球を舞台に働くあなたにとって、最初の修練になることでしょう。2年次のボストン留学後は、海外の協定校への認定留学、もしくは東京に戻ってテンプル大学ジャパンキャンパスで学ぶ道も開かれています。多国籍の学生たちと一緒に、英語で国際経済について議論し、グローバルマーケティングのプロジェクトに飛び込むことも可能です。また、タイのチェンマイ大学やデンマークのBusiness Academy Aarhusなど海外の大学のビジネス専攻の学生たちとの交流や短期研修プログラムもあります。

デンマークビジネスアカデミーオーフス研修プログラム

チェンマイ大学短期研修

About me…

私は大学卒業後、海外で仕事をしたいと思い、パリの経営大学院 H.E.C. Parisでマーケティングを専攻し、修士号を取得しました。その後15年ほど、パリ、シカゴ、そして日本で、主に化粧品やファッションのマーケティング・ブランドマネジメントに携わりました。そのような多言語環境で仕事をするうちに、人間言語に共通する普遍特性やその仕組みに興味を持つようになり、教育・研究の道に入る決心をし、言語学者になりました。この経験を活かして、ビジネスデザイン学科では3-4年生対象のAdvanced Business English, Intercultural Understanding for Businessも担当しています。自分が手掛けた化粧品の商品開発やマーケティングの実務が日々どのように行われるか、フランス人とアメリカ人の意思決定の仕方はどう違うか、その背後にある文化特性は何か、なぜフランス人はあんなにディベートが好きなのか、などなど、ビジネスの実務や異文化理解について英語で学ぶ授業です。

以前手掛けた化粧品・フレグランス ― 開発ストーリーを英語で授業します

Tracking the global outbreak of COVID-19

世界的情勢が不透明な中、不安に思う方も多いと思いますが、これからはますます自分自身の力で、世界で何がおきているかを理解していく力が問われます。そんなみなさんにお奨めしたいのがイギリスBBCの「英語学習」サイトです。
https://www.bbc.co.uk/learningenglish/
日々更新される世界のニュースヘッドラインを閲覧しながら、基礎的な英語語彙を身につけるのに最適です。ぜひ、自分の語い学習ノートとともに記事を視聴してみましょう。

昨日からオンラインが始まりました。PC環境などの準備に時間がかかっている人も多いでしょうが、焦らず取り組んでいきましょう。ビジネスデザイン学科の個性あふれる教員たちが、360度に広がっていくみなさんのライフステージのはじめの一歩を応援しています!

ビジネスデザイン学科も新入生とオンラインミーティングに挑戦します! [2020年04月20日(月)]

 皆さん、こんにちは。
 自称PR担当教員の前田です。

 当学科でも、4/24の講義開始(当初はオンライン等で対面授業はなし)に向けて、教職員一同、準備を進めています。
 新入生向けには、オンラインによる学科ガイダンスをzoomを使って実施します。100人以上の学生と教員、そしてTAも加わり、新入生が大学生活にスムーズに入っていけるよう、全力でサポートします。

 新入生の皆さん!22日(水)10:40〜からです。UPSHOWAに流れたメッセージを確認して、全員もれなく参加してください!

 以下のビデオは昨年の1年前期基礎ゼミの様子です。

【前田ゼミ】コロナに負けない!① オンラインで絶賛活動中 [2020年04月19日(日)]

 こんにちは、自称PR担当教員の前田です。
 今回は当ゼミの新3年生(井上希菜、大谷美結、江湖咲季、菅安佳里、鈴木裕蘭、長嶋梨奈、舟山涼香、古林真依、堀部里奈、八代真央)の活動をご紹介します。当ゼミは、ゼミ所属決定直後の2月から活動を続けていますが、新型コロナウィルスの感染が拡大し始めてからは、全面的にオンライン(zoomやGoogle Document等のファイル共有)に移行しました。ゼミ長の菅がご報告します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

共有ドライブを利用してファイルを共有し、zoomでミーティングする際は、全員が同じファイルを開き、書き込みながらブレストもしました。


 皆さん、こんにちは。前田ゼミ6期ゼミ長の菅安佳里です。

 現在、私たち前田ゼミの6期生(2020年4月現在の3年生)は、ビジネスデザイン学科オリジナルページ学科ブログのサイトリニューアル作業をゼミ活動として行っています。

 COVID-19流行の影響下ですが、こんな時だからこそ、6期全員で力を合わせて、オンラインベースで作業を進めています!

 2月中旬から、商品開発を行う際の常識的な手順を踏んで進行中の作業は、コンセプト決定のためのインタビュー調査、現状のサイトの問題点の整理から始まり、4回のzoomミーティングを経て、現在、メインコンセプトはほぼ決定し、ターゲットへのインタビュー調査結果をもとにサイトに実装する機能や項目を決定する段階まで進んでいます。

ガントチャートも共有ドライブ内で共有し、スケジュール管理をします。

 ミーティングでは主に、メンバー同士の意見を共有したり、重要事項を決定するための議論を行います。例として、コンセプトを決定するためのミーティングでは、最初に事前にチームごとに行った作業成果を共有し、その後、全チームの作業成果をボトムアップしたものを参考にコンセプトについて話し合いました。

 気心知れた友人同士でも、不慣れなオンラインミーティングでは意見を出しづらい雰囲気があります。また、ファシリテーターとしては各メンバーの細かな様子が把握できないところが難しいと感じました。予想だにしていない状況下での作業ですが、これからも工夫を凝らして、前向きに進行していきたいです。

 リニューアルサイトは、今年8月1日のカットオーバーを目指しており、今ご覧頂いているこのブログも生まれ変わる予定なので楽しみにしていて下さいね。

新入生のみなさんへ(教員メッセージ⑥:矢澤オーリヤ) [2020年04月18日(土)]

Dear students,

I am Olya Yazawa, I teach English at SWU and I am delighted to welcome and congratulate you on this Business department blog webpage.

Considering current situation in the world and Japan with the outbreak of COVID-19, we are all well aware, that it is a tricky balance, maintaining sanity, personal relationships, and high educational activity in these precarious times. Thus, do not worry, relax, and know we’ve got your back! Look at it as not an obstacle for your new university life, but a possibility to finally become tech savvy and learn new gadgets. We are all learning them with you too!

Remember that books are a great help. Read daily! Those who study online right now must be extra-vigilant and extra-prepared to defend the continued importance of daily routines in their education, even when their long-planned objectives are melting away faster than the polar ice caps. Buy your textbooks, make a new plan, set daily goals and follow them!

I know that learning English online, and not just the Basic English, but all of a sudden, Business English may seem intensely complex and undeniably daunting. Do not fret, students, there is help for this! Prof. Yuko Asada sensei and I have prepared comprehensive manual for you to refer to in the first weeks of online study. Watch it once, twice, as many times as you need. And remember, you can always contact us with a question online, it is even easier than in person.

Believe me, I only wish I had such great online resources as you have right now when I was in your shoes. Yes, you’ve read the sentence right, I too had to learn English as a foreign language when I was a freshman in my university. When I was a student all we had were boring lectures, little practice and no personal computer. Yes, I am that old.

I remember very well the day when the department I was studying at got a computer room where anyone could access the Internet and connect with the world. That was amazing! It felt unreal to be able to talk to people from far away in real time and use my English skills in practice. The Internet put me in a position where I had to show my skills, produce words, sentences, communicate; and not just passively listen and do boring drills. I had FUN with English! And I want you to have fun with it too!

Now we have the Internet, PCs, smartphones, cool apps and wonderful authentic textbooks to rely on. The world is in our hands! Let us learn English and help each other in these difficult times by staying dedicated, involved and positive.

Looking forward to interacting with you virtually and seeing in person in the nearest future!

Sincerely,

Olya

新入生のみなさんへ(教員からのメッセージ⑤:三浦紗綾子) [2020年04月16日(木)]

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
1年生のCA(クラス・アドバイザー)、1C担当の三浦紗綾子(みうら さやこ)です。

まずは、お礼を

皆さん!学科からの呼びかけに応えて、メールを出したりTOEICを受験したりしてくれてありがとうございました。
直接お目にかかってご説明できないので、私たち教員はもどかしい気持ちでいますが、皆さんがしっかり応えて下さったので、頼もしく、うれしく思います。どうもありがとうございます。
引き続きUPSHOWAとSWU Mailをこまめにのぞいてくださいね。

いよいよ来週、やります

いよいよ来週、(1)Zoom体験会と(2)UPSHOWA課題練習を行います。
これからオンライン授業が始まります。どの科目でも、UPSHOWAでの課題の確認・提出や、Zoom会議への参加が必要となる場面が多いです。皆さんとCA(武川先生薬袋先生、私・三浦)が進める「グローバルビジネス基礎演習I」でもそれらが必要です。そこで授業が始まる前に一緒に練習をしましょう。

Zoom体験会・UPSHOWA課題練習の詳細は、本日(4月16日)、UPSHOWAでご連絡しています。「【基礎演習I】Zoom体験会ご招待」のメッセージを確認してください。

皆さんは、Zoom会議に参加したことはありますか。ないという人も大丈夫です。メッセージにやり方を説明してありますし、練習のための体験会です。体験会では、先生だけでなく、今後4年間一緒に過ごす仲間とも初めて会うことになりますね。楽しみにしていてください。

課題練習についてもメッセージで説明しています。授業前から課題はいやですか。ご心配なく。課題の内容は、自己紹介文の作成です。皆さんに自己紹介を書いてもらい、クラスメイト全員で共有したいと思います。やる気になってきましたか。皆さんの自己紹介を楽しみにしています。

自己紹介

詳細は今後の講義に譲りますが、簡単に私の自己紹介をします。
専門は、経営戦略論、経営組織論です。この二つは経営学の基本的な科目です。と言われてもまだわかりませんね。一緒に勉強していきましょう。

最後に

一番大事なこと、それは皆さんと、皆さんの周りの人の健康です。
コロナウイルスから身を守るために、3蜜を避け、人との距離を取って生活されていることでしょう。
それを徹底したうえでさらに、心を健康に保ってくださいね。体の場合には3蜜回避・人との距離をとるという明確な方法がありますが、心の場合にはその健康維持方法は人それぞれです。ぜひこの機会に、どうしたら自分が健やかに過ごせるか、色々試してみてください。

では、来週、Zoom体験会で、元気な皆さんとお目にかかれることを楽しみにしています。

ビジネスデザイン学科新入生の皆さん TAが皆さんを待っています! [2020年04月15日(水)]

 ビジネスデザイン学科新入生の皆さん。
 こんにちは。自称PR担当教員の前田です。

 なかなか講義も始まらず、始まってもまずはオンラインやオンデマンド等々で、実際に顔を合わせて行う講義は、まだ先になりそうで、残念です。特に当学科の1年次必修の「グローバルビジネス基礎演習」(通称:基礎ゼミ)は、2年前から、3年次の学生から選抜されたティーチングアシスタント(TA)が、徹底した(だけど楽しい)グループワークをする看板講義です。当面はこの形態での講義はできませんが、まずは、皆さんにTAたちをご紹介したいと思います。

 以下にTAの担当クラス分けとメッセージを掲載します。左の写真の誰なのか、想像しながら読んでください。なお、今年度から、昨年度TAから選抜されたシニアTA6名も加わります。末尾に、これまでの基礎ゼミの様子を伝えるブログ等へのリンクを掲載しますので、合わせてお読みください。

 担当するクラス分けは:1A:長嶋梨奈、江湖咲季、伏見朝、村田彩華 1B:天沼知里、石川夏綺、増渕桃花、丸山紗英 1C:小山田みやび、山田沙英、小林千夏、柳本華奈。

 メッセージは以下です(順不同)。
小山田 「1年生の皆さんこんにちは!1-CのTAの小山田みやびです!今、分からないことや知りたいことが沢山あると思うので、リストアップしておいてください!もうすぐ皆さんに会えることを楽しみにしています」

村田 「一年生の皆さん、ご入学おめでとうございます!これからの大学生活は、楽しいこと、時には挑戦することがあると思います。皆さんの成長を、TA一同応援していきたいと思っています!よろしくお願いします!」

石川 「新型コロナウイルス感染症の流行のなかでの入学で不安だと思いますが、少しでも心配を取り除けるようサポートしていきたいと思います。TAとして一生懸命頑張ります。分からないことがあったらたくさん聞いてください!」

柳本 「こんにちは、柳本華奈です。新入生と同じく、私も早く皆さまに会いたい気持ちでいっぱいです!今は不安に思うことばかりだと思いますが、これから始まる楽しいキャンパスライフに期待していてください!」

江湖 「ご入学おめでとうございます。もうすぐ初のオンライン授業が始まります!皆さんが大学生活の良いスタートが切れるように全力でサポートします。一緒に成長できるよう頑張りましょう!」

丸山 「改めまして1年生の皆さん、ご入学おめでとうございます。新型コロナウイルスの影響で落ち着かない毎日だと思いますが、もう少しで楽しい大学生活が待っています!私も皆さんに会えることを楽しみにしています。」

小林 「ご入学おめでとうございます!いろんな苦労を経て、ついに始まる大学生活を思いっきり楽しんでください!たくさん挑戦して、たくさん新たな発見をしてみてください。わからない事はいつでも先輩たち頼ってください!」

長嶋 「1年生の皆さん、ご入学おめでとうございます!大学ではたくさんの新しい挑戦ができると思います。皆さんが成長できるよう、精一杯サポートします!みんなで充実した大学生活を送りましょう!」

増渕 「1年生の皆さん、ご入学おめでとうございます!1年B組のTAを担当する増渕桃花です!これからどんな大学生活を過ごすのか楽しみだと思います!私も皆さんに会えるのが楽しみです。元気な姿で会いましょうね!」

山田 「新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!これから迎える新しい大学生活を楽しみにしていて下さい!一緒に勉強頑張りましょう!」

伏見 「それぞれが様々な思いを抱えていると思いますが、自分と同じ思いの人が必ずいます。卒業するときに、この大学に入ってよかったと思えますように…。こんな時は、スピッツを聴くと癒されます」

天沼 「一年生の皆さん、ご入学おめでとうございます。私たちTAは皆さんの学校生活をサポートしていきたいと思いますので、聞きたいことがあればいつでも何でも聞いてください!これからよろしくお願いします!!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
これまでの1年基礎ゼミに関する投稿をまとめて読むならこちら

大学全体のHPでの特集はこちら

新入生のみなさんへ(教員からのメッセージ④:藥袋貴久) [2020年04月13日(月)]

 新入生の皆さん!はじめまして。
 私は、1年生のCA(クラスアドバイザー:1B)を担当します藥袋貴久(みない たかひさ)と申します。知らないと読めない珍しい苗字ですが、是非覚えてください。

私の専門領域は、マーケティングです

 私は、かつて新規ビジネスの企画・マーケティングの実務に携わった経験を活かしつつ、マーケティング戦略を専門領域として研究しています。マーケティングというのは、顧客に向けて価値を創造し、表現し、実現していくための仕組みづくりを考えていく総合的で実践的な学問です。

 ビジネスデザイン学科では、経営・経済の学びの全体像を「ビジネス5つの知」と呼んでいますが、1年生は、早速、その基礎となる6つの必修科目の履修が始まります。これらは、「組織とマネジメント」、「ビジネスと会計」、「ファイナンス基礎」、「マーケティング論」、「経済学の理論」、「世界の経済事情」の6科目ですが、皆さんは、学年の半数ずつαグループとβグループに分かれて、前期に3科目、後期に3科目を履修することになります。そのうち、私は「マーケティング論」を担当しますので、αグループの皆さんとは、すぐに講義でお会いすることになるでしょう。

大学生活の第一歩は皆さんの手で!(学科とネットでつながってください)

 新型コロナウィルス感染防止の観点から、現在、大学では、学生の構内への立ち入りを禁止しています。直接対面ができない中で、ご不便をおかけしていますが、皆さんが大学生活の第一歩を進めて頂くためには、何よりもまず「インターネットやスマホを介してビジネスデザイン学科とつながる」ことが必要なのです。

 現在、学科から皆さんにさまざまな連絡が発信されており、当面は講義もオンラインで行われることになります。それにあたり、皆さんは「UPSHOWA(大学ポータルサイト)」と「SWU Mail」を使いこなしていかなくてはなりません。UPSHOWAには、担当CAからもメッセージが掲載されています。

 まだログインが済んでいない方は、「UPSHOWAとSWU Mailでつながろう!」を参照して、すぐに始めてください。

大学は最後の学校であり、社会の入口です

 新入生の皆さんは、ビジネスデザイン学科の8期生になります。この3月には4期生が学び舎を巣立っていきました。ビジネスデザイン学科卒業生の職業選択には、次の特徴があると思っています。

 ①企業規模の大小に捕らわれず、自分の個性を活かせるような「職種」を選択していること
 ②自分の進路にこだわりを持ち、自分の才能を活かすことができる就職先を「開拓」していること
 ③仕事の幅が広い「総合職」志望が強く、例年約半数が「総合職」を選択していること

 大学は、皆さんにとって最後の学校(さらに研究を進めたい方には大学院進学という進路があります)であり、また社会への入口です。卒業生たちは、学科での講義や各種留学プログラム、社会とつながるゼミでのプロジェクト(例:藥袋ゼミの活動)など、ユニークな経験をフルに活かして、希望就職先とのマッチングを果たしてきました。新入生の皆さんは、「基礎演習」の授業の中で3年生のTA(ティーチングアシスタント)と接する機会がありますし、この学科ブログには、先輩たちの多様な活動が記録されていますから、自身の大学生活や進路を考えるきっかけとして参照してみてください。

苦難の時期を生きる同時代人として共に乗り越え、共に学ぼう!

 国と社会を挙げて新型コロナウィルス感染防止に取り組む中、2020年度が始まりました。患者の回復を願いつつ、今まさに最前線で病と闘う全ての人々に敬意を表したいと思います。

 皆さんは、自身のみならず、ご家族・友人においても「感染しない・感染させない」ための行動をとり、政府・自治体・大学からの情報を積極的に参照して、健康・安全に留意した生活を送りつつ、大学生としての勉学をスタートさせる準備を進めていきましょう。

 危機においては、独立した個人として、今「為すべきことを為す」その先に、陽はまた昇ります。そして、一度始まったことは、いつか必ず終わるもの。こんな当たり前だと思うことさえ、日々刻々と変わる情報や、人々の不安・焦燥の渦中に身を置いていると見失ってしまうものです。

 新型コロナウィルス蔓延とその対処の経験は、その後のビジネスのあり方や人々の行動をも変容させてしまうような歴史的インパクトをもたらすかもしれません。同時代を生きる皆さんと共に乗り越え、共に考え、共に学んでいきましょう。

新入生のみなさんへ(教員からのメッセージ③:今井章子) [2020年04月08日(水)]

こんにちは。学科長の今井章子です。みなさんご入学おめでとうございます。

新型コロナウイルスの拡散防止のため、本学では新学期の開始時期を4月24日(金)からとし、さらに学生の登校は5月7日(木)まで禁止となりました。この状況がいつまで続くのか先の見えない不安感や疲労感にとらわれている人もいると思いますが、今は世界中だれもが同じ状況です。り患した方々の回復を祈りつつ、自身の平常心を保って心身の健康・安全に務めましょう。

本学のホームページでは、坂東眞理子総長が「今だからできることをするヒント」を述べていますし、小原奈津子学長も登校できずにいるみなさんに向けてメッセージを出しています。こちらもぜひ読んでみてください。

 

ビジネスデザイン学科からのお知らせ

さて今日4月8日(水)は、本学の履修登録の開始日です!本日、各種ガイダンス資料をUPSHOWAという学生ポータルサイトに掲載しました。もうアクセスしましたか?

まだログインが済んでいない人は、UPSHOWAとSWU Mailでつながろう!を参照して、すぐに始めてください。なお、郵便事情でまだ手元に説明資料が届いていない人もいるかと思います。今週中には届くと思いますのでもう少しお待ちください。

UPSHOWA連絡の中に「【ビジネスデザイン学科新入生へ】学科カリキュラムの全体像2020(学科長説明)」があります。これは当学科での4年間の学びについて説明する音声付きのスライドです。4月24日(金)の授業開始前までに新入生のみなさんに理解しておいていただきたいことが述べられているので、必ず閲覧してください。

さらに、前期の履修について説明をした「【ビジネスデザイン学科新入生へ】2020年度前期授業の履修登録、教務ガイダンス資料などについて」に進みましょう。たくさん掲載されているので一つずつ熟読してください。

もう一つ、すでにお知らせしていることですが、今日から英語のクラス分けに必要なTOEIC模擬テストが始まります。オンライン受検の方法は、大学からの郵便物およびUPSHOWAに掲示されています。4月15日(木)午後5時までにかならず受検してください。

 

この時期をうまく使おう!

高校時代、朝早く登校し夜遅くまで塾に通っていたみなさんにとっては、自宅にこもる生活はなかなか慣れないものだと思います。でも、ものは考えようです。

当学科が得意とする「経験学習」においては「リアルな経済社会のうごき」を知っておくことがとても重要です。感染症との闘いという近年まれにみる体験を、時間をかけて冷静に観察し、検証し、記憶にとどめてほしいと思います。

マスク不足はなぜ起こるのか、テレワークのメリットデメリットは?医療・物流・小売業界で働く人たち(essential workers)の労働環境は?各国政府は時間の経過とともにどのように対策を変化させたのか、また海外や日本の企業はこの事態にどう対応をしているのか、この状況でどんなサービスが登場しているのか――。

身の回りの現象を政治や経済と関連づけるために、調べるべきこと考えるべきことは、実にたくさんあります。みなさん一人ひとりがこの時期に思考したことを、教室で語りあう日を心待ちにしています。

 

UPSHOWAとSWU Mailでつながろう! [2020年04月06日(月)]

 ビジネスデザイン学科の新入生の皆さん。
 当学科の教員の前田です。よろしくお願いします。

本学のトップページ右上に、「在学生の方」というリンクがあります。

 さて、この投稿では大事なお願いをしたいと思います。すでに、皆さんのお手元には大学からの資料が郵送で届いていると思います。その中には、皆さんのID(つまり学籍番号)とともに、UPSHOWAやSWU Mailのアカウント作成やアクセス方法のマニュアルが入っているはずです。

 ぜひ、まだの方は、今すぐ、UPSHOWA(アップショウワと読みます)とSWU Mailにログインできるようにしてください。皆さんにとって大事なお知らせは、すべてUPSHOWAで閲覧できるようにします。一部はSWU Mailにも届きます。

 該当するページに簡単にアクセスする方法を書きます。本学のトップページ(https://univ.swu.ac.jp/)を開くと、右上に「在学生の方」というロゴが見えます(写真上の赤枠部分)、そこをクリックすると、在学生に必要なあらゆる情報へのアクセスが記載されています(https://univ.swu.ac.jp/student/)。迷ったら、このページから始めましょう。

 UPSHOWAはこれから4年間使い続ける、とても大事なツールです。大学全体や学科の予定、講義のシラバス、課題の確認と提出、出欠の記録と確認等々、本当に重要な情報がどんどん掲載されます。もちろん、8日から始まる履修登録の情報なども掲載されています。

 まず、UPSHOWAとSWU Mailで私たちとつながってください。待っています!