その他留学

社会起業Boot Camp@デラサール大学(フィリピン) [2019年09月11日(水)]

格差、教育、公衆衛生、フードロスなどの課題に、政府の政策だけではなく、ビジネスの手法を用いて改善に挑む「社会起業」が注目されていますが、フィリピンのデラサール大学は、この手法を活かして地域再生やコミュニティーサービスを行う拠点として有名です。

デラサール大学副学長らと本学代表学生との記念撮影

同大学が主催する、ASEAN+3地域の大学生のための社会起業boot campに、本学学生も招聘されました。

カンボジア、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、ベトナム、中国、韓国、日本から13大学、120名余りが集結、本学からはビジネスデザイン学科4年生の白鳥彩香さん、中澤祐紀奈さん、高橋莉奈さん、テイ・シンイさんと卒業生の神山ひかるさんが参加して、SDGsの要点、フィリピンにおける取り組み、社会起業のケーススタディー、リーダーシップの取り方、アイディエーションなどを講義と演習で学んでいます。

抱負を語る中澤さん

3食をともにしながら、それぞれの社会が抱えている課題について、英語で質問したり議論しあううちに、早くも3日目にして、まるで一つの学校のような仲間意識が芽生えています。

ケーススタディーの要点をメモする高橋さん

丸2日間、勉強漬け(まさにBoot Camp)のあとは、Cultural Nightと呼ばれる親睦会でした。みなそれぞれ伝統の装いに着替え、自国で人気のお菓子を持ち寄って出し物を披露。一体どういう出し物になるかと見ていたら、そこは真面目な学生の集団だけあって、どの国も準備万端。一見楽し気な踊りや歌の中にも、哀しい歴史や美しい物語が描かれていて、感動を呼びました。

本学の学生は浴衣に着替えて「トトロ」をダンス付きで披露。アジアでのアニメ人気を裏付けるかのように、たちまち全員の大合唱となりました。ちょうど誕生日を翌日に控えた高橋さんには、120人が一斉にHappy Birthdayを歌うという大サプライズもありました。

 

ランチタイムを惜しんで発表をまとめるテイさんと白鳥さん

明日4日目は、社会起業を様々な角度から論じる学会の日。Boot Campのメンバーも傍聴してレポートをまとめることになっています。

毎晩、予習と振り返りをしつつ、日本から持参した卒論プロジェクトにも取り組むハードな日々ですが、充実したフィリピンでの「夏合宿」を満喫しています。9月19日の最終日まで、みんな、頑張れ!

 

 

課題設定ワークショップでは、目標12「つくる責任、つかう責任」に挑戦

【BAA-SWU Joint Program】東京証券取引所訪問 [2019年08月16日(金)]

オーフス・ビジネス大学との夏季集中プログラムを参加学生がレポートするシリーズ、第6弾はビジネスデザイン学科で学ぶマレーシアからの留学生テイ・シンイーさん(4年生)が8月1日に行われた東京証券取引所訪問について英語で執筆しました。

~~~~~~~~~~~~~~~

Day 3: Visit to Tokyo Stock Exchange

August 12, 2019
Tee Xin Yee

What kind of scene would you imagine while mentioning stock exchange or floor trading? A crowd of people standing on the trading floor, holding a phone, staring at different giant monitors, and shouting at each other? Before visiting Tokyo Stock Exchange (TSE), I expected to witness a highly intense environment as I mentioned above that we usually see in the movies.

Hand-on experience of Tokyo Stock Exchange

Surprisingly, it was not the case. There were only a few people working in the center of the trading floor and the environment in TSE was incredibly quiet, just as if we walked into an art museum. So, does that mean we were fooled by the Wall Street movies?

Although the reality was quite disappointing, the answer is . . . “No.” We were not fooled and the movies did not lie, in fact, it was just that the image we had on the stock exchange was outdated. In this digital era, every trading is done through the computer. Therefore, people do not have to shout at each other and squeeze in the trading floor anymore. (It is a shame that we would never have a chance to witness such exciting situation by our own anymore).

No floor brokers, anymore. . .

Other than that, what else has changed or fade away together with the crowded trading floor? The unique sign languages that used to exist in the stock exchange business.

Have you ever wonder how the traders communicate with each other in the chaotic environment without messing up the deal? They had used the sign language. According to Professor Akashi Hongo of Temple University, Japan, people used to have different sign languages for each listed company of the stock market, as well as instructions such as “sell,” “buy,” “hundred,” and “thousands.” In addition to the sign language, there were certain physical requirements to be hired as a floor broker; being tall and having a loud voice. That was to ensure that they would not be drowned in the crowd.

However, all those sign languages lost their value and replaced by the advanced technologies nowadays. At the same time, people like me who is an average height with normal voice volume have less barrier in developing a career as a stockbroker.

Wrap-up session by Prof. Hongo

Although the visit to Tokyo Stock Exchange was short and brief, we not only learned some basic knowledge about the stock exchange and its history, we also obtained an idea about how the industry has changed over time.

 

【BAA-SWU Joint Program】横浜みなとみらい地区のGN Hearing Japanを訪問 [2019年08月11日(日)]

オーフス・ビジネス大学との夏季集中プログラムについて、参加している本学学生がレポートするシリーズ、第5弾は国際学科2年生の畑中光紗さんと岩本渚さんが報告します。ビジネスデザイン学科の学生とともに、ビジネスにおける異文化理解や、経営、マーケティングについて学びました。

~~~~~~~~~~~~~~~

<English texts follows Japanese.>

 

2日目講義「ビジネスにおける異文化理解」とGN Hearing, Japan訪問レポート

2019年8月9日

畑中光紗・岩本渚

プログラム2日目となる7月30日、GN Hearing社への訪問の前の3限の授業は、BAAのJens Karbo先生・昭和女子大学浅田裕子先生によるCultural Understanding in Businessの授業でした。日本人とデンマークの学生がペアになり、お互いの文化やビジネスマナーについて議論しました。日本人の学生はデンマークの学生に自分が部下として上司と話すというシチュエーションで部屋に入るところから出るまでの一連の流れを教えると、終始デンマークの学生が驚く場面がみられました。また日本人はnon verbal communicationの多い高コンテキスト文化に対し、デンマーク人はverbal communicationの多い低コンテキスト文化なので、お互いの文化の違いを知ることができました。授業の最後には、日本人学生から学んだビジネスマナーをデンマークの学生が代表して、最初から最後まで全員の前でレクチャーしてくれました。

GN Hearing, Japan支社長より説明を受ける

授業の後、デンマークの補聴器メーカーGNHearing の日本支社を訪問しました。横浜にあるオフィスの雰囲気はとても明るく、社員の方も気さくでさすが外資企業だなと感じました。まずは日本支社長からGN Hearingの成り立ちや現在の市場状況、抱えている問題点などのプレゼンテーションが行われました。商品紹介もあり、耳掛け式と耳穴式やカラーバリエーションも肌の色に極力近づけたものから赤や青、金色など様々。思っていた以上に種類があることを知りました。

プレゼンテーションの後は会社内を案内していただき、機械による大量生産が行われているのかと想像していたのですが、実際はかなりの人が協力し一つの補聴器が出来上がっていることがわかりました。GN Hearingでは電話での購入対応が非常に親切で、電話が鳴ってから一秒で応答が出来る程だそうです。企業訪問の後はみなとみらいを観光し充実した1日となりました。

 

 

色や種類も豊富な補聴器の数々

 

Day 2: Cultural Understanding in Business and Company Visit to GN Hearing

August 8, 2019

Arisa Hatanaka, Nagisa Iwamoto

On the second day (July 30, 2019) of BAA-SWU Joint Program, we had the class of cultural understanding in business by Prof. Jens Karbo and Prof. Yuko Asada in third period on July 30. In the class, we paired up with Danish students and we discuss about the business manner in their own cultures and learned the differences in behavior between Japan and Denmark.

Danish teacher and student practice how to exchange “meishi.”

Although the Japanese have more non-verbal communication, Danish people tend to tell people anything directly. In the discussion, Japanese students taught Danish students how to behave toward the managers in the workplace. Although Danish students surprised about our practices, they learnt a lot about Japanese way. For example, we should bow to our managers when we meet them. Furthermore, Danish student Jacob imitated one example of Japanese behavior in business in front of classmates. We could learn that Japanese have high context culture and Danish have low context culture and understand the difference between Japan and Denmark.

After that we visited GN Hearing, Japan at Minatomirai, Yokohama. The atmosphere of GN office was warm and I felt that workers were really enjoying working there. At first the representative of GN Hearing, Japan gave us a presentation about what GN Hearing does for business.

Company tour at GN Hearing, Japan

I was surprised that there were many kinds of hearing aids such as behind-the-ear type and in-the-ear type and the color was very varied from natural color to red, blue and even golden. There was an office tour of the company after the presentation.

What I was impressed most was the way how they work at a telephone reception. They can respond just in a second. Furthermore, the products are making not by just machines but by a lot of human hands. There were some specialists to produce it and their work was hard for common people to do. I understood the reasons why hearing aid could be high priced. This is because the products cannot exist without corporation of a lot of workers.

 

【BAA-SWU Joint Program】金融ビジネスとダイバーシティ、デンマークの女性ビジネスリーダーによる特別講演 [2019年08月09日(金)]

オーフス・ビジネス大学との夏季集中プログラムについて、参加している本学学生がレポートするシリーズ、第4弾もビジネスデザイン学科4年生の笹井菜美さんが報告します。

~~~~~~~~~~~~~~~

Groupthink–a Key for Gender Diversity in Banking

August 8, 2019

Nami Sasai

In BAA program, Danish and Japanese students took the class of three different instructors in August 7.

First instructor was Professor Peter Schneider who is a senior lecture of Business Academy Aarhus, School of Applied Sciences. He lectured about groupthink. Groupthink can share values and make many strategies, so it can lead people to the correct decision. For example, gender gap index in demark is 14th out of 144 countries. Many Danish women can work at the office as leaders because groupthink is adopted in the company. On the other hand, gender gap index in Japan is 114th. Some Danish students was shocked about this Japanese situation.

In UK, lessons from the global financial crisis promoted banks to hire more women.

Second lecture was Mr. Yukinobu Ota, research fellow of Institute of Current Business Studies, Showa women’s university. This lecture was about global financial crisis and gender diversity in banking sector. Global financial crisis happened in 2007 to 2008 and it effected not only banks but also countries and governments. Preventing this situation again, UK adopted hiring more women and deploy the groupthink. The failure of UK financial industry changed banking sector in the good way by the UK parliament. According to the Women in Finance Charter: 2019 Progress Report, hiring more women as department leader is starting in the UK bank. However, it’s still taking more time to hire more women as director or manager.

Special talk by Stine Boss, Chair of the Board of BankNordik.

Final lecture was Ms. Stine Boss, president of the European Movement in Denmark and chair of the Board of BankNordik. This session was through Skype and we discussed about the working situation and career of women. She pointed out how important groupthink is at the office. Diversity at the office would creates various ideas and tend to avoid failures. So, companies and women should change themselves. Companies should make systems for women to be able to work comfortably at the office. To get successful for women of career, she said women also shall be more open to anything.

Thanks to three different instructors, we could understand how important the group diversity is.

【BAA-SWU Joint Program】英語授業レポート:気候変動とエネルギー選択 [2019年08月09日(金)]

オーフス・ビジネス大学との夏季集中プログラムについて、参加している本学学生がレポートするシリーズ、第3弾はビジネスデザイン学科4年生の笹井菜美さんが報告します。

~~~~~~~~~~~~~~~
Global Climate Change and Energy Choice

August 7, 2019

Nami Sasai

In BAA program, Danish and Japanese students took the class on global climate change and energy choice in August 7. The instructor is SWU Professor Masako Konishi who is working as expert director for WWF Japan, and also engaging in UN climate negotiation.

At first, we learned about the basics of climate change and the Paris agreement. According to the World Bank, around 1 billion people still live in extreme poverty and more than 800 million people do not have enough food to eat. Especially, the developing countries do not emit a lot of carbon dioxide. On the other hand, developed countries produce a lot of carbon dioxide because there are many emitting facilities.

Students study about energy choice

Based on the past emission, it is already proved that the temperature will be increasing by 4℃ or at least 2℃ in the future. This means no one can stop the global warming. To prevent this global problem, we need to cooperate with people all over the world. So, we do international negotiations to make international agreements like the Kyoto protocol and the Paris agreement. The Kyoto protocol, however, clearly divided the participating members into two parts, developed and developing countries because developing countries were exempted from setting their goals. But the Paris agreement applicable to all countries because the agreement asks every stakeholders to do their best.

Finally, we did the group discussion about what kind of energy we should chose for our future society. We analyzed pros and cons of renewable energies, nuclear, and fossil fuel. We learnt when you choose the best energy, you should think about environment, economic development, energy security and safety.

In this class, we avoid choosing nuclear energy. One classmate said that nuclear energy has the problem of long-term storage of radioactive waste. Other Danish classmate pointed out about the accident of Fukushima nuclear. We had productive discussion and realized we should think climate change problems for our future. The most important thing is to get to know about the climate change situation and make the best effort. So, this class was the first step for our future.

【BAA-SWU Joint Program】ビジネスにおける異文化コミュニケーション [2019年08月05日(月)]

オーフス・ビジネス大学との夏季集中プログラムについて、参加している本学学生がレポートするシリーズ、第2弾はビジネスデザイン学科3年生の島崎茉子さんが報告します。

~~~~~~~~~~~~~~~

 私は、7月29日から8月10日まで約2週間に渡って開催されるBAAーSWU Joint Summer Programに参加しています。このプログラムは、Business Academy Aarhusというデンマークにあるビジネススクールのファイナンス専攻の学生と英語で交流し、金融や経済、ビジネスについて共に学ぶ集中講座です。7月30日は、第1回目の講義である「Cultural Understanding in Business」を受けました。
 授業では主にデンマークと日本のビジネス文化について、グループに別れて英語でディスカッションをしました。私は、初めて北欧の人たちと異文化交流をし、ビジネス会議での文化の違いに興味を持ちました。

 例えば、デンマーク人は「Don’t waste your time」の精神があるため会議時間は時間通りにぴったり終わらせるか、できるだけ早く終わらせることが良いとされ、会議の冒頭でアジェンダを共有して効率的に会議が行えるようにしているそうです。

日本的名刺交換を練習するデンマーク人学生

 また、ディスカッション時には日本での名刺の渡し方やお辞儀などを説明し、デンマークの学生皆が真似をして日本の文化を楽しく学んでいたことが印象的でした。
 今回の授業を通して、私はLow context(伝達すべき情報がすべて言語化される)と High context(伝達に非言語の情報も使われる)の違いについて理解を深めることができ、どちらの良さにも気付くことができました。
 また、デンマーク学生の英語力の高さに驚き、私も夏休みを利用して英語を重点的に強化したいと思う良いきっかけになりました。引き続きBAAプログラムで、デンマークの学生と沢山交流をし、より良い相互関係を築いていきたいです。

【BAA-SWU Joint Program】旭化成株式会社、訪問記 [2019年08月05日(月)]

 オーフス・ビジネス大学との夏季集中プログラムについて、参加している本学学生がレポートするシリーズ、第1弾です。7月31日に実施した企業訪問(旭化成株式会社)についてビジネスデザイン学科3年生の田中莉乃さんが報告します。

Visit to Asahi Kasei Corporation

July 31, 2019
Rino Tanaka

We visited Asahi Kasei head office and received an explanation of the company profile, business contents, relations with Europe, and the plan for future developments. After that we joined an in-house tour.

At first, we were guided to a conference room and watched a video of company introduction by the staff. There was a presentation about how Asahi Kasei products help our lives, their historical connections with Europe. Asahi Kasei has three business pillars of materials, housing, and healthcare. In the materials area, they develop clothing fibers and high value-added materials that are environment-friendly. In the residential area, their housing products are popular as Hebel House. Asahi Kasei also deals in pharmaceuticals and other products by making use of their chemical technology.

I was impressed with the fact that Asahi Kasei’s rubber is used by Mercedes-Benz and BMW and that Asahi Kasei has even created an electric car called AKXY whose accuracy is high enough to be able to run on public roads.

Visitors can try moving the accessories on the technology board.

Globalized Experience for Employees
A staff explained the students how the Asahi Kasei employees work in Japan and overseas. In fact, they are able to gain skills in Japan and work for several years in the overseas branch offices. I felt this is very attractive working environment because someday I would like to become a globally active person. Danish students asked some questions about how the foreign employees work at Asahi Kasei.

Students enjoyed a grand view of Tokyo from the cafeteria.

 

At the end of the company tour, we visited the display area where people can understand the company activities at a glance and the cafeteria. I enjoyed the whole tour very much and could feel the atmosphere of the company at hand.

オーフス・ビジネス大学(デンマーク)との合同夏季集中講座、始まりました! [2019年08月02日(金)]

前期も終盤となった7月29日より、昭和女子大学とデンマークにあるビジネス系単科大学Business Academy of Aarhus (BAA) が合同で開設するJoint Summer Programが始まりました。

BAAからは17名の学生と2名の教員が来日、昭和女子大学からはビジネスデザイン学科、国際学科に所属する20名が参加しています。

Peter Schneider先生のBusiness Model Canvas演習

双方の学生たちは6つのグループに分かれて、2週間のビジネスケースに取り組むほか、「住宅金融とマクロ経済比較」「労働市場改革」「気候変動とエネルギー選択」「金融危機と(ジェンダー)ダイバーシティ」「デンマークの年金システム」「持続可能性とビジネス(ESG投資)」などの専門科目を英語で学びます。教鞭をとるのは、BAAの2人の教授と、ビジネスデザイン学科およびテンプル大学ジャパンの教員と本学現代ビジネス研究所の研究員。

このほか、デンマークの女性ビジネスリーダーによるオンライン講演会、旭化成株式会社、東京証券取引所、みずほ証券を訪問するほか、お茶や博物館見学などの日本文化セッションもあり、盛りだくさんの内容です。


今日は、BAAのジェンズ・カルボ教授による「デンマークおよび欧州経済について」のレクチャーと、ピーター・シュナイダー教授による「ビジネス・キャンバス・モデル」の演習が行われました。

昨日まで「英語がわからな~い」「中身がわからない」と困惑していた本学学生たちもご覧の通り(↓)、すっかり仲良くなって話し合いが進んでいます。8月9日のビジネスプラン発表が楽しみです。

グループワークも快調

【チェンマイ大学研修報告】第二弾!! [2018年03月15日(木)]

二週目のチェンマイ大学研修の様子はビジネスデザイン学科2年、安部緑と熊久保華菜が紹介します!

Thai Tea

Day8: 2018.2.18(SUN)
私たちの滞在しているUNISERVというホテル周辺はおしゃれなカフェやタイ料理レストランが多くあります。この日は朝、近くのパン屋さんにておいしいパンを買いました。その後カフェに移動してホットタイティーを飲みながらゆっくり過ごしました。タイに来てから、私たちは2日に1度のペースでタイティ―を飲んでいます。強めのオレンジ色をした甘いミルクティー、きっと日本に帰ったらすぐにタイティーが恋しくなってしまうでしょう。夜はThai Buddy達がSunday Night Marketに連れて行ってくれました。約1キロメートルの道に食べ物、雑貨、服飾を売る小さなお店がぎっしり並んでいて多くの人でにぎわっていました。商品は値段も安く、交渉次第ではもっと価格を下げてくれるのでそういった交流も楽しさの一つでした。

Field Visit

Day9: 2018.2.19(MON)
午前はタイの観光学についてのレクチャー(観光会社の講師の方)を受けました。午後はWiang Kum Kamという古都についてやチェンマイの歴史についてのレクチャー(チェンマイ観光学科の先生)を受け、Field Visitにて実際の場所を訪れました。古都内は広いため専用のバスに乗って回りました。古都にはいくつか寺院があり、閑静で落ち着いた雰囲気でした。普段通っている大学や滞在しているホテル周辺とは違った新たなチェンマイの一面を見ることができました。日本の寺院や歴史的建造物は厳重に保護されていますが、今回訪れた場所は実際に建物の中に立ち入ったり、触れることができるため、歴史をより身近に感じられます。夜はご飯の後、先輩方とお酒を飲みにBEER LABへ。夜風が心地よかったです。

朝から大満足!

Day10: 2018.2.20(TUE)
この日は、早起きをしてカオマンガイを食べに行きました。日本人好みの味で朝から大満足でした。午前は観光学のレクチャー(チェンマイ観光学科の女性講師の方)の続きを受けタイにとって観光産業は大きな経済収入の一つであるということを学びました。午後はField Visitへ。この日は二ヵ所見学しました。はじめに唐傘工房Bo Sang(ボーサーン)に行きました。ここでは手作りで唐傘を制作する工程をみることができました。唐傘は紙と竹で作られています。慣れた手つきで作業をされていましたが、熟練の技術が必要だと感じました。次にシルク工房Thai Silk Villageに行きました。繭から糸を引く工程はとても繊細でした。どちらの工房も作業をしている人のほとんどが女性だったことが印象的です。

唐傘工房

 

Homestay

Day11: 2018.2.21(WED)
午前はEco tourismのレクチャー(チェンマイ観光学科の先生)を受け、各国の観光客の特性やそれぞれの観光目的(Planning, Developing, Sustainability)について学びました。午後は1 Night HomestayのためMae Kampong Village(メーオーン)を訪れました。タイの人達には避暑地として知られているそうです。到着してすぐ、村についての説明を受けながら山道をのぼりました。コーヒー産業と私達のようなホームステイの受け入れなど村一体となって収益を得ているそうです。またその収益は村の子どもたちの教育費や医療費等に充てられています。近隣の方々がお互いの家を行き来していて地元の方同士の距離が近く信頼を感じました。自然を身近に感じられるホームステイ先でした。私たちは地元の人の言語(タイ語)が分からないためコミュニケーションには苦労しましたが、優しい地元の方々のおかげで充実した一日になりました。

Homestay View

 

ホストファミリーのお母さんと

Day12: 2018.2.22(THU)
ホームステイ先で迎えた朝、ご飯の前に伝統的な朝礼に参加しました。お花とご飯を僧侶に供え、お経を唱えていただき、タイ独自の文化に触れることができました。ホストのお婆さんが作ってくれた朝ごはんを食べた後は、近くのコーヒーショップで一休みしました。自然の中、渓流を眺めながら飲んだコーヒーは特別おいしく感じました。その後、チェンマイ大学へ戻りImpact of tourismの講義を受けました。夜はNight Bazaarへ行きました。日曜のNight Marketよりも小規模ですが、観光客でにぎわっていました。それぞれお土産を購入し一日を終えました。朝からフル活動の長い一日で疲れもありましたが充実感たっぷりでした。

修了証書!

Day 13: 2018.2.23(FRI)
研修最終日はSamantha先生のpublic speakingの授業です。一人持ち時間2分、与えられたトピックについて即興でスピーチをするという形を何度も繰り返しました。最初は伝えたいことがうまく表現できなかったり、言葉につまってしまいがちでしたが、何度も繰り返しているうちに上達していくのを感じました。Samantha先生はスピーチが終わるたびにフィードバックとして、良かった点と改善すべき点について明確にアドバイスしてくれます。そのおかげで自身のspeakingにおける課題が見つかりました。その後はクロージングセレモニーをしていただきました。チェンマイ大学の学部長から修了証書をいただいて、この二週間の生活がまとめられたムービーを鑑賞しました。充実したプログラムだったと改めて実感しました。先輩方との最後の夜は、一週間ぶりのThai Buddiesと再会し、ホテルにてプログラム参加者全員で食事しました。解散後、みんなでBarのようなお店に移動してチェンマイの夜を楽しみました。いろいろな場所へ連れて行ってくれたBuddiesには本当に感謝しています。

寺院巡り

Day14: 2018.2.24(SAT)
チェンマイ旧市街の有名な寺院を3つ巡りました。(Wat Phra Singh、Wat Chedi Luang 、Wat Chiang Man)。旧市街は寺院が数多く点在していて、外国人観光客が集まるスポットです。今回拝観したお寺はどれも広く、金に輝く大きな仏様の像がありました。壁や柱にもタイらしい模様が彫られており、細部にまでこだわりを感じました。それぞれの寺院について下調べをしていったらもっと面白かっただろうと少し後悔しています。
その後チェンマイ大学の日本語専攻の生徒とカフェにて交流しました。みんな日本語が上手く、きれいな言葉をしゃべるので、こちらも聞き取りやすく正しい文法を使うことを意識しました。タイの経済の難しい話から、自分の好きな音楽の話まで約3時間ノンストップで話続けました。個人的に、タイのロイヤルファミリーのお話がとても興味深かったです。同じ年齢の学生とお互いの国や文化について話ができたことは貴重な経験で勉強になりました。

チェンマイに来て3週目!
浅田先生も先輩も国際交流課の舟木さんも帰国し、2年生のみで過ごすインターンシップの1週間が始まりました。ビジネスデザイン学科2年伊東奈緒、佐々木杏がご紹介します!

インターンシップ Uniserv

私、伊東と安倍は De Lanna Hotel というホテルにてお世話になりました。
月曜日は各ホテルを見学したため、実際のインターンは火曜日から金曜日のAM9:00〜PM15:00まで計4日というスケジュールでした。
レセプションでの仕事内容は、パソコン業務、接客を基本としており、日本のホテルとさほど変わらないように見受けられましたが、大変短いインターン期間であったため、十分な時間がない!となかなか業務を教えてもらう機会が持てず、挨拶をするか、予約票を記入するか、はたまた自分でやれることを探すか・・と3日目まで私たちはとても頭を悩ます日々が続きました。コミュニケーションは全て英語ですが、”私たちにやることをください” ということを訴える日々でした。正直、何もないことがこんなに苦しいと思わなかったです。また、母語がタイ語であるというハードルも大きいと感じました。自分からアタックしないと何も始まらない、という対応の差異に日本と海外の違いを痛感した瞬間でもありました。

最終日に向けて、悩み尽くした私たちは浅田先生に相談し、アドバイスを頂戴しました。そのアドバイスは私たちの考え方を切り替えるきっかけになりました。最終日には働き方についてセールスマネージャーが説明してくれました。”ストレスが溜まらないように沢山冗談を言い合い、沢山笑う。時にクレームなどが生じた時はみんなで対応する。自由なの。” などと語ってくれました。

確かに、開放的かつ自由で皆の仲がとても良く、沢山の笑顔が溢れる職場でした。インターン期間中、実際に中国人の方からクレームがあったのですが、”中国のネットの影響力分かってるの?悪評を書いてやる!”などとすごい迫力だったのに対し、チームで冷静に対応していて本当にすごいと思いました。日本人なら萎縮しそうな場面で私たちのポリシーだからダメなものはダメだ、ときっぱり言えるかっこよさにとても感動しました。他のスタッフともいろいろな話をしました。タイ語を教えてもらったり日本語を教えたり英語のわからないスタッフとジェスチャーで会話したり、とても新鮮な日々でした。

また、私たちのインターン2日目から4日目にかけて日本人の女性のお客様2名が当ホテルに宿泊してくださり、私たちが偶然居合わせたことにとても喜んで頂き、最終日には連絡先が書いてあるお手紙やお土産まで頂いてしまいました。こちら側が来てくださって大感謝の立場であったのに”いてくれただけで嬉しい”と、とても感謝をされて本当に嬉しかったです。人様にこんなに感謝されたことがなかったので、感激したと共に、少しでも人様のお役に立つことができる喜びというものを改めて知ることができました。感謝の思いを込めて私たちからもお礼に、と私たちがとてもハマっていたタイティーを贈らせて頂きました。(笑)この機会がなければ出会うことがなかったかもしれない素敵すぎる出会いに本当に本当に感謝でした。

このインターンシップを通してまず思うことは、やはり多様な言語ができることは本当に強いな、ということです。ほとんどのお客様が中国の方かヨーロッパ圏の方だそうで、彼女たちはタイ語をベースに英語、中国語までできるスペシャリストでした。極力壁を省いたような風・光の入りやすいとても開放的なホテルで働く彼女たちは、非常に仕事を楽しんでいるように見えました。日本は真面目に、丁寧に仕事をしている点はとても良いところですが、働きすぎなどが問題になっている今、タイの働き方のような、食べ物をつまみながら、化粧直しをしながら、冗談を言い合いながら、などといった自由で笑いの絶えない開放的な気持ちの中で働く環境は日本も見習うところがあるのでは、と思いました。

また金曜日と土曜日(政府関係者は金曜日のみ)は、伝統的な洋服を着用する曜日であるらしく、ラナスタイルの服を着こなす彼女、彼らはとても美しく、そしてかっこよかったです。古き伝統を大切にする文化もとても素敵だと思いました。

海外でインターンシップをする機会はなかなかないと思いますが、その国独自の働き方を直接見ることが出来たこと、自分から動くことの大切さを学べたこのインターンは私たちにとってかけがえのない経験となりました。この経験を活かして、今後のインターンシップや就職活動へ向けて頑張っていきたいと思います。どれもこれも充実していて、得るものがとても多かった3週間でした。
本当にこのプログラムに参加してよかったです。楽しかったです!

伊東奈緒

インターンシップ De Lanna Hotel

熊久保と私、佐々木は、滞在していたUNISERVE Hotel Green Ninman が派遣先でした。自分の滞在している宿がインターン先だと勝手が若干わかるので少しアドバンテージがあったように思います。

インターンシップではレセプションと、ゲスト向け館内資料の翻訳をしました。実際にインターンが始まるまではレセプション業務をやるのだろうと思い、ホテル英語を勉強しておいたのですが、ほとんど役に立ちませんでした。ほとんどのゲストはタイ語が話せる方で英語の出番は少なく、タイ語ができない私はスタッフの方の手伝いをすることしかできませんでした。しかしレセプションの片手間に館内資料を翻訳していた時は、今まで勉強してきたことと、日本でのホテル滞在経験を振り絞り翻訳しました。資料自体は英訳されていたので理解することはそれほど難しいことではありませんでしたが、それをナチュラルな日本語にし、日本人に見やすい形の資料に作り変えることはとても難しかったです。

またUNISERVEは普通のホテルとは少し異なり、チェンマイ大学が運営する宿泊施設だったため、旅行客だけでなく大学スタッフや教授、学生が滞在していたり、毎日さまざまな会議やイベントが開催されておりたくさんの人たちに出会うことができました。話しかけてもらえたり、交流の中から学ぶことも多くとても面白かったです。

インターンシップ全体を通して、想定していたよりもらえた仕事が少なくこんな暇で良いのかと不安になりました。しかしインターンに一緒に参加したメンバーがネットでタイのインターンは仕事はあまりもらえないという事を調べてくれたり、タイバディがタイのインターンシップの雰囲気を教えてくれたので、こういうものかと落ち着いて捉えてインターンを終えることができました。しかし1つ、大きく反省しなくてはいけないことがあります。しかし英語ができればなんとかできるだろうと考えていたことです。世界共通語であるし、大きなホテルなのでタイ語を使わずに済むだろうと考えてしました。しかし実際は、タイも日本のように英語が母国語ではないし、英語ができる人も少ないことを知りました。学校の授業がないので個人的に他の言葉も勉強していましたが、これを機にもっと本気を出して勉強し続けようと思います。

インターン中の昼食は各自外のレストランで取る形でした。初日はスタッフの方が一緒にホテル目の前のsmall restaurant に連れて行ってくれたのですが、残りは2人でレストランを探して食事をとりました。2日目にまた違う小さな食堂でチキンのライスヌードルを食べたのですが、とても日本人好みで胡椒が効いていて美味しかったのが印象的です。

インターンシップ De Lanna Hotel スタッフの方々

またインターン初日の火曜日にタイバディのOUMがタイ式しゃぶしゃぶ”タイスキ”に連れて行ってくれました。たれの味がJapanese taste となっているのに何か日本と違かったり、なんとも言えないタイ独特の辛さだったりと、とてもおもしろい経験でした。

帰国日にはタイバディが時間の合間をぬってみんな空港まで見送りに来てくれました。わずか3週間の関わりでしたがとてもいい関係が築けたのではないかと思います。帰国後もSNSやチャットを通して交流を続けていきたいと思います。

最後に、初めてのタイとホテルインターンで不安なこと、つらいこともたくさんありましたが、それよりもたくさんの楽しいこと面白いこと、新しい発見がありました。このプログラムに参加できて本当に良かったです。学問的なこと、観光的なこと、歴史的なこと、たくさんのことを学びました。充実したプログラムをサポートしてくれたチェンマイのスタッフ、ローカルなことをたくさん教えてくれたバディ、いっしょに参加したメンバー、送り出してくれた家族のおかげで素晴らしい3週間になったのではないかと思います。
とても貴重ですてきな体験でした!!

佐々木杏

【チェンマイ大学研修報告】第一弾!! [2018年02月25日(日)]

こんにちは、ビジネスデザイン学科3年 高橋玲、石井美帆、荷田真由です。
私たちは今、研修でタイのチェンマイ大学に来ています。研修は2週間ですが第一週研修では、ビジネスプロジェクトとして、チェンマイ大学の学生と合同で、「おかき」「あられ」を開発、製造販売している現地日系企業Thai Nichi Industries社さまへ新製品企画を提案するという活動に取り組みました!!

毎日授業もありますが、タイの学生と出かけるなど楽しく過ごしています。一週間の様子を紹介します。

Day 1: 2018.2.11(SUN)
夜20時にバンコク経由でチェンマイへ到着。夜ご飯用にセブンイレブンでカップラーメンを購入。一つ15バーツ(50円くらい?)でとても安いです!!

チェンマイ空港に到着

セブンイレブンにてカップラーメン購入

Day 2: 2018.2.12(MON)
授業一日目の午前中はAdam先生とice breakの活動としてリクリエーションを行いました。お昼はビュッフェ形式でタイ料理を食べました。ほとんどの食べ物が辛く、デザートの見た目がとても珍しく日本にはないものばかりでした。午後は、チェンマイの最も聖なる場所として知られる宮殿The Royal Palace of the king of the Thailandへ行きました。金箔で覆われたお寺でチェンマイの歴史を学びました。夜もタイの生徒と一緒にwelcome dinnerでタイの伝統的な踊りを見ながら楽しくご飯を食べました。

お寺にて

ブッフェランチの不思議なデザート

Day 3: 2018.2.13(TUE)
授業二日目の午前中はSamantha先生によるpublic speakingのクラスです。プレゼンテーションの方法について学びました。お昼はランチボックスでパッタイでした。午後はビジネスプロジェクトの一環としてThai Nichi 社を訪問し、おかきの製造過程を見学し、最終プレゼンに必要な情報をCEO早川社長様、そしてマーケティング・営業統括の部長様に質問しました。授業後は、私たちと二人のThai studentsでThe Chiangmai complexというナイトマーケットに行き、ご飯を食べました。頼んだものがとても辛くヒーヒー言っていたらお店の人がチリ抜きで作り直してくれました。タイの人はとてもやさしいです。

Thai Nichi 社製品

Thai Nichi工場見学

ナイトマーケットにて

Day 4: 2018.2.14(WED)
授業三日目はタイ人の先生にInnovationについて学びました。お昼はグリーンカレーでした。授業後は、Thai studentsのPing Pong(くん)のミスターCMUのコンテストを見に行きました。タイのミスミスターコンはMs、Mr、LadyBoyの3部門あるらしいです。そのあとは大学の近くの屋台でカオマンガイ(35バーツ)を食べました。

ミスターコンテストの様子

ミスターコンテストの様子

Day 5: 2018.2.15(THU)
授業四日目は、明日の最終プレゼンのためにグループごとにディスカッションを行いました。毎日英語で会話をするため、みんな英語が上達し積極的に発言もしていました!お昼のランチボックスはカオソーイというチェンマイ伝統の麺でした。授業後は一度宿泊先の近くのレストランでご飯をたべました。お店は観光客ばかりで、値段も一皿100バーツと少し高めでした。夜は私たちの部屋に集まり夜遅くまでプレゼン準備をしました。

Day6: 2018.2.16(FRI)
授業五日目の午前中は、午後のプレゼン発表のために何度も練習を行いました。今日のランチボックスはガパオライスでした。午後はいよいよプレゼン発表で、Thai NichiのCEO早川社長はじめ4名の御来賓がいらっしゃいました。どのグループもユニークな提案でした。優勝したのはグループB(石井、熊久保)で、Sticky rice barの提案でした。授業後は、お疲れ会として、タイバディと韓国料理を食べに行きました。甘辛い韓国だれのフライドチキンや韓国のイチゴミルクのかき氷をみんなでシェアしました。その後、カラオケに行き、他のタイの学生を紹介してくれました。そして、オープンバーに行きタイの学生の日常を体感しました。

プレゼンチームA 高橋チーム

プレゼンチームC 荷田チーム

プレゼンチームB 石井チーム 最優秀賞、おめでとうございます!

Day7: 2018.2.17(Sat)
この日はBeenchang Elephant’s Paradise Resortへ行き、象と触れ合いました。餌をあげたり、乗ったり、体をきれいにしてあげたり泥まみれになりながらも楽しみました。夜は近くのMayaというショッピングセンターへ行き、お土産を買いました。今週は外食が続いていたので、今日はテイクアウトでご飯を買い、部屋でゆっくり食べました。

象さんと・・・

水浴び!!

まだタイに来て一週間ですが、タイの学生が様々なところに連れて行ってくれたため、多くの経験ができました。とても楽しい研修です!