その他

【BAA-SWU Joint Program】英語授業レポート:気候変動とエネルギー選択 [2019年08月09日(金)]

オーフス・ビジネス大学との夏季集中プログラムについて、参加している本学学生がレポートするシリーズ、第3弾はビジネスデザイン学科4年生の笹井菜美さんが報告します。

~~~~~~~~~~~~~~~
Global Climate Change and Energy Choice

August 7, 2019

Nami Sasai

In BAA program, Danish and Japanese students took the class on global climate change and energy choice in August 7. The instructor is SWU Professor Masako Konishi who is working as expert director for WWF Japan, and also engaging in UN climate negotiation.

At first, we learned about the basics of climate change and the Paris agreement. According to the World Bank, around 1 billion people still live in extreme poverty and more than 800 million people do not have enough food to eat. Especially, the developing countries do not emit a lot of carbon dioxide. On the other hand, developed countries produce a lot of carbon dioxide because there are many emitting facilities.

Students study about energy choice

Based on the past emission, it is already proved that the temperature will be increasing by 4℃ or at least 2℃ in the future. This means no one can stop the global warming. To prevent this global problem, we need to cooperate with people all over the world. So, we do international negotiations to make international agreements like the Kyoto protocol and the Paris agreement. The Kyoto protocol, however, clearly divided the participating members into two parts, developed and developing countries because developing countries were exempted from setting their goals. But the Paris agreement applicable to all countries because the agreement asks every stakeholders to do their best.

Finally, we did the group discussion about what kind of energy we should chose for our future society. We analyzed pros and cons of renewable energies, nuclear, and fossil fuel. We learnt when you choose the best energy, you should think about environment, economic development, energy security and safety.

In this class, we avoid choosing nuclear energy. One classmate said that nuclear energy has the problem of long-term storage of radioactive waste. Other Danish classmate pointed out about the accident of Fukushima nuclear. We had productive discussion and realized we should think climate change problems for our future. The most important thing is to get to know about the climate change situation and make the best effort. So, this class was the first step for our future.

【BAA-SWU Joint Program】ビジネスにおける異文化コミュニケーション [2019年08月05日(月)]

オーフス・ビジネス大学との夏季集中プログラムについて、参加している本学学生がレポートするシリーズ、第2弾はビジネスデザイン学科3年生の島崎茉子さんが報告します。

~~~~~~~~~~~~~~~

 私は、7月29日から8月10日まで約2週間に渡って開催されるBAAーSWU Joint Summer Programに参加しています。このプログラムは、Business Academy Aarhusというデンマークにあるビジネススクールのファイナンス専攻の学生と英語で交流し、金融や経済、ビジネスについて共に学ぶ集中講座です。7月30日は、第1回目の講義である「Cultural Understanding in Business」を受けました。
 授業では主にデンマークと日本のビジネス文化について、グループに別れて英語でディスカッションをしました。私は、初めて北欧の人たちと異文化交流をし、ビジネス会議での文化の違いに興味を持ちました。

 例えば、デンマーク人は「Don’t waste your time」の精神があるため会議時間は時間通りにぴったり終わらせるか、できるだけ早く終わらせることが良いとされ、会議の冒頭でアジェンダを共有して効率的に会議が行えるようにしているそうです。

日本的名刺交換を練習するデンマーク人学生

 また、ディスカッション時には日本での名刺の渡し方やお辞儀などを説明し、デンマークの学生皆が真似をして日本の文化を楽しく学んでいたことが印象的でした。
 今回の授業を通して、私はLow context(伝達すべき情報がすべて言語化される)と High context(伝達に非言語の情報も使われる)の違いについて理解を深めることができ、どちらの良さにも気付くことができました。
 また、デンマーク学生の英語力の高さに驚き、私も夏休みを利用して英語を重点的に強化したいと思う良いきっかけになりました。引き続きBAAプログラムで、デンマークの学生と沢山交流をし、より良い相互関係を築いていきたいです。

【BAA-SWU Joint Program】旭化成株式会社、訪問記 [2019年08月05日(月)]

 オーフス・ビジネス大学との夏季集中プログラムについて、参加している本学学生がレポートするシリーズ、第1弾です。7月31日に実施した企業訪問(旭化成株式会社)についてビジネスデザイン学科3年生の田中莉乃さんが報告します。

Visit to Asahi Kasei Corporation

July 31, 2019
Rino Tanaka

We visited Asahi Kasei head office and received an explanation of the company profile, business contents, relations with Europe, and the plan for future developments. After that we joined an in-house tour.

At first, we were guided to a conference room and watched a video of company introduction by the staff. There was a presentation about how Asahi Kasei products help our lives, their historical connections with Europe. Asahi Kasei has three business pillars of materials, housing, and healthcare. In the materials area, they develop clothing fibers and high value-added materials that are environment-friendly. In the residential area, their housing products are popular as Hebel House. Asahi Kasei also deals in pharmaceuticals and other products by making use of their chemical technology.

I was impressed with the fact that Asahi Kasei’s rubber is used by Mercedes-Benz and BMW and that Asahi Kasei has even created an electric car called AKXY whose accuracy is high enough to be able to run on public roads.

Visitors can try moving the accessories on the technology board.

Globalized Experience for Employees
A staff explained the students how the Asahi Kasei employees work in Japan and overseas. In fact, they are able to gain skills in Japan and work for several years in the overseas branch offices. I felt this is very attractive working environment because someday I would like to become a globally active person. Danish students asked some questions about how the foreign employees work at Asahi Kasei.

Students enjoyed a grand view of Tokyo from the cafeteria.

 

At the end of the company tour, we visited the display area where people can understand the company activities at a glance and the cafeteria. I enjoyed the whole tour very much and could feel the atmosphere of the company at hand.

オーフス・ビジネス大学(デンマーク)との合同夏季集中講座、始まりました! [2019年08月02日(金)]

前期も終盤となった7月29日より、昭和女子大学とデンマークにあるビジネス系単科大学Business Academy of Aarhus (BAA) が合同で開設するJoint Summer Programが始まりました。

BAAからは17名の学生と2名の教員が来日、昭和女子大学からはビジネスデザイン学科、国際学科に所属する20名が参加しています。

Peter Schneider先生のBusiness Model Canvas演習

双方の学生たちは6つのグループに分かれて、2週間のビジネスケースに取り組むほか、「住宅金融とマクロ経済比較」「労働市場改革」「気候変動とエネルギー選択」「金融危機と(ジェンダー)ダイバーシティ」「デンマークの年金システム」「持続可能性とビジネス(ESG投資)」などの専門科目を英語で学びます。教鞭をとるのは、BAAの2人の教授と、ビジネスデザイン学科およびテンプル大学ジャパンの教員と本学現代ビジネス研究所の研究員。

このほか、デンマークの女性ビジネスリーダーによるオンライン講演会、旭化成株式会社、東京証券取引所、みずほ証券を訪問するほか、お茶や博物館見学などの日本文化セッションもあり、盛りだくさんの内容です。


今日は、BAAのジェンズ・カルボ教授による「デンマークおよび欧州経済について」のレクチャーと、ピーター・シュナイダー教授による「ビジネス・キャンバス・モデル」の演習が行われました。

昨日まで「英語がわからな~い」「中身がわからない」と困惑していた本学学生たちもご覧の通り(↓)、すっかり仲良くなって話し合いが進んでいます。8月9日のビジネスプラン発表が楽しみです。

グループワークも快調

ハイレベルな英語でのビジネス講義が始まりました [2018年10月15日(月)]

初回の講義の様子。講師1人に学生3名という贅沢さ!

 みなさん、こんにちは。
 教員の前田です。
 今年も、現代ビジネス研究所の太田行信研究員(米コーネル大MBA。三井住友信託銀行、シティバンク等を経て、現在株式会社ペッパーフードサービス常勤監査役)による、ハイレベルな英語でのビジネス講義が始まりました。TOEIC700点以上を条件に、ビジネスデザイン学科2年、英語コミュニケーション学科、国際学科で募集したところ、英語コミュニケーション学科3年 湊美咲さん、同学科4年 西谷知美さん、国際学科4年 中林成美さんの3名が参加することになり、10月5日に初回の講義を行いました。今後は、隔週金曜の18時から計5回行う予定です。
 講義の形式は、事前に大量の資料を読み込んでおき、講義内でディスカッションをする形です。各回のテーマは次の通りです。

第1回 International business and hunt for lower labor costs (国際分業と国家間競争)
第2回 Corporate wrong doing and governance (企業不正をめぐるコーポレートガバナンス問題)
第3回 Effective presentation skills and IT marketing (Steve JobsのiPhone発表プレゼンテーション(YouTube)を題材とするプレゼンテーション技術とITマーケティング)
第4回 Amazon vs. Walmart: battle of retail giants in the cyberspace. (オンラインショッピングを巡る小売業者の戦略と戦い)
第5回 Karoshi in Japan: Work-life balance and corporate responsibilities (電通での過労死問題をめぐるワークライフ・バランスと企業の責任)

 以下は、3名の初回の感想です。
My last challenge as a student is taking this class and using English without being afraid.This class is comfortable, but I’m little bit nervous because the classmates are only three people.
However, thinking about global business is important for me to work at the company.
I had a valuable time in the first class. I’m looking forward to next class.(中林さん)

I started to take “Business in English Session” on last Friday. During class, I discussed with other members about business in the world and it was interesting for me. In these two months, there are three more classes I’ll take part in, so I’m looking forward to studying about world business more. (西谷さん)

In my first lecture for Business in English, we learned how a good Image of fair trade is used for marketing strategies. This was very interesting because when I think about what I learned, it rings a bell. However it’s like I would never realize it if I wasn’t told. The backside of good aspects is important to know because that’s how I will be able to shift my views from just a customer to a business person. I believe this session is going to be very helpful when I start working in my future. (湊さん)

 この講義は、単位もつかない「自主講義」のようなものですが、本当に成長したいと考える意欲ある学生にとって、有意義なものになるでしょう。

読売中高生新聞「キャンパス案内」、ご覧ください [2018年07月20日(金)]

こんにちは。今日は本学に興味をもってくださっている中高生の皆さんにお知らせです。

ビジネスデザイン学科3年生有志が、読売中高生新聞サイトで、昭和女子大学の今をご紹介する「キャンパス案内」に出演しています。

若葉の映える5月のキャンパスで、3年生の菊谷早織さん、テイ・シンイさん、金澤紗英さん、依田麻友子さんの4人が、本学科を選んだ動機や専攻内容について説明したり、来年完成予定のテンプル大学日本校の建設現場に潜入したり、学食ソフィアや人見記念講堂の様子を紹介するほか、キャンパス名物「7人の小人」もお見せします。充実した学生生活を送る未来の先輩の姿をぜひご覧ください。

 

また、同サイトの「講義の鉄人」では、当学科で開設している専門科目「グローバル発想とリーダーシップ」を中高生のみなさん向けに組み立てた模擬授業の動画も掲載されています。ビジネスウーマンに欠かせないスキル学習の一端をのぞいてみませんか。

留学生2名が3か国語対談 [2018年07月04日(水)]

左が1年のHUIさん、右が3年のTEEさん。


 皆さん、こんにちは。教員の前田です。
 当学科にもやる気溢れる留学生が在籍しています。3年のTEE XINYEEさんと1年のHUI SIU LINGさんは、日本語と中国語、英語を操ります。そこで、二人に3か国語で対談してもらいました。ご堪能ください。なお、TEEさんの中国語表記は簡體字、HUIさんは繁體字です。

1)出身地はどこですか?

(TEE)
 マレーシアのクアラルンプール出身です。マレーシアは他民族国家であり、日本と違い日常生活で異文化と接することが多いです。

我来自马来西亚的吉隆坡。

I’m from Kuala Lumpur, Malaysia.

(HUI)
 私の出身地は香港です。香港と日本の距離は飛行機で4時間ぐらいです。156年間はイギリスの植民地で、1997年に中国へ返還されました。しかし、100年以上イギリスに治められていたため、文化や政治制度は中国と大きく違っていました。香港はいろいろ特別な食べ物があり、例えば、飲茶、点心、茶餐廳などです。香港と日本はビジネス関係が密接で、日本企業の海外拠点が一番多い国は、実は香港です。

我是來自香港的留學生,香港和日本的距離不遠,坐飛機大約4小時就可以到。香港以前是英國的殖民地,大約被統治了156年左右,直到1997年歸還給中國。因為被英國統治了100年以上,文化和政府制度都與中國有大分別,例如香港是用廣東話。香港有很多獨有的食物,如飲茶、點心、茶餐廳之類。除此之外, 日本與香港在經濟,商貿上的關係亦貿很密切,香港是最多日資公司設立海外分部的地方。

I come from Hong Kong. Hong Kong is just next to Japan. It takes about 4 hours by airplane. Hong Kong used to be one of the British colonies, dominated for 156 years till the return to China in 1997. Although it’s a part of China, we have quite different cultures. For example, we use Cantonese but in China they use Putonghua. Also, Hong Kong has a lot of special food like dim sums. Hong Kong and Japan are very close in business. Hong Kong has got the branches of the most Japanese companies, like Nintendo and Sony.

2)日本に留学しようと考えた理由やきっかけがあれば教えてください。
(TEE)
 高校一年の頃、特に理由がないですが、日本に留学したいという漠然とした目標を持ち、交換留学サポート機関に留学の相談したところ、名古屋に行けるかもしれないと言われました。しかし、日本からの交換留学生としてマレーシアに留学する希望者がいなかったため、留学することはできませんでした。ドイツかインドなら希望者はいましたので、ドイツに行こうかなとその時に少し考えました。もし、その時にドイツに行こうと決断したら、日本に来ることはしなかったかもしれません。(笑)
 そして、高校二年の時、週一日、語学学校に通いました。その時に日本語の勉強に大変興味を持ち、日本語コンテストにも出場しました。高校から卒業する前、「日本に日本語を学びに行ってみない?」と日本人の先生が声をかけてくれ、また留学のことを考え始めました。両親に相談した結果、「一年だけであれば、行ってもいいよ」と家族のサポートを得られました。
一年留学してすぐマレーシアに戻ると承諾したのに、結局、大学まで進学してしまい、姉に怒られてしまいました(笑)。

在念高中的时候,虽然没有特别具体的理由,但有一段时间特别想到日本去留学。当时在朋友的推荐下接触到一个交换留学的机构,也开始准备了留学需要的文件,计划到日本的名古屋交换留学。但是很可惜,那时候日本并没有学生申请到马来西亚交换留学,到最后还是不得不放弃留学的念头。虽然当时日本没有申请到马来西亚的学生,但是印度或德国都有想到马来西亚留学的学生。听到这个消息之后我有认真犹豫要不要改变想法去德国,但是结果还是放弃了。

要是当时真的决定到德国去的话,现在应该就不会在日本了吧。(笑)

之后,虽然留学计划搁浅了,但是我开始每周到语言学校上日文课。那时候对日文特别有兴趣,刚开始学习不久就参加了日文演讲比赛。之后有一天,语言学校的日文老师忽然问我,有没有兴趣到日本继续学习日文。从那时候开始,又开始燃起了到日本留学的念头。当时也没想到会继续在日本升大学,原定计划是到日本留学一年。跟家人商量之后,家人也非常支持到日本短期留学这个计划。

但是,虽然当时承诺家人一年之后就会回家,但是结果还是不断的打破承诺,不知不觉就念到大三了。因为不断打破自己的承诺,所以有一段时间姐姐都很生气(笑)。

When I was in high school, I was very interested in studying abroad in Japan. At that time, I consulted with a student exchange organization and they provide exchange program to Nagoya for a year. Unfortunately, there was no Japanese student who applies for Malaysia as an exchange, so I had no choice but to give up. Alternatively, there are some options for me, to go to India or German. I seriously considered going to German but in the end, I chose to stay in Malaysia.

Since then, I joined a Japanese class once a week. I was so into the language study at that time and even attended a Japanese speech contest. One day, my Japanese teacher asked if I am interested in going to Japan to study more Japanese and again, I talked to my family and they agreed. However, my original plan was to study in Japan for a year and go back to Malaysia. But I broke my promise again and again, in the end, I stayed and came to Showa Women’s University. My sister was quite mad at me for a long time.

(HUI)
 私は子供の頃からアニメの影響で日本のことを好きになり、日本の文化にも興味がありました。高校1年生夏休みに、私は一人で日本でのスタディーツアーに参加しました。初めての東京、色々面白いことが体験でき、たくさんの人と出会い、友達を作りました。その時から、私はもっと日本のことを知りたい、日本で生活したいと思うようになり、高校2年からは日本に留学するための準備を始めました。日本の文化は香港と似ているところがあり、加えてとても安全な国です。一人で来るのも全然大丈夫ですから、両親も安心できるのです。

我自小因爲動畫的影響就對日本產生好感和興趣。在我讀中三升中四的暑假,我參加了遊學團前往東京。第一次的東京,我在日本體驗到許多有趣的事物和文化,跟很多來自世界各地的人相遇,成為朋友。由那時開始我就想知道更多日本的事,想在日本生活。所以我從中五開始就為到日本留學做準備。因為日本的文化與香港相似,而且又是一個治安良好的國家,即使單身一人前往父母亦不須擔心。

Since I was a child, I am interested in Japanese culture because of animations. In the summer holidays of my secondary school. I have joined a study tour to Japan for a month. During my first visit to Tokyo, I have met people from all over the world. From that experience, I want to know more about Japan, I want to stay longer. So I prepared to study abroad. Japanese culture is similar to ours, and it’s a safe country. So my parents won’t worried about me.

3)留学先として昭和女子大のビジネスデザイン学科を選んだ理由を教えてください。

(TEE)
 私の場合は子供の頃からビジネスに興味を持ち、中学生の頃には、大学ではアカウンティングかビジネスを勉強すると決めていました。学びたい専門が決まっていたため、日本で大学を選ぶ時に、大学の雰囲気や留学生にとって学習環境の良さなどから判断しました。
 初めて昭和女子大のことを知ったのは、日本語学校で開催された説明会の時でした。当時、国際学科の柏木厚子先生と国際交流課の山下耕平さんがいらっしゃって、大学で科目履修をできる「ブリッジプログラム」の説明を受けました。その時に、柏木先生や山下さんと一対一で話す時間もあり、昭和女子大に対して好印象を持ちました。
 そして、プログラムに参加し、英語コミュニケーション学科の科目を履修することになりました。その半年間、履修していた科目以外に、総合教育センターの森本直子先生の講義にゲストとして参加したり、初等教育学科の松本淳先生の講義で各国の教育についてインタビューされたり、留学生交流会など、様々な活動に参加することができました。
 それらの活動に参加し、本学の雰囲気を身近く観察することや教職員の皆さんと話すことはできました。また、国際交流課の方はいつも留学生一人一人のことを大事にしており、留学生にとってアットホームな大学であると実感しています。昭和女子大であれば、留学生の私も活躍できるだろうと思って、入学選考を受けました。

小时候因为受到了爸爸的影响,所以一直以来都对商业和”做生意“这件事情很有兴趣。大概是在中学的时候,自己就决定了将来要在大学里学习关于会计或者商业的专业。因为从一开始就决定好了专业,所以在日本选择大学的时候,除了专业的内容之外,特别重视大学的氛围和环境。

第一次接触到昭和女子大学是在语言学校上课的时候。当时,国际学科的教授和国际交流课的职员到我当时就读的语言学校,进行大学留学生课程的说明会。说明会结束之后,我们也有机会跟教授他们进行交流和问答。正因为参加了那一次的说明会,所以当时,我参加了名为“bridge program”的课程,并在昭和女子大学修了一门商业英文课。

那一学期,除了每周一次的课以外,我也参加了大学里的其他活动。例如,有一次以马来西亚留学生的身份参与了森本教授的法学课,一起探讨了日本国际化与法律制度的问题。 除此之外,国际交流课也经常会举办各种留学生交流活动,所以,那时候虽然我还不是昭和女子大的正规学生,但是也很多有跟昭和女子大的留学生以及日本学生一起进行交流的机会。通过一学期在这里上课的各种经验,我确定了昭和女子大对我来说是最理想的大学。

When I was a child, I always have a strong interest in business. Maybe it was affected by my dad. So, I knew that I would choose to study accounting or business administration in the university when I was 13 or 14. Therefore, when I was deciding which university to go to in Japan, the atmosphere and environment of the university matter more than what to study.

3 years ago, when I was still a language school student, I heard of Showa Women’s University (SWU) for the very first time. Professor Kashiwagi and Mr. Yamashita from Centre of International Exchange (CIE) came to introduce the bridge program and after the orientation.

After the orientation, I joined the bridge program and took a business English course in SWU for a semester. I came once a week for the classes and besides that, I also attended different international student events held by CIE. For example, I joined a law class to share my experience in Malaysia and in that class, the professor introduced the problems between globalization and the law in Japan.

In that semester, I attended different events and classes as a guest in SWU and I got a chance to really feel and discover the environment here. After a semester, I decided SWU is exactly where I want to go for university.

(HUI)
 昭和女子大学を選んだのは、その留学生サポートの手厚さからです。国際交流課や、学生主導のサークルCHAWAなどがあります。そして就職に強く、私が留学を検討していた時期の就職率は95.5%でした。私は、心理学科とグローバルビジネス学部のどちらにしようかと迷いました。しかし、グローバルビジネス学部のビジネスデザイン学科はグローバリゼーションを重視し、ビジネス英語を学びます。大学2年では全員ボストンへ半年留学でき、英語の成績が良ければ留学を1年に延長できます。これは素晴らしいチャンスだと思う。国際的な視野を広げ、海外のビジネスのやり方を学べます。

 それに私のような留学生の強みとして、いくつもの言葉を話せる点があります。ビジネスは一つの国だけではできません。国際的な人材となることを目指してビジネスを勉強することは、留学生にこそ合うと思います。だから私はビジネスデザイン学科を選びました。

我會選擇昭和女子大學,是因為其對留學生有充分的支援。例如有支援留學生的國際交流部,由學生主辦,名為CHAWA的國際交流學會。而且在日本就職方面有充分協助,就職率高達95.5%。我原本在昭和女子大學的心理學部和環球商業學部之間迷惘過。但環球商業學部注重海外發展,在學校需要學習英文,在大學二年級亦需全體學生前往美國波士頓留學半年至一年。我認為這個是一個絕好的機會去拓展自己的國際視野以及學習外國的經商方法。而且對於一個外國人來說,強項就是可以說多種語言,商業不會局限一個地點,外國人作為國際人才學習商業可謂極之適合。因為我選擇了昭和女子大學的環球商業學部。

I would choose Showa Women’s University because there are lots of supporters for foreign students. For example, Center for International Exchange (CIE), or a school society which is called CHAWA. These society or organisations help foreign students a lot. Also, they help students to do job hunting, and as a result 95% of their graduate can find their job.

I thought to choose either the Psychology Department or Global Business Department. The Global Business Department gives a lot of chances to learn about globalisation to the students. Students need to learn business English, and their 2nd year, all the students need to go to Boston for seminars. I think it’s a great chance for students to broaden the horizons and learn about foreign business. As a foreigner, the advantage is we can speak more than one language. As business won’t stay at one place, foreigners can use their strength in business. So I think global business is very suitable for foreign students to choose.

4)日本での留学生活で楽しいこと、びっくりしたこと、戸惑ったことなど、なんでもよいので感想は?

(TEE)
 留学生活で学んだ一番大事なことは、「目の前にいる人を大切にすること」です。日本にいる間に、世界各国から来た人々と出会っています。たくさんの出会いの中、家族のような存在になった親友は何人もいます。しかし残念ながら、それらの関係は必ずしも一生続くものではないということが、時間が経つにつれて分かりました。人はいつか、どこかに飛び立ち、別れの時が訪れてしまいます。目の前にいる人と過ごす時間を大切にすることが一番大事だと学びました。

在日本留学这一段时间学到最重要的事情就是要“珍惜身边的人”。虽然听起来非常理所当然,但是在生活中,我们都经常忘了身边的人有可能随时会离开。

在这四年里,从语言学校到大学,这一路上在不同的地方,场合遇到了来自世界各地的人。其中,也有发展成像家人一样亲密,在异国能互相关心和支持彼此的朋友。但很可惜,无论关系再好也总有要分别的时候。总有一天,对方会结束了在日本的旅程,回到自己原来的地方或者是到新的地方展开新的生活。

虽然一开始都对这种离别感到很不解和难过。但是,后来发现既然没办法避免有一天会分别的事实,那就好好的珍惜能在一起度过的时间。

One of the most important lessons I have learned in this journey in Japan is, we should always appreciate our time with people around us. It’s very simple, but it took me a long time to learn.

In this four years in Japan, from language school to university, I met many different people from all around the world. Some of them, we became close friends like family and always supporting each other. However, no matter how close we are, one day, they will leave to go back to their country or to somewhere new to start a new life. Saying goodbye to your closest friends is hard, but we all have to go through this experience. Therefore, I realized that since we could not change the fact, the only thing we could do is to appreciate the time we shared together with them.

(HUI)
 日本での留学生活はとっても楽しいです。同じクラスの日本人は私のような外国人と友達になれるし、私に面白い若者の日本語を教えてくれます。これまでで1番楽しかったことは私の20歳誕生日のことです。私は20歳誕生日を日本で迎えました。誕生日の日、教室を入った瞬間たくさんプレゼントをクラスメートからもらい、サプライズでした。
 驚いたこともあります。それはオンラインショッピングが非常に便利なことです。香港にもオンラインショップがありますが、日本のオンラインショッピングで買える物は私の想像以上に多い。生活用品、食材は普通、ベッドさえも売っています。基本的に思いつくものは何でも買えるので、とっても便利です。
 もちろん日本も完璧な国ではなく、戸惑ったこともあります。生活習慣に関するルールは多く、電車内で電話するのはダメです。一方、歩道で自転車に乗る人がいます。でも、それは習慣の問題と思っており、今はもう慣れたので大丈夫です。

在日本留學是一件非常開心的事,班上的日本人都十分願意跟外國人做朋友,而且還會教你各種年輕人的日文。我的20歲生日剛好是在日本渡過。對於日本人來說20歲生日是一個重要的里程碑,因為日本要20歲才成為成年人。在生日那天我一進入課室就收到一堆生日禮物和祝福,讓我十分驚喜。

日本讓我覺得很驚訝的事就是網購的方便程度。香港雖然有網購但日本的網購範圍大到令人驚訝。生活用品、食材,甚至連床,維修家具工具,基本上想像到的東西都可以從網絡上購得。

當然日本並非一個完美的國家,也會有讓人覺得困惑的一面,例如在生活上很多規矩,在電車不可能談電話,在行人路上會有單車。不過都是習慣的問題,習慣了就沒什麼影響了。

Study in Japan is quite a fun experience. Classmates are friendly to foreign students and sometimes they will teach you Japanese that teenagers use.
On my 20 year old birthday I stayed in Japan. For Japanese, they think it is very important because after the age of 20, they are legally adult. At my birthday, I received many gifts and blessing. I felt surprise about it.

One of the things that makes me feel surprised in Japan is their Online shops. Things that you can imagine that you can buy everything from the online shop. It is not only products for daily use, but food and bed that you can buy on the internet.

Of course Japan is not a perfect country although it is really nice. Sometimes it might make you feel confused, like it has thousands of rules to remember. You can’t talk on a cell phone in the trains. There will be bicycles on the pavements. Luckily they do not affect you a lot.

5)日本への留学を目指す故郷の後輩と、離れて生活しているご家族に一言どうぞ。

(TEE)
 前に話した通り、海外で留学している間に世界各国からきた人と出会うチャンスがたくさんあります。文化背景が異なる人々と交流する時、意見が異なり、自分の考え方が否定されてしまうこともあるかもしれません。その時に一番大事なことは固定観念に縛られず、自分と異なる価値観、考え方を持っている人と話し、自分の世界観を広げることです。

就像之前所说的,在国外生活的时候会有很多机会遇到世界各国的朋友。因为大家都来自不同的文化背景,所以在交流的时候,必然会遇到意见分歧或是想法不一样的情况。而其中最重要的是,意见分歧的时候,不要过早下任何判断或是被局限于自己的传统观念。因为,认真的聆听这个世界不一样的声音,或许就会有新的、不一样的发现。

As I mentioned before, you will meet a lot of people while you are studying in a different country. Most of the time, you have a different cultural background with the people you meet. Sometimes you will have different ideas or point of views with the others and sometimes they will change what you see the world. The most important thing is not to be trapped by a certain stereotype or bias, just let yourself to explore to many different voices in the world. In this way, you might discover something new and will be able to learn more about the world.

(HUI)
 留学というのは自分住み慣れたところを離れて、慣れていない国で生活することです。最初は友達なし、家事とかも全部自分でやります。SNSで香港の友人の写真を見ていて、寂しくなることもあります。しかし、これはとってもいい訓練だと思う。なぜならば、自分の国は、非常に快適です。何があっても家族と一緒に解決できる、だが、そのままでは何を学べるのか?ずっと同じところにいても、私は成長できないと思うし、全然面白くない。留学は家族の大切さを実感します。この留学で自分も成長し、大人になった。だから留学を怖がらず、今のうちに勉強しましょう。

留學就等於要離開自己熟悉的地方到一個陌生的國度生活。一開始沒有朋友,做什麼都要自己來做。在社交網絡看著朋友在香港玩也會覺得有點寂寞。但是我覺得這是一個很好的歷練機會。一直留在自己熟悉的地方,是會感到很舒適,有什麼事家人朋友都會替你分擔。但是你自己又能學到什麼呢?一直留在同一個地方會讓我有原地踏步的感覺,生活安穩卻一點都不有趣。我希望透過留學可以讓自己體會到家人的可貴,而在這個留學的旅途中我又能成長到什麼程度。所以不要害怕留學,我相信留學後你會獲得更多。

Studying abroad means you have to leave your comfort zone and go to a place that you are unfamiliar with. At first you might not have any friends. You need to do everything by yourself. You may feel lonely when you see your friends are playing together. But I think it is a great chance for you to grow. If you always stay in the comfort zone, your parents will help you to solve the problems. But what can you learn? Stay in the same place for too long will make me feel bored. It is steady but it’s not exciting. By this trip, I know about the importance of family, and I want to know how far I can grow. Please do not be afraid about studying abroad. I believe that you can earn a lot of experience in the future.

日本航空羽田地区見学へ [2017年10月14日(土)]

少し時間が経ちましたが、夏期休暇中の学科イベントとして、9月4日、7日に羽田空港地区にある日本航空の空港、オペレーションセンター、格納庫、SKYMUSEUM、客室訓練センターを見学しました。

格納庫での記念撮影

JALスカイの業務説明をしていただきました。

航務課で

歩く姿も段々颯爽と。

次々に着陸する飛行機が

スカイミュージアム見学

スカイミュージアムで、空港旅客サービスをしているつもり・・・に

機内の座席まで案内できる車椅子の仕組みを知れいました。

1年生から3年生の希望者約40名が集合場所の羽田空港第1ターミナルに集合。各部署の社員の方々に案内され、多くの社員の方たちと挨拶を交わすうちに興味関心が緊張を超えて笑顔が溢れ、歩き姿までもが颯爽と感じられるようになりました。

普段はなかなか入れることがない職場を見学し、飛行機の運航には、多くの部署があり、関わっていることを学びました。一人のお客さまに最高のサービスを提供するには、様々な部署の一人一人の社員による最高のバトンタッチが大切だと聞いたことが印象に残ったと感想を話す学生が多くいました。

ターミナルと直結していJALオペレーションセンターでは、パイロット方達が出発前の打ち合わせをしている様子をすぐ横で見学し、それを支える航務課の業務について説明を聞いたり、客室乗務員の所属する部署では、出発前の打ち合わせや、調べことをしている様子、フライトから戻ってきた客室乗務員の方達の振り返りを行っている様子を見たり、フライトのための資料作りや企画を考えている部署を見学したり、現場を見学できてドキドキしたそうです。

空港のカウンター周辺にあるJALスマイルサポートカウンターに寄って、お手伝いを必要とするお客さまへのサービスについて伺いました。空港内で搭乗口まで利用できる最新の金属反応を避けられる木製車椅子も見ることができました。

午後からは、新整備場駅付近にあるスカイミュージアを見学し、制服姿の写真撮影を楽しんだり、航空教室の講義を受けました。そして、飛行機を整備する格納庫を見学しました。飛行機の大きさを実感しながら、格納庫から次々と着陸する飛行機を見て、羽田空港の忙しさも実感しました。整備場内の整備士の方達の様子や講義から、安全運航もJALグループ社員のチームワークで守られていることがわかりました。

客室訓練センターでは、実際に定期救難訓練を行っている様子を見学し、脱出訓練をしている大きな声に真剣さを感じたそうです。実際の機内を再現したモックアップでファーストクラスやビジネスクラスのサービス訓練を真剣に受けている乗務員の方達を見ることができました。(学生たちはたくさんのシーンを心のアルバムにそっとしまいました)

朝から夕方まで15000 歩ほど歩き回った一日でしたが、色々な視点で航空産業を見て、聴いて、感じて、考えることができました。

参加した学生にとって、客室や空港旅客サービスという仕事以外にも、これからのエアラインビジネスに対して興味が持てた一日になったでしょうか。引率した教員としては、ビジネスデザイン学科の学生として、さらに想像と創造の翼を広げていってくれることを期待しています。ガンバレ、みんな!

 

 

MOS検定対策集中講座が始まりました! [2017年02月24日(金)]

 当学科では、今年度よりマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)検定資格取得を支援するための集中講座を実施することにしました。
 まずは、ワードとエクセルについて、1年~4年の希望者など約30人を対象に、23、24、25、27日の4日間、午前10時から午後3時半までみっちり講座を行います。講師は、ビジネス・コンピューティングでお世話になっている後藤涼子先生です。
 肝心の検定試験ですが、後藤先生、情報メディア担当の皆さんのご尽力で、学内受験が可能になりました。学生たちは、集中講座で使用したのと同じPC環境で受験が可能になります。しかも、受験日は集中講座直後の28日です。学生の皆さん、全員合格を目指して頑張ってください!

MOS検定対策集中講座の初日。講師は後藤先生です。

MOS検定対策集中講座の初日。講師は後藤先生です。


分厚いテキストを前に、真剣に取り組む学生たち。

分厚いテキストを前に、真剣に取り組む学生たち。

ロンドン初のコーヒーハウスとメディアの歴史 [2016年09月07日(水)]

 こんにちは。教員の前田です。調査研究のために、ロンドンに出張しています。

狭い路地奥にあるワインバーの壁にある表示です。

狭い路地奥にあるワインバーの壁にある表示です。

 きょうは、メディア研究者であれば「あ、あれね」と気づく、ロンドンの隠れたスポットをご紹介しましょう。
 左の写真をご覧ください。「1652年にロンドン初のコーヒーハウス(今で言う、喫茶店ですね)がここに建つ」とでも訳しましょうか。でも、「コーヒーハウスとメディアに何の関係があるの?」とお思いでしょう。
 ドイツの哲学者、ユルゲン・ハーバーマスが「公共性の構造転換」という著書で、17世紀イギリスのコーヒーハウスに触れています。時代は清教徒革命から名誉革命に至る、いわゆる「市民革命」の真っただ中です。この時代にできたコーヒーハウスは、コーヒーを飲みに集った人たちが世の中のことを自由に議論する場となっていきました。ハーバーマスは、そういう「場」のことを「公共圏」と呼び、イギリスのコーヒーハウスをその典型例としたのです。
 議論のための情報は、その時代に数多く創刊されていた「新聞」が提供していました。コーヒーハウスには何種類もの新聞が置かれており、お客さんは自由に読むことができたそうです。世の中のことを自由に議論するためには、正しい情報が欠かせないのは当たり前ですが、17世紀のイギリスのコーヒーハウスでは、「世論の形成とメディアの役割」が分かりやすい形で展開されていたようです。
 ということで、メディア研究をする私としては、一度は行ってみたかった場所です。肝心の場所ですが、イギリスの金融の中心「シティ」の一角です。中央銀行のイングランド銀行からは歩いて3分程度。通りからとても細い路地を入った奥にあります。今は、Jamaica Wine Houseというバーが建っている場所です。場所柄、ここに集った人たちは様々な取引を行う人たちだったはずで、商売に関する情報交換が主目的だったのでしょう。
 ちなみに、イギリス初のコーヒーハウスは1650年にオックスフォードに出来たそうです。