コンテスト・イベント参加

【前田ゼミ】知財活用スチューデントアワード ゼミ生の声 [2019年12月31日(火)]

 皆さん、こんにちは。と申しますか、年末ぎりぎりの投稿、失礼します。
 自称PR担当教員の前田です。

ゼミ生が発案した製品の狙いが記載されたプレゼン資料の1枚

 当ゼミ生が「2019年度 知財活用スチューデントアワード」(西武信用金庫主催)で最優秀賞を頂いたことは、以前にご報告致しました。今回はゼミ生9名のコメントをご紹介致します。ゼミ長と副ゼミ長以外は50音順です。

 鈴木亜未(ゼミ長):知財アワードの趣旨は大手企業の開放特許を活用し、学生の視点からこれまでの市場にない斬新な商品アイデアを創出することです。私たちはこのアワードに7月から取り組み、案を練ってきました。
 今回私たちが発案したのは、富士通株式会社様の開放特許である非接触バイタルセンサーを用いた乳幼児睡眠安全サポート機器”タピルス”です。
 プロジェクト開始当時は今とは全く違う案を考えていたことや、現在の案に辿り着いてからも実際に保育所に赴き現地で調査を行ったりと、慌ただしくいろいろな活動を行っていました。自分達の思い描いている理想型に辿り着くことができるのか毎日不安な気持ちで取り組んでおりましたが、様々な方々のご協力、ご指導のおかげでこのような素晴らしい賞を手に入れることができました。この場を借りて御礼申し上げます。

 杉田夏葵(副ゼミ長):私が担当した事業計画立案部分は分からないことが多く、担当教員や他のゼミ生からの助言のおかげでなんとか完成させることができました。今回学んだことをこれからに活かせるよう精進していきたいと思います。お忙しい中ご協力頂いた皆様、ありがとうございました。

 大塚優姫:たくさんの課題にぶつかり、不安もありましたが、実際に現場を見に行き、企業様へヒアリングをするなど、とても貴重な経験ができました。このような賞を頂けてとても嬉しく思います。協力して頂いた方々にこの場を借りて感謝申し上げます。

 小田林葉月:話し合っては新たな課題が見つかり、試行錯誤を繰り返していた約5か月間でしたが、多くの方々のご協力により最優秀賞を受賞することができ、感慨無量です。今回学んだことを生かし今後も精進して参ります。

 神山桜:今回お世話になった全ての方に感謝致します。また、コンテストを通して、事業計画の提案をする面白い経験ができました。実際に企業様にヒヤリングしに行くために、特許の資料を必死に読み込み理解しようと努めた事は忘れられません。

 川端杏雪:0から案を作り上げることは本当に難しく、不安もありました。しかし、話し合いや企業様へのヒアリングを重ねることでより良いものになっていく感覚を掴め、自信を持つことができました。この経験が自分の糧になると思いました。

 佐藤祐:みんなで考えたものが最優秀賞という素晴らしい形で評価されてとても嬉しいです。ゼミのみんなはもちろん、ヒアリングに協力してくださった方々のサポートのおかげです。このアワードで学んだことを活かし、これからも頑張っていきたいです。

 曽我眞衣:多くの方の協力のもと、最優秀賞という素晴らしい賞を頂く事ができました。何度も話し合いやヒアリングを重ね、時には現場に足を運び、苦労した部分もありましたが大変貴重な経験でした。この経験を活かせるよう、これからも頑張っていこうと思います。

 山田愛華:このような貴重な経験の機会を与えてくださった方々に感謝致します。難しい課題などにもぶつかりながら、様々な視点から見ていくことの大切さを学ぶことが出来ました。最優秀賞を頂いたからには、これからも自分に出来ることを考えて行動に移して行きます。

【前田ゼミ】知財活用スチューデントアワードで最優秀賞受賞! [2019年12月15日(日)]

 みなさん、こんにちは。
 自称PR担当教員の前田です。
 本日は、当ゼミ生(3年)の活躍を報告させてください。
 12月14日に機械振興会館(東京都港区)で、「2019年度 知財活用スチューデントアワード」(西武信用金庫主催)が開催され、当ゼミの3年生の事業アイディアが最優秀賞(1校、優秀賞が2校)を受賞しました。
 このアワードは、以下の目的で毎年開催されています。「産学官金の地域支援機関が連携し、学生に大手企業等の開放特許活用によるアイデアを募集・ブラッシュアップ し、これまでの市場にない斬新な商品アイデアを創出する。そのアイデアを、各地域で支援機関が連携し中小企業に提供し、商品化を図るための活動を行うとともに、地域で選ばれた学生の商品アイデアを発表するアワードを実施する。アワードを実施することで、更なるアイデアのブラッシュアップと中小企業のマッチング機会の拡大を狙う」。
 単なるアイディアフラッシュだけに終わらせることなく、事業化のために必要な企業へのヒヤリングや市場調査を行うことこそ求められる、質実剛健とも言えるアワードです。
 当日は、東京、茨城、静岡、長野の予選会を勝ち抜いた計10チームがプレゼンテーションを行いました。当ゼミの3年9名(ゼミ長の鈴木亜未、副ゼミ長の杉田夏葵と大塚優姫、小田林葉月、神山桜、川端杏雪、佐藤祐、曽我眞衣、山田愛華)が、今年7月から練ってきたアイディア(富士通様の開放特許である非接触バイタルセンサーを利用した、乳幼児の見守りシステム)で、おかげさまで冒頭の賞を受賞できました。
 西武信用金庫の皆様初め、関係の皆様のご尽力、ご指導に、この場を借りて感謝致します。
 学生たちの苦労話や喜びの声は、別の投稿でお知らせいたします。

TAが基礎ゼミの成果をシンポで発表 [2019年12月12日(木)]

 皆さん、こんにちは。
 自称PR担当教員の前田です。

来場者の質問に答えるTAたち。左から林、堀川、猪又。

 さて、本日は11月30日に立正大学で開催された「アクティブ・ラーニングシンポジウム」に、1年の基礎ゼミでティーチングアシスタント(TA)として活躍した3年3名が、教員に交じってポスター発表等を行ったことのご報告です。少し遅れてすみません。

 発表したのは、猪又彩加、堀川紗瑛、林茉奈の3名です。もう一人、小原詩歩が発表資料作成に加わりました。発表内容は『TAによる初年次教育の実践~経験学習による学び合い~』です。TAたちが、当学科の前期の初年次教育科目で講義を実施した成果を分析したものです。1年は課題解決力、3年のTAは構想力が特に伸びたことを、詳細に明らかにしました。

 シンポジウム会場で「1分間プレゼン」を行った後、ポスター発表会場では、次々と訪れる来場者の質問に答えました。学部生で、ここまでの経験ができるのは稀なことだと思います。3名の感想は以下です。

猪又彩加:「学生が授業運営をする昭和女子大学のTAは珍しい試みだと知っていたが、私たちのブースには多くの先生方が話を聞きに来てくださり注目が高いプログラムなのだと改めて思いました。他大学の先生がTAの立候補者が集まるか不安視していたが、多くのTA立候補者が集まったことも対人基礎力の高いビジネスデザイン学科の強みだと感じた。TAを経験したことにより他発表者に対する質問や疑問点が生まれたことも自身の成長だと感じました」。

林茉奈:「この半年間思い入れを持って取り組んできたことが伝わるプレゼン、ポスター発表にできたと思います。私たちのTAとしての取り組みに沢山の先生方が興味を示してくださったことがなにより嬉しかったです」

堀川紗瑛:「教育専門家や他大学の教授の方々が参加するシンポジウムに、学生が参加するため最初は不安も大きかったが、最後までやり遂げることで大きな達成感を味わえた。また、沢山の方が私達の取り組みに関心を持ってくださり、よりTAのやりがいを感じることができた」

社会起業Boot Camp@デラサール大学(フィリピン) [2019年09月11日(水)]

格差、教育、公衆衛生、フードロスなどの課題に、政府の政策だけではなく、ビジネスの手法を用いて改善に挑む「社会起業」が注目されていますが、フィリピンのデラサール大学は、この手法を活かして地域再生やコミュニティーサービスを行う拠点として有名です。

デラサール大学副学長らと本学代表学生との記念撮影

同大学が主催する、ASEAN+3地域の大学生のための社会起業boot campに、本学学生も招聘されました。

カンボジア、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、ベトナム、中国、韓国、日本から13大学、120名余りが集結、本学からはビジネスデザイン学科4年生の白鳥彩香さん、中澤祐紀奈さん、高橋莉奈さん、テイ・シンイさんと卒業生の神山ひかるさんが参加して、SDGsの要点、フィリピンにおける取り組み、社会起業のケーススタディー、リーダーシップの取り方、アイディエーションなどを講義と演習で学んでいます。

抱負を語る中澤さん

3食をともにしながら、それぞれの社会が抱えている課題について、英語で質問したり議論しあううちに、早くも3日目にして、まるで一つの学校のような仲間意識が芽生えています。

ケーススタディーの要点をメモする高橋さん

丸2日間、勉強漬け(まさにBoot Camp)のあとは、Cultural Nightと呼ばれる親睦会でした。みなそれぞれ伝統の装いに着替え、自国で人気のお菓子を持ち寄って出し物を披露。一体どういう出し物になるかと見ていたら、そこは真面目な学生の集団だけあって、どの国も準備万端。一見楽し気な踊りや歌の中にも、哀しい歴史や美しい物語が描かれていて、感動を呼びました。

本学の学生は浴衣に着替えて「トトロ」をダンス付きで披露。アジアでのアニメ人気を裏付けるかのように、たちまち全員の大合唱となりました。ちょうど誕生日を翌日に控えた高橋さんには、120人が一斉にHappy Birthdayを歌うという大サプライズもありました。

 

ランチタイムを惜しんで発表をまとめるテイさんと白鳥さん

明日4日目は、社会起業を様々な角度から論じる学会の日。Boot Campのメンバーも傍聴してレポートをまとめることになっています。

毎晩、予習と振り返りをしつつ、日本から持参した卒論プロジェクトにも取り組むハードな日々ですが、充実したフィリピンでの「夏合宿」を満喫しています。9月19日の最終日まで、みんな、頑張れ!

 

 

課題設定ワークショップでは、目標12「つくる責任、つかう責任」に挑戦

Hult Prize Regional 本学で開催 [2019年05月13日(月)]

Hult Prizeをご存知ですか?10年前に英国で始まった社会課題解決のためのビジネスコンテストです。対象は世界中の大学生及び大学院生。2018-19年のテーマは、「10年間で1万人の若年雇用を創出せよ、どんな仕事でも構わないが社会的意義の大きいものであること」というもの。

世界の大学から50チームが本学に集結

4月27-28日、日本で初めての地域予選大会が、本学で開催されました。世界各国から約200人の大学生が来日、50チームが参加して、6分間思い思いのプランを見事に発表して審査員たちをうならせました。27日のオリエンテーションでは日本の運営学生と多国籍な参加者たちが交流し、活発なネットワーキングもありました。

このコンテストでは世界一になると約1億円の資金が与えられ、実際の事業化が約束されます。事業計画や損益見通しは当然のこと、試作品を伴ってプレゼンするチームや、すでにサービスを始めているチームもあり、本格的な取り組みが目立ちました。

今年1月に行われた本学学内大会で優勝したDream Seeds(ビジネスデザイン学科4年 テイ・シンイさん、白鳥彩香さん、髙橋莉奈さん、中澤佑紀奈さん)も大奮闘。

28日に渋谷ヒカリエで行われた地域予選決勝では、北海道大学のAquamouチームが優勝し、7月からの英国合宿に進むことになりました。

各チームの内容をご紹介したいところですが、スポンサーとの話が進んでいるチームもあるため、それできないのが残念です。

ですが、地域予選大会のビデオがHult Prizeから届きました。ぜひ見てみてください。

 

 

参加チームは互いにコメントしあいます。

 

1秒たりとも狂い許されないタイムキーパー

 

真剣に打ち合わせする、国際会議の運営が初めての学生(当学科3年生)たち

 

 

【参加大学 *順不同】

メリービル大学 (米国)、バブソン大学(米国)、ロンドン大学クイーンメアリー校 (英国)、ノートルダム大学ルイーズ校 (レバノン)、テクニカ・デ・マナビ大学 (エクアドル)、Escuela Superior Politécnica De Chimborazo (エクアドル)、ヤチャイ・テチュ大学 (エクアドル)、エスピリトゥ・サント大学 (エクアドル)、チュラーロンコーン大学 (タイ)、国立清華大学 (台湾)、逢甲大学 (台湾)、台湾大学 (台湾)、慶熙大学校 (韓国)、誠信女子大学校 (韓国)、仁荷大学校 (韓国)、カトマンズ大学(ネパール)、トリブバン大学 (ネパール)、アラブアメリカ大学 (パレスチナ)、Birzeit university (パレスチナ)、グリフィス大学 (オーストラリア)、シドニー工科大学 (オーストラリア)、ラホール・ユニバーシティ・オブ・マネージメント・サイエンシズ (パキスタン)、ラホール工学技術大学 (パキスタン)、コムサッツ情報科学大学 (パキスタン)、香港中文大学 (中国)、澳門大学 (マカオ)、チュニジアビジネススクール (チュニジア)、マヌーバ大学 (チュニジア)、Universite Quisqueya (ハイチ)、デ・ラ・サール大学 (フィリピン)、マヨール・デ・サン・マルコス国立大学 (ペルー)、アフリカ大学 (ジンバブエ)、カーブル大学 (アフガニスタン)、アナドル大学 (トルコ)、バクー国立大学 (アゼルバイジャン)、グアダラハラ大学 (メキシコ)、 北海道大学 (日本)、京都大学(日本)、国際教養大学 (日本)、国際大学 (日本)、九州大学 (日本)、立命館アジア太平洋大学(日本)、東京工業大学(日本)、東京農工大学 (日本)、昭和女子大学 (日本)、テンプル大学日本校 (日本)

キャリアインカレ準決勝でビジネスプランをプレゼン [2017年12月25日(月)]

12月17日(日)「キャリアインカレ2017」(主催:マイナビ)の準決勝が、東京・大手町の毎日新聞社にあるマイナビ本社で行われました。

今年2回目となるこのビジネスコンテストには、大日本印刷、JAL、野村総研、博報堂、自民党の5団体が、New Way, New Lifeを考えるという大テーマのもと、それぞれの団体ならではの「お題」を出し、全国の大学生が団体ごとにアイデアを競いました。

当学科から出場した「ALL (Active Life Lab)」チーム(3年:湯浅茉実子さん、伊藤誉さん、内山綾さん)は、書類審査と動画審査を勝ち抜いて、総数1026名・計204チーム中、上位40チームに食い込み、準決勝にて「野村総合研究所」(NRI)へのビジネス提案を行いました。

NRIから出された課題は「世の中にあるデータとNRIの強みを使って、社会を豊かにするビジネスを考えてください」というもの。ALLチームは「人生100年の時代にAIに職を奪われるかもしれないマニュアルワーカーのために、ビッグデータとAIを使って、その人

準決勝に進んだ今井ゼミの「ALL (Active Life Lab)」チーム。左から湯浅茉実子さん(3年)、内山綾さん(3年生)、伊藤誉さん(3年生)。

の一生にずっと寄り添ってくれるキャリアアドバイス・アプリCustom-made Career Planning(CPP)を開発、それをハローワークを通じて提供することで、求人・求職のミスマッチを減らし、働き甲斐のあるキャリアライフを実現しよう」と落ち着いて訴えました。

NRIで準決勝に望んだチームは合計8大学。決勝に進む1チームには選ばれませんでしたが、ALLのメンバーは、9月から3か月間、ひとつのテーマと向き合いとことん考え、当学科の先生方やNRI社員の方からたくさんのフィードバックをもらい、他大学の発表を聞くことで、ビジネスウーマンの卵として、ひとまわり大きく、たくましくなりました。

ちなみに、このキャリアインカレ2017には、当学科から、飴善ゼミ(JAL)と今井ゼミ(大日本印刷、野村総研、博報堂)より4チームが参加。実は、書類選考を通過できたのはもう1チームありました。「大日本印刷」(DNPを使い倒し、2021年のあたりまえをつくりだせ!)に提案を行ったFootstopチーム(3年:小倉実紗さん、青木明莉さん、北澤めぐみさん)で、「DNPのフィルムやデジタルサイネージ技術を駆使して、雨の日でも滑らない安全な駅を」と主張しました。)と主張しました。

企業と一緒になってビジネスプランを練る体験は、プロジェクト型演習を行う当学科の学生にとって主流の学びであるだけでなく、就活に突入する3年生にとっても大きな刺激となったようです。何より、結果の如何にかかわらず、3か月間互いに切磋琢磨しながら、チームワークを深めることができたのは、すばらしい収穫でした。みんな、おめでとう!
(文責:教員・今井)

最近の話題①:ミスインターナショナルと討論 [2017年12月06日(水)]

学園祭まっさかりの11月11日、本学を訪れたミス・インターナショナルの各国代表との討論会で、ビジネスデザイン学科の学生たちが話題提供のプレゼンテーションを行ったほか、ファシリテーターやディスカッサントとして参加しました。

第1セッションでは、4年生の藤野真理さん、小原詩歩さんの二人が、フィリピンのダバオのカカオ企業やNGOと組んで、小学生の就学率アップのために続けているソーシャルビジネス「Cacao Angels Project」について発表、これを受け「貧困削減のために私たちができることは何か」について、各国のミスたちが話し合いました。

第2セッションでは、トビタテジャパン留学プログラムから帰国した4年生の和田海月さんが、北欧留学での調査をもとに、「女性のワークライフバランス」について発表、続く討論では、ミス・ジャパンが自分の母が苦労しながら育ててくれたこと、WLBに理解のある企業に就職が決まったこと、これからも女性とキャリアの問題にかかわっていきたいことを英語で話してくれました。これをきっかけにほかのミスたちも自国の状況やミス・ジャパンへの賛辞を語るなど、時間が足りなくなるほどの盛り上がりを見せました。

外見だけでなく内面の美しさを大切にする女性たちと真剣に語りあった経験は、本学科の学生にとって華やかながらも心を打つ思い出の一コマとなったことでしょう。

 

 

「ふるさとハウス」が、学生ビジネスプランコンテストでアイディア賞に選出されました [2017年02月13日(月)]

こんにちは!3年の藤野真理です。
わたしは今、現代ビジネス研究所のベトナムプロジェクトに参加しています。私たち(3年・廣沢明佳里、1年・橋本真菜子)が一から考え出したビジネスプラン「ふるさとハウス」が、学生ビジネスプランコンテストでアイディア賞に選出された事をお知らせ致します。

表彰状
2020
年の東京オリンピックに向け、留学生を含めた訪日外国人の数が年々増加しています。得に、訪日ベトナム人は2015年通年で前年比49.2%増の18万人を達成し、今後も増加が期待されています。そこで、「ふるさとハウス」は、自分たちと同世代である留学生をターゲットに絞り、シェアハウスビジネスを練り上げました。

ベトナム人留学生向けにアンケートを実施したところ、家賃、生活費、アルバイト等のお金に関する問題が多く挙げられました。また、その問題の根底には、「親に心配をかけたくない」といった、ベトナム人の人柄が深く関わっていました。そこで、私たちはシェアハウスの運営だけに拘らず、ICTを利用したベトナム語教室を開催し、アルバイトを採用し、RA制度をも導入し、留学生の生活を徹底サポートできるような仕組み作りをしました。

何よりも一番難しかったのは、キャッシュフローです。良いビジネスプランを考えられたとしても、お金が回らなければビジネスとして成り立ちません。旅行者向けのインバウンドビジネスなども考えましたが、実現可能かという視点から諦めたプランも多々あります。

4月から半年間以上、挫けそうになりながら、メンバーとともに切磋琢磨してきました。今回この努力が高く評価されたこと、心より嬉しく思います。最後に、わたしをいつもサポートして下さった、メンバー、磯野先生、研究員方には深く感謝します。ありがとうございました。


photo

english speech contest [2016年11月24日(木)]

こんにちは、ビジネス3年の石黒友梨です。

先日秋桜祭1日目に開催された、人見杯英語スピーチコンテストに参加させていただきました。
私は、”The Secret Story of Your Clothes”という題名でスピーチをしました。
皆さんは、何着洋服をお持ちですか?そしてその中のいくつを実際に着ていますか?ファストファッションの台頭で安く洋服が手に入る今日、人はつい考えずにそれらを買ってしまいます。でも実は、その背景に、環境汚染や人権など、様々な問題が隠されているのです。そして私たちは、気づかないうちに、地球やたくさんの人を傷つけています。このスピーチは、私のそんな気付きとメッセージを発信したいという思いでできたものです。
結果は惜しくも2位でしたが、貴重な経験をさせていただくことができ、さらに英語を頑張りたいと思えた一日となりました。
englishspeech

【英語プレゼンテーション大会】ビジネスデザイン学科の学生が大活躍!  [2016年10月01日(土)]

英語プレゼンテーション大会のご報告です。

一昨日、文部科学省「経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援」採択大学が主催する「東日本第二ブロック・イベント 学生英語プレゼ ンテーション大会」に向けた選考会が行われました。

今年は、参加した5グループのうち、なんと4グループがビジネスデザイン学科からの参加です!

「プレゼン企画」真最中!

「プレゼン企画」真最中!

テーマは『グローバル社会につながる地域ネットワーク:日本の大学生と国内外の地域社会が草の根レベルで一体となって、より良いグローバル社会を実 現するためのプロジェクトを、「持続可能性」を考慮にいれて創出してください』と いう難しいものでしたが、どのメンバーも堂々 と英語で熱弁をふるい、独創性あふれる企画が提案されました。

参加したグループの学生メンバーたち(一部)のお写真をご紹介します。

IMG_4747

IMG_4748

IMG_4764

IMG_6972

本学の選考に残ったチームは、10月29日の一次予選へと進みます。本選は、11月23日に早稲田大学で行われる予定です。

本ブログでは、参加チームの功績をたたえ、特集記事を組んでいく予定です。参加した4チームの学生たちが、難しいテーマとどう取り組み、どのように独自のアイデアを生み出したかという汗と涙の物語に今後もご期待く ださい。この選考会の結果は、来週初めに発表予定です。

良い結果がでるといいですね! (文責 浅田)